え ふ ご にょ 攻略。 イースオリジン攻略マップでご案内

アリス2010

え ふ ご にょ 攻略

攻略-かえるにょ・ぱにょ〜ん 《かえるにょ・ぱにょ〜ん》攻略法 1. しかし、Oまでの各ステージをクリアした場合はボーナスCGが出ますし、ステージU・Pをクリアした場合にもCGが出るので、以下のようにプレイするのが良いでしょう。 なお、かっこ内に記したセーブデータは、不正解ルートクリア後(M・O)のものは、CG登録のためなので、上書きして使っても問題ありません。 戦闘の基本 レベルアップに必要な経験値は、攻撃したとき・攻撃を受けたときに、それぞれ1ずつ得られますが、敵を倒したときには、まとまった経験値が手に入ります。 逆に言えば、ダメージを与えただけでは経験値は1しか手に入らず、トドメをさしたときにはごそっと経験値を得られるという仕組みになっています。 したがって、2人以上で敵を倒そうとする場合、「誰にトドメをささせるか」を考えることが重要です。 経験値やレベルは明示されるので、なるべくレベルの低い要員にトドメをささせるようにしましょう。 なお、「プラムズゴースト」や「俺は鉄壁」は、かなりの量の経験値を得られるので、絶対に倒すように心がけましょう。 ポロンは、ダメージを豪快に受ける反面、攻撃しても与えられるダメージは最大1なので、ポロンには敵を絶対に近づけないこと。 ただし、例外があって、攻撃してきてもダメージを受けないモンスター(ちゃつみ・きゃんきゃん)、天然壁(長老天然壁を含む)については、むしろポロンに攻撃させ、経験値を上げさせる、というテもあります。 ステージAの終盤付近では、敢えてちゃつみorきゃんきゃんを倒さずに、ポロンを攻撃させれば、それだけで経験値が少しずつ上がるし、打ち漏らした天然壁や長老天然壁は、ポロンにげしげし叩かせるようにするのも良い。 ポロンがレベルアップした場合、魔力をアップさせるようにすれば、「ぱにょ〜んボム」の威力がそれだけ強くなります。 戦闘に参加する女の子の体力は、「ヒーリング」で回復可能です。 ただし、ポロンの体力を戦闘中に回復させることは一切できない(レベルアップしてボーナスポイントを割り振った場合は例外)ので、注意しましょう。 戦闘終了後は、必ず宿屋で休み、体力を全回復させること。 合わせて、必ずセーブしておきましょう。 全ステージクリア後の「極めモード」では、迷宮のパターンがランダムに登場するので、序盤で前に進みにくいパターンが出てきたら、「中断」して、すぐにロードして構いません。 なお、100階の終盤には、「プル・ラタニア」なるボスキャラが登場します。 とにかく破壊力が強く、どんどんやられていきますが、相手は動けない上、終盤なのでスクロールアウトする心配もないので、ポロンを通路の端の方に待避させ、時間切れを狙うのも可。 さらに、334階になると、全然モンスターが現れず、拍子抜けしますが、何ターンかすると、突如としてボスキャラ「グナガン」が現れます。 さほどの攻撃力はないので、ある程度レベルアップさせた上「カミーラの指輪」を活用すれば、2〜3ターンで倒せます。 クラスチェンジ 戦闘で捕獲する、あるいは、街の「なんでも屋」で買った女の子モンスターを、適当な組み合わせで複数ヤマネさんに引き渡すことで、クラスチェンジが可能となります。 《攻撃系》 戦闘の中心となるので、そこそこ打たれ強く、また破壊力もあります。 レベル的に突出してしまう場合があるので、その場合はトドメ役を他キャラに譲りましょう。 アマゾネス きゃんきゃん+やもりん ラミール きゃんきゃん+やもりん+かえる女 レダ ざしきわらし+へびさん+おてて+最強魔女 ヴァルキリー やもりん+かえる女+ハチ女+バルキリー (ライラのみ) アテナ きゃんきゃん+やもりん+ざしきわらし+おてて (アリサのみ) 《防御系》 打たれ強さもさることながら、反撃という特殊能力が魅力です。 序盤は移動が遅いのがネックとなりますが、終盤では反撃能力が十分に活かせます。 ガーディアでは移動値が1減りますが、ロード、ディアナとアップすると再び移動値が上がります。 また、最終段階になると、命中値もアップします。 ガーディア マジスコ+金魚使い ロード マジスコ+金魚使い+ハチ女 ディアナ マジスコ+ハチ女+最強魔女+バルキリー プリンセス 金魚使い+かえる女+ざしきわらし+へびさん (アリエッタのみ) ワルキューレ きゃんきゃん+やもりん+ハチ女+最強魔女 (エレーンのみ) 《魔法系》 後方支援に威力を発揮する反面、防御力は非常に低いので、直接攻撃を受けないように注意しましょう。 また、ハニー(一部を除く)や「俺は鉄壁」「ヴァルキリー」など、攻撃がほとんど効かない場合もあります。 射程の長さが強みで、ウィッチは2、ミネルバまでは3、最終段階では4の射程を誇ります。 ウィッチ きゃんきゃん+マジスコ ランダ かえる女+ハチ女+ざしきわらし ミネルバ 金魚使い+かえる女+まじしゃん+おてて アルテミス マジスコ+金魚使い+へびさん+まじしゃん (ウィンディのみ) セイレーン 金魚使い+へびさん+まじしゃん+最強魔女 (キャロットのみ) 《格闘系》 攻守共に地味ですが、クリティカルヒットを出せます。 長老天然壁を破壊できるのは格闘系だけなので、中盤以降は絶対に必要な存在となります。 成長すると、命中値、回避値が共に大きく上がります。 カーリー 金魚使い+やもりん エクシール きゃんきゃん+マジスコ+ハチ女 サラス きゃんきゃん+やもりん+まじしゃん+バルキリー イシュタル マジスコ+おてて+最強魔女+バルキリー (シャルムのみ) 4. キャラクター別最適職業 上に行くほど融通の利かないキャラ、下に行くほど万能のキャラ。 基本的には、クラスチェンジで最高ランクに上がれる職業系統で良いでしょうが、エレーンなどは何をやらせても良いので、柔軟に考えるのが吉でしょう。 ライラ 戦闘系以外は使いものにならない。 集中攻撃を受けやすいので注意。 ウィンディ 魔法系でないと非常に苦しい。 やはり集中攻撃を受けやすい。 アリエッタ とにかく打たれ強い反面、魔法攻撃には非常に弱いので、防御系がベスト。 キャロット 高い魔抵力を活かし、魔法系が良いが、防御系も悪くない。 シャルム クリティカル時の破壊力から格闘系が良いが、戦闘系でも使える。 アリサ どれでも務まるが、やはり戦闘系が一番使いやすいか。 魔法系は三人もいらないし。 エレーン 何でもOK。 長老天然壁対策として、第二の格闘系要員とするのが良いかも。 キャラ別の能力値と変化 ゲーム開始時点における、各キャラクターの能力値は、以下の通り。 ただし、一般人の場合であって、各職業に就いた場合は、この限りではない。 なお、レベルアップ時のボーナスポイントは、基本的に、直接攻撃系は「攻撃力」、魔法系は「魔力」だけ上げれば良いでしょう。 また、ポロンは、体力がせっぱ詰まっている場合を除けば、「魔力」だけ上げること。 このパラメータは、「ぱにょ〜んボム」での威力につながるので、注意。 また、「ラレラレ石」(後述)イベントの際、任意のキャラのパラメータをアップさせることができますが、この場合は、やはりポロンのアップを優先させるのが良いでしょう。 各ステージの概略 A 中盤の障害物については、ポロンを下に動かす(「ぱにょ〜んスピード」を使う)こと。 また、ダメージを大きく受けるウィンディは、早いうちから前面に出し、レベルアップさせておく方が無難。 きゃんきゃん・ちゃつみからは、ダメージを受けることがないので、特に終盤近くでは、ポロンに近接させて経験値を稼ぐのも良い。 B 特に難しいところはない。 長老天然壁には、格闘系キャラでないとダメージを与えられないことだけ頭に入れておく。 C この面も特に難しくはないが、長老天然壁が最初から出てくるので、これは回避するしかない。 「ぱにょ〜んスピード」の無駄遣いはやめること。 なお、中盤には天然壁が大量に出る。 全部を破壊しているヒマはないので、残った分はポロンに叩かせよう。 D やや難しい。 序盤で、狭い通路に多くのモンスターがいるので、とにかく速めに消すこと。 さらに、中盤には、長老天然壁のカベ、その向こうにはまるおーにアカメと、長距離攻撃を仕掛けてくるモンスターが大量に出現する。 射程の長いモンスターを優先的に倒すようにすること。 また、「プラムズゴースト」が出現するので、多少無理をしてでも倒しておきたい。 E Dとは逆に、やたらと通路が広いので、前線を乱さないように進むことが重要。 中盤のまるおーさえしのげれば、あとは大して問題ない。 ただ、終盤に大量のモンスターが出現するので、「ぱにょ〜んボム」は最後まで残しておくのが吉。 F 通路が非常に狭いので、「ぱにょ〜んエール」を活用して迂回させるという方法が不可欠。 特に、「る壺」は、問答無用で退治しておくこと。 経験値稼ぎなどとセコいことを考えるとスクロールアウトする。 G デカントの攻撃を受けると痛いので、こいつをさっさと片づけること。 また、ラストにゲーリングが控えているので、突出すると、ライラ、次いでエレーンが集中砲火を浴びる可能性が高い。 この二点にさえ注意すれば、比較的ラクなはず。 H ルートが狭めで曲がっているが、妙な敵がヘンな出方をすることはないので、ガンガン進むこと。 ただ、通路が狭いステージの常として、る壺は速めに退治しておく。 I やや序盤の狭さが難儀だが、それをクリアすれば比較的ラク。 ただ、中盤に、天然壁背後のゲーリング5匹が集中砲火を浴びせてくるので、天然壁5つ並立を見かけたら一斉に後退、次のステージでボムを使って一掃、というのが楽な方法。 J 序盤の天然壁群が最大の曲者。 格闘系が2人以上いればいいが、そうでない場合は、「ぱにょ〜んエール」を使って、打たれ強いキャラを前面に出し、とにかく通路を確保することを心がける。 あるいは、序盤でボムをすべて使い切ってしまうという荒技も可。 K 狭い上に曲がっており、「ぱにょ〜んスピード」が絶対に必要となる。 また、プレッシャーが登場したら、速やかに叩きつぶしておかないと痛い。 かなり難易度の高いステージ。 L Kほどではないが、やはり狭くて曲がりくねっている。 特に、橋の部分で渋滞を引き起こすことが多いので、通路確保を第一に心がけよう。 注意すべきモンスターはまじしゃん。 遠距離からガリガリ攻撃してくるので、速めに倒すべし。 M 序盤さえクリアしてしまえばさほど難しくはない。 最初のる壺は即行抹殺、その後ろの天然壁もさっさと壊す。 あとは一直線。 中盤のまじしゃんに注意。 また、ラストには天然壁に守られたモンスターどもが大量に出現するので、突出しないように注意し、ボムで全滅させるのが楽。 N ここの難易度はシャレにならない。 とにかく、「ぱにょ〜んエール」などで通路を確保することを考えるのが、序盤〜中盤の第一。 特に、序盤の長老天然壁には格闘系が必要だが、いずれポロンの経路変更は必要だから、まずは何人かを先へ送り出すこと。 また、中盤以降に大量に出てくるまじしゃんには戦闘系が必要であり、真っ先にこれらの退治を考えること。 特に、8ターン前後の狭い通路をクリアできないとスクロールアウトは必死ゆえ、一人や二人、スクロールで脱落者が出ても、所詮は正解ルート、と気にしないだけの度胸も必要か。 O 開始直後、る壺が2個出現するが、こいつらは真っ先に潰そう。 あとは、通路の幅も比較的順当であるため、そう苦労することもないはず。 P Hとよく似たマップ。 最強魔女やキュートQに注意することさえ気をつければ良い。 Q 序盤のクロメは遠距離攻撃、中盤以降のバルキリーは直接攻撃を仕掛けてくる強敵。 特にバルキリーは、魔法攻撃がまったくきかない上になかなか攻撃があたらないので、命中値の高い格闘系に依存するほかはない。 序盤が一番厳しいが、中盤の井戸跡(?)を越してしまえば、あとはそう難しいこともないはず。 R〜T (省略) U 通路は狭すぎず広すぎずで通りやすいが、障害物が意外と多いので、ポロンは上に逃げる方が良い。 終盤で強敵が出てくるわけではないので、ボムを早めに使っても問題ないはず。 V 通路の広さは問題ないはずなのだが、序盤の天然壁、中盤の長老天然壁の一群が厄介。 ポロンの通路とその下側の二列分は最低でも確保しながら進めたい。 また、終盤には最強魔女やキュートQが出現するので、突出は禁物。 W 通路が狭いのでスクロールアウトが心配になるが、むしろ突出して特定キャラがねらい打ちされる方に気をつけるべき。 序盤のクロメや最強魔女、中盤〜終盤のキュートQやオクトキングなど、長距離攻撃を仕掛けてくるモンスターを一体ずつ確実に撃破しておくのがよい。 終盤では通路が狭くなっているのがむしろ幸いしているので、あまり突出しないのが賢明。 X スタート直後に道が狭まっている上天然壁が道をふさぎ、その後ろにはヒトラーや最強魔女がいるので、少々無理してでも突破を目指す。 最悪でも、ポロンに直接攻撃がかからないようにすること。 その後も、通路を天然壁が塞いでいることが多いので、魔法系のキャラをうまく使いたい。 なお、終盤には怒濤のように大量のモンスターが出現するので、ボムはなるべく温存しておくべし。 Y 直接攻撃系を前衛に5人、魔法系を後衛に2人、この陣形を崩さないようにすること。 これさえ注意すれば、なんとかなるはず。 Z Yと同様。 なお、最終盤では、ピッテンはかなり強いものの移動力ゼロ、その後ろに控えるニコペリはる壺のごとくモンスターを増殖するので、囲い込むようにしてニコペリを先に倒すようにすること。 ニコペリさえ倒せれば、後は何の問題もない。 アイテムの入手と活用 1 7 13 19 25 31 37 2 8 14 20 26 32 38 3 9 15 21 27 33 39 4 10 16 22 28 34 40 5 11 17 23 29 35 41 6 12 18 24 30 36 42 アイテムは、モンスターを倒したときや宝箱を開けたときに、ランダムで入手できます。 ただし、女の子モンスターを捕獲するロープだけは、街の「なんでも屋」で買うことができます。 最大99本まで持つことができるので、少なくとも50本くらいは常にもっておくようにしたいものです。 アイテムは、大きく分けて、「装備するタイプ」と「使い切るタイプ」とに分かれます。 装備するタイプのものは、一人当たり5個までという制限があるので、ゲームが進み装備が充実してくると、取捨選択の判断が必要となります。 上の図は、「アイテム一覧」の図と対応するようになっています。 以下、特に重要なアイテムについて。 終盤、あるいは極めモードに入ってから、実に役に立つ。 前線で活躍するキャラに持たせる。 4 極めのブレスレット 命中率が5上がる。 中盤、空振りが目立つキャラ(アリサあたり)に持たせるのが良い。 7〜12 魔薬 各職業限定のパワーアップアイテム。 ただし、その前の戦闘でKOしていた場合、使用できない場合もある様子。 18 命中の羽 入手次第使いたい。 「極めのブレスレット」と違い、邪魔にならないのが嬉しい。 24 回避の虫 なかなか手に入らないが、格闘系以外のキャラは、レベルアップしても回避値が上がらないので、これを使いたい。 28 ケイブリスの指輪 攻撃力が20上がる。 序盤から中盤にかけて、破壊力が一気にアップするのが嬉しい。 終盤以降はあまり役に立たないが…… 29 カミーラの指輪 射程が1上がる。 一番欲しいアイテムといって良い。 攻撃系キャラに持たせて遠距離攻撃させるもよし、防御系キャラに持たせて長距離反撃を任せるもよし。 絶対に余らせたりせず、フル活用したい。 30 メガラスの指輪 移動力が1上がる。 序盤から終盤まで役に立つ。 CGゲットの方法 基本的に、CGを見た後にセーブすることで、CGモードに登録される。 オープニング(2枚) ゲームを起動してからオープニングで左クリックすると、オープニングがカットされてしまうので、しばらくはぼーっとモニターを眺めていること。 そして、ステージAをクリアした後にセーブすれば、オープニングのCGがCGモードに登録される。 アリスの館(1枚) ステージクリア(19枚) A〜Oの各ステージ、および、Q以降のステージをクリアすると、ボーナスCGが手にはいる。 なお、バッドエンド(下記)の場合は、別のCGとなる。 ハッピーエンド(2枚) ゲームクリア後、自動的にCGモードに登録される。 バッドエンド(7枚) ステージPをクリアするとエレーンの、またステージUをクリアするとアリエッタのCGが見られる。 また、K・L・M・Oの各ステージで、エレーン・アリエッタ以外の女の子を一人だけ戦闘不能にすると、その女の子のバッドエンドCGが手にはいる。 ただし、二人以上が戦闘不能になった場合は手に入らない。 鬼畜な方法としては、28〜29ステージあたりで「ゲームの中断」をしてから、セーブデータ「ぱにょSO. ASD」を別のフォルダにコピー、任意の女の子を一気に前線から後退させてスクロールアウトさせて、彼女のCGをゲット、次いで、再び「ぱにょSO. ASD」を元のフォルダにコピーして別の女の子をスクロールアウトさせる……ということも可能。 ちなみに、ポロンがやられた場合の「ゲームオーバー」には、CGはない。 女の子モンスター(10枚) 女の子モンスターを1匹だけヤマネさんに渡すと、次にヤマネさんを呼び出したときにCGを見ることができる。 呼び出すだけならタダなので、1匹献上したらすぐに再召喚するのが良いかも。 ラレラレ石(5枚) 「ラレラレ石」なるものを手に入れ、これが10集まると、ヤマネさんが勝手に出てくる。 この際にCGを見ることになる。

次の

グラブル攻略

え ふ ご にょ 攻略

AND検索 OR検索• お知らせ• 不具合の確認• 悪魔の増殖。 魔法少女。 世界の崩壊。 カミカクシ事件。 カミサマンシステム!? 大都会渋谷で繰り広げられる新世代青春活劇!? 12人の魔法少女たちを導く主人公となり ともに戦いキズナを深め、彼女たちのさらなる可能性をつかみ取れ! 迫力の3Dで魔法少女が動く、着替える、ガチバトる! カワイイもカッコイイも女の子の全部がここにある! 普段はオートモードでサクサクプレイ! なのに自由度の高いスキルシステムで戦略=「可能性」は無限大! とかなんとか言ってっけど、すげーおもしれーから とにかく一度やってみな! マジカミ攻略 Wikiについて 当wikiは、DMM GAMESが運営する「マジカミ」の攻略情報をまとめたWikiです。 ユーザの皆様のご協力により情報更新・編集を行っております。 どなたでも自由にページの作成、編集を行っていただいて構いません。 wikiの情報が誤っている場合は、情報の修正をしていただくか、もしくは該当ページのコメントフォームにてご指摘いただけますと管理人が修正いたします。 項目荒らし、ページ削除などの荒らし行為は、編集規制をさせていただきますのでご了承ください。 当wikiはリンクフリーです。

次の

FF7攻略|全マップ完備・ファイナルファンタジー7攻略|media.oversixty.com.au

え ふ ご にょ 攻略

追加は基本的に一筋縄ではいかないマップが多い。 誰を使ったらいい? は当然だが、攻撃が強いキャラのほかに移動&射程が大きいキャラや硬いキャラも入れるとよい。 お勧めはこちら• :説明不要。 このキャラが不要なマップはほとんどないだろう。 体力が低いことに注意• :純粋に強い。 拡大が大きいのもポイント。 :魔法キャラとしては最高の攻撃性能。 体力も高いし射程と移動の和が7と心強い 拡大と防御面が弱いので注意• :最初からいるキャラクターなのでイデヨンの引きに影響されないのが一番大きい もちろん、攻撃性能はトップクラスにいい上再行動も高い• :囮役としてはこれ以上ないくらい優秀。 攻撃については諦めよう• :壁としてはより劣るが、移動が4あり、攻撃も優秀。 魔法に弱いのが欠点• :高い攻撃性能と移動4が強い。 再行動も高い• :地味だが、原作どおり優秀な実力者。 欠点らしい欠点はない• :防御面が弱いが、攻撃は強いし移動もある• :全キャラ最大の拡大が魅力。 魔法系としては上位に来る程度。 面子も重要だが、アイテムも重要 突破できなければ移動&射程のばしたり、ジッポ持たせるとかしよう 詳細攻略 特徴 LV Tn 報酬 ぶたバンバラ etc. 0 12 コスト10 いやなやつ etc.

次の