バイト 辞める ライン。 バイトの辞め方まとめ|電話とラインlineは絶対に辞めよう【大学生】

バイトを入ってすぐに辞めた体験談3つ

バイト 辞める ライン

この記事の目次• 本来なら直接口頭で伝えるのがマナー バイト先に辞めることを伝えるのは、直接会って話すのがマナーです。 会って話すことが難しい場合でも、電話で自分の口から伝えるのが最低限の礼儀です。 メールだけで辞めることを伝えてもう行かないというのはマナー違反です。 急に来なくなったとなると、バイト先の人たちは困りますし、シフトが回らなくなるなど迷惑がかかります。 法律的にも退職の意思は最低でも2週間前までに伝えることとしていますので、メールだけ送って次の日から行かないというのはトラブルになる可能性もあります。 一般的なマナーはそうだとはいえ、どうしてもメールで辞めることを切り出しにくい、言い出せない場合や、担当者と直接会えないケースなど、メールで伝えるしか方法がない場合もあると思います。 そういった場合のメールの書き方を次から紹介します。 初日で辞める場合はこちらをCheck! メール文例も メール文面の書き方・注意点 メールでの辞意の伝達が可能な場合であっても、気を付けなければいけない点があります。 まず、注意すべきポイントは以下の通りです。 「相談」の意味合いとして送る いきなり一方的に「辞めます」という文面を送るのではなく、 退職したいということを相談する意味合いで文章を書きます。 あなたの一方的な意思のみを伝えるということではなく、あくまでもバイト先と相談というかたちで送りましょう。 送信相手は直属の上司 退職は直属の上司にあたる人、店長などに伝えます。 メールアドレスが分からないからといって、ほかの人や会社に直接送るのはNGです。 いつ退職したいか(日付)を書く そもそも退職したい意思を伝えるためのメールなので、当然 日にちが必要です。 日にちが曖昧だと、辞めたいけどすぐではないと思われてしまうかもしれませんし、悩みの相談と受け取られてしまうかもしれません。 退職理由は「一身上の都合」でOK 退職理由については、あえて書く必要はありませんが、 「一身上の都合により」として問題ありません。 詳しく理由を書くことによって、引き止められる可能性もありますから、あえて詳しく書かない方が良いでしょう。 バイト先の人間関係や仕事のことで悩み、行き詰まりを感じて辞めたいと思うようになっていて、そのことが解決すれば辞めなくて済むのであれば、書いても良いでしょう。 これまでお世話になったお礼の言葉を書く どういった事情で辞めたいと思うに至ったとしても、礼儀としてこれまでお世話になったことに対する会社の気持ちを書いておきましょう。 深夜や休日に送信しない メール送信時の注意事項として、送信する時間には注意しましょう。 夜間や休日など、送信相手が寝ていたりプライベートの時間を過ごしていると思われる時間帯の送信も控えましょう。 特に、送信先アドレスがスマホ・携帯の場合、メールの受信によって相手のプライベートを邪魔してしまう可能性もあります。 これは働く人間としてもマナー違反ですし、相手の心証を悪くしてしまえば、今後の退職の相談がしづらくなることもありえます。 目安として平日であれば、朝は9時から夜は21時までにしましょう。 上司・店長に相談するメール例 基本的な書き方例 いつも一緒に働いている上司、店長などに送る場合の文面例です。 上司、店長との距離感が近い場合は「〇〇様」ではなく、「〇〇さん」などでいいでしょう。 役職がある場合は「〇〇店長」など役職名を書きましょう。 メール文面例 件名:退職についてのご相談(氏名) 本文 〇〇さん お疲れ様です。 アルバイトの〇〇です。 突然のことで申し訳ありませんが、ご相談したい事があります。 この度、一身上の都合により〇月〇日をもちまして、 アルバイトを退職致したく、連絡をさせて頂きました。 詳しくは次回出勤時にお話しさせていただこうと思いますが、 大事なことですので、まずはメールにてご連絡させていただきました。 残りのシフトにつきましては、精一杯務めさせていただきますので、 どうぞよろしくお願い致します。 今まで大変お世話になり、ありがとうございました。 (氏名) 理由を詳しく書く書き方例 学校・家庭の事情や就職など、誰が聞いても仕方がないと思える事情、正直に伝えられる事情でバイトを辞める場合には、素直にそれを書き添えておきましょう。 そして、仕事を教えてもらったのに申し訳ないという気持ちがあることも表明しておくのがベターです。 メール文面例 件名:退職についてのご相談(氏名) 本文 〇〇さん お疲れ様です。 アルバイトの〇〇です。 突然のことで申し訳ありませんが、ご相談したい事がございます。 この度、学年が上がることに伴い、授業時間が急激に増えることになりましたので、 3月〇日をもちまして、退職させて頂きたく思います。 ようやく仕事にも慣れ、できる作業が増えてきたところなのに、申し訳ありません。 ここで覚えたことを、今後の自分の進路にも活かしていきたいと思います。 後日、改めてご挨拶させて頂きます。 残りのシフトにつきましては、精一杯務めさせていただきますので、 どうぞよろしくお願い致します。 (氏名) 悩みがあって辞める場合の文面例 人間関係がつらかったり、もっと好条件のバイトに受かったりした場合など、ちょっと言い出しづらい事情がある場合は、相手が引き留めづらい事情を作ってしまうのも手です。 この場合、退職の意思表示から退職日までは、リアリティを持たせるためにも、なるべく短く提示しておくとよいでしょう。 以下の例では、最短となるであろう法定期間の14日前の伝達を想定していますが、自身の事情やシフトの出方によって調整してください。 メール文面例 件名:退職についてのご相談(氏名) 本文 株式会社〇〇 〇〇様 いつもお世話になっております。 アルバイトの〇〇と申します。 突然のメールで恐縮ではございますが、 この度、〇月〇日をもちまして、アルバイトを退職致したく、 連絡をさせて頂きました。 一度、退職のお手続きについて ご相談させて頂きたいと思っております。 メールでのご報告となり大変申し訳ございません。 お手数をお掛けしますが宜しくお願い申し上げます。 (氏名) 後日担当者に直接伝える メールを送ってから、後日改めて送信した担当者の人に 退職したい旨を伝えましょう。 話を切り出すときは「メールを送信した件ですがお時間いただけますでしょうか。 」と伝えて改めて退職意思を伝えましょう。 その場合、注意したい点が、 送った相手がメールを見ていない、見落としている、迷惑メールに入ってて気づかなかったということもよくあります。 いきなりメールを見てもらえている前提で話を進めてしまうと「何のこと?」となることもありますので注意しましょう。 バイト先に不満があってもなくても、「辞めます」という意思表示は、なかなか大変な仕事です。 でもこれをクリアできれば、新しい生活が待っているはずです。 上手に乗り越えて、円満に退職しましょう。 併せてこちらの記事もCheck! 辞めたいことを伝えた場合、まだ辞めないで欲しいということを可能性があります。 そういった際の上手な対処方法を解説していますので、参考にしてください。

次の

もうバイト辞めたい。。バイトを即日で辞める方法をご紹介!

バイト 辞める ライン

バイトを辞める時、あなたはどんなタイミングでどんな伝え方が良いのでしょうか。 「こんな言い方したら失礼かな…」なんて遠慮しているうちに、タイミングを逃してしまった経験がある人も多いのでは。 じゃあラインやメールで伝えとこう、というのもビジネスマナーはOKなのでしょうか。 今回は、こうすればスムーズに辞められるというバイトの正しい辞め方をご紹介します。 LINEやメールでの退職報告はNG 店長や上司も忙しそうだし、わざわざ時間をとってもらうのも申し訳ないからと、退職の報告をLINEやメールでしようと思った経験はありませんか。 そもそもLINEやメールは、相手が見たいタイミングで見るものですし、最悪、見逃されてしまう可能性がある連絡ツールです。 遊びの連絡や、何気ない会話に使用する分には何も問題はありませんが、こういった、 重要な連絡や報告をする際に使用するのはマナー違反です。 あなたの常識を疑われてしまう可能性もあります。 連絡の方法だけで、今までのあなたの頑張りの評価が下がってしまうのは、非常にもったいないことです。 入社初日同様、辞める時もマナーにのっとって、相手の迷惑にならない形で 直接口頭で退職の意思を伝えましょう。 どうしても、相手が忙しそうな場合には、突然呼び出すのではなく、開店前や閉店後の時間を狙ったり、事前に「お話があるのでお時間いただけませんか?」と一声かけてみましょう。 それでも時間を取ってもらえそうにない場合は、電話という手段もあります。 さらに詳しい記事もCheck! 日常の上司との連絡をLINEでしている場合であれば、LINEで「お話があるのでお時間いただけませんか?」とだけ伝えて辞める意思は直接伝えるというのでもいいかもしれません。 バイトには入社する権利と同じく、辞める権利も一人ひとりに与えられていますから、マナーやタイミングを守って伝えれば、普通は怒られたり断られる心配はありません。 退職意思の伝え方・理由の例 退職理由の言い方ですが、絶対にNGなのは、その バイト先のマイナス面を言うことです。 もう辞めるのですから、職場を悪く言って、相手の気分を害するようなことは避けましょう。 バイトを辞める時には、 相手が納得する・しやすい理由を述べられるかどうかがポイントです。 言い方には2種類あって、一つは代わりにしなくてはいけないことができた場合。 もう一つが、やむを得ない事情がある場合です。 それぞれの具体的な言い方を紹介していきましょう。 学校・就職関係でしなければいけないことができた場合 例 「家の仕事の手伝いをしなくてはならなくなった」 「家族が病気なので、家事を手伝わなくてはならない」 など その他の場合 もしこれらに当てはまらない場合は、嘘をつくのではなく、 「学校の事情や、家庭の事情で退職をさせていただきたい」と伝えましょう。 無理に理由を付け加えると、嘘をついているのではないかと印象を悪くしてしまいかねませんから、理由はできるだけシンプルに伝えるのがベター。 本当はしないのに「引っ越しするから辞めたい」なんて言ってしまうと、あとあと出歩きに辛くなるなど、自分の首を絞めることになってしまいます。 結局、どういう理由であれ辞めることには変わらないのと、あくまで 納得しやすいかどうかという気持ちの面のところが大きいでしょう。 辞める理由よりもタイミングと時期の方が重要 バイトを辞めるうえで、「どう切り出せばいいか?」ばかりに気を取られてしまいがちですが、実は、雇っている側にとって、 退職の理由はそこまで重要ではない場合が多いです。 正社員ならまだしも、バイトはいつか辞めることを前提に雇用しています。 雇い主の本音をいうならば、辞められるのが困るのではなく、それが、繁忙期や人手不足の時期だった場合、辞められるとシフトが埋まらなくなるので、キツイのです。 ですから、退職の報告をする際には、まずタイミングを見計らうことが先決。 例えば、就職が決まったなど、具体的なリミットが決まっている場合には、 早々に伝えたほうが、相手にとっても、代わりの人材を探すための余裕があるので助かるのです。 また、自己都合で辞めたい場合に関しても、自分でこの時期と決めている場合は、上記と同じ理由で早々に連絡しましょう。 ただし「3日後に辞めたい」といった、無茶な要求は難しいですし、仮に通ったとしても、印象や人間関係が悪くなってしまうおそれがあります。 一般的にアルバイトのシフトは、1カ月単位で決まっていますから、退職を伝えるタイミングが月初で、退職日が1週間後となった場合には、あなたが抜けた分を、誰かが補わなくてはなりません。 こうした迷惑をかけないためには、退職の報告をするなら、 ベストは3ヵ月前には伝えたいところですが、最低1ヵ月前、次のシフトが決定する前までには伝えましょう。 併せてこちらの記事もCheck! バイト先に問題があるのではなく、自分側に事情があるというニュアンスなら、相手も気分を害しにくいでしょう。

次の

バイト2日目にして辞めたいのですがLINE一言入れて辞めれますか

バイト 辞める ライン

民法第627条:当事者が雇用の期間を定めなかった時は、各当事者はいつでも解約の申入れができる。 この場合において、雇用は解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。 つまり正規の方法で辞められなければ、それは『バイト先』に問題があるため、基本的には対面で辞める選択肢を選んだ方が揉め事がありません。 しかし現代は、スマホの便利ツールが普及していることもあり、ライン一通でバイトを辞める趣旨を伝える方が増えています。 この辞め方に対して色々と意見がネット上で取りだたされているため、ここでは 『なぜラインを使ってバイトを辞めることが叩かれるのか?』 その理由と、この選択肢を選んだ場合に正社員に与える影響について詳しく掘り下げていきます。 もし学生・フリーターの状態で、バイト先にラインで辞めることを伝えようとしているのであれば、一度この記事を読んでから考え直してみてください。 そこには一生を台無しにするリスクが潜んでいます。 実際アルバイトは『バックレ』も横行しているため、そこまで厳しく規則があるわけでもないです。 バックレの現実を考えると、まだラインや電話で辞める趣旨を伝える人の方が印象が良いかもしれませんが、それはとてつもなく規模の小さいどんぐりの背比べでしかありません。 なぜバイトを辞めることをラインで伝えるのが世間で叩かれまくるのか? 法律上はラインでバイトを辞めることは何ら問題はありませんが、それでも世間はこの『ラインでの退職』を強く批判しています。 あなたの周りに『ラインでバイトを辞める方法』を推奨している人はいるでしょうか? もしいるとしたら、それはあなたの友達などの同年代だけだと思います。 人間の世界はその時代の『常識』がある 基本的に、ラインでの退職を叩いている人が大半の日本ですが、この人たちが挙げるキーワードは『常識』です。 私たちが生きるのは人間の世界。 そこには時代によって変わっていく常識が必ずあります。 これは想像ですが、おそらくこの先数十年IT化が進んでいけば、ラインなどのツールでバイトを辞めることが当たり前になる可能性は高いです。 しかし『現段階』では、まだ大半の人がラインでの退職を『非常識』と考えているため、この時代を生きるのであれば今の『常識』を受け入れるしかありません。 時代の常識を受け入れられない人間は、その時代では『需要がない人間』として扱われます。 分かりやすい例としては『タバコ』が挙げられます。 どこでも好きなだけタバコが吸えた時代 数十年前であれば、どこでも気にすることなくスパスパとタバコを嗜むことができましたが、現代は歩きタバコ・お店でのタバコをしている人を見たらあなたはどう思いますか? おそらく 『うわっ、あの人マジ常識ないわ〜!』 と思うはずです。 自分が喫煙者であればまだ許せるかもしれませんが、もし一度もタバコが吸ったことがない立場で歩きタバコを見たら 常識がなくても己を貫ける人であれば、非常識でも余裕で生きられます。 結局は自分が『どんな価値観を持って生きているか?』が行動を決めます。 バイトを辞める際にラインで解決すると正社員になった時マジでヤバい理由 ラインを使ってバイトを辞めることは、法律では違法ではないが『非常識』であることはここまでの話で伝わったと思います。 しかし、より深刻に考えなければならないのは、常識云々よりも 『ラインでバイトを辞めた後の未来 正社員になった後 』 です。 まず最初にお伝えしておきますが、直接的にはラインでバイトを辞めることが自分の未来のキャリアを傷つけることはありません。 そうではなく、ここでお伝えしているのは『マインド』の部分です。 バイトを辞める時の緊張感は低レベルすぎる 一度社会に出てちゃんと働くと分かりますが、バイトを辞めることなんてことは、人生において重要な分岐点でも何でもありません。 そもそもラインでバイトを辞めたいと考える人たちは、心の奥に 緊張するんでメール・ラインで済ませていいですか? なんて言う部下がいたら『はぁ?』となりますよね? 先の人生を考えれば、バイトで辞めることを対面で伝えるイベントなんて低レベルすぎる緊張感でしかありません。 今の行動は『未来の自分』に大きく影響してきます。 嫌なことから逃げると、その先は間違いなく逃げ続けの人生が待っています。 【環境別】後腐れのないバイトのおすすめの辞め方 私も色々なバイトを経験してきましたが、結局辞める趣旨を対面で伝えられたバイト先とは今でも交流がありますし、普通に飲みに行くこともあります。 逆に変な辞め方をしたバイト先の人たちとは一切連絡を取ることはありません。 人間関係は、突き詰めれば『別れ方』でその先の関係が決まるので、ここは手を抜かないことを強く推奨します。 とはいえ、世の中には良いバイト先・最悪なバイト先が存在することも事実。 もし自分が今バイトを辞める趣旨を伝えるとしたら、どのような理由で後腐れなく辞めるのかを過去の経験を踏まえて考えてみました。 私が過去に働いていたバイト一覧 コンビニ パチンコ屋 仕分け作業の工場 ホテルフロント スキー場 など ブラックバイト 私自身、数多く働いたバイト先の中でも特に辞め辛かったブラックバイトは 『ホテルのフロント』 でした。 そのホテルはとにかく『人手不足』で、私がシフトに入らなければ回らないレベルの人の少なさだったため、辞めたい趣旨を伝えることに対して• 一緒に働く従業員• バイト仲間 この人たちに対して申し訳ない気持ちが強くありました。 人手が不足していた原因は、シンプルに『正社員の上司が最悪だった』これに尽きますが、それでも私はきっちりと辞める趣旨を伝えてその環境から離れることができました。 辞めたいけど辞めさせてくれない• 人手不足で辞めづらい環境で働いている このようなバイト先を辞める方法として私が取り入れた要素は2つ 1,自分の生活のネガティブな要素を伝える 2,相手に『そりゃ辞めるしかないよね』と思わせる 1,自分の生活のネガティブな要素を伝える ブラックバイトに関しては、正攻法で辞めようとしても上手く言い包めようとしてくるため、言い訳として『話を盛る』『多少の嘘を付く』ことはOKと私は考えています。 あなたのバイト先の上司がどんな人間かは分かりませんが、一つだけ言えることは、ブラックバイトの上司は 『バイトが一人消えると自分の仕事が増える、だから辞めて欲しくない』 この思考で動き、辞める人を引き止めます。 つまり、そこに後付けで感情論を載せているだけなので、基本的には自分のことしか考えていません。 ブラックバイトの上司が言いがちなこと フリーターがバイトを辞める理由 将来のため:就職をネタにするのが鉄板 学生とは違い、フリーターはバイトにフルコミットしてくれる人材なので、バイト先の上司もとにかく言い包めてきます。 ですが『就職』のワードを出して『就職先が決まった』『就活をする』『より条件の良い仕事先で稼ぎたい』などの次のステップに移ることを伝えれば、まず引き止められることはありません。 くれぐれも『一身上の都合』や『家庭の事情』というふわっとした理由で辞めようとしないでください。 ブラックバイトはそこを掘り下げて止めようとしてきますから 実体験あり。 長期間続けたバイト 数年単位で続けたバイト先であれば、ブラックバイトとは違い辞める難易度はそこまで高くはありません。 なのでこの環境であれば、迷わずに『辞める本当の理由をちゃんと伝える』ことが一番。 私自身が今でも付き合うのあるバイト先は、全てちゃんと辞める理由を盛らずに伝えたところだけです。 バイトに関しては、長期間続けているとその職場の人たちとの関係が濃くなります。 それが悪い意味で濃くなると辞める際に揉めるかもしれませんが、真面目にバイトをしていれば、まともな上司であれば旅立つ仲間を応援してくれます。 せっかく長年バイトを頑張ったのに、そこでラインを使って『辞めます』と伝えたら、今まで作り上げてきた関係性が一瞬で壊れることは容易に想像できますよね? スマホにある便利なツール『ライン』というのは、ある意味人間関係を簡単に壊すツールでもあります。 『バイト先の人間関係なんかどうでもいいんだよ!』 そう思う気持ちも分かりますが、ここで• ラインで済ませようとする人間• ちゃんと対面で辞める理由をちゃんと伝えられる人間 この両者の差は、社会人として働き始めれば露骨に開いていきます。 結局仕事は『信頼関係』でしか成り立ちません。 くれぐれも、大事な話を『ラインで済ませるような人間』のレッテルが貼られた状態で、密な人間関係を構築しようとする無謀なことはしないよう注意しましょう。 ただの時間の無駄ですからね。 バイトを辞めることなんて人生でイージー過ぎる問題 最近ではバイトを辞めることを伝えられずに苦しんでいる方も多いようですが、この苦しみは人生レベルで考えればイージーすぎる悩みだといずれ気づきます。 もちろん私だって、過去にフリーターをしていた時に 『ラインで辞めることを済ませられたら楽だなぁ』 と思うことは何度もありました。 ただ、結局その選択肢は取らずに対面で辞めることを伝えたことで、バイト先との関係性も壊れていませんし、そこで安易な選択を選ばなかったことで大事なことは対面で伝える癖が付きました。 私たち人間の世界は必ず『周りと比較』されることになります。 好きな人がいたとき、その人に『直接対面で告白する勇気のある人』と『ラインで告白してくる人』がいたら、どちらに心が動くかは分かり切っていますよね? 生きていれば、緊張で心臓飛び出そうな局面は何度も訪れます。 しかしその局面は、自分の人生に幸運を引き寄せるチャンスでもあります。 たかがラインでバイトを辞めるだけの話かもしれませんが、ここで逃げる人は未来のチャンスの場面でも逃げる可能性は高いです。 そうすると、気づけば『大事なものを何も手に入れられない人生』で死ぬことになります。 若干話が飛躍しすぎた感は否めませんが、今回の内容は少し抽象度を上げて『人生レベル』で考えた結論なので、一つの参考として頭に入れておいてください。

次の