辛 坊 治郎 パワハラ。 辛坊治郎、パワハラ報道に反論 「某国の陰謀があると睨んでいる」などと連投: J

辛坊治郎

辛 坊 治郎 パワハラ

1月9日発売の週刊文春で、ニュースキャスター・辛坊治郎さんが日本テレビの女性社員にパワハラ行為したと報道されたことが話題になっています。 週刊文春によると・・・ 2019年12月中旬。 辛坊治郎さんが司会進行をしている「深層NEWS」という番組の放送終了後、番組の女性プロデューサーが辛坊さんを呼び止めて、番組内容について話し合っている末、口論になった。 という内容です。 その後、その女性プロデューサーはコンプライアンス担当の部署に訴えたということです。 一時的に体調不良で会社を休んだ時期もあったそう。 それに対して、辛坊治郎さんは、「完全にウソだ!」と反論しています。 もくじ• それについて、辛坊さんは真っ向から反論しています。 本人によるツイッターでの反論はこちら・・ 週刊糞文春の早刷りが回って来た! 完全な捏造記事。 私が日テレの社員プロデューサーに「いつでも飛ばせる!」と言ったと断定している。 完全なウソ。 これはひどい。 プロデューサーの鍋谷直輝さんの作ったアカウントですが、辛坊治郎さんご本人も上記のように、たびたびこちらのアカウントでつぶやいています。 こちらによると・・ 日テレの社員プロデューサーに「いつでも飛ばせる!」と言ったというのは、 完全なウソだということです! そんな事は言わないということが信条だとも言っていますね。 こんなウソを並べて、記者は恥ずかしくないのかなあ。 こんな記事を書くためにメディアに入ったのか?イラクにでも取材に行きなさいよ、柳原さん。 私は絶対にそんな事言わないって、具体的に説明したよね、貴方に。 「絶対にそんなことは言わない」とも! ここまでしっかりツイッターで断言している辛坊さん。 辛坊治郎のパワハラ報道の真相 「週刊文春」が報道した、多方面で活躍するニュースキャスター・辛坊治郎さんの、日テレ女性社員に対するパワハラ問題。 日本テレビの番組の出演者がオフレコで話したことをラジオで行ってしまったことを女性プロデューサーが「良くない」と指摘したところ、口論になり、辛坊さんがその女性社員に壁ドン状態で「お前なんかいつでも飛ばせる!」と言ったということ。 それに対して、辛坊治郎さん本人がツイッターで反論しています。 いったい、このパワハラ問題の真相は何なんでしょうか? それについても、辛坊さん本人のツイートから読み解いていきます。 今思い出した。 あの時私は、「貴女は局の責任者なんだから、私の発言がそんなに嫌ならクビにしたらいいだろ!」とは言った。 文脈完全に逆だよね。 これが本当ならば、 「週刊文春」が伝えていることとは完全に意味が逆になってきます。 」と手をついたことは認めています。 そして、日テレの女性社員と番組制作上の話し合いで言い方が激しくなったこと、は認めています。 つまり、• 壁に手をついたこと• 日テレの女性社員と口論をしたこと については、 週刊文春の表現の仕方とは異なるようですが、事実を認めているんです。 そして、その後、辛坊さんと日テレ報道局の幹部とが話し、「番組の内容についての議論で、女性社員にショックを与えたのなら申し訳なかった」と、辛坊さんの方から表明があったとのこと。 そして、辛坊さん本人のツイートでも それともう一つ追加で言うなら、私は大丈夫だが、スタッフから週刊誌に捏造ネタを売ったと思われている日テレの社員がかわいそうだ。 彼女の身に何か起きたら、文春はどうやって責任を取るのか? 文春のウソ、人権侵害、捏造は近年本当にひどい! でも、今日も深層、頑張ります! アッタマ来るわあ。 つまり、辛坊さんは、パワハラ報道に対して、口論はあったし、壁にも手をついたと認めたうえで、取材した週刊文春が自分が完全否定したことを報じたことに対して怒っているよう。 そして、この口論の現場には、他に3人の立会人がいて、その人たちが真実を知っているというのです。 辛坊さんの人柄をよく知るであろう、Twitterアカウントの持ち主である構成作家• プロデューサーの鍋谷直輝さんも、辛坊さんはそのような人ではないことを切々と訴えています。 このようなことから・・・ この辛坊治郎さんのパワハラ報道については、実際に口論はあったし、それにより女性社員も傷つき体調を崩したという事実はあったが、報道されているような、「お前なんて飛ばせる!」というようなパワハラ発言や壁ドン状態ではなかった可能性が高いのではないかと考えられます。

次の

辛坊治郎 怒りの理由判明!某根性悪い放送局はBS日テレ?出禁?

辛 坊 治郎 パワハラ

BS日テレ公式サイトより 騒動は拡大するのか、収束に向かうのか……。 「記事によれば、『深層NEWS』放送後、帰り間際の辛坊氏を番組の女性プロデューサーが局の玄関口の車寄せのところで呼び止め、次週のラインナップやゲスト情報などを伝えた。 その際、意見の相違から口論になった2人はヒートアップ。 女性プロデューサーはコンプライアンス担当の部署に訴え、一時、体調を崩して会社を休む事態となったといいます」(週刊誌記者) 辛坊氏は「パワハラ」について否定。 自身は「はらわたが煮えくり返る思い」でいると語っている。 報道を受け、ネット上ではさまざまな声が飛び交っているが、女性と男性では受け取り方が真っ二つに割れている。 女性が多く集まるネット掲示板では、「番組でも偉そうだもんねー」「いかにもって感じで驚かない」「でもこういうのって受けた側がどう感じたかだからねぇ……」と、辛坊氏への批判が殺到した。 一方、男性からは「プロデューサーって番組トップだぞ」「お互いヒートアップして口論、という時点でパワーバランスとしてハラスメントに該当しないと思うが」「番組でいちばん偉いPを出演者がパワハラって成立しないだろ」「下の者が上を詰めたらパワハラってどう読んでも意味がわからん」「これ教師が生徒をパワハラで訴えるくらい笑える」と、記事に疑問を投げかける人が多く見かけられる。 「番組のバランスを取るために、女性プロデューサーが辛坊氏の意にそぐわない出演者をキャスティングしようとしたようです。 しかし、そうした大事な話を玄関でするのもどうかと思いますが、『週刊文春』の取材に対し日テレ広報部は、女性プロデューサーは『代休』との説明をしていることから、今のところパワハラとは認定していないようです」(前出・週刊誌記者) 2013年に小型ヨットで太平洋横断中にトラブルに遭遇し、ヨットを放棄して海上自衛隊に救出された辛坊氏。 今回のトラブルも、誰かに救出してもらえるのだろうか。

次の

辛坊治郎が「深層ニュース」を降板決定の理由 文春報道が原因か

辛 坊 治郎 パワハラ

フリーのニュースキャスター・辛坊治郎氏が、自身が司会を務める『深層NEWS』(BS日テレ)を3月いっぱいで降板することが決まった。 辛坊氏といえば、同番組の「総合デスク」であるA子さんへのパワハラ疑惑が今年1月発売の『週刊文春』で報じられた。 記事によれば、放送終了後の夜11時過ぎに退社しようとする辛坊氏をA子さんが通用口付近で呼び止め、番組出演者に関する問題で議論。 2人が話しているうちにヒートアップし、辛坊氏が壁に手をつき「お前なんかいつでも飛ばせる」などと恫喝した、とのことだ。 その後、文春はパワハラ疑惑報道の第2弾として、A子デスクと、その場にいたBプロデューサーが書いた「報告書」と称する文章を写真とともに掲載した。 実は、このパワハラ疑惑の現場には辛坊氏、日テレ報道局員のA子デスクとBプロデューサーのほかに、同番組の演出担当で外部スタッフであるC氏の4人がいた。 これまで、3人の証言は報じられていたが、今回、初めてC氏が取材に口を開いた。 ですが、言い合いは五分五分でした。 お互いに口調が強くなったり、抗議調になった場面はありましたが、2人とも声が響き渡るほどの大声は出していません。 「お前ならいつでも飛ばせる」と恫喝したという疑惑に対しては、 「辛坊さんは、『お前ならいつでも飛ばせる』という恫喝的な言葉は一度も言っていません。 むしろ、『ダメだと思うなら僕を切ればいい』と話したくらいです。 放送終了後の午後11時30分頃でしたので、局の表玄関ではなく狭い通用口の前で議論になったんです。 その間にシーツなどのリネンを運ぶ業者が大きな荷車を押してきて、『ちょっとどいて頂けませんか』と言われたので、避けるために4人とも壁際に寄り、お互いの距離が近づいたんです。 そのときに壁際によった辛坊さんが壁に右手をついたこともありました。 このような議論の場合、「言った、言わない」の水掛け論になることが多い。 だが、A子デスク、B氏プロデューサーの報告書には辛坊氏によって壁際に追いやられたとされているが、C氏が証言した「リネンを運ぶ業者の荷車を避ける際に、壁際に寄った」という記述は、なぜか出てこない ……と、報告書や証言を突き合わせてみると、報じられたような辛坊氏によるA子デスクへの「一方的なパワハラ」とは、いささか違った印象に思えてくる。 また、BS日テレ、及びA子さんが所属する日本テレビは、辛坊氏や現場にいたC氏に対して、会社としての公式な聞き取り調査は行っていないという。 それなのに、「パワハラ報道」が出た直後の1月中旬に、局側は辛坊氏の降板を決めたという。 そこで、辛坊氏に電話で直撃取材すると、3月いっぱいでの『深層NEWS』降板を認めた上で、こう明かす。 特に今回のパワハラ騒動が原因で契約更新をしないとも言われませんでした。 せっかく視聴率も上がっていたのに、もったいないという気持ちは強いですね。 私は出入り業者ですし、雇う側であるテレビ局社員にパワハラなんてできないことを、ある意味、この降板劇が物語っているんじゃないでしょうか」 つまり、局としてはあくまで「契約満了での降板」であり、パワハラ疑惑での降板とは辛坊氏側に説明していないようだ。 この一連の降板劇に対し、ある日本テレビ関係者はこう嘆く。 文春報道が出たら、十分な調査もせずに辛坊氏をすぐに切った。 写真:時事.

次の