我輩がポンである。 我輩はポンである!アニマルホーダー疑惑7(part15)

レオちゃんの野良猫から飼い猫になるまでの成長日記158日目

我輩がポンである

「狂暴猫を高速に慣らすための完全オリジナルトレーニング」シリーズでチャンネル登録者数を わずか40日で四倍以上に増やしたYouTuber「我輩はポンである!」氏は、2020年5月15日時点で 既に71匹の猫を所有していますが、彼は以下のような主張の元に、猫の異常な過密飼育を行っています。 「猫を飼うには寝床とトイレがあれば十分で、生活スペースはゼロでいいんです。 一段ケージが一つあれば成猫が一匹飼えますよ。 猫は一日に一度もケージの外に出す必要はありません。 致死率ぼぼ百パーセントの鬼病。 猫コロナウイルスが突然変異することで発症する。 長らく正体不明の病気だったが、 2018年以降研究が進み、猫密度の高さとストレスで発症率が激増することがわかってきている。 猫コロナウイルス自体は野良猫の半数がこれを持っており特段珍しいものではなく、変異さえしなければ深刻性は低い。 主に糞便を介して伝染するので、単に部屋を別にすれば伝染を防ぐことができる(空気感染はしない) 氏はコロナウイルスに感染している猫の隔離を行っていなかったので、 本来は50パーセントの保有率であるはずのコロナウイルスが、氏の施設ではほぼ全頭に伝染しており、 単純にFIPの発症率は二倍になっています。 加えて猫たちは狭すぎる縄張りに強いストレスを感じており、氏の動画の背景では常に猫の喧嘩の声が流れています。 この猫密度とストレス強度ではいつ三匹目、四匹目のFIP発症猫が現れても不思議ではありません。 コロナウイルスに罹患していないと考えられるのは一日中ケージの中に閉じ込められている猫たちだけですが、 その猫たちはその猫たちで、明らかな運動不足により肥満していたり、逆に異常に発育が悪かったりガリガリに痩せていたりしています。 さらに2020年5月、氏はこの異常な過密飼育状態の中、 二匹の妊娠中の雌猫に対して自身の劣悪な飼育環境下での出産を強要しました。 (氏は一度たりとも里親募集をかけず、他の保護猫団体へ母猫二匹を預かってもらえるよう頼みこむこともしませんでした)、 その結果生まれた一匹は猫の形すら保っていないただの肉の塊として排出されたあげく ポン氏に「ソーセージ」と揶揄され葬儀もなしに処分され、 一匹は母猫にネグレクトされた後に、それに気づいていたはずのポン氏にもネグレクトされて衰弱死しました。 なお、赤ちゃん猫が衰弱している間、ポン氏は新猫を物色するため 緊急事態発令下の大阪の舟渡池公園を徘徊している姿を目撃されています。 ポン氏が「ソーセージ」と茶化した赤ちゃん猫は、その母猫が妊娠中、 トイレと寝床の往復しか許されなかったがために母体が深刻な血行不良に陥り、 変死体として排出された可能性が高いと指摘されています。 <警告1> ・黒ムツは立ち入り禁止です ・信者の方も、発言の根拠がすべて「ポンさん」発信であるのならば不毛な争いになるだけなのでお引き取りください。 一度ポンさんともここの人とも離れて、独自に情報収集をなさることをお勧めします。 ・ポンあるの容貌に対する誹謗中傷や、度が過ぎる暴言は禁止です。 ・荒らしはNG指定しましょう。 荒らしに構う人も荒らしと同じです。 ・明らかに住民を刺すためだけにここを訪れている人もいますので、 「おや?」と思ったらIDで検索をかけて過去の発言に怪しいところがないか見てみましょう。 (架空の暴言に反応する、という手口が何度か使われています) ・他の動画投稿者の名前は原則として出さないでください。 出す場合は最初の一文字をを〇で伏せてください 前スレ983より これ新規の人にレオの百日間を説明するのにいいだろ (以下引用) 焦点は警察沙汰として発展するかどうかじゃない。 これってあのチャンネルの目玉コンテンツ 「狂暴猫レオ」の根底を揺るがす大事件だって。 だってレオにはちゃんとかわいがってた人たちがいて その人たちはずっとレオの行方を探してて、 その内の最低一人は警察に助けを乞うほどにまで レオのことを気にかけてたってことだろ。 「この辺りで猫捕って回ってるやつといえばあいつか」ってことでポンは特定されて、 今朝警察から電話がくるに至った。 これによってレオ動画がバズるきっかけだった、 「人間に虐待されて心を閉ざした狂暴猫の心をやさしいポンさんが開いていく」って 美談が根本から捏造だったことがバレた。 「猫の件」じゃなくて「レオの件」って限定してるからには レオを特別視してた地域住民がいたってことだろ? 所有権がポンのものに収まって警察沙汰としては大事にならなかったとしても、 YouTuberとしての美談が最悪の醜聞に変わることは避けられない。 あのコンテンツのそもそものコンセプトが根本から崩壊したんだよ。 「虐待されてたって話は全部嘘だったのか?」って、新参のライト層ならみんなそう思う みんなその美談に乗せられて「ポンさん頑張って!」って応援してきたんだから.

次の

我輩はポンである!さんのプロフィールページ

我輩がポンである

I have been reforming the shelter to make it more comfortable for them. There are people in my vicinity who only feed homeless cats without castration. This, however, ends up in the increased number of unfortunate stray cats, which causes a number of problems. Many cats are injured and killed in traffic accidents. Some people who do not like cats abuse and even kill them. My activity is to rescue stray cats, castrate them and find foster parents for these cats. I also hope that these posted videos provide an opportunity for you to think about how to help homeless cats. これは野良猫のために私が作った猫の保護シェルターです。 猫にとって住みやすいようにシェルターをリフォームしてきました。 私の近くでは去勢をせず餌だけ与えている人たちがいます。 しかし、それは不幸な野良猫を増やす結果になり、多くの問題を生じます。 交通事故で怪我したり死んだり、中には野良猫を虐待、殺害する人もいます。 私の活動は野良猫を保護し、去勢をし、里親を探すことです。 そして、これらの動画がみなさんに野良猫をどう助けたらよいかを考える機会になることを望んでいます。 youtube. ameba. doubutukikin.

次の

【多頭飼育崩壊秒読み】「我輩はポンである!」のSOS発信を促すスレ part8

我輩がポンである

1 : 名無しさん@お腹いっぱい。 85 ID:enBQHSvW0. net! extend:checked:vvvvv:1000:512! extend:checked:vvvvv:1000:512 「狂暴猫を高速に慣らすための完全オリジナルトレーニング」シリーズでチャンネル登録者数を わずか40日で四倍以上に増やしたYouTuber「我輩はポンである!」氏は、2020年4月13日時点で 既に66匹の猫を所有していますが、彼は以下のような主張の元にこれまで猫の飼育を行ってきました。 「猫を飼うには寝床とトイレがあれば十分で、生活スペースはゼロでいいんです。 一段ケージが一つあれば成猫が一匹飼えますよ。 猫は一日に一度もケージの外に出す必要はありません。 また、これまでに氏の元で死んだすべての猫が野良猫以下の寿命(三歳以下)であることも、 氏がことあるごとに口走る「野良猫よりマシ」の説得力を奪っています。 致死率ぼぼ百パーセントの鬼病。 猫コロナウイルスが突然変異することで発症する。 長らく正体不明の病気だったが、 2018年以降研究が進み、猫密度の高さとストレスで発症率が激増することがわかってきている。 猫コロナウイルス自体は野良猫の半数がこれを持っており特段珍しいものではなく、変異さえしなければ深刻性は低い。 主に糞便を介して伝染するので、単に部屋を別にすれば伝染を防ぐことができる(空気感染はしない) 氏はコロナウイルスに感染している猫の隔離を行っていなかったので、 本来は50パーセントの保有率であるはずのコロナウイルスが、氏の施設ではほぼ全頭に伝染しており、 単純にFIPの発症率は二倍になっています。 加えて猫たちは狭すぎる縄張りに強いストレスを感じており、氏の動画の背景では常に猫の喧嘩の声が流れています。 この猫密度とストレス強度ではいつ三匹目、四匹目のFIP発症猫が現れても不思議ではありません。 (既に発症を疑われている猫もいますが、氏は頑なに検査を拒んでいます) コロナウイルスに罹患していないと考えられるのは一日中ケージの中に閉じ込められている猫たちだけですが、 その猫たちはその猫たちで、明らかな運動不足により肥満していたり、逆に異常に発育が悪かったりガリガリに痩せていたりしています。 このスレは、既に「我輩はポンである!」氏が自ら招いたこの状況は 彼の能力で解決できるレベルを超えており、氏は一刻も早く外部の専門家および保護猫団体に向けた SOSを発信するべき、と考える人たちが集まるスレです。 ここを訪れた方はどうか「我輩はポンである!」の猫たちの窮状を拡散することにご協力ください。 あなたが今日、今この瞬間つぶやいてくれたことで、一匹の猫の命が救われるかもしれません。 このスレの有志によって運営されているTwitterはこちらです。 net 大体さぁ!!前から思ってるけど、動画のUP頻度が早すぎ!! 幾ら意見とか助言とかしてもさ、次々に更新されてアンチで終わらせられてしまうのなんなの?w 一生懸命分かって貰おうとしてるコメント結構あるけど、あれじゃスルーされてると同じよねw なんて事を書くと、ポンさんは忙しいのでそんなコメントにレスしてる暇があるなら他に時間を使いたいのですとか、擁護飛んでくるしw はなっから他人の意見なんて聞く耳持ってないよってスタンス・・そりゃアンチも出てくるよね もう少しリスナーのことも考えて?いや、それより猫ちゃんのこと考えて欲しいケド、どっちも無視は無いんじゃないの?って 487 : 名無しさん@お腹いっぱい。 60 ID:XNHJNeXJ0. net 私もFIPの子がいてムティアン投を薬しましたがカプセルだと吐き出してしまいました。 なのでカプセルをカットして中身をシリンジで投薬しました。 その後に薬を無駄にしないように水で薄めて飲まして、口直しにチュールを少し与え、投薬後数時間経ってからチュールを与えるようにと獣医からの指示があり実行してました。 薬の効きを効果的にするための手順だと説明を受けました。 ポン氏は見たところシリンジでの投薬が慣れていなく相当無駄にしている気がします。 獣医がまだ飲み込む力が弱いと言ってました。 ポン氏は獣医の意見を聞いているというより、いまのやり方しかできないんだと思います。 新しい動画を見る限り、エルサのあの体勢では子猫に母乳を与えられていないと思われます。 母猫が母乳をあげるときにはお腹を出して飲みやすいようにしますが、それを全くしていません。 更に子猫の身体を舐めるという行為をしていないので、育児放棄の可能性が高いと思います。 前の日に仔猫を産んだ母猫のところに置いて育ててもらうべきだと思います。 62 ID:nEuE8n5F0. net.

次の