浦和 レッズ ユニフォーム 2020。 『浦和、鹿島、広島、統一テーマのユニフォーム』浦和レッズが2020シーズン2ndユニフォームを発表

2020浦和レッズユニフォームなどNIKEアイテムを販売開始

浦和 レッズ ユニフォーム 2020

2019年年末のこと。 例年であれば年が変わっての新入団発表と同時になるのだが、それよりも少し早く発表された浦和レッズの2020年ユニフォーム。 衝撃の3rdブラックユニがカッコよすぎた件 そんな趣向を凝らした発表方法も一気にかき消されたのがタイトルの3rdユニである。 まっとうなサッカー好き・浦和好き・ユニ好きはには正直衝撃が走ったのではないだろうか。 ここ数年の浦和のユニといえば「シンプルすぎる」か、逆に「トリッキー」かの両極だった。 が、2020年モデルはその両極からはずれ、素直にカッコいいと呼べるデザインであると思う。 赤(1st)も白(2nd)も決して悪くない。 昨年までのモデルに比べたらこれらでも全然「買い」ではある。 が、3rdのブラックはそれらを圧倒的に凌駕してしまうほどのクオリティだと思う。 ではなぜこのユニフォーム・デザインがこんなに魅力的なんだろうか? ・蛍光色や黄・緑などのトリッキーな色を使っていない ・チームカラーから外れる色を使っていない ・黒と赤の配色バランスが絶妙 ・奇をてらったおかしなデザインパーツが含まれていない ・シンプル ・胸スポンサーがスリーダイヤモンドロゴになった こんな感じかな。 というか、ユニフォームをデザインする上で基本的な項目ばかりのように見える。 繰り返しになるが、赤(1st)も白(2nd)も決して悪くはない。 黒がカッコ良すぎるだけ。 昨年までのユニの中で赤や白が発表されていたら「超カッケー」となってたくらいに今年は3種ともにレベルが高いと思う。 予約しないと売り切れ必須かもだなあ(特に黒)。 シンプルにデザインすればユニフォームはかっこよくなる説 今回の浦和のシンプル&カッコいいユニを見た時に感じたこと。 それは、、、デザイナーのエゴを押し通すことなくシンプルさを意識すればカッチョいいユニはできるはずなのだ、ということ。 だって伝統を重んじる欧州のチームはトリッキーなことをせずともカッコいいじゃないか。 レアルもバルサもミランもインテルも、奇をてらわずに伝統を意識してシンプルにデザインしている。 だから毎年イメージが大きく違わずにカッコいいユニになるんじゃないかと(細かい点気になる人はいるかもだけど…)。 NIKEのJリーグ担当のデザイナーさんがそこに気づいてくれたのだとポジティブに解釈したい。 そして代表サプライヤーのadidasさんにもぜひ気がついてほしいと期待したいですね。 スポンサーリンク.

次の

2020 レプリカユニフォーム

浦和 レッズ ユニフォーム 2020

2020シーズンのJリーグ開幕が迫り、各チームのファン・サポーターは期待に胸が膨らむ時期になりました。 我らが浦和レッズはチームコンセプトの確立まで立ち返っての再出発という不安を抱えながらのスタートではありますが、「 浦和のために、最後まで走り、闘い、貫く」決意をチームエンブレムに誓い、新生レッズの礎を築くブレないシーズンにしてほしいものです。 現在の 浦和レッズエンブレムはJ1へ復帰できた2001年から採用された2代目にあたります。 埼玉師範学校 上部・鳳翔閣 ・サクラソウ 下部左右・県の花 ・菱形 中央・ダイヤモンド を取り入れたデザインです。 得点した選手がユニフォームの左胸をギュッと握る様はチームへの献身の現れ。 まさに浦和を背負う責任を体現する、実に誇らしい瞬間です。 今シーズンはそんな場面を数多く目にしたいですね。 ところで、クラブ創設時、浦和レッズのエンブレムは菱形のシンプルなデザインでした。 (株)三菱自動車フットボールクラブが法人名だったため堂々とMITSUBISHIの文字が入っています。 5代目という位置付けになろうかと。 初代エンブレムはナビスコカップに始まる92シーズンとJリーグ開幕の93シーズンのもので、三菱のスリーダイヤが菱形上部に入っていました。 ちょうどいいスペースがあって納まりがいいとは思うのですが、地域密着をリーグ理念とし、企業色を 薄くというポリシーにはマッチしてませんね。 胸や背のスペース意外に企業ロゴが入ったためか、94年には取り払われました。 少し細かい話になりますが、リーグ戦とカップ戦でサプライヤーが異なった頃はエンブレムのワッペンも各社異なりました。 プーマは菱形の角が尖った造りでギザギザに縫い付けられていますが、ミズノは角を丸くし、直線・一重で縫われています。 ちなみに公式に販売されていたワッペンはサイズも大きめで菱形の内側が赤白反転したものでした。 ライセンス商品であったが故、仕方ないのかもしれませんね。

次の

2020 レプリカユニフォーム

浦和 レッズ ユニフォーム 2020

2019年年末のこと。 例年であれば年が変わっての新入団発表と同時になるのだが、それよりも少し早く発表された浦和レッズの2020年ユニフォーム。 衝撃の3rdブラックユニがカッコよすぎた件 そんな趣向を凝らした発表方法も一気にかき消されたのがタイトルの3rdユニである。 まっとうなサッカー好き・浦和好き・ユニ好きはには正直衝撃が走ったのではないだろうか。 ここ数年の浦和のユニといえば「シンプルすぎる」か、逆に「トリッキー」かの両極だった。 が、2020年モデルはその両極からはずれ、素直にカッコいいと呼べるデザインであると思う。 赤(1st)も白(2nd)も決して悪くない。 昨年までのモデルに比べたらこれらでも全然「買い」ではある。 が、3rdのブラックはそれらを圧倒的に凌駕してしまうほどのクオリティだと思う。 ではなぜこのユニフォーム・デザインがこんなに魅力的なんだろうか? ・蛍光色や黄・緑などのトリッキーな色を使っていない ・チームカラーから外れる色を使っていない ・黒と赤の配色バランスが絶妙 ・奇をてらったおかしなデザインパーツが含まれていない ・シンプル ・胸スポンサーがスリーダイヤモンドロゴになった こんな感じかな。 というか、ユニフォームをデザインする上で基本的な項目ばかりのように見える。 繰り返しになるが、赤(1st)も白(2nd)も決して悪くはない。 黒がカッコ良すぎるだけ。 昨年までのユニの中で赤や白が発表されていたら「超カッケー」となってたくらいに今年は3種ともにレベルが高いと思う。 予約しないと売り切れ必須かもだなあ(特に黒)。 シンプルにデザインすればユニフォームはかっこよくなる説 今回の浦和のシンプル&カッコいいユニを見た時に感じたこと。 それは、、、デザイナーのエゴを押し通すことなくシンプルさを意識すればカッチョいいユニはできるはずなのだ、ということ。 だって伝統を重んじる欧州のチームはトリッキーなことをせずともカッコいいじゃないか。 レアルもバルサもミランもインテルも、奇をてらわずに伝統を意識してシンプルにデザインしている。 だから毎年イメージが大きく違わずにカッコいいユニになるんじゃないかと(細かい点気になる人はいるかもだけど…)。 NIKEのJリーグ担当のデザイナーさんがそこに気づいてくれたのだとポジティブに解釈したい。 そして代表サプライヤーのadidasさんにもぜひ気がついてほしいと期待したいですね。 スポンサーリンク.

次の