高血圧 サウナ。 高血圧の人はサウナに入らないほうがいい?|俺のサウナ

公益社団法人日本サウナ・スパ協会のホームページ

高血圧 サウナ

慢性的な症状への効果・効能 血行改善で肩こり・腰痛の緩和 肩こりや腰痛の主な原因は、 血流の不足や筋肉の疲労・緊張が原因のひとつと言われています。 サウナ浴をすると汗をかき、血圧も上昇し血流量が普通の状態の2倍近くに増えます。 その作用により筋肉に溜まっている疲労物質(乳酸)の排出が促進され、 筋肉がほぐれ疲労がとれることで肩こりや腰痛の緩和にもつながると考えられています。 便秘解消・デトックス効果 便秘になる要因のひとつとしてストレスが影響します。 強いストレスがかかる状態が続くと自立神経が乱れ、 体の新陳代謝の機能が低下するため、腸の動きも悪くなり便秘になると考えられています。 サウナに入り、汗をかくと血流が良くなるとともにリラックス効果も得られます。 リラックスした状態は、乱れた自律神経の回復を助けストレスを発散できるので、 腸の働きも正常になり便秘解消に効果的です。 また、サウナは汗を大量にかきますので、体内の毒素を汗と一緒に体外に排出する「 デトックス効果」もあり便秘解消につながります。 冷え性を改善・予防 冷え性は 末端の血流が悪くなっている状態にあり、手足の先が冷たく感じる症状です。 サウナに入ると血流が良くなり、体の末端まで血が巡るため毛細血管が拡張され「 冷え性改善」に効果があると言われています。 ただ、単発的にサウナに入るだけではなく、 一定期間継続して入り、常に血行のいい体を維持することで効果アップが期待できます。 また、 サウナと水風呂を交互に入る入浴法も血管鍛える効果があり冷え性の予防・改善におすすめです。 、 疲労回復・ストレス解消 体が「疲れる」という症状は、 筋肉に乳酸が溜まり思うように動かせなくなる状態を言います。 運動をしたり仕事で身体を動かすと乳酸が溜まり疲れ(疲労)を感じるようになります。 乳酸は酸素により分解され汗として排出されますが、サウナに入ると血流量が増え酸素摂取量も増加するので 乳酸の分解が促進され、同時に大量に汗をかくことで 乳酸の排出もスムーズに進み疲労が軽減されます。 また、ミストサウナや岩盤浴など リラクゼーション効果の高いサウナは、精神的なストレスなど「 心の疲れ」を取ってくれる効果もあり仕事帰りや休日に入るのもおすすめです。 わきが・体臭・加齢臭対策 わきがや汗の臭い、そして40代になると発生してくる加齢臭などのいわゆる 「体臭」の原因は汗腺の働きと大きく関係しています。 サウナに入って汗を流すことで体に溜まった老廃物や汗腺に詰まった皮脂や臭いの原因物質を排出することができます。 また、普段使っていない体中の汗腺を鍛えることができるので、汗をかく働きが正常になり 体臭の予防にも効果があると言われています。 内臓疾患や病気への効果 肝臓 ストレスを感じると交感神経が活発になりますが、肝臓をはじめとした臓器を動かすのは交感神経とは拮抗する関係にある副交感神経です。 身体がストレスを感じている状態が続くと、交感神経の作用で血流量が減少し内臓へ血液量も減るので、 肝臓にもよけいな負担がかかり働きが弱まってしまいます。 こんな時、ゆっくりとサウナに入り、血流量を増やしリラックスした気分になることで、 副交感神経を刺激し肝臓の働きを活発にしてくれる効果が見込めます。 腎臓 サウナ浴は慢性の腎臓病や腎臓結石の方にも有効であることがわかっています。 サウナに入り発汗し血流量が増えることで、身体の深部まで温まるので通常より多くの 尿素などの老廃物が汗と一緒に排出されます。 これが腎臓の負担を減らしてくれるのです。 人工透析をしながらサウナ治療を受けられている方もおられます。 ただ、サウナを選ぶ時は、 身体への負担が軽い遠赤外線を使う岩盤浴や低温高湿のミストサウナ等を選択し、定期的に継続されることをおすすめします。 糖尿病 糖尿病の方はストレスを強く感じると 交感神経が活発になり血糖値が上がります。 こんな時、サウナにゆっくり入り リラックスした状態を作ると副交感神経が刺激されて緊張モードが解け、ストレスが緩和されますので 血糖値の上昇を抑えてくれる効果があります。 また、サウナに入ることで、血行が良くなり インスリンの働きを促してくれる効果もあります。 サウナの種類は、ゆっくりとリラックスできる 岩盤浴かミストサウナが適しているでしょう。 熊本日日新聞に掲載された記事などによれば、鹿児島大付属病院で診療棟の一角にサウナ風呂が設置され、その サウナを心不全患者の温熱療法として利用されているそうです。 サウナは、入り方(温度・時間・頻度)をしっかり管理することにより、心不全の症状を大きく改善し、同時に心身のリラクゼーション効果をもたらす治療として効果が期待できます。 癌(ガン) サウナ浴は免疫機能を高める作用がありますので 癌の予防にも効果があると考えられています。 一般的に、癌患者の体温は平均的に低いとされています。 体温が低いと免疫機能が弱くなり細胞がガン化する確率が高くなることがわかっています。 サウナ浴を定期的に継続することで血流量を増やし酸素を血中に多く取り入れ、 体の深部体温を上げることで自然に免疫機能もアップしますので癌予防につながります。

次の

公益社団法人日本サウナ・スパ協会のホームページ

高血圧 サウナ

に定期的にかつ頻繁的に入浴することは心血管を強くし、心血管疾患にかかる確率が大きく下がることが近年に発表された研究報告で明らかになりました。 参考記事: 参考記事: また、高血圧に関し、サウナは高血圧を改善する傾向があると示されています。 参考記事: ただし、に定期的に入浴することと「高血圧の発症率」という研究報告があまりなかったので、今回の文献を用いてご紹介します! なんと、サウナに定期的に入浴すると「高血圧の発症率が47%も低下する」のです! 参考文献:Sauna Bathing and Incident Hypertension: A Prospective Cohort Study. American Journal of Hypertension 30 11 November 2017 フィンランド、イギリス、オーストリアの研究チームでで1621人対象のサウナ研究 この研究ではフィンランドの 1621名年齢42~60歳の男性を対象に 約25年間フォローし、高血圧になったのが何人なのかを見る研究です。 フィンランド式サウナの温度は一般的に80~100度程度で、対象者が使用したサウナの温度やサウナに入浴した頻度やサウナ室内の時間は対象者の自己申告によるアンケートでデータが収集されました。 また、対象者が研究を参加した時点に高血圧になっていないことが確認され、フォロー期間中に収縮圧140mmhg以上、拡張圧90mmhg以上になるもしくは高血圧の薬を飲み始めると高血圧になったと判断されます。 他に年齢、喫煙歴、BMI、スタート時の収縮圧血圧、飲酒歴などのリスクファクターも考慮されたうえで算出されています。 なぜサウナの入浴は高血圧の予防と関係するだろうか? もちろん、この研究はサウナと高血圧に罹る「相関性」を示す研究であり、「因果関係」を示す研究ではありません。 この研究の作者によると、サウナの入浴で高血圧の罹患率が下がる可能な理由は下記のいくつではないかと思われています。 一つは血管の「内皮細胞」の機能改善です。 サウナによる「熱療法」から血管の内皮細胞の機能が改善され、心血管の機能性も向上すると他の研究からも示唆されています。 二つ目は「自律神経」のバランスです。 サウナに入り、体を温め、室外で体を涼しむというサイクルを繰り返すことでリラックスし、自律神経が調整され、よいバランスになります。 自律神経のいいバランスによって血圧がうまく制御されるようになるのではないかと推測されます。 もう一つは心拍数上昇による効果です。 サウナに入ると心拍数が1分間100~150回に上がります。 この心拍数は低度や中度のスポーツを行うときと同等レベルです。 そのため、心臓と血管にとって軽いスポーツをやった時と同じ効果が持たされているのではないかと考えられています。 1.フィンランド 北欧というと? フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。 ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。 良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。 そのため、キートスショップは 「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。 2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい 「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。 フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。 また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。 「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。 3.運営に「誠実」と「感謝」 「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは 感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。 いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。 遅くても24時間以内にご返答致します。 、メール:ken kiitos. shop 4.キートスショップの名前 「 Kiitos」はフィンランド語で「 ありがとう」を意味する言葉。 『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。 キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。 キートスショップスタッフ一同より().

次の

高血圧の方が入浴するときに気をつけるべきポイント

高血圧 サウナ

サウナは健康によいということで利用する人も多いです。 私もそうです。 実際にサウナに行くと調子が上がるので利用しています。 ですが、 サウナを控えたほうがいい、注意したほうがいいという人もいます。 「高血圧の人」がそれに当てはまります。 血圧が200以上あるという人はサウナは絶対にやめましょう。 サウナを利用していると血流が倍になります。 そうなるとその分、血圧は上昇してしまいます。 「サウナに入る=血圧急上昇」ということ! つまり、高血圧の人がサウナに入ると更に血圧が上がってしまうという事になるのです。 そして、サウナのような高温の場所から水風呂という温度差の大きい変化は、血圧を急上昇させる行為です。 また、高血圧の人は通常の血圧の人に比べて血管が詰まりやすいとも言われています。 サウナは大量の汗をかくことで脱水症状に近い状態になります。 そうなると、血がドロドロになっていきます。 血がドロドロになれば血管が詰まる可能性が高くなります。 心筋梗塞や脳梗塞などの危険性も高まります。 ですので、高血圧の人はなるべくサウナの利用は避けたほうが良いと思います。 厚生労働省のホームページにも、「高血圧の人は、冷水浴やサウナはいけない」といった記載がありました。 それでもサウナに入りたいという根性あるサウナ-の方は、念のためかかりつけの医師に確認してみると良いでしょう。 無理は禁物です!.

次の