レインコート 評判。 100均レインコートの防水力を徹底比較!【ダイソー・セリア・キャンドゥ】

レディースのレインコートでおしゃれで人気のおすすめ11選♪

レインコート 評判

編集部一押し!100均のおすすめレインコート第1位に輝いたのは、ダイソーの北欧柄です。 こちらは、最近インテリアでも人気を集めている北欧風の柄が施されたレインコートで、雨の日もおしゃれしたい方に最適です。 サイズはMサイズとLサイズが揃っているので、購入前に確認するようにしてくださいね。 100円ショップで取り扱っているものの、実は200円~250円(税抜)となっています。 それでも人気が高いのは、ずば抜けたデザイン性と、しっかりした作りだからです。 使わない時は持ち運び楽チンな、レインコートと同じ柄の袋もついています。 かなり人気が高い商品なので、入荷したらすぐに売り切れてしまう店舗もあるようです。 興味がある方は、ダイソーで見掛けた時点ですぐさま購入することをおすすめします。 こちらのレインコートは、袋入りになっており、使わない時は楽に持ち運ぶことができます。 100円台でありながら、おしゃれな雑貨屋で売られていてもおかしくないデザイン性の高さが好評です。 広げるとゆるいシルエットが特徴的で、腕を通して通常のレインコートのように着てもいいですし、リュックを背負った上から羽織ることもできます。 おしゃれな上に使えるこちらのレインコートは、非常に人気が高いので、見掛けたら売り切れる前に手に入れておくことをおすすめします。 こちらのレインコートは、さり気ないレース柄が施されており、派手なレインコートは苦手だけど、無地は寂しい…という方に最適です。 デザインは前開きで、簡単に着脱できますよ。 大き目のフードがついているので、雨風からしっかり頭を守ることもできると人気です。 雨の日に便利なレインコートだけではなく、雨の日も楽しめるデートスポットについても知りたいという方には、下記の記事もおすすめです!新宿でおすすめのデートスポットを厳選して紹介していますので、是非お役立てくださいね。 ダイソーとセリアとキャンドゥのレインコートを比較! ダイソーとセリアのレインコートを比較! 続けて、ダイソーとキャンドゥのレインコートを比較してみましょう。 ダイソーとキャンドゥのレインコートを比較してみると、キャンドゥには落ち着いたベーシックなレインコートがほとんどで、大人の方に支持されています。 キャンドゥのレインコートは、形も色も基本的にシンプルなので、会社に行く用として使う方が多いようです。 おしゃれなデザインを求めるなら、ダイソーやセリア、シンプル派ならキャンドゥを選ぶといいでしょう。 雨が降るとレインコートなどの雨具が欠かせませんが、自宅内の湿気が気になってきませんか?下記の記事では、家の中の湿気を取り除くためのアイデアを7選紹介しています。 是非記事をチェックして、梅雨のじめじめした時期を乗り切ってくださいね。 こちらは、大事な自転車のサドル部分を雨から守ることができる商品。 見ているだけで気持ちが明るくなるような花柄が人気ですよ。 人気のレインコートやレインコート関連商品以外に、雨に強いメンズ靴も併せて知りたい方には、下記の記事もおすすめです。 雨の日も安心して履ける人気のビジネスシューズを10選紹介していますので、是非チェックしてお気に入りを見付けてくださいね。 ダイソーのレインコートで雨の日を楽しくしよう! ダイソーやセリアなどで人気のレインコートや、レインコート関連商品や、各100均ショップのレインコート・カッパの比較をお届けしました。 身につけてみたいお気に入りは見付かりましたか?最近の100均のレインコートは、プチプラ価格とは思えないほどおしゃれな商品ばかりですよね。 是非、ずっと愛用したくなるお気に入りのレインコートを100均で見付けて、憂鬱になりがちな雨の日を楽しんで過ごしてくださいね!.

次の

レインコートのおすすめ人気ランキング10選【おしゃれなポンチョからレインスーツまで!】

レインコート 評判

自転車用レインコートの種類による選び方 自転車用レインコートといってもさまざまな種類があります。 種類ごとの特徴を見ていきましょう。 レインコートタイプ いわゆる 「レインコート」「雨合羽」というイメージのものが最も一般的です。 ただし丈の長さがさまざまで、 上半身のみ・お尻まで・ひざまでのものがあります。 上半身のみのものはすっきり着られるので便利ですが、サドルが濡れている場合はお尻までのものやひざまでのものを選ぶと良いでしょう。 ポンチョタイプ 頭からさっとかぶれるという手軽さで人気が高いのがポンチョタイプです。 袖を通す必要がなく、体全体を包んでくれるのでしっかりと雨を避けてくれます。 バッグを持っているときにはその上からかぶることができるので便利です。 上下セットタイプ 機動性が最も高く、 上半身だけでなく下半身もしっかりカバーできるのが上下セットのタイプです。 もちろん上だけを使うこともでき、使い方に幅をもたせられるのもメリットです。 寒い時期などは上着の上からでも着られるものを選ぶとベストです。 自転車用レインコートは用途や状況による選び方 自転車用レインコートは どのような状況で着るのかということや 乗っている自転車の種類によって選び方が変わります。 それぞれの状況についてシミュレーションしてみましょう。 普段使い用のシティサイクル 通勤・通学・買い物といった普段使い用のシティサイクルの場合、 動きやすいものがよいでしょう。 そのため通常のレインコートやポンチョは手軽に着られて便利です。 特に 自転車で通勤通学をしている人はスーツや制服が濡れないように上下セットのレインウェアを着ると安心です。 ロードバイクやロングライド ロードバイクやロングライドなど、 スポーツ・レジャー目的で自転車に乗る場合には サイクリング用のレインコートを着ると良いでしょう。 動きやすくぴったりしたシルエットなので風の抵抗を受けにくいですし、汗をかいても蒸れを放出できるように ベンチレーションシステムが採用されていることが多いので快適です。 荷物をたくさん持っているとき リュックやショルダーバッグなどを持っているときには ポンチョタイプ一択です。 ポンチョタイプなら荷物の上から着ることができますし、 自転車の前カゴに入れたままポンチョを上からかぶせて着ることもできるので便利です。 自転車用レインコートの選び方 自転車用レインコートを着るときには 機能性や色・デザイン・価格などをチェックすることも大切です。 防水性の高いものを選ぼう レインコートの主な働きは濡れることを防ぐことですので、 防水性の高いものを選ぶと良いでしょう。 通常の素材にコーティングがされているものは防水性だけでなく強度や耐久性も高いのでおすすめです。 さら にポケットにフタがあったり、 防水チャックを使っているものは水の侵入を防ぎます。 透湿性の高いものを選ぼう レインコートは水分を通さないようにするため蒸れやすくなっています。 素材によっては 内側からの湿気を放出できるように作られているものや、背中や脇などから湿気を逃がせるようにできているものがあります。 裏地がメッシュのものも肌にレインコートが貼りつかず快適です。 色やデザインをチェック レインコートは黒や紺などの濃い色のものだけでなく、 さまざまな色やデザインのものが販売されています。 せっかく着るのですからおしゃれに着こなせる模様や色、シルエットのものを選びましょう。 価格をチェック コンビニで数百円で売られているレインコートもありますが、自転車に乗っているときの乗りやすさや快適性を考えて選ぶのがベストです。 多くの自転車用レインコートが2,000円から5,000円という価格帯で購入することができます。 あらかじめ予算を決めておけば購入しやすくなります。 また通販サイトを利用して安く購入したり口コミをチェックしたりするのもおすすめです。 自転車用レインコートおすすめランキング・12位〜4位 口コミ人気やネットでの評価の高いレインコート・レインウェアの中でも特に 機能性や動きやすさ、防水・耐水性、速乾性、カラーリングなどに優れている商品を12点厳選してランキング形式でご紹介します。 もちろん 価格も考慮してお求めやすくお値段以上の満足度を得られる商品ばかり取りそろえました。 12位:TWR レディースレインウェア上下セット.

次の

100均レインコートの防水力を徹底比較!【ダイソー・セリア・キャンドゥ】

レインコート 評判

LOOX RAIN COATとは ルックスレインコートはクレポリメイトや、整備用の潤滑油等でおなじみのKUREから販売されている車用のコーティング剤です。 LOOX RAIN COATの特長 「高撥水ガラス系レジン」「超滑水性ケイ素化合物」が流撥水性能をうみ、ディープグロスポリマーが光沢感、マイクロフッ素樹脂が汚れを防止してくれるという組み合わせのようです。 ガラス系とフッ素系の両方の特徴を持ち合わせた製品という認識でいいんでしょうか。 LOOXシリースにはLOOX、LOOX DXの製品が他にもありますが、ルックスレインコートは、過去の製品を大きくしのぐ製品 参照: …と公式的には言っていますが、そもそもにLOOXはワックス系ですし、研磨剤も含まれていて、どちらかというと汚れ落としの部分も含まれているので、厳密には役割自身が違う気がします。 公式の紹介動画はコチラになります。 さて、ということでLOOXレインコートを購入してみましたが、付属のMFタオル… どうでもいいんですけど 今まで買った製品の付属MFタオルの中では一番にくすんだ色だな 笑 でも、生地的には柔らかく、使いやすい印象です。 ちなみに付属のMFタオルで、ひどいのは赤系のMFクロス。 ソナックスの付属の赤いMFクロスなんて、洗ったバケツの水が赤くなって一緒に洗った白いMFクロスがピンク色になって、重ねて干したりしたらしっかり色移りしたりしますからね 笑 車に施工してみた それでは、車に施工してみたいと思います。 スプレーした感じは、スマートミストみたいな感じですが… いかがでしょう? 中々良い光沢が出た感じがします。 ヌルっとした感じの仕上がりです。 撥水の状態 バッキバキに撥水していますね。 撥水はいいんですが、水滴の落ち具合はちょっと微妙かなぁという感じもします。 パネル実験をしてみる 次はパネル実験です。 パネル施工 パネル左側にLOOX RAIN COATを施工してみました。 中々いい感じの変化が現れましたね。 色も黒々としていますし、傷も目立ちにくくなった印象です。 スマートミストとの比較 お次は毎度おなじみスマートミストとの比較です。 パネルの左がLOOX RAIN COAT、右側がスマートミストです。 スマートミストとの比較を行ってみたところ、スマートミストのほうが若干光沢感が上なのがわかります。 施工した感じでは、LOOX RAIN COATのほうが若干施工しづらい感じ。 拭き取り時に、残る感じがあったので、施工性はスマートミストのほうが良い感じですね。 とはいっても実際の施工時には誤差の範疇かなぁといったところなので、気にしなくてもよさそうです。 滑水比較 次にパネルに水滴を落として、水滴の落ち具合を比較していきます。 先ほどのパネル同様、左がLOOX RAIN COAT、右がスマートミストです。 LOOX RAIN COATのほうが先に水滴が落ちました。 滑水性能は悪くはないようですね。 まとめ 以上、LOOXレインコートをためしてみましたが、性能はよさそうです。 ガラス系コーティング剤の特長と、フッ素系の特長を併せ持った製品といった感じで、普段使いにもよさそう。 価格は最近大分落ち着いてきて、2000円程で購入できるのもありがたいですね。 耐久性、防汚性能については、今回は実験できませんでしたが、フッ素系の防汚性能は期待ができそうです。 天気にも恵まれたせいか、光沢感はなかなか良かったので個人的には購入「アリ」の製品だと思いました。

次の