余っ た 餃子 の 皮 レシピ。 余った餃子の皮はアレンジ無限!フライパンでできるもの限定レシピ紹介!

余った餃子の皮はアレンジ無限!フライパンでできるもの限定レシピ紹介!

余っ た 餃子 の 皮 レシピ

【材料】• 餃子の皮:6~12枚• 豚バラ薄切り肉:30g• 水:3カップ• 塩:ひとつまみ• 鶏ガラスープの素:大さじ1• 細ねぎ(小口切り):1本• 白いりごま:適量 【作り方】• 餃子の皮は、好みの太さに細切りして手でほぐします。 豚バラ肉は細切り、しめじ、えのきは石づきを取ってほぐします。 鍋に水、しめじ、えのき、塩を入れて火にかけます。 沸騰したら豚バラ肉、生姜、鶏ガラ、砂糖、醤油を加えます。 アクを取り、豚肉に火が通ったら1を加え、サッと煮ます。 器に盛り付け、細ねぎ、ごまをかけたらスープの完成です。 【材料】• 豚ひき肉:80g• チンゲン菜:80g• 餃子の皮(大きめ):10枚• 塩:少々• こしょう:少々• 水:適量• A水:1カップ• A鶏ガラスープの素(顆粒):小さじ1• B水:大さじ1• Bごま油:少々• B砂糖:少々• B塩:少々 【作り方】• チンゲン菜は3等分に切り、根元は縦8等分にします。 玉ねぎはみじん切りにします。 鍋に Aの材料を入れて沸騰させ、1の根元、葉の順に加え、中火で1分半煮ます。 塩、こしょうで味を調え、火から下ろします。 ボウルにひき肉、 Bの材料を入れ、粘りが出るまで練り混ぜます。 玉ねぎを加え、さらに混ぜます。 餃子の皮の真ん中に6をのせ、縁に水をつけてひだを寄せるように包みます。 別鍋に熱湯を用意し、7を入れて中火で5分ほど茹でます。 浮いたら湯切りし、器に盛って4をかけたらスープの完成です。 【材料】• 餃子の皮:8枚• オリーブオイル:小さじ2• 粉チーズ:小さじ1• じゃがいも:2個• バター:10g• 小麦粉:大さじ1• ミックスベジタブル(冷凍):20g• コンソメ:小さじ1• 塩こしょう:小さじ1• 牛乳:200cc 【作り方】• バターは600Wのレンジで30秒加熱し、溶かします。 じゃがいもは4つ切りにし、耐熱ボウルに入れて600Wのレンジで4分加熱します。 熱いうちにつぶし、1を加えてなじませ、小麦粉を加えてよく混ぜます。 ミックスベジタブル、コンソメ、塩こしょう、牛乳を加え、さらに混ぜます。 600Wのレンジで3分加熱し、とろみがつくまでよく混ぜます。 ココットに移し、両面に水をつけた餃子の皮をかぶせます。 もう1枚の皮を重ね、表面にオリーブオイルを塗って粉チーズを振ります。 トースターで2分30秒焼き、お好みでパセリを散らしたらスープの完成です。 【材料】• マッシュルーム:4個(60g)• 水:100cc• 牛乳:100cc• バター:小さじ1• 塩こしょう:少々• 餃子の皮:6枚• モッツァレラチーズ:30g• サラダ油:少々 【作り方】• 玉ねぎは薄切りに、マッシュルームは石づきを落としてスライスします。 鍋にバターを入れて熱し、玉ねぎをしんなりするまで炒めます。 マッシュルームを加えて炒め、水、コンソメを加え、弱火で10分煮込みます。 ハンドブレンダーで攪拌し、牛乳を加えて中火でひと煮立ちさせます。 火を止め、塩こしょうで味を調えます。 モッツアレラチーズとベーコンは1cm角、にんにくはみじん切りにします。 フライパンにサラダ油を熱し、にんにくを香りが立つまで炒めます。 ベーコンを加え、焼き色がついたら火を止めます。 餃子の皮を3枚並べ、中央に7を細長くのせ、端に水をつけて半分に折りたたみます。 くるくる巻いて、巻き終わりに水をつけ、バラの形を作ります。 同じ作業を繰り返して10に巻きつけ、巻き終わりを水でとめます。 鍋に湯を沸かし、11を入れて2~3分茹でます。 皿に5を注ぎ入れ、生クリームをまわしかけ、12をのせたらスープの完成です。

次の

餃子の皮、余ったらどうしてる?餃子の皮で作るアレンジレシピ5選

余っ た 餃子 の 皮 レシピ

張り切って餃子を作ったけれど、皮が余ってしまった……そんな経験、ありませんか?使い切ろうとしても、あらためて餃子のタネを作るのは面倒だし、せっかくならばもう一品、二品、さっと作れたらいいですよね。 実は、餃子の皮はひと手間加えるだけで、おつまみやおやつがすぐにできる便利な食材。 そのバリエーションはとても豊富なのです。 そこで今回は、料理ブロガーの山本リコピンさんに餃子の皮を使って、家族みんなが楽しめるおつまみやおやつのレシピをお聞きしました。 パーティーメニューとしてもぴったりですね。 トマトは1㎝角に切る。 〜調理のPoint〜 サルサソースはタバスコを入れず、チリパウダーのみで作ればお子さまでのおやつにも!また、型で抜いた際に残った部分は、同じように揚げてから細かく砕き、クルトンのようにサラダに散らすと味や食感のアクセントにもなってオススメです。 自分好みの具材や、オリジナルのトッピングを考えて作るのも楽しいですよ。 シリコンカップから外して、さらに3分焼く。 電子レンジ(600W)で3分加熱したら、熱いうちに潰してバターを混ぜ、塩とこしょうで味をととのえる。 レトルトカレーとスライスしたうずらのゆで卵を乗せたものには粉チーズをまぶす。 〜調理のPoint〜 カップを作るときは2枚のカップがなるべく水平になるように、しっかりとカップを重ねてください。 こうすることで、底の安定した形に焼きあがります。 いちご風味のチョコレートを使用すると、また別の味わいが楽しめます。 〜調理のPoint〜 加熱した後の餃子の皮は割れやすいため、力を入れずにそっと重ねるようにしてください。 〜調理のPoint〜 餃子の皮を円形にする際は、広げやすいように丸いお皿を使うと、円形の目安となってきれいに仕上げることができます。 具材を詰める作業をお子さまと一緒にやってみてはいかがでしょうか。 コツをつかめば、お子さまでもお料理気分が楽しめるでしょう。 飾り用のバナナを浮かべ、ミントを飾る。

次の

餃子以外でも大活躍!余った餃子の皮を活用したアレンジレシピ8選

余っ た 餃子 の 皮 レシピ

お弁当の一品に「餃子の皮のウィンナー巻き」 ウィンナーを餃子の皮でクルッと巻いて焼くだけのレシピ。 一緒にチーズとピザソースを巻いているので小さなお子さんも喜んでくれる味になっています。 所要時間も5分ほどでできてしまうので、お弁当にあと一品欲しいなという時にも便利ですよ。 こちらのレシピではえのきを使っていますが、他のきのこや野菜などにアレンジしても良さそうですね。 あっという間にできてしまうので朝食にもオススメのレシピです。 残りカレーを使って「餃子の皮でラザニア風」 なんと余った餃子の皮とカレーの残りを使ってラザニアができてしまうんです! 作り方も耐熱皿にホワイトソースとカレー、餃子の皮を順番に重ねてオーブンで焼くだけなのでとっても簡単。 ちょっとひと手間掛けたい方はホワイトソースを手作りしてみてもいいかもしれませんね。 甘いきな粉と餃子の皮だなんて驚きの組み合わせですが、もちもちした食感の美味しい和スイーツに仕上がっています。 さっと作れるので晩酌のお供にも。 具材やソースを変えるだけでアレンジ可能なので、色々挑戦してみるのも楽しいですね。 肉食べてる〜って感じです。 片っぽ食べかけ。 残りものの強力粉を使った活用方法やおすすめレシピを紹介しています。

次の