好き な 言葉 面接。 面接で「好きな言葉は何ですか?」と聞かれたらどう答える?

「好きな言葉」を面接で聞く理由は。言葉選びと伝え方のポイント

好き な 言葉 面接

面接で「座右の銘」について聞かれたら 面接で尋ねられることのひとつとして「座右の銘」があります。 この質問は好きな言葉やモットーなど他のパターンもありますが、やはり人気の尋ね方は「あなたの座右の銘はなんですか」というもの。 就活生のほとんどは自分の座右の銘を持っていますが、肝心なのはその質問をしてくる企業側の意図を汲み取ることです。 今回は面接で「座右の銘」を聞かれたときのベストな答え方や回答例について解説します。 企業はなぜそんなことを聞き、何を知りたいのかを踏まえてどう答えていくべきかを知り、何の準備もなしに「え~」「え~と」などとしどろもどろの状態になることのないよう、きっちりと相手の心を掴むような答え方を身に着けておきましょう。 そもそも「座右の銘」とは何? 座右の銘と言えば、学校で書き初めをする際に「どんな漢字にしようかな」と迷っている子供をイメージします。 皆さんも自分にピッタリな漢字や英語、できれば簡単なものなどと工夫を凝らして迷った経験があるのではないでしょうか。 中学生までの子どもならそれでいいでしょうが、就活をする大人がそれでは困ります。 そもそも、座右の銘というのはそんな行き当たりばったりで決めるようなことではないのです。 座右の銘とは 自分の中心にある言葉であり、行動基準や自分を奮い立たせるような言葉です。 言葉には力がありますが、その中でもとりわけ自分にとって影響している言葉のことを指します。 これがないと大人ではないとまでは言いませんが、やはり厳しい社会で生きていくにはこうした心の支えが必要です。 面接で聞かれることを想定して、就活生の多くが座右の銘を準備しています。 よくある例としては以下のような内容が挙げられます。 例えば?• 一期一会• 初志貫徹• 急がば回れ• 勇往邁進• 一意専心• 謹厳実直 もちろん、座右の銘は一つ選べばOKです。 選ぶ際には自分でいいと思った理由を意識するようにしましょう。 「何となく見た目が良い」などの外見ではなく、中身である「意味」や「思い」を大切にしてください。 それを選んだあなたの「価値観」を大切にすることで、面接の際に伝えられることが増え、相手にあなたの中心にある考え方を披露することができます。 また、座右の銘はその昔、皇帝などが信頼のおける臣下を座の右に置いていたことに由来します。 この由来からも「信頼している」「頼りになる」ということを示していることが分かります。 面接で聞かれる座右の銘は、 自分が信頼している・大事にしている価値観は何かを伝えることができる質問として受け止めておいてください。 面接で企業が座右の銘について質問してくる理由 座右の銘と聞くと、飲み会での雑談などでも上司から尋ねられそうな内容に感じてしまいますが、この座右の銘を尋ねることで見えてくるのがその人の 価値観です。 この価値観というものは、ビジネスを一緒にやっていく者には共有しておかなくてはならない項目のひとつです。 たとえ教養がありスキルに問題がなくとも、価値観の違いによりビジネスパートナーになり得ないことは十分に考えられます。 そのため、面接では履歴書などからは読み取れないその人自身の価値観をしっかり把握しておくことが重要です。 座右の銘とはその人の中心にある言葉ですので、その人がその座右の銘を選んだ理由を探ることで価値観を推測することができます。 つまり、座右の銘はその人の価値観をはかる一つのテストなのです。 面接で座右の銘を聞くことで価値観と適応性をチェックしている 面接官は価値観をあなたから聞き出すために「座右の銘」について聞いています。 その座右の銘から導かれるあなたの大切な考えの根本を知っておくためです。 ただし、知って終わりではありません。 企業はすべての考え方を受容できるわけではありません。 必ず好ましいと思える考え方があります。 そうした面から適応性、つまり その会社になじめるかという点を審査しています。 もし、その考え方がその会社に馴染めないと判断されれば大きなマイナスとなってしまいます。 だからと言って会社のために人間がいるわけではないので、無理に会社に合わせるような発言は控えた方が良いでしょう。 面接で座右の銘を聞かれたときの上手な答え方のコツ 実際に面接で座右の銘を相手に答える際には、いくつかの注意点があります。 単に「私の座右の銘は一期一会です」と答えても、採用担当者には「それで?」と聞かれるかしかめ面をされて終わりです。 自分の思っていることをしっかり伝えられてこそ良い面接です。 中でも座右の銘の紹介は自分の価値観を伝える大切なものですので、相手にしっかり理解してもらうコツを掴んで面接に臨んでください。 1 「特にありません」はあり得ない まず、「特にありません」という回答はあり得ません。 面接では何かしらの準備をしておくものですが、それでも行き当たりばったりでも答えられる内容でもあります。 もし本当にないのであれば言葉を軽んじていると思われる恐れがあります。 また、座右の銘がないということは、言葉で自分の価値観をうまく捉えられていないとも言えます。 表現の幅が狭いということになりますし、使う気もないのであればこれからも淡泊なコミュニケーションが取られる恐れがあります。 そのため、「特にありません」という答えは絶対にしないでください。 2 秘訣は述べる順番 自分の座右の銘を紹介するには述べていく順番が重要です。 その順番は次の通りです。 座右の銘を紹介する• 選んだ理由• 自分のエピソード まずは座右の銘を伝えなくては始まりません。 そのため 座右の銘とその意味を一緒に答えるのがベストです。 次に、その座右の銘をなぜ選んだのかを述べます。 ただし、この理由は簡潔にした方が良いです。 なぜなら次の自分のエピソードの方が面白く、また理由はそのあとにもう一度述べることで効果的に伝えることができます。 自分のエピソードからどれだけその言葉に親しみがあるのかをアピールできるようにしておくことが良いでしょう。 3 座右の銘と自分自身とつなげられるようスピーチする 座右の銘は誰かから聞いた言葉としてではなく、 自分にとって大切な言葉であるべきです。 何かしらの自分のエピソードを踏まえて紹介していくのが理想的です。 そうした点から、その言葉を代表するような出来事があったかと考えるよりは自分史と照らし合わせて座右の銘を選択する方が良いでしょう。 選択された座右の銘は自分のどんな一面を表しているかを伝えることが重要です。 その一面がしっかりと伝えられるようにしておきましょう。 4 自らのエピソードを活用する 自分のエピソードを活用することで体験したことの重みを相手に感じさせることができます。 それだけに 自分のエピソードを語る際は慎重にならなくてはなりません。 そのため2つの注意点があります。 自他の視点があるか• その体験はその座右の銘に合っているか この2点を押さえておきましょう。 自分が体験したことですが、周りの反応や環境がどのようなものであったかを把握することは重要な力と言えるでしょう。 また、文脈からその座右の銘が連想できるようにしておくことは相手に好印象を与えることができます。 5 選んだ理由は簡潔に述べる いくらその言葉に思い入れがあっても何分もかけてダラダラと説明されるのは苦痛です。 なぜその言葉を選んだのかは、エピソードに組み込みながら 簡潔に述べる工夫をしましょう。 例えば、一期一会を例にすると次のような紹介が考えられます。 回答例 「私の座右の銘は一期一会です。 意味は一度きりの出会いを大切にするということです。 高校時代、私はあまり友人がいる方ではありませんでした。 今思い返すと、あの人ってどんな人だったのだろうか、もっと仲良くなっていればできることも増えていたのではないかなどと後悔しており、大学入学後にはそうした後悔を再びしないために積極的に人と触れ合うようにしてきました。 その結果、一人では気づけなかったことに触れあうことができ、新しい視点での行動ができるようになりました。 そのため、人との出会いを大切にする一期一会という言葉を座右の銘としております」 面接で座右の銘を聞かれたら堂々と答えよう 企業は面接で座右の銘を聞くことであなたの価値観を推し量り、その価値観が対応できるかをチェックしています。 当然、その会社に合うように答えた方が良いのですが現実的には難しいでしょう。 そのため、会社に合わせることを意識するよりも自分が考えていることを素直に話すこと、その内容をスムーズに答えられるようにしておくことが重要です。 この質問にはコレといった正解はなく、人によって様々な答え方があります。 しっかりとした答えであればそこまで執拗に掘り返されたりしませんので、堂々と答えるようにしてください。

次の

好きな言葉や座右の銘はありますか?好きな理由を教えてください。

好き な 言葉 面接

あなたの「好きな言葉」「」は何ですか? 私は、学生時代、小説やマンガを読んでて出会った名言をノートにメモする習慣がありました。 「名言集め」がだったのです(笑)。 人それぞれ、食べ物の好みが違うように、好きな言葉や名言も、人それぞれ違うと思います。 ある人が、どんな言葉に共感し、どんな名言を素敵だと感じるのかが分かれば、その人の性格や人柄も浮かび上がってくるはずです。 というわけで、私は就職活動の採用面接の際、自己アピールとして、自分が集めた名言を披露する、「名言紙芝居」をしたことがあります。 今思えば、かなり恥ずかしいですね。 ちょうど昨日、部屋の片づけをしていたら、当時、面接で使用した、名言が書かれた紙芝居を発見しました。 今日は、この紙芝居の中の名言をご紹介したいと思います。 スポンサーリンク とある製薬会社の2次面接(グループ面接)で、「10分くらい、自由に何やってもいいよ」と事前に言われていて、どうしようかと悩んだ挙句、捻り出したのが、この 「」を披露することでした。 自分で言うのもなんですが、発想力が貧困すぎますね。 もうちょいマシなことは出来なかったのか、と。 とはいえ、「名言」自体は、今、見返しても素敵なものばかりです。 ということで、 当時、私が面接で話したストーリーを再現するように、自己アピールしつつ、名言を紹介させて頂きます! 私の3つの長所 私には、長所が3つあります! 1.向上心 私の一番の長所は、「向上心があること」だと思っています。 自分の欠点を指摘されれば直そうと努力しますし、夢や目標が見つかれば、その夢の実現に向けて精一杯「頑張れる」ことが、自分の良いところだと思ってます。 もちろん、頑張ったからといって、すべてが報われるわけではありません。 むしろ、人生、努力が報われないことがほとんどだと思います。 でも、それでも諦めずに、努力と工夫を重ねて頑張り続ければ、時には報われることがあると信じています。 だから、自分は、より高みを目指して頑張れるのだと思っています。 後悔は、自分を成長させるために必要だと思います。 後悔するのは、悪いことじゃありません。 でも、「次は後悔しないように」、と強い気持ちを持って、ダメだった自分から変化できるよう、日々、生きていきたいと思っています。 2.チャレンジ精神 私は好奇心が強い方で、やってみたいと思ったことに対して、チャレンジできる力があると思っています!(とはいえ起業したのはチャレンジしすぎな気もしますが・・・) 迷ったことは、とりあえずやってみる価値があることだと思います。 2択や3択で迷った時は、「勇気がいるほう」を選びます。 人生は、ファミコンと違って、リセットボタンはありません。 でも、 スタートボタンなら、いつでも、何度でも押すことができると思っています! 人に与えられた最大の特権は何だと思いますか? それは・・・ 「笑うこと」です! ちなみにこの「笑うこと」の文字を隠しているのは、「 熱さまシート(この採用面接した製薬会社のヒット商品)」です。 明らかに使い方を間違えていますが笑。 というかそもそも、文字を隠せてないような・・・。 ここで熱さまシートをはがして正解発表した後、おでこに貼りつけて面接(紙芝居)を継続します(冷静に考えると、ふざけすぎてますね。 当時はシュールだと思ったのですが笑。 面接官の方、本当にすみませんでした・・・)。 3.ポジティブ 自分の一番の特徴は、「ポジティブ」なことだと思います。 多少の嫌なことがあっても、前向きに考えることができます! ほんとにその通りですね!まさに、ザ・ポジティブな名言です。 テストで間違えても、バツじゃありません。 パーフェクトヒューマンのように首を傾けて見れば、プラスです! みんな100点!みんなパーフェクトです(笑) 「挫折」なんてありません。 「左折」して、ちょっと遠回りしただけなのです。 頑張ってても、なかなか周りの人に認めてもらえないことがあります。 その時は、この言葉を思い出します。 自分が天才すぎて、他の人のモノサシでは自分を測ることができないだけなのです、きっと(笑) 私の好きな野球漫画「ONE OUTS」の主人公のセリフの一つです。 「自信を持つ」ということは、「楽観的に勘違いすること」だと思ってます。 井の中の蛙も、大海を知ってしまうと、自信を喪失してしまうでしょう。 私は自分のことを楽観的でポジティブな性格だと思いますが、ポジティブだから幸せになれるとは思いません。 まあ、当然ですよね。 (しかし実際は、面接後に何も連絡が来てないだけなので、まだ採用担当者が熟考中である可能性も否定できない)。 というわけで皆さん、私からのアドバイスです。 今日ご紹介した名言の中で、何か一つでも、皆様の心に残るような言葉があれば、すごく幸せです。 ———————————————————————————— 本日のまとめ ・私は、向上心とチャレンジ精神があってポジティブな人間です。 ・でもそれは、楽観的勘違いだと思います。 ・今日は 勢いで変な記事を書いちゃいましたが・・・でも大丈夫、起きてしまったことは、全て良い! ————————————————————————————.

次の

好きな言葉/座右の銘を答える時に“好印象な一言”を理由付きで紹介!

好き な 言葉 面接

・ 面接で「好きな言葉」を質問する意図とは? 「好きな言葉」や「座右の銘」を面接官が聞く意図は2つ考えられます。 就活生の人柄や価値観が企業にマッチしているかを知るため 面接官が「好きな言葉」を聞くのは、短い面接時間であなたの持つスキルだけでなく、その人柄や価値観を知るきっかけをつくるためです。 質問の答えが「企業の経営理念やコンセプトに合っている」という印象を与えられれば、面接官は「この人となら一緒に働くイメージが持てるな」、と安心して採用することができるのです。 就活生がこれまでに学んだことを知るため 「好きな言葉」には、好きになるきっかけとなった出来事があるはずです。 あなたが答えた言葉が「好きな言葉」になるまでのストーリーを聞くことで、面接官はあなたがどのように物事を体験し、学んできたのかを知ることができます。 「好きな言葉」は、あなたが実際に企業に入社した時、成長し、スキルを身に着ける土台があるかを知ることにつながるため、重要な質問なのです。 面接で「好きな言葉」を聞かれたら? 「好きな言葉」についての質問は、面接官が過去と未来のあなたをイメージするための質問だとも言えます。 それでは実際の面接では、どのように答えればいいのでしょうか。 「好きな言葉」にはどんな言葉を選べばいいの? 「好きな言葉」は、好きならどんな言葉でもいいわけではありません。 自分の考え方や行動指針をアピールできるような、自分のキャッチコピーともいえる言葉を選びましょう。 難しい立派な言葉である必要はありません。 「笑顔」「ありがとう」など、簡単でシンプルな一言を選んでもいいでしょう。 これまでを振り返って、この言葉は自分をよく表しているな、と思う言葉を見つけてみてください。 「好きな言葉」と合わせてストーリーを語る 「好きな言葉」について聞かれた時は、「好きな言葉」だけでなく、「その言葉を好きになった理由」をきちんと説明しましょう。 言葉そのものよりも、「自分がどんな価値観を持っているか」「どんな点に共感しているか」を説明することが重要です。 その言葉を実生活で役立てているエピソードで締めくくる 好きな言葉とその理由だけでなく、自分が好きな言葉を実生活で役立てているエピソードが語れるとなおいいでしょう。 「好きな言葉の力を借りてどう行動するか」を伝えることが大切です。 面接官が「入社した時に自分がどんな姿で働くのか」をイメージできるよう、具体的に伝えられるように練習しておきましょう。 注意すべきポイント ネガティブなイメージのある言葉は避ける 「好きな言葉」はあなたの価値観を表現するものなのでどんな言葉でも構いませんが、ネガティブなイメージを持たれているような言葉は避けたほうがいいでしょう。 例えば「果報は寝て待て」「逃げるが勝ち」などはあまりいいイメージを持たない人もいますし、就活の自己PRにふさわしい言葉とは言えません。 「好きな言葉」の回答では、その言葉に共感している理由などを述べて、自己PRにつなげることが大切です。 前向きな言葉や誠実さが感じられるような言葉を選ぶのがいいでしょう。 企業イメージに反する言葉も避けたほうが無難 「好きな言葉」が企業のイメージに合っていると、採用担当者に好印象だったり、効果的なアピールになりやすいでしょう。 「石橋を叩いて渡る」「石の上にも三年」など慎重さや忍耐を表現するような言葉は、伝統を重んじる企業や注意深い人材を求める企業ならいいですが、積極的な姿勢や行動力が評価されるような社風の企業だと「自社の企業文化にマッチしない」と思われてしまう可能性があります。 企業の社風や、その企業で活躍している人物像をリサーチしておき、好きな言葉を選ぶ際に参考にしてみるといいかもしれません。 「とくにありません」はNG 好きな言葉が思いつかない方もいるかもしれませんが、「とくにありません」という回答は避けましょう。 具体的な回答をしない態度は消極的でやる気がないという印象を与えますし、企業への熱意がないとみなされることも多いです。 「好きな言葉」や「座右の銘」がとくにない方は、この機会にいくつか見つけましょう。 できれば3つ〜4つ用意しておき、企業の雰囲気に合った「好きな言葉」と「その理由」を答えられるようにしておくのがおすすめです。 「好きな言葉」の例一覧 ここではアピールしたいポイント別に、おすすめの名言やフレーズを一覧でご紹介します。 努力家をアピールする「好きな言葉」 コツコツ努力することが好き、目標に向かって努力できる強みをアピールしたいという方におすすめの言葉です。 ・天才とは努力する凡才のことである(アインシュタイン) ・努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る(井上靖) ・明日死ぬかのように生き永遠に生きるかのように学べ(ガンジー) ・努力が報われないならそれはまだ努力と呼べない(王貞治) ・進歩し続けない限りは退歩していることになるのです(ナイチンゲール) 前向きな姿勢をアピールする「好きな言葉」 失敗してもくじけない強さや、前向きに動き出そうとする姿勢をアピールしたい人におすすめの言葉です。 ・下を向いていたら虹を見つけることはできない(チャーリー・チャップリン) ・夢を見るから人生は輝く(モーツァルト) ・世界に喜びしかなければ勇気と忍耐を学ぶことはできない(ヘレン・ケラー) ・今日できることを明日に延ばすな(ベンジャミン・フランクリン) ・過去にこだわる者は未来を失う(ウィンストン・チャーチル) 笑顔をアピールする「好きな言葉」 いつも笑顔でいることを心がけている人も多いと思います。 笑顔や明るさを、笑顔に関する名言や四字熟語でアピールしましょう。 ・笑顔は元手がいらない上に、利益は莫大である(デール・カーネギー) ・Peace begins with a smile. (マザー・テレサ) ・ほほ笑めば友達ができ、しかめっ面をすればしわができる(ジョージ・エリオット) ・楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいのだ(ウィリアム・ジェームズ) ・笑門来福 英語の「好きな言葉」 外資系企業を受ける場合や、英語力をアピールしたい方は、英語の有名なフレーズをあげるのもいいでしょう。 (ネルソン・マンデラ) ・Be the change. (ガンジー) ・A goal without a plan is just a wish. (サン=テグジュペリ) ・Dressing is a way of life. (イヴ・サンローラン) ・Never,never,never,never,give up. (ウィンストン・チャーチル) 【実例】「好きな言葉」を聞かれた時の答え方 ここでは、「好きな言葉」を聞かれた時の答え方について、例文を使ってご紹介します。 「好きこそ物の上手なれ」 私の好きな言葉は、「好きこそ物の上手なれ」です。 これは高校時代に、担任の先生から教わった言葉です。 私は勉強が苦手でしたが、担任の先生から「勉強していてこれだけは好きということはある?」と聞かれ、「ノートをきれいにまとめることだけは好きです」と答えると、「じゃあ誰よりもきれいにノートをまとめなさい」とアドバイスをもらいました。 良いノートに仕上げるために、自分で調べて書き加えたり、図にまとめたりと工夫しました。 すると勉強した内容が頭に入るようになって成績が上がり、無事に大学にも合格しました。 それ以来、苦手なことでも好きな部分を見つけてそこに全力を注げば、どんなことでも乗り越えられると思えるようになりました。 「感謝」 私の好きな言葉は「感謝」です。 感謝の気持ちを持つことで、日々の暮らしの中で当たり前になっていることのありがたさに気づくことができるからです。 感謝できることを思い返すことで、家族や友人がいてくれること、大学で好きな勉強ができていることなどのありがたみを再確認することができます。 社会人として仕事をするようになっても、日々感謝の心を忘れずに、謙虚な気持ちで仕事に取り組みたいと思っています。 「好きな言葉」に出会うために 「好きな言葉」がないという時は、どうやって「好きな言葉」を見つければいいのでしょうか。 ここでは「好きな言葉」を見つける方法をご紹介します。 周りの人に「自分の印象」を聞いてみる 「好きな言葉」で自分をアピールするには、自分をよく知らなければいけません。 しかし自分のことは意外と見えていないものです。 家族や友人など身近な人に、自分がどんな風に見えているか、どうしてそう見えるのかを聞いてみましょう。 質問した時に出てきた言葉は、メモしておきます。 その言葉の中に、自分にぴったり来る言葉が見つかるかもしれません。 好きなものから選ぶ 「好きな言葉」は、有名人の名言やことわざから選ばなくても構いません。 好きな小説に出てくるフレーズや、好きなミュージシャンの歌詞で感動したものなどを選ぶという方法もあります。 ゲームが好きならゲームの登場人物の言葉で心に響いたもの、野球が好きならかっこいいと思った選手の名言などでもいいでしょう。 好きだからこそ、自分にぐっと響く言葉が見つかる可能性は高いですよ。 昔から伝わる言葉から選ぶ ことわざや故事は、人間の今も昔も変わらない性質を表しているからこそ今までずっと言い伝えられてきたのです。 その中にはあなたが「これは自分にぴったりだな」と感じる言葉もあるはずです。 大切なのは、「その言葉の意味を理解し、自分なりに解釈して使える」ことです。 難しい言葉を使ってかっこよく見せようとしても、うわべだけでは面接官に質問された時にボロが出てしまうかもしれませんよ。 最後に 面接は、企業に自分を売り込むチャンスです。 自分をうまく表現できる「好きな言葉」があれば、自分をしっかりアピールすることができます。 今回お伝えしたことをもとに、「好きな言葉」についてじっくりと考えてみてください。

次の