鬼滅の刃 伊之助 母。 鬼滅の刃|伊之助の父親は鬼?|考察

【鬼滅の刃】嘴平伊之助は母に捨てられていない!?獣なのに顔は女子!伊之助も知らなかった琴葉の過去とは?

鬼滅の刃 伊之助 母

鬼滅の刃で炭治郎以外のキャラの名言・名シーンってどんなのがあったかな?もう一度感動を味わいたい。 という人のために煉獄の最後 伊之助・善逸・ねずこの名言や名場面をまとめてみました。 この記事を読んでいただくと「この場面、すごく感動したな。 よかったな~」と楽しんでいただくことができます。 このシーンのどういうところに感動するのかっていうことの考察もしていますので、より深く鬼滅の刃という物語を味わうことができるようになりますよ。 名言・名画面がコミック何巻の何ページか書いているので、すぐに読み返すことができます。 僕は鬼滅の刃14巻まで読んでいるので、どういうところに感動するのかくわしく考察することができていると思います。 それでは鬼滅の刃 煉獄の最後 伊之助・善逸・ねずこの名言名場面ベスト5お楽しみください!• 鬼滅の刃 煉獄の最後 伊之助・善逸・ねずこの名言名場面ベスト5 煉獄の最後の言葉「胸を張っていきろ。 己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと心を燃やせ。 歯を喰いしばって前を向け」 8巻94ページ第66話「黎明に散る」で煉獄が炭治郎や伊之助らに残した言葉ですね。 第66話「黎明に散る」の黎明とは明け方・夜明けのこと。 この場面が明け方の時間帯だったことだけでなく、煉獄がいなくなるからといって終わりではなく炭治郎や伊之助・善逸たち若手がこれから育っていく=希望の光が差し込んでいるんだという意味も込められているのでしょう。 上弦の鬼の猗窩座 あかざ にやられてしまった煉獄は炭治郎たちかまぼこ隊に言葉を残します。 「胸を張って生きろ。 」 「己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと心を燃やせ。 歯を喰いしばって前を向け。 」 と伝えます。 煉獄は瀕死の状態だけれど炭治郎たちを励ますんですね。 この煉獄のセリフの後がさらに感動します。 「君が足を止めて蹲っても時間の流れは止まってはくれない。 共に寄り添って悲しんではくれない。 煉獄の最後のこの名シーンでは煉獄がたおされてしまって落ち込む炭治郎らに向けた言葉なんですが読者へのエールにも聞こえます。 人生のなかで打ちのめされるようなことがあって、ずっと落ち込んだままだったとしても、時間はどんどんと過ぎていきます。 この世で時間は不変の存在。 落ち込んでいたとしても、ただただ時間が過ぎていくだけ、ただそれだけです。 時間が経てば打ちのめされたことが癒されていくかもしれませんが、ずっと落ち込んだままだと、ほんとただそれだけで時間は過ぎていきます。 煉獄は心を燃やして歯を喰いしばって前を向けと励ましてくれてるんですね。 時間は冷徹にただ過ぎていくだけだから落ち込んでいる時間がもったいないともいえそうです。 いつまでも落ち込んでいても仕方がないと煉獄は伝えてくれているんです。 読者のなかで落ち込んでいた人は、この煉獄の言葉で勇気づけられたのではないでしょうか。 一読者である自分のことに置き換えることもできるのが、感動する名場面の条件の1つだと思います。 ただ前を向けと励ますだけじゃなくて、時間はただ過ぎていくだけ落ち込んでいる間だけ時が止まるわけじゃないと教えてくれたように思います。 落ち込んでいる暇があったら、今自分にできる精一杯のことを歯を喰いしばってでもやっていくことが大事ですよね。 もう一度煉獄の言葉を載せておきます。 「胸を張っていきろ。 己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと心を燃やせ。 歯を喰いしばって前を向け」 「君が足を止めて蹲っても時間の流れは止まってはくれない。 共に寄り添って悲しんではくれない。 」 この場面での炭治郎のセリフもグッときます。 そのセリフを含めた炭治郎語録の記事も書いています。 前を向こう。 一緒にがんばろうよ。 戦おう。 」 11巻76ページ第92話「虫ケラボンクラのろまの腑抜け」で堕姫の帯の攻撃を受けて意識を失った炭治郎が心の中で見たねずことの会話でのねずこのセリフです。 ねずこが人間だったときの昔の思い出なのかは定かではありません。 人間のときのねずこと鬼化しているねずこ両方出ていますから。 でも昔の貧しいときにねずこに炭治郎があやまるっていうことはあったのではないでしょうか。 そんなとき人間のねずこは「幸せかどうかは自分で決める」と言ったことがあったのではないでしょうか。 妓夫太郎(ぎゅうたろう)と堕姫(だき)との戦いで追い込まれた炭治郎はあきらめそうになっていたのでしょう。 前を向こう。 一緒にがんばろうよ。 戦おう。 」 というセリフがねずこの言葉として出てきたのかなって思います。 先ほどの煉獄のセリフ「君が足を止めて蹲っても時間の流れは止まってはくれない。 共に寄り添って悲しんではくれない。 」と同じように読者をも励ましてくれるねずこの言葉です。 過去をふりかってばかり、あのときこうしておけば良かったとか、そういう後悔ばかりして落ち込んで蹲っていても、ただ冷酷に時間が過ぎていくだけです。 炭治郎が意識を失った時のねずことの会話では、こんなねずこのセリフもあります。 「精一杯頑張っても駄目だったんだから仕方ないじゃない」 「人間なんだから誰でも…何でも思い通りにいかないわ。 」 このねずこの言葉は後悔して過去をふりかえってばかりいる人の心に響きます。 そうあの時はあれで精一杯だったんだ。 人間なんだから、なんでも思い通りににはいかない。 もう一度ねずこの言葉を載せておきます。 前を向こう。 一緒にがんばろうよ。 戦おう。 」 ねずこのかわいいとこについての記事も書いています。 「痛くても苦しくても楽な方へ逃げるな。 じいちゃんにぶっ叩かれる。 」 4巻181ページ第34話「強靭な刃」での善逸の心の中の声です。 蜘蛛の鬼との戦いと時での名場面ですね。 人面蜘蛛と戦うことになった善逸は人面蜘蛛に毒を盛られて気絶して眠りに落ちます。 眠りに落ちた善逸はいつものように本当の強さを発揮して人面蜘蛛をやっつけます。 しかし善逸は体に毒が回ってきていて力つきようという状態。 諦めかけていた善逸でしたが、意識が朦朧とするなか鬼殺隊になるために育ててくれた元柱のじいちゃんのことを思い出します。 目が覚めているときは弱気な善逸を、じいちゃんは厳しいながらも決して見捨てることなく剣士として育ててくれました。 人面蜘蛛の毒で朦朧としている善逸は、 「痛くても苦しくても楽な方へ逃げるな。 じいちゃんにぶっ叩かれる。 」 と自分に言い聞かせて、なんとか諦めずに呼吸によって毒がまわるのを遅くするんです。 目が覚めているときは剣士として弱気すぎる善逸ですが、じいちゃんのおかげでなんとか耐えることができました。 「楽な方へ逃げるな」という言葉は読者にも響くセリフですよね。 なにか成し遂げたいことがある時、受験勉強とかをしているときについゲーム始めたりYouTube見たりして、勉強が進まないなんてことはよくあることです。 そういう時は善逸の心の声 「痛くても苦しくても楽な方へ逃げるな。 じいちゃんにぶっ叩かれる。 」 を思い出せば勉強に集中しやすくなりそうですね。 ただときには逃げることも大事かなと思います。 命が脅かされるようなときとか、精神的につぶれてしまいそうなときとかですね。 ただこの善逸の場合は命かかってますから、意地でも諦めてはいけなかったので、じいちゃんを思い出すことができて善逸は助かった面もあるのでしょう。 善逸が呼吸で毒のまわりを遅くしたからこそ、しのぶが助けに来たタイミングで元の体に戻れるとこまでなんとか毒がまわらずに済んだかもしれません。 「だけど、ずーっと蹲ってたって仕方ないから、傷ついた心を叩いて叩いて立ち上がる。 」 8巻124ページ第67話「さがしもの」での善逸の心の中の声です。 猗窩座 あかざ にたおされてしまった煉獄。 炭治郎のような素直で前向きな人でも煉獄がやられてしまったことが悔しくて仕方がなく落ち込んでしまいました。 そしてあの負けず嫌いな伊之助がギャン泣きしてしまいます。 みんな落ち込んでしまっているだろうけれど、でも善逸は、 「ずーっと蹲ってたって仕方がないから、傷ついた心を叩いて叩いて立ち上がる」 とたぶん自分に言い聞かせます。 弱気で泣いてばかりいる善逸ですが、だんだんと成長しているのかなって思うセリフですよね。 そのうち寝ていなくても強い善逸になれるのかな?でも、それだと面白さがなくなってしまうから寝ているほうが強い設定はずっと残るのかも 笑 「どんなに惨めでも恥ずかしくても生きていかなきゃならねえんだぞ。 」 8巻104ページ第66話「黎明に散る」での伊之助のセリフです。 煉獄の最後、煉獄は母の姿を見て笑顔で亡くなってしまいます。 かまぼこ隊の炭治郎・善逸・伊之助みんな悔しくて泣いてしまうんですが、伊之助は「泣くんじゃねえ」と言いながらも猪のかぶりものから涙があふれるほど泣いてしまいます。 炭治郎は「煉獄さんみたいになれるのかなぁ…」と落ち込んでいるんですが、伊之助は「弱気なこと言ってんじゃねぇ!!」と言うんですね。 さすが伊之助は人一倍負けず嫌いな性格です。 煉獄がたおされてしまった悔しさから涙は流しても前を向いて進もうとしています。 炭治郎・善逸・伊之助の3人のなかで一番気が強いのは、やはり伊之助ですね。 炭治郎はなかなか強くなれない、目の前に分厚い壁があると落ちこみ惨めな気持ちになっています。 でも伊之助は、 「どんなに惨めでも恥ずかしくても生きていかなきゃならねえんだぞ。 」 と泣きながらも気合を入れようとするんですね。 煉獄は最後に炭治郎・善逸・伊之助の3人が強くなることを「信じる」という言葉を残しました。 その煉獄の言葉に応えること以外考えることはないんだと、伊之助は炭治郎や善逸に言うんです。 善逸がたおされてしまったことが悔しくて悔しくてしょうがないことが伝わってくる伊之助の言葉ですね。 そして、この伊之助の言葉「どんなに惨めでも恥ずかしくても生きていかなきゃならねえんだぞ。 」は読者へのメッセージでもあるのでしょう。 鬼滅の刃の作者吾峠呼世晴から読者への応援メッセージだと思います。 生きていくなかで惨めで恥ずかしいことがあったとしても、落ち込んでばかりではなくて生きていかなきゃならない、前を向いて進んでいくんだっていう吾峠呼世晴の想いが込められている伊之助のセリフではないでしょうか。 まとめ ということで炭治郎以外のキャラ、煉獄・伊之助・善逸・ねずこの名言・名場面ベスト5でした。 これからも名言だな名シーンだなっていうのがあれば追加していきます。 まとめると、• 「胸を張っていきろ。 己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと心を燃やせ。 歯を喰いしばって前を向け」(煉獄)• 前を向こう。 一緒にがんばろうよ。 戦おう。 」(ねずこ)• 「痛くても苦しくても楽な方へ逃げるな。 じいちゃんにぶっ叩かれる。 」(善逸)• 「だけど、ずーっと蹲ってたって仕方ないから、傷ついた心を叩いて叩いて立ち上がる。 」(善逸)• 「どんなに惨めでも恥ずかしくても生きていかなきゃならねえんだぞ。 」(伊之助) でした。 鬼滅の刃はギャグも面白いですが感動させてくれるような深いセリフも多いです。 鬼滅の刃の作者吾峠呼世晴先生、かなり苦労して漫画家になられたのかな~なんて思いますね。 だからこそ読者の心に届くような深い感動する言葉を書けるんでしょう。 鬼滅の刃の泣けるシーンベスト6ランキングの書いています。 鬼滅の刃の漫画を無料で獲得できるポイントを使ってお得に安く読む方法.

次の

鬼滅の刃【160話】のネタバレと感想!伊之助と童磨の因縁が明らかに…

鬼滅の刃 伊之助 母

早見さん。 善逸はだいじょばないです。 月明かりに照らされる中、「兄」と壮絶な戦いを繰り広げた善逸は、今や手足は動かず、呼吸もままならず、今にも死にそうな状態。 『禰豆子ちゃん…ごめん』(善逸) このセリフ、思わずウルっと来た…善逸も炭治郎に負けないくらい優しい心根持ってますよね。 そして意識を失いかける中、善逸の頭の中に響く、じいちゃんの声…。 『あきらめるな…あきらめるな…あきらめるな!』(じいちゃん) 鳥肌モノでした。 じいちゃん好きだ。 ここからさらに畳み掛ける演出も素晴らしい。 美しい歌声が流れる中、美しい月を背後にひらひらと舞い降りる美しい蝶…胡蝶しのぶが間に合った! 『もしもーし、大丈夫ですか?』(しのぶ) だいじょばないです。 (代弁) しのぶの性格はひとまず置いといて、とりあえず早見沙織の声聞いたらなんだかひどくホッとした…私が。 鬼たちの家族ゲーム。 彼らをつなぐのは絆じゃなく傷な 大ホームランではるばるかっ飛ばされた炭治郎、【弐ノ型 水車】でなんとか不時着に成功…水車、便利すぎる。 ホームラン出張の炭治郎は、そこで「姉」にDVする「末っ子」の家族ゲームを目撃するんですね。 『何見てるの? 見世物じゃないんだけど』(末っ子) 炭治郎も見たくて見てるわけじゃないよばかっ。 それにしてもこの「末っ子」、「母」に続き「姉」まで虐待しておきながら、「仲間」よりも強い絆で結ばれた「家族」だと言い切るメンタルはどこから来るんだろう。 「姉」の顔、傷だらけになってるし…これが「傷な」なの? 確かに他所様の家のことに口出しするのは、個人的にもあまり良くないと思うけど、彼らの「傷な」からは、恐怖と憎しみと嫌悪の匂いしかしない…と炭治郎はおっしゃっている。 『こんなものを絆とは言わない…! まがいもの…偽物だ!』(炭治郎) 核心をついた炭治郎の言葉は、姉の心に響き、末っ子の痛いところに刺さった…つまり激おこ。 空気を読まずに登場した鬼殺の剣士が一瞬でバラバラにされても、炭治郎はくじけず、大切なことは二度言うんです。 『お前の絆は偽物だ!』(炭治郎) これはハードな戦いになりそうだ…猪の応援に行けるのかな。 獣から剣士へ! 伊之助は絆で強くなる 今回、私が一番見応えを感じたのは、伊之助と「父」の一対一の戦いです。 炭治郎が戦線離脱したあとの伊之助は血を流しすぎたこともあり、珍しく弱気な一面を見せるんですけど、知らず知らずのうちに『俺が戻るまで死ぬなぁ!』という炭治郎の言葉にすがっている自分に気がつくんですね。 伊之助もずいぶんお兄ちゃんに懐いたなぁ、とか思ったのもつかの間、負けず嫌いなもんだから、そんな弱味噌思考は速攻で否定してました。 平常運転に戻った伊之助は、深く考えることをやめ、勢いのまま「父」の腕をなんとか切断することに成功し、攻守交代、今度は追撃モードへと移行。 【漆ノ型 空間識覚】で木の上の「父」を発見し、追い詰めたと思ったら、「父」まさかの脱皮でめちゃくちゃパワーアップしちゃう。 これにはさすがの伊之助も戦意喪失。 『だ、だめだ…勝てねぇ』(伊之助) なまじ野生の勘が強いだけに、絶対的な力の差を本能的に感じ取ってしまうんでしょうね。 『俺は死ぬ…殺される』(伊之助) 世界がモノクロになるほど絶望的な状況の中、伊之助の頭に響く彼らの言葉が…。 『死ぬな! 俺が戻るまで死ぬな!』(炭治郎) 『どのような時でも、誇り高く生きてくださいませ。 ご武運を』(家紋の家の老婆) 伊之助の胸を熱くする! 伊之助 負けねえ…絶対に負けねえ…! 俺は鬼殺隊の嘴平伊之助だ! かかってきやがれゴミクソがぁ! 一度は否定したけれど、本当の絆を知った伊之助は、獣から鬼殺の剣士へと成長した。 おお…なんて胸熱な展開なんだ。 がんばれ、伊之助! 蘇る母の記憶…だけど伊之助にはわからない 絶望から立ち直った伊之助は反撃に転じるものの、「父」との力の差はいかんともしがたく、刀も折れてしまった。 でも気持ちは折れない。 頭を潰されそうになりながらも、折れた刃を「父」に突き立て、決してあきらめない。 けれど、悔しいかな、それでも「父」には届かないんですね。 ほんとうに悔しい。 そんな中、まるで走馬灯のように駆け巡る記憶がなんとも切ない。 『ごめんね…ごめんね…伊之助』(母) 涙ながらに謝る母… 心配そうに見つめる炭治郎と善逸… 浴衣をすすめる家紋の家の老婆… 夕焼けの中、指先に止まるとんぼの姿… 『お前だけは生き延びて…伊之助…!』(母) …悲しいかな、幼くして母と生き別れた伊之助には、相手が誰なのかわからないんですよね…。 ああ、教えてあげたいよぅ。 まとめ アニメ「鬼滅の刃」第18話「偽物の絆」を視聴した感想について書きました。 鬼たちの家族ゲームで見せた「偽りの絆」と、伊之助の中に芽生えた「本物の絆」の対比や、伊之助が獣から鬼殺の剣士へと成長する姿がとても印象的でした。 また、善逸が気を失いかけた時の「じいちゃんの声」、伊之助が絶望した時「炭治郎の励まし」「母の記憶」「家紋の家の老婆」といった描写は、心揺さぶられるものがありましたね。 新たに増援に来た二人の柱、冨岡義勇、胡蝶しのぶの二人もなんとか間に合い、これで一安心かと思いきや、最後の最後で炭治郎が危ないっ! という場面での鬼の引き。 思わず「ヤバイッ!」って口に出してた。 次週がとても気になります。 以上、アニメ「鬼滅の刃」第18話の感想でした!.

次の

鬼滅の刃しのぶは伊之助の母親兄弟?約束指切りと呼び方で怒られる?

鬼滅の刃 伊之助 母

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】母に捨てられ猪に育てられる 今まで伊之助は 母に崖から落とされたと思われていました。 しかしそれにはきちんとした訳がありました。 伊之助の母琴葉は、DVに苦しみ苦労していたようです。 でも明るい性格で歌が好きだったようです。 常に歌っていたので、赤子であった伊之助の脳裏にその歌声は深く刻まれていたようです。 上弦の弐・童磨は表向きの顔として、 宗教の教祖をしており伊之助の母はその宗教の信者の一人でした。 伊之助の母は宗教に入会しても童磨については、なにも疑う事もなく宗教活動を行っていました。 しかしある日、童磨が人間を食べているところを見かけてしまい、そこから逃げ出します。 童磨に気づかれてしまい、すぐ伊之助の母を追いかけてきました。 そしてついに、崖まで逃げ込んでしまいます。 このままでは追い付かれてしまうし、伊之助も自分と一緒に殺されてしまうと考えた母は、 わずかな希望にすべてを託して崖から落とし、童磨から逃がしたのです。 伊之助の母は、 追いついた童磨に殺され、食べられてしまいました。 崖から落ちた伊之助は、 川に落ちたことで一命をとりとめその後はイノシシに育てられたのです。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】たかはる家との出会い ある日たかはるはおじいさんが伊之助にえさをあげているところを目撃します。 その時伊之助はもうイノシシの被り物をしています。 化け物だと思ったたかはるは伊之助を追い払います。 そしておじいさんにもうえさはあげないように注意しました。 しかしその後も伊之助を膝にのせて百人一首を読み聞かせたりしていました。 たかはるがさらに追い払ってもおじいさんの所にやってきます。 おじいさんは ふんどしに書いてある伊之助の名前を呼んで教えてあげました。 そのことにより、 伊之助は自分の名前を知ったようです。 たかはるはまた追い払おうとしますが、伊之助が突然話し始めました。 口の悪いたかはるとおじいさんのおかげで伊之助は言葉を覚えたのです。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】童磨から教えられた真実 童磨は、伊之助の素顔を見ると、その顔に見覚えがあると言いました。 しかし伊之助は童磨のような蛆虫にはあったことはないと叫びます。 童磨は自分の記憶を蘇らせるために、自分の頭に指を突っ込みました。 15年前、暴力をふるう旦那から逃げて、 極楽教を尋ねてきた女の子がいました。 その時は原型もとどめないくらい顔がはれ上がっていましたが、片目は失明したけれど手当をしたらきれいな顔に戻ったのです。 それが 伊之助の母でした。 童磨は伊之助の母を喰らうつもりはなかったようです。 頭は賢くなかったけれど美人で歌がうまかった。 よく伊之助を抱っこして指切りの歌を聞かせていました。 童磨も伊之助の母を食べることなく、寿命まで傍に置いておきたかったけれど、信者を食べているところを見られてしまいました。 そして逃げ出し、伊之助だけは助けようと崖から伊之助を放り出しました。 母は童磨に殺され、食べられてしまいました。 伊之助は全て思い出しました。 スポンサーリンク まとめ 炭治郎の同期でイノシシの皮をかぶった二刀流の剣士、嘴平伊之助。 母に捨てられ、イノシシに育てられたと思われていましたが、捨てられたのではありませんでした。 母は自分の命も顧みずに、上弦の弐・童磨の魔の手から逃がすために崖から伊之助を落としたのでした。 その後子供を亡くしたばかりのイノシシに育てられましたが、たかはるのおじいさんにえさをもらったり百人一首を読み聞かせてもらったり・・・口の悪いたかはると優しいおじいさんのおかげで言葉も話せるようになりました。 口癖は猪突猛進で、それは彼の戦いや彼の生きざまそのものに現れています。 イノシシを脱ぐと顔立ちは整っていて女の子みたいです。 その顔は母琴葉に生き写しのようです。 炭治郎や、いろいろな人とのやさしさと触れ合ううちに伊之助はだんだん変わっていきました。 そして自分よりはるかに強い炎柱の生きざまを見たことによって、真の強さとは何かを心に描き始めたようです。 でもこれからも猪突猛進で何事にも突撃してほしいと思います。

次の