コロナ 解熱剤 飲ん で いい。 新型コロナウイルスに医師が警告「市販薬は飲んではいけない」

【大至急】38.5℃の熱が出た。どうしたらいい?

コロナ 解熱剤 飲ん で いい

新型コロナのときに飲んでも大丈夫な鎮痛剤(痛み止め)は? 結論から言いますと、新型コロナにもしかかったかも?! 熱が出ているから解熱剤を飲みたいってときは 市販の薬ならば、 タイレノールA(製造販売元:東亜薬品、販売会社:ジョンソン・エンド・ジョンソン、武田コンシューマーヘルスケア) バファリンルナJ ライオン) ノーシンAc(アラクス)などである。 これらの薬は、 アセトアミノフェン以外の有効成分を含んでいない。 しかも、眠くなる成分も含まれていないので 眠くなりにくいという特徴もある。 風邪薬ならこれらがアセトアミノフェンの市販薬である。 裏の成分表などを見れば記載されている。 購入するときは裏の成分表までチェックしてもらいたい。 スポンサーリンク 新型コロナの時に飲んではいけないといわれている鎮痛剤(痛み止め)は? 反対に新型コロナのときに飲まないほうがいいとされている成分がある。 それが、 イブプロフェンだ。 今まで市販薬を購入するときに、イブプロフェンやアセトアミノフェンに 注目したことはなかった。 しかし、新型コロナかもしれないという思いがあるなら イブプロフェンの成分の薬は避けておいたほうが無難だろう。 日本では、そこまで注意しなくてもいいといわれているが 海外でそういうツイッターがあがったということは 可能性として危険なことを避けたいのが人間だ。 発熱がある場合は、パラセタモールを服用してください。 すでに抗炎症薬を服用している場合、または疑わしい場合は、医師に相談してください。 あ!この方、誰?って思いましたよね?! フランスのベラン保健相だそうですよ。 なんだか信用できそうですよね。 日本は何にしても発表が遅い!判断が遅い! そう感じています。 海外からの情報にもアンテナを張るべきですね。 世界保健機関(WHO)は「 新型コロナウイルスに感染している疑いがある場合はイブプロフェ ンを自らの判断で服用しないでほしい」と述べ、 代わりの解熱鎮痛薬として「アセトアミノフェン」 を使うよう呼びかけた。 しかしその後、 治療に当たっている医師を調査した結果、 通常の副作用以外に症状を悪化させるという報告はなかったと説明 し、「控えることを求める勧告はしない」と表明している。 具体的に、イブプロフェンの市販薬はこちらになる。 バファリン、ロキソニンなどである。 バファリンやロキソニンなどよく服用していたので コロナが心配の時は、飲まないようにしようと思う。 スポンサーリンク 新型コロナの時になんで飲んではいけない成分があるの? 鎮痛剤には種類があることを今回知ったのだけども。。。 なんで、新型コロナのとき飲んだら症状が悪化するのだろうか? 私にはよくわからないので、専門分野の方の文章を載せておきます。 岡山大学病院薬剤部の神崎浩孝氏によると 「一般的に使われる解熱鎮痛薬には大きく2種類があります。 1つが『NSAIDs』(エヌセイズ) と呼ばれる非ステロイド性抗炎症薬で、 イブプロフェンやアスピリンがこちらに該当します。 もう1つが『 アセトアミノフェン』と呼ばれる解熱鎮痛薬で、 カロナールが代表的です。 両者の大きな違いは炎症を抑える作用があるかないかで、 NSAIDsは抗炎症作用があり、 アセトアミノフェンにはありません。 まだ正確なことはわかっていませんが、 この抗炎症作用が新型コロナウイルス感染症を悪化させるのではな いかという意見が報告されているのです」 アセトアミノフェンは脳の中枢神経や体温調節中枢に作用すること で効果を出す。 効果が穏やかで副作用も少ないため、 小さな子供にも処方される。 一方のNSAIDsは、体内で炎症、 発熱、痛みを引き起こす「プロスタグランジン」 という物質がつくられるのを抑えることで症状を改善する。 プロスタグランジンは「シクロオキシゲナーゼ」(COX) という酵素によってつくられていることから、 NSAIDsはCOXの働きを阻害して効果を発揮する。 効き目が強く副作用も多いため、小さな子供には使われない。 「 COXには内皮細胞を保護して粘膜を修復させる働きもあります。 NSAIDsはその働きを阻害してしまうので、 胃腸障害などの副作用が表れるのです。 胃腸だけではなく、 血管の内皮細胞の保護作用も抑制するため、 例えばインフルエンザなどで高熱が出て、 脳の血管が炎症を起こして傷んでしまっているときにNSAIDs を服用すると、血管の修復を阻害して脳血管に損傷を招き、 脳症の悪化につながるのではないかと考えられています」( 神崎浩孝氏) まったくもってわからないのだけども。。。 文章で読んでも具体的な市販薬の名前がなかったので 私にはよくわからなくて、、、、 調べたので誰かの役にたてたらと思い記事に記しました。

次の

もしや新型コロナ? 疑われる自宅療養時に気をつけるべきことは

コロナ 解熱剤 飲ん で いい

[画像のクリックで拡大表示] 最近、新型コロナウイルス感染症に関する新たな知見が矢継ぎ早に発表されていて、どの鎮痛剤を飲むべきか、自宅で患者を看病する際にはどうすればよいかなどの基本的な点についてさえ混乱が広がっている。 ナショナル ジオグラフィックは今回、米国とカナダの第一線で活躍する医師と研究者に、自宅療養の留意点や病院にかかるタイミングなどについて話を聞いた。 医師はこうした患者には自宅での自主隔離を推奨している。 水分と栄養をしっかりと取り、できる範囲で症状に対処すればよい。 新型コロナ感染症を含め、病気による発熱があったら、まずはアセトアミノフェン(パラセタモール)の服用が推奨されると、カナダ、モントリオールのサント=ジュスティン大学病院センターに務める小児感染症専門医ジュリー・オトミツギン氏は説明する。 それでも熱が続くようなら、イブプロフェンに切り替えることを考える。 アセトアミノフェンを先に試すのは、イブプロフェンをはじめとするNSAID(非ステロイド系消炎鎮痛薬)には一般的に、腎障害、胃潰瘍、消化管出血などさまざまな副作用があるからだ。 なお、これはイブプロフェンなどのNSAIDが新型コロナ感染症を悪化させるという意味ではない。 3月14日にフランスの保健相が「イブプロフェンは新型コロナ感染症を悪化させる恐れがある」とツイッターに投稿して噂が広まったが、そのような事実を示す証拠はない。 「NSAIDが新型を含めコロナウイルスによる感染症を悪化させたという事例は聞いたことがありません」と米アイオワ大学医学部の小児科医でコロナウイルスを専門とする免疫学者のスタンリー・パールマン氏は話す。 なお、アセトアミノフェンにも副作用はあるため、肝障害やこの薬に対するアレルギーがない人しか服用してはならない。 1日総量の上限は3000mgとされていて(編注:日本では4000mg)、それ以上になると肝障害などの悪影響が出る恐れがある。 「米国ではアセトアミノフェンの過剰摂取が、急性肝不全の最も一般的な原因になっています」と米コネチカット大学薬学部の毒性学者ホセ・マナウトウ氏は言う。 アセトアミノフェンを服用するときには、併用する薬にも注意する必要がある。 インフルエンザの諸症状を緩和する薬や睡眠導入剤には、アセトアミノフェンが含まれていることが多いからだ。 アルコールも飲んではいけない。 アルコールもアセトアミノフェンも、肝臓で作られるグルタチオンという物質により体内で無毒化されるが、過剰に摂取すると無毒化が追いつかず、毒が蓄積してしまうのだ。 (参考記事: ).

次の

インフルエンザでNGな解熱剤|カロナール、ロキソニンは?飲んでしまったら?

コロナ 解熱剤 飲ん で いい

フランスの厚生大臣オリヴィエ・ヴェラン氏が、コロナウイルスに関して、イブプロフェンを服用しないほうがよいと推奨した。 イブプロフェンとは、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)に属する。 これは、炎症や痛みなどを抑え、熱を下げるために使われるものだ。 しかしこの薬は、既にかかっている感染症を悪化させ、合併症を伴わせる可能性があるのだという。 (筆者注:イブプロフェンは市販の薬に使われている) 厚生大臣は、自身のツイッターで、「コロナウイルス:感染者が(イブプロフェンやコルチゾンなどの)抗炎症薬を服用することは、感染を悪化させる要因になる可能性があります。 発熱がある場合は、パラセタモール(別名:アセトアミノフェン)を服用してください」「すでに抗炎症薬を服用している場合、または疑わしい場合は、あなたの医師に助言を求めてください」とメッセージを送った。 複数の医者が、発熱のためにイブプロフェンを服用した後、併存疾患がないのにもかかわらず、重篤な状態に陥ったコロナウイルスの若い患者の例を挙げているという。 このためフランスでは、非ステロイド性抗炎症薬は、「薬と健康製品の安全性に関する国家機関(ANSM)」からの警告の後、1月15日以降は薬局では自由に買うことができなくなっている。 同じことは、パラセタモールを含む医薬品にも当てはまる。 パラセタモールはあまりにも多く服用すると、重大な肝臓障害を引き起こす可能性があるもので、時には致命症になりかねないという。 でも、フランスの厚生大臣がツイッターで直接発信しているし、記事はAFP通信発でル・モンドに掲載されていて、信用できる媒体であると判断した。 日本では病気の対処に関して、具体的に何も指示や情報が出ないので(何をやっているのだろうか???)、少しでも役に立てばと思い紹介することにした。 誰だって、咳や熱が続いたら「ただの風邪? 普通のインフルエンザ? ひどい花粉症? それともコロナ?」と心配になるが、まずは手近な市販の薬を飲むと思うからだ。 でも、筆者もそうなのだが、「風邪薬」「解熱剤」と普通に売られているそれぞれの薬が、実は成分や種類が違うとは、詳しくは知らないものだ。 フランス厚生大臣の発言は、その市販薬にも警鐘を鳴らしていると思う。 一般的には、医者の処方箋がなくても買える薬には、強いものはないと言われる。 でも、なにもわざわざ、この状況で、警鐘を鳴らされている成分の薬を進んで飲む必要はないのではないか、他の薬があるのだから、と個人的には思っている。 「イブプロフェン/アセトアミノフェン 市販薬」などで検索すると、具体的な製品名が出てくるはずである。 ちなみに、原文フランス語の記事には、イブプロフェンやアセトアミノフェン(パラセタモール)を使っている、具体的な市販薬の名前が掲載されていた。 フランスでなら誰もが知っていて、家に一つや二つはある市販薬だった。 日本とは違うので省略した。 最終的な判断は、読者の信頼する医師にゆだねることにする。

次の