お 褒め の 言葉 ありがとう ござい ます。 褒められた時に「褒めてもらって」は間違い。間違えがちな敬語3パターン|「マイナビウーマン」

仕事で言われて嬉しい褒め言葉は何?体験談14

お 褒め の 言葉 ありがとう ござい ます

「もったいないお言葉」の意味とは? 「もったいないお言葉」の類語• 「もったいないお言葉」の使い方• 「もったいないお言葉」を使った例文 「もったいないお言葉」の意味とは? 「もったいない」という言葉を使う時、どのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。 ほとんどの場合、 「捨てるのはもったいない」 「まだ食べられるのにもったいない」 「あきらめるのはもったいない」など 「惜しい」という意味を含んだ言葉をイメージするのではないでしょうか。 さらに 「惜しい」に続いて 「残念」などマイナスのイメージを思い浮かべるはずです。 しかし 「もったいないお言葉」という使い回しをする時は、 「惜しい」という意味は含みまうが、 「残念」というマイナスの意味は含みません。 「もったいないお言葉」とは、目上の人に褒められた時に使う 「喜ばしい」言葉だからです。 例えば 「君はこの会社でいちばん優秀だ」と会社の社長に言われた時に、 「私には、もったいないお言葉です」と言います。 この場合、言葉自体が 「もったいない」わけではありません。 「私のようなものに」そのような素晴らしい言葉を掛けていただくのは 「もったいない」と言っています。 この場合の 「もったいない」には 「惜しい」という意味が含まれますが、 「残念」な感情は含まれておらず、 「嬉しい」とか 「最高に幸せ」というプラスの感情が含まれています。 敬語の中には 「謙譲語」がありますが、 「もったいないお言葉」という時も、自分の立場を下げて、言葉を掛けてくれた相手の立場の上にするという技法を使っています。 目上の人が掛けてくれた言葉や、目上の人と、自分の立場にギャップを作る事で、言葉を掛けてくれた人に敬意を表しているのです。 「恐れ多い事」【おそれおおいこと】 「もったいないお言葉」に似た意味を持つ言葉に 「恐れ多い事」という言葉があります。 この言葉も、上司など目上の人に褒められた時の返事の一部に組み込んで使います。 例えば会社の会長から、 「君はとても美しい人だね」と言われた時に、 「恐れ多い事です」と返事をします。 「私なんかに美しい人だと言っていただき、嬉しいを通り越して怖いくらいです」という意味を含んでいます。 付き合いたてのカップルが 「幸せすぎて怖い」などというセリフを使いますが、 「恐れ多い事」という言葉も同様です。 単純に怖いのではなく、 「嬉しすぎて怖い」という意味で、 「恐れ多い事」という言葉を使います。 「恐縮至極」【きょうしゅくしごく】 「もったいないお言葉」に近い言葉として 「恐れ多い事」という言葉を紹介しました。 さらに 「恐れ多い事」だという意味を表現したい時は 「恐縮至極」という言葉を使います。 「恐れ多い事」でも 「光栄すぎて恐ろしくなります」 「嬉しすぎて怖いほどです」という意味を含んでいましたが、 「至極」という言葉をつけると 「とんでもない光栄で、実が縮まってしまうくらい恐ろしいです」とか 「びびるくらい最高に幸せです」という意味の言葉になります。 目上の人に 「君の働きぶりは、素晴らしいね」と声を掛けられた時に、 「もったいない言葉です」と答え、さらに目上の人が 「いやー、本当に最高だよ」とたたみかけてきた時などに、 「恐縮至極でございます」などと返事をします。 「恐れ多い事」よりも強い意味の言葉で、感謝の心を伝えると、褒めてくれた人も 「褒めて良かった」と思うはずです。 「もったいないお言葉」の使い方 「もったいないお言葉」という言葉は、目上の人に褒められた時に、感謝の言葉を伝えるための返事をする時に使います。 「目上の人から」という点、 「褒められた」という点、さらに 「感謝の気持ちを伝えたい」という点をクリアした時に、 「もったいないお言葉」という言葉を使うようにしましょう。 そのため、同僚から 「お前すごいな」と言われた時に 「もったいないお言葉です」と答えたら変な感じになります。 この場合は 「ありがとう」で十分です。 また年齢が下だったり、立場的に下の人だとしても、仕事上の関係だったり、敬語を使わなければいけないような関係だとすれば 「勿体ないお言葉です」という言葉を使ってもいいでしょう。 そのため、例え一回り下の年齢だとしても、お得意先の社員から褒められた場合は 「もったいないお言葉です」と返事をしても問題ないでしょう。 上司に褒められた時の「もったいないお言葉」を使った例文 会社員として働いているあなたが、あるプロジェクトを通じて良い結果を出したとします。 その打ち上げの席などで、プロジェクトリーダーにあたる上司が、 「君の働きのおかげで、プロジェクトが成功したよ」とお褒めの言葉を掛けてくれたとします。 このような時に、 「もったいないお言葉です。 上司が褒めてくれた事に感謝の心を表現しながら、自分一人の力ではなく、上司やチームのメンバー全員の力による成功だと謙遜する事もできます。 ただ 「ありがとうございます」と照れながら答えたり、 「そうですかねー」などと返事をする社員に比べて、かなりポイントの高い返事ではないでしょうか。 義父から褒められた時の「もったいないお言葉」を使った例文 結婚をしている人は、妻の父、つまり義父とも上手に付き合わなければなりません。 例えば会社で出世をした事を義父に伝えた時に 「君は大した男だよ。 娘をあげて良かった」などと褒められるかもしれません。 このような時に 「もったいないお言葉です。 お義父さん、今後もご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いします」などと返事をしましょう。 妻を褒めると義父は娘を褒められて喜びますし、義父のアドバイスのおかげで仕事が成功したという感謝の言葉を伝えると、義父は自分が手柄を立てたような気持ちになり、悪い気はしないはずです。 義父に褒められた時は、 「結婚前はあんなに反対したくせに」とか 「いつもは、ディスってばかりなのに」などと思う気持ちになってしまうかもしれませんが、きちんと敬語を使った返事をして、義父の機嫌を取っておきましょう。 取引先に褒められた時の「もったいないお言葉」を使った例文 会社の取引先から褒められた時は、いちばん油断してはならない時です。 なぜなら取引先の担当者は、心の底からあなたの事を褒めているとは限らず、ほめ言葉に対してどのような反応をするか見ている可能性があるからです。 きちんと敬語を使って、取引先相手に敬意を伝える事ができれば、 「取引先として合格」だと思われるかもしれません。 例えば取引先と初めて話し合いの席を持った時、担当者から 「御社の勢いは業界でもトップクラスと評判ですね」と褒めてもらったとします。 そのような時に 「ありがとうございます。 さらに上を狙います」とか 「まだまだこんなものではありません。 業界のてっぺんを取ります」などと返事をすると、取引先から 「この会社は大丈夫か? 」と警戒されてしまうでしょう。 きちんと敬語を使った返事をして、相手への感謝の気持ちを伝えるために 「もったいないお言葉です。 私達こそ、御社のような立派な会社とお仕事ができるなんて、夢を見ているようです」などと返事をしましょう。 敬語で褒め言葉に対する感謝の意を伝え、さらに取引先の素晴らしさを褒め称える事で、ビジネスマナーの試験を合格する事ができるはずです。 ややかしこまった言葉や、日常生活で使わない言葉を、平気で使えるようになれば、社会人として一皮むける事ができそうです。

次の

ありがとうございます の例文10パターン (意味と類語)

お 褒め の 言葉 ありがとう ござい ます

日本人の「謙遜的な姿勢を重んじてきた」という性質上、褒められても「そんなことないですよ」「自分なんてまだまだ未熟です」というように、謙遜してしまいがちになってしまうという人も多いかと思います。 ある程度の謙遜は確かに好印象ではありますが、過剰すぎる謙遜姿勢は、お褒めの言葉を言った相手からすると、自分の言葉を軽んじられたように聞こえてしまい「せっかく褒めたのに嬉しくないのか?」と思われてしまうため、かえってマイナスな印象になる場合も多いのです。 褒めてもらった時は誰だって嬉しいはずですので、上司やお客様などに褒められた時には、過剰に謙遜せず、素直に「ありがとうございます」などといった感謝の言葉を伝えましょう! 「褒めてもらって」は謙譲語・尊敬語ではないためお褒めの言葉にはNG! ビジネスシーンなどの会話において、よくありがちなミスとして「尊敬語・謙譲語が混同する」「本来敬語ではない言葉を敬語と思い込んで使っている」などがあります。 そんなミスの代表例として、上司からのお褒めの言葉に対して「褒めてもらってありがとうございます」と返事をしてしまうケースが挙げられます。 「褒めてもらって」という言葉自体は、確かに他者からの褒め言葉に対する返事・返信の1つであり「褒める」という言葉に「もらう」が付いているため、一見謙譲語のように見えるかもしれません。 しかし、これは敬語ではなく、人間関係が重要視されるビジネスシーンにおいては、あまりふさわしいものではありません。 「褒めてもらって」という言葉をビジネスシーン等で用いる場合は「お褒め頂き」などを用いるようにし、感謝の言葉を添えるようにしましょう。 お褒めの言葉への正しい返事の仕方は? お褒めの言葉には「ありがとうございます」などの感謝の言葉で返事しよう! 褒められ慣れていないため、いざ上司などからお褒めの言葉を頂いても「そんなことありませんよ」と謙遜してしまうという人は「恐縮です」という言葉を用いることをおすすめします。 ビジネスシーンなどにおける会話・メールなどでも度々見かける「恐縮です」という言葉は、お褒めの言葉に対する返事・返信にも使えるのです。 「恐縮です」の「恐縮」という言葉には、相手から受けた厚意などに対して感謝する気持ちだけでなく、自分自身が相手にかけてしまった迷惑に対する謝罪・すまないという気持ちを表現する言葉でもあります。 また、人によっては相手への厚意に対して照れくさい気持ちや気恥ずかしさを表す場合もあり、様々な表現に使えますよ! 素直に感謝の気持ちを表現しにくいという時だけでなく「恐縮」という言葉は、突然のメールをする時や相手への頼みごとをする時などにも「お忙しいところ大変恐縮ですが」などというようなビジネスメールに最適な言葉に言い換える時にも便利な言葉でもありますので、ビジネスメールが苦手という方は是非覚えておきましょう。 感謝の言葉にさらにプラスアルファ!相手を立てる言葉で好感度アップ! お褒めの言葉に対する返事・返信のテクニックの1つとして「ありがとうございます」や「お褒めいただき光栄です」などの感謝の言葉に加えて「褒めて頂いた相手の立場を立てる言葉」を付け加えると、さらに相手の印象に残りやすく、褒められ上手になります。 多くの人は自分の言動に対して喜んでくれたりことは嬉しいことです。 気持ちの良い返事・返信で、互いに褒め合ったり、認め合ったりすることで、より信頼できる仕事相手・取引相手になれることでしょう。 NGなお褒めの言葉へのメールの返信とは? 返事・返信にお褒めの言葉に対する感謝の言葉を書かない ビジネスシーンなどにおいては、対面だけでなくメールでの取引・コミュニケーションも多くなります。 そのため、メール上でのトラブル等を防ぐためにも、ビジネスメールにおけるお褒めの言葉に対する返事・返信方法も理解しておく必要があります。 プライベートでは、SNSをはじめ、ショートメールでのやり取りがほとんどという人も多く、なかにはビジネスメールなどの、比較的長文で敬語などを多用するメールに対しては苦手意識を持っているという人も多いことでしょう。 基本的な言葉の使い方や相手に合わせた使い方を理解すれば、簡単に好印象なメールを送れますよ。 お褒めの言葉に対するメールでの返事・返信においても、対面の時と同様に褒めて頂いた相手へ感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。 対面とは違い、メールの送り主の顔・表情を読み取ることができないメールでは、書いている文章でしか相手の気持ちを読み取れません。 そのため、感謝の一文があるだけで雰囲気が変わります。 お褒めの言葉に対して「ありがとうございます」とだけ書く また、メールでお褒めの言葉を頂いた時にやってしまいがちなミスの1つとして「ありがとうございます」のひとことで終わってしまっているというケースです。 よく知った相手で、なおかつ対面の場合であれば「ありがとうございます」のひとことでも問題はありません。 メールを送ってきた相手の顔や表情がわからないビジネスメールにおいて好印象の返事・返信をするためには、自分が送る文章から感謝の気持ちが相手に伝わるようにすることを心がける必要があります。 「ありがとうございます」という言葉だけでは、相手によっては傲慢なイメージや冷たい印象を感じてしまう場合もあるのです。 お褒めの言葉への正しいメールの返信の仕方は? お褒めの言葉に対する感謝の一文を入れる 敬語やマナーが学べる本の2つ目は『私の敬語正しいと思っていたけれど。 』です。 可愛い絵柄が印象的なこちらのコミックエッセイは、著者であり会社員歴15年の森下えみこさんが同僚や上司とのコミュニケーションのなかで、正しい敬語や話し方を学び直すという内容になっています。 取り扱っている内容も様々であり、電話・メール・対面コミュニケーションなどから、尊敬語・謙譲語・丁寧語の基本など社会人なら今更聞けない内容も多く、敬語に自信がないという人の学び直しにもぴったりです。 『私の敬語正しいと思っていたけれど。 一見難しく見えるかもしれませんが、何度もやり取りしていくなかで、相手に合わせたコツが掴めてくるのです。 今回ご紹介したポイントも参考にしながら、憧れの「褒められ上手」になりましょう! また、個人が持つビジネスマナーの知識・技量を表す資格の1つに「ビジネスマナー検定」があります。 この検定では今回取り上げた敬語・言い換えをはじめ、様々な観点から受験者のマナーが試されます。 関連記事ではビジネスマナー検定の内容についてまとめています。 挑戦してみたいという方は要チェックですよ!.

次の

【お返事フレーズ例】お客さまに褒められたときのお返事の仕方は?

お 褒め の 言葉 ありがとう ござい ます

「ありがとうございます」とは、相手に対する感謝・お礼の気持ちを伝えるときに使う言葉です。 「ありがたい(有り難い)」という形容詞と「ある」の丁寧語である「ございます」から形成されています。 形容詞「 ありがたい」はもともと「有り難し」という言葉で、「なかなかない、珍しい」という意味を持ち、人として生を受けて生きていることへの感謝を説く仏教用語として用いられていました。 そこから嬉しい心遣いなどを受けた時、感謝する言葉として幅広く使われるようになったのが「ありがとうございます」の語源です。 ビジネスシーンでは気遣いを受けたり、何かを教えてもらったりした際、感謝を伝えるために必ず言い添えたい言葉と言えます。 また、「ありがとうございます」には、 言葉を足して感謝の気持ちの強さを表す表現や、状況や相手に応じたさまざまな言い回しがあるので、しっかりと使い方をマスターしましょう! 「ありがとうございます」は敬語なのか? 文法的に「ありがとうございます」が現在形、「ありがとうございました」が過去形の表現です。 基本的な使い方としては、お礼を言うべき行為を受けた直後には「ありがとうございます」、過去の行為には「ありがとうございました」を使いますが、来店したお客様への接客の場合など、どちらを使っても違和感がないため、使い分けが曖昧な場合もあります。 また、 過去の行為に「ありがとうございました」ではなく「ありがとうございます」を敢えて使い感謝の意を強く伝える使い方もあります。 どちらを活用しても大きな問題はありませんが、多用しすぎると不自然になりかねないので、節度を保ちながら上手に使い分けましょう。 「ありがとうございます」の前につける定番のフレーズとは? 「どうも」ありがとうございますの使い方とは?• Thank you very much for contacting us regarding our current products. (弊社製品に関してお問い合わせいただきまして、誠にありがとうございます。 Thank you for calling. (お電話ありがとうございます。 I really appreciate your help in resolving the problem. (問題の解決にご協力いただき、深く感謝申し上げます。 I appreciate your help. (お力添えいただき、ありがとうございました。 I shall be grateful all my life. (このご恩は一生忘れません。 I am indebted to you for this. (本当に感謝しています。

次の