愛知大学野球部。 東邦野球部監督が退任 高校と大学の「総監督」に

硬式野球部

愛知大学野球部

第98回全国高校野球選手権大会に春に続き夏17回目の出場を果たした東邦高校。 愛知大会優勝をかけた岡崎市民球場での決勝戦では、愛知東邦大学硬式野球部の全部員65人が、メガホンを両手に熱い声援を送りました。 部員たちを率いた荻巣幹典コーチに聞きました。 学生たちに決勝戦を見せたかったのですか。 愛知大会は全国最多の190チームが参加し、強豪校がひしめく全国でも最激戦区。 その決勝戦というレベルの高い試合をぜひ部員たちに見てほしいと思いました。 もちろん学校も、野球部グラウンドも隣同士(大学は日進市、高校は東郷町)であり、同じ東邦学園であるというのが最大の理由です。 野球部同士の伝統や実績から言えば高校の方がずっと上ですが、大学野球部も頑張って、いつの日か、学園全体で応援してもらえる日を迎えられるよう力をつけたいと思っています。 部員たちにそうした自覚をしっかり持ってほしいこともあります。 1万7000人の大観衆の中でしたがスタンドでは結構、目立ちました。 年輩の高校野球ファンの方から「身だしなみがしっかりしているねえ」と声をかけられた部員もいました。 「君たちはどこの学校の野球部なんだ」と聞かれて「東邦高校と同じ東邦学園の愛知東邦大学です」と答え、その答え方も好感を持たれたようです。 東邦高校野球部の大先輩でもある横道監督もその話を聞いて嬉しそうでした。 服装を正すことは学生スポーツ選手であることの自覚につながります。 関東の大学野球部でしたら、おそろいのブレザー姿ということになるのかも知れません。 荻巣さんが東邦高校に入学した年ですね。 そうです。 今年の東邦高校は藤嶋健人投手が引っ張りましたが、僕らの1年生の時は、3年生だった朝倉さん(健太=元中日)が投げ、岡本さん(浩二=元阪神)が打線の中軸を務める一方、今年の松山仁彦選手のように、投手としても大活躍しました。 今年と同じようにチームに勢いがありました。 ただ、17年前は残念ながら春は平安に1-5で、夏は滝川二に5-6で、いずれも1回戦敗退でした。 1年生の夏は甲子園遠征メンバーに加えてもらいました。 1年生は3人だけで、僕は投手だったので開会前の甲子園練習ではバッティングピッチャーもさせてもらいました。 試合が始まるとメンバー以外の3年生たちとアルプススタンドから応援しました。 2001年の第73回大会です。 やはり残念ながら1回戦で東海大四(現在の東海大札幌)に2-6で敗れました。 僕は背番号10でベンチから2回の伝令と3塁コーチに出ましたが投手としての出番はありませんでした。 8回くらいに「投げるか」という声もかけてもらったのですが、東邦が追い上げて点を取り、僕の出番はありませんでした。 3年生最後の夏の愛知大会は今年の愛工大名電と同じようにノーシードでのスタートでした。 3回戦でシード校としては初戦だったその愛工大名電に2点差で負けました。 僕も感動しました。 愛知大会の戦いぶりを見ていても、藤嶋君のチームメイトや応援してくれた仲間たちに感謝する気配りはよく分りましたが、インタビューはその全てを物語っていたように思いました。 野球に打ち込んできた3年生たちにとって、甲子園の夏が終わると、野球生活との別れの季節を迎えます。 3年間、苦しい練習を積み重ねてきたことは、大学に進むにしても、大学を出て仕事をするにしろ、これからの人生に必ず生きてくるはずです。 自分の体験からも、特に甲子園のグラウンドに立つことなくアルプススタンドから応援する3年生たちは胸を張ってほしいと思います。 試合に挑む部員たちも、信頼の絆で結ばれた仲間の応援を背にするからこそ頑張れることを誇りに持ってほしいと思います。 春、夏とも甲子園で応援できること自体がすごいことなのですから。 同じ学園ですからこそ、晴れ舞台で活躍する東邦高校に負けたくないという強い気持ちが、自分たちも1部リーグに上がろうというエネルギーになればと思っています。 僕は横道監督という器の大きな監督の下で、学生たちに野球技術の指導を任せていただいています。 それを支えているのは、控え選手だった東邦高校時代の貴重な体験と、東北福祉大学野球部学生コーチとしてチーム戦略を練り、チームを全国大会出場7回、優勝1回、準優勝2回に導けた自信です。 もちろんこれからが正念場ですが、愛知東邦大学の実力は着実に上がっています。 今年は待望のプロ野球からのドラフト指名がかかりそうな選手もいます。 さらに昨年の卒業生で、市立和歌山高校の野球部副部長に就任した南方(みなかた)拓磨君のように愛知東邦大学卒業生が高校野球指導者として活躍するケースも出てきました。 ちなみに市和歌山はこの夏、決勝戦で箕島高校を破った和歌山県代表校。 東邦高校とともに甲子園に登場します。

次の

硬式野球部|愛知淑徳大学

愛知大学野球部

来歴・人物 [ ] (現:)出身。 小学生の頃から野球を始め、として活躍。 大矢野中から、八代第一高等学校(現:)に進学。 親元を離れ、寮生活をしながら野球に取り組んだ。 1年時はであったが後にに転向する。 、3年生の時にはを勝ち抜き、に進出。 準決勝で前年の大分県代表だったの2年生エースに投げ勝ち、決勝に進む。 、野球の才能を買われてへ進学。 4年時にはエースとして活躍。 では、春季リーグで8勝を挙げ、チーム10季ぶりの優勝に貢献し、最優秀選手に選ばれた。 同年のでも決勝に進出、のと投げ合うが敗退、準優勝にとどまる。 同年のにも選出された。 リーグ通算43試合に登板し21勝6敗、防御率0. 大学同期にのがいた。 即戦力の右投げ投手として評価され、プロのスカウトからも注目されていた。 巨人の1位指名を拒否 [ ] で、から1位指名を受ける。 大学同期の迫丸も同じく4位で指名を受け後に入団。 迷っていたところ、入団交渉のため名古屋のホテルで会った同郷の監督と対面した際に「(入社が内定している)熊谷組は本業の仕事があり次に野球だが、うちは野球で君を欲しいと思っている」と言われたが、仕事として野球を選んだわけではないと考えていた小林はこの言葉で迷いが消え、断る決心がついたという。 2019年現在、巨人から1位指名されて拒否したのは小林のみ。 拒否した背景として、当時はプロ野球経験者が引退後アマチュア指導者に転進する場合、などの過去の経緯によるプロアマ規定によって制約が大きく、特に高校生以上の学生野球や社会人野球の指導者になるのが困難だった事も影響している。 また50代半ばに受けたインタビューで、プロアマ規定が緩和された今巨人に1位指名されたらどうするかとの問いには「入団していたと思う」と答えている。 小林の入団拒否当時、周囲では「同年3月に起こったが影響しているのではないか」という噂が飛び交っていたが、前述の小林の証言等からそれとの関連はないとされる。 奇しくも、巨人が小林に用意していた背番号は、前年までが着けていた「19」であり、にそれを着けたのは小林秀一と同姓の、同じアンダースロー投手である(前年は「40」)だった。 に進み 、1974年のでは新人ながら2回戦で先発。 に0-1で惜敗するが注目を集める。 その後もの、ので決勝進出に貢献するなど、熊谷組には8年間在籍して活躍。 母校愛知学院大野球部の監督へ就任。 同大学野球部の監督としてはにおいて15年で12度の優勝を遂げている。 では教え子の投手が巨人に指名されて入団している(引退後、スカウトを経て愛知学院大学野球部監督)。 にはで優勝。 大学院を修了。 脳梗塞で倒れ監督を退任した後は同大の准教授として教壇に立つ。 参考文献 [ ]• 澤宮優『ドラフト1位 九人の光と影』、2008年、 脚注 [ ].

次の

硬式野球部|愛知淑徳大学

愛知大学野球部

来歴・人物 [ ] (現:)出身。 小学生の頃から野球を始め、として活躍。 大矢野中から、八代第一高等学校(現:)に進学。 親元を離れ、寮生活をしながら野球に取り組んだ。 1年時はであったが後にに転向する。 、3年生の時にはを勝ち抜き、に進出。 準決勝で前年の大分県代表だったの2年生エースに投げ勝ち、決勝に進む。 、野球の才能を買われてへ進学。 4年時にはエースとして活躍。 では、春季リーグで8勝を挙げ、チーム10季ぶりの優勝に貢献し、最優秀選手に選ばれた。 同年のでも決勝に進出、のと投げ合うが敗退、準優勝にとどまる。 同年のにも選出された。 リーグ通算43試合に登板し21勝6敗、防御率0. 大学同期にのがいた。 即戦力の右投げ投手として評価され、プロのスカウトからも注目されていた。 巨人の1位指名を拒否 [ ] で、から1位指名を受ける。 大学同期の迫丸も同じく4位で指名を受け後に入団。 迷っていたところ、入団交渉のため名古屋のホテルで会った同郷の監督と対面した際に「(入社が内定している)熊谷組は本業の仕事があり次に野球だが、うちは野球で君を欲しいと思っている」と言われたが、仕事として野球を選んだわけではないと考えていた小林はこの言葉で迷いが消え、断る決心がついたという。 2019年現在、巨人から1位指名されて拒否したのは小林のみ。 拒否した背景として、当時はプロ野球経験者が引退後アマチュア指導者に転進する場合、などの過去の経緯によるプロアマ規定によって制約が大きく、特に高校生以上の学生野球や社会人野球の指導者になるのが困難だった事も影響している。 また50代半ばに受けたインタビューで、プロアマ規定が緩和された今巨人に1位指名されたらどうするかとの問いには「入団していたと思う」と答えている。 小林の入団拒否当時、周囲では「同年3月に起こったが影響しているのではないか」という噂が飛び交っていたが、前述の小林の証言等からそれとの関連はないとされる。 奇しくも、巨人が小林に用意していた背番号は、前年までが着けていた「19」であり、にそれを着けたのは小林秀一と同姓の、同じアンダースロー投手である(前年は「40」)だった。 に進み 、1974年のでは新人ながら2回戦で先発。 に0-1で惜敗するが注目を集める。 その後もの、ので決勝進出に貢献するなど、熊谷組には8年間在籍して活躍。 母校愛知学院大野球部の監督へ就任。 同大学野球部の監督としてはにおいて15年で12度の優勝を遂げている。 では教え子の投手が巨人に指名されて入団している(引退後、スカウトを経て愛知学院大学野球部監督)。 にはで優勝。 大学院を修了。 脳梗塞で倒れ監督を退任した後は同大の准教授として教壇に立つ。 参考文献 [ ]• 澤宮優『ドラフト1位 九人の光と影』、2008年、 脚注 [ ].

次の