モバイル wifi wimax。 【徹底比較】WX06は契約すべき?WiMAX最新機種を大解剖!

WiMAXとWiFiの違いは?契約内容や仕様の違いを比較

モバイル wifi wimax

WiMAXを検討しているけど、他のポケットWiFiと比べて本当に良いのか迷っていませんか? 結論としては、2020年7月現在、Y! mobileなどの計5社から全部で25機種のポケットWiFiが販売されていますが、4つの重要なポイントで 徹底比較した結果、WiMAXが圧倒的におすすめでした。 ネット上には間違えてる上にわかりづらい比較で、的はずれな結論になっているWEBサイトも多いですが、このページでは客観的に公平な比較をわかりやすくお伝えします。 すべて読めば、あなたがWiMAXを納得して選ぶことができ、しかも 自分にあったプランや 3万円安く契約する方法までわかります。 注: この記事では、 「ポケット WiFi」=「持ち運んでネットができる端末(モバイルWiFiルーター)」を指します。 結論:WiMAXは、他のポケットWiFiと比較しても圧勝! 結論としては、 『UQ WiMAX』という会社から出ている『W06』というポケットWiFiがおすすめです。 選定の理由としては、下記の通りシンプルです。 「無制限」でデータ容量が使える• 「速度制限」がかかりづらい• 「操作」が簡単• 「コストパフォーマンス」が一番高い 実際にUQ WiMAXの『W06』を後述の販売代理店経由で購入すると、下記のような最高の条件で利用が可能です。 UQ WiMAX 『W06』 Y! これらの5社を 「データ容量」「速度制限」「月額料金」「高速通信できるエリア」の4つのポイントで徹底比較したのが以下の表です。 WiFi』に関して 『Yahoo! WiFi』というサービスもありますが、これは「Y! mobile」のサービスで古くなった機種を低価格で提供するというものです。 下記の理由からおすすめしませんが、どうしても気になる方はを御覧ください。 動画や写真を快適に見ることができない• 端末(モバイルルーター)の性能が低い• 無制限で使えるエリアは非常に狭い• 実質的な値段が高く、コストパフォーマンスが悪い 「機種」は最新のものを選べば、各社で大きく差は出ない 携帯の場合、iPhoneにするかXperiaにするかで大きく性能が変わってきますが、ポケットWiFiの場合は機種はほぼ関係ないと言えます。 実際にスペックを比較したのが下記です。 「下り最高通信速度」は「docomo」「SoftBank」「Y! mobile」がリードだが、あまり意味はない 「下り最高通信速度」に関しては、2020年7月現在のすぐ手に入る機種で比較すると、「docomo」「SoftBank」「Y! mobile」の3社が一歩リードです。 しかし、この数値自体は理論値(理論上の最高値)であまり意味がないことに加え、使えるエリアが都心の中でも一部に限られるので、気にする必要はありません。 「バッテリーの持ち」は「docomo」「UQ WiMAX」が一歩リード バッテリーの持ちに関しては、「docomo」「UQ WiMAX」が2時間強も、「ソフトバンク」「Y! mobile」よりも長持ちという性能になっています。 ただし、外出先で10時間も連続で通信することもないと思いますので、こまめに充電すれば不自由することもないレベルでしょう。 「操作性」は各社変わらない 全機種とも操作したことがありますが、どれも操作自体は簡単で、誰でも使えます。 なので、どうしてもこのデザインがいいというのがなければ、次章移行の会社の比較でポケットWiFiを決めるべきです。 ポケットWiFiのおすすめ提供会社|4つのポイントで徹底比較 1章で説明した通り、ポケットWiFiはdocomo・au・UQ WiMAXなどの「サービス提供元の会社」によって、 「すぐに速度制限にかかって、全然使い物にならない」「料金が全く違う」など大きく差が出ます。 繰り返しになりますが、2020年7月、ポケットWiFiを提供する会社は、docomo、au、ソフトバンク、Y! mobile、UQ WiMAXの5社しかありません。 これらの5社を 「データ容量」「速度制限」「月額料金」「高速通信できるエリア」の4つのポイントで徹底比較したのが以下の表です。 この章では、各項目の重要性と各社の詳細についてわかりやすくご紹介します。 なお、基本的には『UQ WiMAX』がおすすめです。 ポイント1. データ容量をたくさん使えるか docomoで契約したけど、5GBのデータ容量だとyoutubeとか見てると全く足りなかった。 毎月の7000円くらいでとても高く、損した感じです。 第一のポイントとして、月間データ容量のプランが「無制限」で使えるかどうかはとても重要です。 どういうことかというと、各社のポケットWiFiデータ容量に関しては下記の2パターンあります。 月に5GB、7GBなどデータ容量が制限されるプラン(携帯料金と同じ)• 月のデータ容量に制限がない(無制限)のプラン 無制限プランにもデメリットはありますが、速度制限がかかってしまうとストレスを感じるほど遅くなるので、 迷ったら無制限にするのがおすすめです。 なので、ポケットWiFiを選ぶ際は、 「自分が無制限で使いたいかどうか」「どの会社が無制限プランを提供しているのか」の2点を確認しましょう。 無制限で使えるのは『au』『Y! mobile』『UQ WiMAX』の3社 ここで5社の月間通信量を比較すると、月間通信量が無制限で使えるのは、 「au」「Y! mobile」「UQ WiMAX」の3社です。 月間通信量 docomo 5GB or 20GB au 7GB or 無制限 SoftBank 7G Y! mobile 7GBまたは無制限 UQ WiMAX 7GBまたは無制限 docomoとSoftbankは、データ容量が決まったプランしかないので注意しましょう。 無制限プランにすべきか悩んでいる方へ 7GBというのがポイントになります。 データ容量7GBの基準は、下記の通りです。 繰り返しになりますが、速度制限がかかってしまうとストレスを感じるほど遅くなるので、 迷ったら無制限プランにするのがおすすめです。 ポイント2. 速度制限がかからないか 3日で1GB使うと次の日速度が遅くなるということは合意の上購入しましたが、容量に達していなくても動画が見れないほど遅くなります。 たくさんデータを使うことができても、 使い過ぎることでまったく使い物にならないレベルで速度制限をすぐに受けてしまう会社もあります。 会社によって大きく変わってくるので、5社の月間通信量と速度制限の条件、制限時の通信速度を下記に比較しました。 (1)無制限プランではない場合の違い|5社すべて共通で速度制限が厳しい どの5社であっても無制限プランでない場合は、契約時に決めた月間データ容量(7GBなど)を超えてしまうと128kbpsというほぼ使い物にならないレベルの速度制限を受けてしまいます。 特に注意なのが『SoftBank』で、無制限プランでなくても「3日合計で1GB使うと、128kbpsの速度制限」があります。 なので、迷ったら基本的には無制限プランを選択しておけば、いかなる状況でも安心なのでおすすめです。 (詳しくは、後述します) (2)無制限プランありの3社の違い|『Y! mobile』『au』『UQ WiMAX』 2017年5月5日をもって、『Y! mobile』『au』『UQ WiMAX』の3社はほぼ横並びの無制限プランになりました。 旧:3日で3GBを使うと、128kbpsに通信速度を制限(ほぼ使えない) 新:3日で10GBを使うと、1Mbpsに通信速度を制限(youtubeが視聴可能な速度) 上記の「1Mbps」はYoutubeの動画を標準画質で見れるぐらいの速度なので、「Y! mobile」「au」「UQ WiMAX」は制限を受けても快適に使い続けることができます。 しかし、『Y! mobile』はおすすめしない 結論から言うと、当サイトでは「Y! mobile」は下記の理由からおすすめしません。 料金が割高(次章で説明)• 契約期間が3年と長い(通常2年)• 無制限プランのエリアが狭い• 動画や写真を快適に見れない• サービス内容の改悪が著しい 要するに、 「料金が割高」かつ「細かい部分で様々な罠が仕掛けられている」ということです。 ただし後述しますが、「UQ WiMAX」にはプロバイダをしっかり選べば3万円以上の割引を受けられるので、そちらを確実におすすめします。 ポイント3. 月額料金が安いか 私が住んでいるのは地方になるので、電波が届くか届かないかで選ぶしかなくてdocomoにしました。 エリアも速度もそんなに不満はないんですけど、料金だけが…docomoユーザーならセット割引があるとかもう少し安くならないですかね… 高い料金を払えばたくさん使えるのは当然の話なので、いかに安い料金でたくさんのデータ量が使えるのか知りたいところです。 通信会社別の「月額料金」と「月間通信量」、「割引」は下図の通りです。 「docomoユーザーだから割引」というキャンペーンもないので、価格面ではおすすめは難しいです。 (2)他4社は横並びだが、セット割・プロバイダ割で差がでる 月額料金と月間通信量に関して、一見するとdocomo以外の料金は横並びのように見えます。 ・一番お得なのは、WiMAX|プロバイダによる割引がお得すぎる 結論から言うと、WiMAXにはプロバイダ(販売代理店)による割引があるので、自分がどの携帯会社を使っていても最安です。 例えば『GMOとくとくBB』というWiMAXのプロバイダを利用すれば、下記の通り2年間で3万円以上もお得に契約できます。 au:「」• SoftBank:「」 しかし、月1000円程度の割引なので、WiMAXのプロバイダを活用した方が安くなります。 速度制限受けてないのに、遅い。 スピードメーターで速度計測したけど、1Mbpsも速度が出ないからストレス!都心なら、100Mbps以上出るはずなのに。 ポケットWiFiを利用するのに、速い速度で利用できるエリアが広いかどうか気になりますよね。 最後に、通信速度と通信エリアについて解説していきます。 通信速度について 下記のように提供会社によって差があります。 速い方がいいに越したことはありませんが、 実はこの速度はそこまで重要ではありません。 理由は2つあります。 最大速度を気にしなくていい理由1. あくまでも理論上の値 公式サイトには、必ずどの会社にも小さく注が振られています。 下記はdocomoの例です。 あくまでも「最高の環境が揃えば、技術的にはこれくらい出るよ!」という数値なので、一つの参考程度にしましょう。 大事なのは実測値です。 現時点では、 WiMAXが実は一番早く、公式ホームページで紹介している実測マップでも場所によっては100Mbpsと光回線並の速度が出ているのでおすすめです。 最大速度を気にしなくていい理由2. 高速通信のエリアが限られている 実はこの最大速度が出るエリアは限られています。 首都圏の一部エリア以外は当面は対象外ですので、やはり参考程度にしたほうがよいでしょう。 通信エリアについて 以前はdocomoが一番つながることで有名でしたが、最近は各社共にエリア拡大にかなり力を入れてきていて、以前ほど繋がらないエリアの差はなくなってきています。 ご自分の自宅や職場、よく行く場所などで使えるエリアなのか、またどのくらい高速で通信できるのかを下記のリンクで判定をして比較してみてください。 結論:ポケットWiFiなら「WiMAX」がベスト UQ系WiMAXの通信量は 月間無制限で利用することができ、3日間で10GB以上使って速度制限を受けても実測で1MbpsというYoutubeの動画を標準画質で見るのにストレスを感じないほどの速度で使い続けることができます。 価格も他のサービスと比較しても最安値で、2020年7月現在、 ポケットWiFiの中でただ一つの選択肢と言って良いでしょう。 2020年7月17日最新情報 現在、新型コロナウイルス拡大の影響により、一部プロバイダでWiMAX端末の在庫切れが発生しています。 WiMAXは数種類から端末を選ぶことができますが、基本的に 現行端末で最も優れた「W06」を選ぶことをおすすめします。 しかし、 なるべく早く使用したい場合は、機種問わず在庫があるうちに購入することをおすすめします。 2020年7月17日現在、WiMAXお試しサービス『Try WiMAX』と WiMAXの最もお得な申し込み窓口『GMOとくとくBB』を含む国内プロバイダ8社の「端末在庫状況」と「問い合わせ調査結果」は、以下の通りです。 ベストなポケットWiFi『WiMAX』をお得に契約するための全手順 5社のポケットWiFiを比較した中で、最もおすすめなのはWiMAXです。 しかし、 WiMAXを契約する上でもコツがあり、それを知らないと「3万円損してしまった…」「なんかこの機種は使いづらい…」など後悔するので必ず抑えておきましょう。 そうならないための簡単な契約手順をわかりやすくまとめました。 WiMAXは3ステップで決める WiMAXを申し込むために、下記3点を決めなければなりません。 契約プランを決める• 機種を決める• プロバイダを決める それぞれ結論からいうと、契約プランは「ギガ放題」、機種はW06、プロバイダは『GMOとくとくBB』にしましょう。 『GMOとくとくBB』: また電話の問い合わせ窓口から申し込むことはおすすめできません。 理由は明確で、口頭のやりとりだと 契約後にキャンペーンが適用されていないトラブルの可能性があるからです。 必ず上記内容が明記されている公式ページのフォームから最終的に申し込むようにしましょう。 順番に解説します。 4-1. 契約プランを決める プランは「通常プラン3670円(税抜)」か「ギガ放題プラン4350円(税抜)」で選びます。 通常プラン:データ量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかります• ギガ放題プラン:データ量の月間制限がないため制限を気にせずインターネットを楽しめます どちらのプランにすべきか悩んでいる方へ 7GBというのがポイントになります。 データ容量7GBの基準は、下記の通りです。 速度制限がかかってしまうとストレスを感じるほど遅くなるので、 迷ったらギガ放題にするのがおすすめです。 4-2. 機種を決める WiFiルーターは主に6機種から選ぶことができますが、結論としては 「W06」が圧倒的に優れており、具体的には以下4つの理由から間違いなくおすすめです。 通信速度が最速(558Mbps、LTE利用で867Mbps)• 格段につながりやすい• 「au 4G LTEモード」に対応し、万が一のときも高速通信が可能• 上記のポイントをひとつずつ簡潔にご紹介します。 通信速度が最速 「W05」が発売されたときにも大きな進化だと感じた点ですが、下り最大通信速度が558Mbps(有線接続の場合1237Mbps)と現存するどのポケットWiFiと比較しても最速です。 WiMAXは当然ながら通信速度が最重要なので、この時点で選択肢は「W06」に絞られます。 「WX06」や「WX05」を選んでしまうと、118Mbpsも最高速度が遅くなってしまいます。 ポイント2. 格段につながりやすい 「W06」は、基地局からの電波を受信する性能と、接続端末へ電波を送信する性能の両方が向上しており、つながりやすさが大幅に上がっています。 前代機種の「W05」にはない、以下の2つの機能が備わっているからです。 高性能ハイモードアンテナ• 建物の中の窓から遠い場所など、これまで繋がりづらかった場所から繋がりやすくなります。 通常は放射線状に発信される電波を、接続する端末の位置を自動検知して、その方向に集約して発信します。 「WX05」にも同様の機能が搭載されていますが、クレードルに設置した状態でのみ有効でした。 「W06」はクレードル不要で、この機能を使うことができます。 ポイント3. 「au 4G LTEモード」に対応し、万が一のときも高速通信が可能 何ができるかというと、「au 4G LTE ハイスピードプラスエリアモード 」というauのLTE網を利用したより広域をカバーした通信を利用でき、最高速度867Mbpsの高速通信が可能です。 「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」とは 主にWiMAX回線が通っていないエリアで使われるモードで、「au 4G LTE回線」を使用して通信が可能になります。 利用した月は1,005円の費用がかかるデメリットはありますが、タッチパネルから簡単に切り替え操作ができて、 電波が弱いエリアへの出張や旅行など万が一のときに非常に重宝するモードです。 ポイント4. 上り通信速度も大幅アップ あまり馴染みのない用語かもしれませんが、「上り最高速度」も最新機種WX06や前代機種のW05と同様、それ以外の機種よりも2. 5倍と大幅に速いです。 W06・WX06・W05:上り最大 75Mbps• WEBの閲覧などは「下り速度」と言い、ポイント1で説明した速度のことです。 上り速度が向上することにより、写真や動画のアップロードが高速化しているので、InstagramやFacebook、Twitter、Youtubeで投稿する際に、よりサクサク快適に利用することができます。 今までなかなか改善されなかったら上り速度が、「W06」「WX06」「W05」では2. 5倍と大幅に向上しています。 クレードル・USBケーブルは同時購入すべきか? クレードル(WiMAXを充電する台のようなもの)とケーブルは同時購入が可能ですが、 高いので公式ページで購入する必要はありません。 クレードルはそもそも購入しても使わない人が多いですが、必要だと感じたらAmazonで「WiMAX クレードル」と検索すれば3,000円前後で手に入ります。 4-3. プロバイダを決める 2020年7月の最新情報です。 WiMAXのプロバイダを安全に選ぶには、下記の唯一のポイントで選ぶことが重要です。 「ベストな機種(ルーター)」でキャッシュバックを含めた実質費用が安いか 結論として、選ぶべきプロバイダは、2020年7月現在、下記一択です。 『』 次の項目でまとめる表で、一番安いプロバイダはどこか比較していきます。 「ベストな機種(ルーター)」でキャッシュバックを含めた実質費用が安いか 選ぶプロバイダでWiMAXの速度やサービス自体は一切変わらないため、料金はとにかく重要です。 注目すべきなのは、キャッシュバックを含めて3年間使った場合のトータル費用がどれだけ安いかです。 「月額料金」を見せかけで安くして、『付帯サービス料金』などで水増ししているプロバイダもあるので、注意してください。 下記の表で、「月間データ通信容量無制限」に絞って、WiMAXのプロバイダと機種の組合せの「1ヶ月あたりの実質費用」を比較しました。 2020年7月現在、安い順に上位9通りを記載しています。 その中でも 27,500円のキャッシュバックを受け取ることをおすすめします。 なぜなら、「W06」は、下り最大通信速度が867Mbps(有線接続の場合1,237Mbps)と現在手に入るどのポケットWiFiと比較しても最速であり、最も優れた端末だからです。 2020年7月17日最新情報 現在、新型コロナウイルス拡大の影響により、一部プロバイダでWiMAX端末の在庫切れが発生しています。 WiMAXは数種類から端末を選ぶことができますが、基本的に 現行端末で最も優れた「W06」を選ぶことをおすすめします。 しかし、 なるべく早く使用したい場合は、機種問わず在庫があるうちに購入することをおすすめします。 2020年7月17日現在、WiMAXお試しサービス『Try WiMAX』と WiMAXの最もお得な申し込み窓口『GMOとくとくBB』を含む国内プロバイダ8社の「端末在庫状況」と「問い合わせ調査結果」は、以下の通りです。 「W07」は法人契約のみ取り扱い KDDIは 法人向けサービスとして、「Speed Wi-Fi NEXT W07」を取り扱っています。 しかし、 個人で契約することはできないため、 実際に手に入るWiMAXの中で最もおすすめの機種は「W06」です。 お得な契約期間は「3年間」 2018年11月より 主要プロバイダの契約プランが、「2年間」から「3年間」に移行しました。 また、 2019年10月以降は「1年間」のプランが登場しています。 しかし、以下の表の通り、 料金条件が良く、最もお得にWiMAXを使うことができるのは、「3年間」の契約プランで す。 プラン au 4G LTE 機種代金割引 3年 無料 有 2年 有料 有 1年 有料 無 それでは、GMOで買うべきか? 現状では一番おすすめできる選択肢で、買うべきと言えます。 ただし一点だけ、 購入前に知っておくべき注意点があります。 それは 『ある手続きを忘れてしまうとキャッシュバックが1円も受け取れない』という注意点で、 何も知らずに購入してしまうと、キャッシュバックが受け取れず、高くついてしまいます。 簡単ですが、手続きを忘れると、キャッシュバックは一切もらえず、救済措置はありません。 『GMOとくとくBB』に限らず、全てのプロバイダで同様の手続きが必要になるため、上記だけは必ず覚えておきましょう。 GMO以外のプロバイダはどうなの? 結論からいうと、弊社の調査ではおすすめできるプロバイダはありませんでした。 なぜなら、 速度などサービスは一切変わらず、料金はGMOが最も安いからです。 簡単な手続きを行うだけでキャッシュバックを受け取ることができ、キャッシュバックがなく月額が安い他のプロバイダと比べても、総費用が約1万円安くなります。 また、「途中解約した場合キャッシュバック金額を返金しなければならない」や、データ端末代が無料ではないというように、プロバイダごとに微妙に違うルールがあるときがありますので、一見安くても十分に注意してください。 なぜGMOはキャッシュバックがこれだけ高いのか? 『GMOとくとくBB』はWebでの集客に特化しているため、人件費や事務所費用を安く抑えることができます。 そのため、削減した費用をそのまま購入者にキャッシュバックすることができています。 また『GMOとくとくBB』の運営元であるGMOインターネット株式会社はネットでの販売代理店の中でも最大手です。 最大手のため月間の販売台数も多く、WiMAX本家からの販売奨励金をたくさんもらっており、ネット販売代理店の中でも最高レベルのキャッシュバックを実現しているという背景があります。 プロバイダ選びについて|まとめ プロバイダ選びについては重要なので長々と書いてしまいましたが、要点を下記にまとめます。 キャッシュバック金額を含めた「実質費用」で比べる• 2020年7月現在、『GMOとくとくBB』()が最もお得• 理由は明確で、口頭のやりとりだと 契約後にキャンペーンが適用されていないトラブルの可能性があるからです。 必ず上記内容が明記されているのフォームから最終的に申し込むようにしましょう。 まとめ ポケットWiFiを納得して選ぶお役に立てたでしょうか? この記事のまとめとして、WiMAXの契約をされる場合、2020年7月現在、契約プラン・機種・プロバイダは下記が一番おすすめです。 料金プラン:ギガ放題• 機種:W06• サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)•

次の

【徹底比較】WX06は契約すべき?WiMAX最新機種を大解剖!

モバイル wifi wimax

ついに、WiMAXモバイルルーターの 最新機種「WX06」の発売が決定しました! 「最新機種は良いものに違いないから、WX06を契約しよう」と、お考えのあなた! 「最新だから」という安易な考えでWiMAXの機種を選んでしまうと、「他の機種の方が良かったかも」と、 後悔してしまうかもしれません! なぜなら、 WiMAXの最新機種「WX06」にも欠点があるため、おすすめできる人とできない人がいるからです。 WX06の契約を検討している方は、 必ずこのページを読んでから、どの機種を契約するか決断しましょう! 本ページでは、WX06の基本スペックや新しい機能をどのサイトよりもわかりやすく解説し、WiMAX最新機種「WX06」を徹底解剖! さらに、旧モデルの「WX05」とWシリーズの「W06」と比較します。 最後まで読めば、 あなたが「今、どのWiMAX機種を契約すべきなのか」が必ずわかりますよ! 目次• 最新機種の基本スペックを大解剖! はじめに、「WX06」がいつ発売されるのか気になっている方も多いと思いますので、早速発表します! WiMAX WXシリーズ最新機種「WX06」は 2020年1月30日に発売が決定しました! それでは、 最新WiMAX機種「WX06」の基本スペックを見ていきましょう。 連続通信時間• 同時接続台数 まず、WX06の連続通信時間について、詳しく説明します。 1日持ち歩いてもバッテリーが切れる心配はないですね。 ただし、WiMAXもスマホ等と同じように、長く使っていくうちにバッテリーが消耗してしまい、連続通信時間もだんだんと短くなっていきます。 3年契約が基本のWiMAX。 3年後にはバッテリーの消耗で連続通信時間がおよそ半分になることもあるようです。 しかし、「WX06」は、 バッテリー交換ができるため、常にバッテリー長持ちの状態で使うことができますよ。 WX06基本スペックのもう1つのポイントである「同時接続台数」の改善には、WX06に新しく追加された機能が深く関わっているため、新機能の説明と一緒に解説します! 最新機種 最大の変化!4つの新機能がすごい WiMAX最新機種「WX06」の最大の改善ポイントは、 新しく追加された4つの機能です! WX06に新しく加わった「バンドステアリング機能」とは、簡単に説明すると、 「周囲の電波環境を判断し、最適な周波数の電波に自動で繋げてくれる」機能のこと。 この機能が追加されたことで、以下の2つのメリットがあります。 最適な周波数をルーターが自動で選択・切替 WiMAXのルーターは、 「2. 4GHz ギガヘルツ 」と 「5GHz」の2種類の特徴の異なる周波数の電波に対応しています。 WX06はこの2種類の電波から 最適な電波を判断し、自動で接続してくれるのです。 それぞれの周波数の特徴を簡単にまとめました。 4GHzより速い 家電などの影響を受けやすい 家電などの影響を受けにくい 障害物に強く、 電波が遠くまで届く 障害物に弱く、 遠くまで電波が届かない これまでのWiMAXルーターは、最適な電波を自分自身で判断し、設定を 手動で変更しなければいけませんでした。 WiMAXルーターが 自動で最適な周波数を判断して電波を繋げてくれる「WX06」の新機能は、とても便利な機能と言えます。 WiMAX初!2つの周波数の電波を同時利用できる さらに、WX06は 「バンドステアリング機能」によって、 「2. 4GHz」と「5GHz」の同時利用が可能になりました! この機能も、WiMAXモバイルルーター史上初!WiMAX WX06にしかない新たなスペックです。 そして、この機能が追加されたことにより、WX06は 同時接続台数が前モデルWX05の「10台」から 「16台」へと大幅に改善されました! QRコードを読み取るだけ!カンタンWiFi接続 WiFiをスマホやパソコンに繋ぐ時、大抵の場合は、細かい英数字の並んだ長いパスワードを何度も確認しながら入力して接続しますよね。 この少し面倒な接続方法を不満に思っている方も多いはず。 そんな悩みを解決すべく、WiMAXの最新機種WX06は、 QRコードを読み取るだけでWiFiに接続できる機能を追加しました! 実は、これまでのWiMAXルーターにも、QRコードの読み取りでWiFi接続ができる機能はあったのですが、旧モデルまでは 「専用アプリ」のダウンロードが必須でした。 しかし、WX06は カメラやその他QRコード読み取りアプリでもWiFi接続が可能になったのです。 他の人とWiMAXのWiFiをシェアしたい時や、新しい端末の接続時、WX06の新機能が非常に役立ちますね。 データ通信量がひと目で分かるディスプレイ• 電波が安定する• 有線LAN接続ができる• 充電器の役目を果たす WX06のクレードルにはアンテナが4本も搭載されました! WiMAXの電波が弱い場所でも、WX06をクレードルと組み合わせて利用すると、WX06単体で利用するよりも電波が安定し、繋がりやすくなります。 クレードルは、 主に自宅でWiMAXを利用したい方におすすめです! WX06のクレードルの価格は 3,686円 税抜。 WX06本体とは 別途販売のため、ご希望の方はWiMAX契約時に追加購入してくださいね。 WX06はおすすめ?WiMAX他機種と徹底比較! WiMAX最新機種「WX06」には便利な機能がたくさん追加されたことがおわかり頂けたでしょうか ここまで読んで、WiMAX最新機種「WX06」を契約したい!とお考えの方もいらっしゃいますよね。 ただし、 WX06には、決定的に他のWiMAXルーターに劣ってしまう欠点があります。 3つのWiMAXルーター「WX06」「W06」「WX05」の大事なポイントを比較して 「WX06」の欠点を見つけ出し、あなたがどの機種を契約すべきなのか明確にしましょう。 WiMAX機種 WX06 W06 WX05 発売日 2020年 1月30日 2019年 1月25日 2018年 11月8日 製造元 NEC HUAWEI NEC 最大下り通信速度 440Mbps 1,237Mbps 440Mbps 最大上り通信速度 75Mbps 75Mbps 75Mbps 連続接続時間 ノーマル モード 11時間30分 9時間 11時間30分 同時接続台数 16台 16台 10台 クレードル 有 無 有 それでは、3つのWiMAX機種を比較した結果をまとめていきます。 WiMAX最新機種 WX06 vs WX05 WiMAX最新機種「WX06」と前モデル「WX05」を比べてみると、 「同時接続台数」以外にあまり変化がないことがわかります。 ただし、WX06には、先程お伝えした4つの新機能があり、当然ながら WX05にはWX06の便利な機能は搭載されていません。 WX06 vs WX05の対決は、 「WX06」の圧倒的勝利です! WiMAX最新機種 WX06 vs W06 「WXシリーズ」と「Wシリーズ」の最新機種対決。 ポイントは、「WX06」と「W06」双方が真逆の特性を持っていること。 通信速度は「W06」の圧勝 WiMAX最新機種 「WX06」の唯一の欠点が「通信速度」です。 上の表を見てわかるように、 最大下り通信速度は「W06」が群を抜いて速いです。 「通信速度」は、WiMAXルーターにとって 最も重要なスペックですよね。 「W06」のスピードの速さは、 実際のWiMAXユーザーからの評判の良さや速度の 実測値からも証明されています。 どんなに便利な機能があっても、WiFiが繋がらなければルーターの役割を果たしていると言えません。 WX06の新機能「バンドステアリング」による通信速度や安定性の改善も見込めますが、 スピードを重視される方には「W06」の方がおすすめです。 バッテリー持ちは「WX06」の勝利 連続通信及びバッテリー持ちは「WX06」の方が優れています。 しかし、 「W06」も連続通信時間は9時間あり、1日持ち歩いても、バッテリーが十分足りる方も多いはずです。 また、先程お伝えしたように、WX06は自分で簡単にバッテリーを交換できます。 一方で、多くのサイトがおすすめしている W06及びWiMAX Wシリーズは、自分でバッテリー交換することは不可能です。 もし交換したい場合は、購入したショップやWiMAXのプロバイダに問い合わせてバッテリー交換を依頼するしかありません。 時間も手間もかかり、WiMAXを使いたい時に使えなくなってしまうかもしれないですよね。 以上の点から、 外出先でのWiMAXルーター利用時間が長く、連続通信を重視される方には「WX06」がおすすめです。 クレードルはWX06にしかない! 有線LAN接続を利用される方には必須のクレードル。 他にも様々なメリットがあるため、WiMAXの契約時に購入を検討されている方も多いのではないでしょうか。 残念ながら、「W06」には対応のクレードルがありません。 WiMAXを クレードルと組み合わせて利用されたい方は、「WX06」を選びましょう。 【結論】WX06かW06あなたのニーズに合わせて選ぼう! 結論として、「WX06」と「W06」のどちらもおすすめです! ただし、 「WX06」と「W06」は、真逆の特長を持っているため、WiMAXルーターをを選ぶ際には、 あなたが「どのスペックを重視するのか」をきちんと考えた上で選ぶことが大切ですよ。 「WX06」と「W06」、それぞれのWiMAX機種にどんな人が向いているのかを簡単にまとめました。 「W06」が向いている人 とにかくWiFiのスピードを重視 バッテリー交換ができなくても良い クレードルは不要 WiMAXの機種選びには、 「通信速度」か 「連続通信時間」あなたがどちらを優先するかがカギになります ここまで読んでくださった方は、自分がどのWiMAX機種を契約するべきか、正しい判断ができたのではないでしょうか。 契約したい機種が決まったら、次はいよいよ契約ですね。 ところで、皆さんは WiMAXの契約先がUQコミュニケーションズだけではないのをご存知でしょうか。 WiMAXの親会社であるUQコミュニケーションズは20以上の会社にWiMAXの契約を委託しており、委託先のWiMAXの代理店のことを 「プロバイダ」と呼びます。 実は、本家のUQコミュニケーションズよりも プロバイダで契約した方が、料金が安いのです! 同じ商品が手に入るなら、できるだけ安く購入したいですよね。 ということで、みなさんが気になる 1番おすすめのWiMAXプロバイダをご紹介したいと思います。 もう少しだけお付き合いください! WiMAXのおすすめプロバイダは? WiMAXの料金は各プロバイダによって大きく異なります! なぜなら、WiMAXの料金を決めるのはプロバイダの設定する 「月額料金」と「キャンペーン」だからです。 ここで、スマホが機種によって値段が変わるように、WiMAXの機種も性能によって価格が違うのではないかと思う方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、WiMAXには、 機種代が無料で契約できるプロバイダがあります! 最新の「WX06」、シリーズの違う「W06」、前モデルの「WX05」 どの機種を選んでも機種本体の価格は0円。 ルーターの種類による料金の差異はありません。 つまり、同じ品質の同じ商品をできるだけ安く手に入れるには、 「プロバイダ選び」が最も重要だということになります! おすすめはBroadWiMAX WiMAXプロバイダ20社以上を比較した当サイト一押しのプロバイダは、 「BroadWiMAX」! BroadWiMAXは、 「機種代0円キャンペーン・初期費用無料キャンペーン・違約金負担乗り換えキャンペーン」とお得なキャンペーンが満載。 そして、 「当サイト限定!Amazonギフト券10,000円分プレゼントキャンペーン」も行っています。 BroadWiMAXの最大の魅力は、これらの お得なキャンペーンが全て併用可能であり、キャンペーン特典を必ず受け取れること! 特典を受けた場合の 実質料金は業界最安級です。 WiMAX最新機種の「WX06」、速度が最速の「W06」の契約をご検討されている方はぜひ詳細をご覧ください!.

次の

WiMAX端末の機能・スペック比較表【WiFiモバイルルーター・ホームルーター】

モバイル wifi wimax

WiMAXってたくさんあってどれを選べばいいか迷ってしまいますよね。 私も 「損したくないっ!」という気持ちから過去にネットでいっぱい検索しました・・・。 また、記事最下部で金額や契約年数・端末など自分の好みの条件にあったWiMAXを検索できる「」を用意しています。 こちらも、ぜひ活用してみてください。 この記事が、WiMAX選びで悩んでいる方の参考になれば幸いです。 それでは、早速本文に入っていきましょう! 注意すべき3つのこと• WiMAXはどのプロバイダも機能は同じ• 月額料金とキャッシュバック額を重視!• 機種の種類は最速の「w06」を選ぶこと! WiMAXを比較検討する際に注意すべき3つのことについて解説していきます。 それぞれ重要なことばかりなので是非チェックしてみてください。 1、WiMAXはどのプロバイダで契約しても機能は同じであることを知っておこう! 通信速度 W06 最大1. 2Gbps 最大1. 2Gbps 最大1. なのでプロバイダが違っても使っているサービス自体は同じなので、機能に変わりはないんです。 文章中に出てきた「MVNO」は、「Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)」の頭文字をとった略語です。 MVNOとは、他社が所有している通信インフラ(電信柱や地中通信ケーブルなど)を借り受けて通信サービスを提供する業社のことです。 最近流行の(ドコモやauから設備を借りている)や、(フレッツ光から設備を借りている)がMVNOの代表的な例ですよ! 2、WiMAXを選ぶ際はギガ放題の平均月額とキャッシュバック額を重視して決めること! 月額料金 2,910円 3,475円 3,384円 キャッシュバック 20,000円 27,200円 10,000円 WiMAXのプロバイダを選ぶ際はギガ放題プランの平均月額とキャッシュバック額を重視して決めましょう! 先ほど説明したように、WiMAXはどのプロバイダと契約しても使える機能に差はありません。 差があるのは料金だけです。 だったら、なるべく安いプロバイダと契約した方がお得ですよね…?そういった意味で「平均月額」「キャッシュバック額」を重視してプロバイダを選ぶことをおすすめします。 3、WiMAXはルーター 機種 に種類があるので最速のW06を選ぶこと! 下り最大通信速度 1. 2Gbps 440Mbps 1. WiMAXを契約する際、選べるルーター(機種)に複数の種類があります。 基本的には最速のものを選ぶことをおすすめします。 2020年7月現在ならW06ですね! WiMAXの速度はプロバイダでなくルーターの性能で決まります。 もちろん、古い機種よりも最新機種の方が電波感度が良く速度がでます。 また、基本的に最近のWiMAX契約ではどのルーターを選んでもルーター代0円・初期費用0円の契約がほとんどです。 そのため、わざわざ古い機種を選ぶ理由が無いんです。 そのため、今回の記事では最新の「チャットサポート」に対応しているかいないかでサポートへの力の入れ具合を判断していきます。 ここでは、上記5つの項目を総合的に比較しておすすめできるWiMAXプロバイダTOP10をランキング形式で紹介していきます。 最後まで読んでいただければ自分に合ったWiMAXプロバイダを見つけることができます。 サポート対応に力を入れている事も特徴で最新のチャットサポートを真っ先に導入したのもBroadWiMAXです。 Eleno加入のキャッシュバックと合わせて、最大20,000円のキャッシュバックを受け取る事ができます。 BroadWiMAXを契約するなら、 当サイトで契約しないと損です…!是非、なるほどwifi限定の申し込み先をチェックしてみてください。 キャッシュバックが受け取りにくいデメリットはありますが、安さで考えればおすすめできるWiMAXプロバイダと言えます。 3年間の支払い総額が安いBroad WiMAXと比べると、3年間の支払総額は20,000円ほどの差があります。 キャッシュバック額で見ると、キャッシュバック最高額のGMOとくとくBBより20,000円ほど低いです。 ですが、 キャッシュバックはJPWiMAXの方が圧倒的に貰い易いです。 ただし、サポート対応が非常に不評なことや端末の発送が遅れがちなことを踏まえると総合的評価でBroadWiMAXに見劣りします。 そのため、今回はランキング3位となりました。 月額料金は高額ですが、その分1年間と短いスパンで契約を続けるか辞めるか決められる事がメリットです。 そのため、料金は高くても良いから自分の好きなタイミングでモバイル回線の契約を切り替えたい人におすすめのWiMAXです。 月額料金は3年間一律で「3,590円」です!3年間の支払総額も「129,240円」と非常にお得な価格設定となっています。 smafi WiMAXは、なるべく安く契約したいけどキャッシュバックを貰い忘れないか心配だという人におすすめのWiMAXです。 nifty WiMAXと同様に、長期間月額料金が変わらないことが特徴のWiMAXプロバイダですね…! ただし、DTIはインターネットプロバイダの時代からサポートの対応が雑なことで知られています。 なので、サポート対応に期待する人にはおすすめできません。 また、3年間の支払い総額や月額料金で比較した場合上位WiMAXに劣るためランキング6位となりました。 それを踏まえても、3年間の支払い総額で上位WiMAXには劣りますが念のため紹介しておきます。 ありサポート対応への評判は上々ですが、同様にサポート対応の良いBroadWiMAXに劣るため今回はランキング7位となっています。 料金体系は、JPWiMAXと全く同じ料金体系で非常にコスパの良いWiMAXプロバイダと言えます。 ただし最新端末に対応していないことやキャッシュバックがAmazonギフト券なため用途が限定される事を考えてランキング8位となりました。 5ヶ月目以降の月額料金は4,290円と高めですが、3年間での支払総額を見ると上位プロバイダと遜色無いコスパです。 ただし、月額料金が高額なことなどデメリットも多いことからランキング9位となりました。 2年目からの月額は、4,379円と比較的高額となっています。 そのため、3年間の支払い総額は高額となっておりランキング10位となりました。 ただし、 Sonnyの運営するプロバイダなのでサポート対応などは安心できます。 そのため、料金よりも安心感を求める人におすすめのWiMAXです。 WiMAXの中で総合的に最も推奨できるのは「Broad WiMAX」その理由とは!? ここまでおすすめのWiMAXプロバイダ10社をランキング形式で紹介してきましたが、もし迷ってしまったらランキング1位のBroadWiMAXを選びましょう…! BroadWiMAXはキャッシュバック額では、GMOとくとくBBに劣っています。 ですが、3年間の支払い総額で見ると、GMOとくとくBBよりも圧倒的に安いです。 それに加えて、サポート対応への力のいれ具合や違約金0円キャンペーン・即日受け取りキャンペーンなどユーザーにとって便利なサービスを提供しています。 サポート・サービスの充実具合に加え、支払総額が最安値であることを考えるとBroadWiMAXを選んでおけば後悔することは無いと言えます。 また、なるほどwifi独自の交渉の結果、当サイトからBroad WiMAXを契約すると申し込みから最短で翌々月末に現金10,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。 BroadWiMAXを契約するなら、 当サイトで契約しないと損です…!是非、なるほどwifi限定の申し込み先をチェックしてみてください。 現金10,000円が受け取れるのは上記URLだけです! WiMAXを選ぶ際によく比較される5つの目的ごとにおすすめを解説! よく比較される5つの比較目的• ここでは、WiMAXを選ぶ際に良く比較される5つの比較目的毎にプロバイダを比較して、おすすめのプロバイダを解説していきます! 各比較目的毎に、おすすめのプロバイダについて詳しく解説していきます。 3年間の支払総額10万台前半と圧倒的な安さですね…! ちなみに、BroadWiMAXはキャッシュバック無しで見た場合の支払総額も安いです。 そのため、キャッシュバック無しでの最安値を求める場合もおすすめですよ! 下記の記事でについてまとめているので合わせて確認してみてください。 WiMAXプロバイダの中でキャッシュバック額が高いプロバイダランキング5社比較! プロバイダ名 キャッシュバック額 受け取り易さ 30,000円 20,000円 10,000円 15,000円 3,000円 ここでは、キャッシュバックが高額なWiMAXプロバイダ5社を表で比較していきます…! 3年間の支払総額キャッシュバック額共にお得なのが、「GMOとくとくBB」です。 ただし、キャッシュバックが受け取りにくい点に注意が必要です。 一方で、キャッシュバック額が楽に受け取れるのがBroad WiMAXです。 Broad WiMAXは3年間の支払い総額も最安値のプロバイダです。 もしよかったら、目を通して見てください! WiMAXプロバイダ5社のキャンペーンを徹底比較! プロバイダ名 キャンペーン内容 お得度• 初期費用無料キャンペーン• 端末代金0円キャンペーン• 違約金当社負担キャンペーン• 月額料金割引キャンペーン• ご満足度保証キャンペーン(違約金無しで光回線に乗り換え可能)• なるほどwifi経由の契約で10,000円キャッシュバックキャンペーン• 新電力契約で10,000円キャッシュバックキャンペーン• 初期費用無料キャンペーン• 最大30,000円キャッシュバックキャンペーン• 月額料金割引キャンペーン• 初期費用無料キャンペン• 最大10,000円キャッシュバックキャンペーン• 月額料金割引キャンペーン• 10,000円キャッシュバックキャンペーン• 月額料最大5ヶ月間無料キャンペーン• 15,000円キャッシュバックキャンペーン• 月額料金割引キャンペーン ここでは、おすすめのWiMAXプロバイダ5社のキャンペーンについて表で比較していきます…! 結論から言うと、なるほどWiFiでは 最もキャンペーン内容が充実しているのがBroadWiMAXだと考えています。 BroadWiMAXでは、他社で実施していない数々のキャンペーンを行っています。 一方、GMOとくとくBBやJP WiMAXはあまり多くのキャンペーンを行っていませんね。 ここではWiMAXのプロバイダを、契約できるルーターで比較していきます。 まず、当サイトイチオシのBroadWiMAXの場合最速機種のW06を含め現在で回っているメジャーなルーターが全て契約可能です。 WiMAXには、様々なルーターがあることがわかりましたが、基本的に最速のW06が契約できれば特に困る事はありません。 特に理由が無ければ、最もお得なBroadWiMAXの契約がおすすめです。 WiMAXのおすすめプロバイダ5社の特徴を徹底比較 プロバイダ名 特徴• 支払い総額が安い• サポート対応が良い• キャンペーンが豊富• 現金最大2万円キャッシュバック• チャットサポート対応• キャッシュバック額が業界最高額• キャッシュバックの受け取りに注意が必要• 支払い総額が安い• 月額料金が安い• キャッシュバックが1週間後に貰える• キャッシュバックが受け取りやすい• 額最大5ヶ月間無料• 支払総額が安い• 月額料金が高いので注意• キャッシュバックが契約翌月に受け取れる• WiMAXでは珍しい1年契約!• チャットサポート対応 ここでは、当サイトで特におすすめしているWiMAXプロバイダ5社の特徴を比較していきます。 BroadWiMAXは、 支払い総額が安い上にサポートの質が良く「いつでも解約サポート」の様なオンリーワンのキャンペーンを展開しています。 GMOとくとくBBは、業界No1の高額キャッシュバックが特徴のプロバイダで、キャッシュバックを狙うならGMO一択と言っても良いでしょう! もしプロバイダに迷ったら、支払い総額が安い上にサポートとキャンペーンが充実していて契約後も融通の利く「BroadWiMAX」を選んでおけば後悔することはありませんよ…! また、 なるほどwifiが独自に交渉した結果、当サイトからBroad WiMAXを申し込むと現金10,000円のキャッシュバックを受け取れるようになりました! BroadWiMAXを契約するなら、 当サイトで契約しないと損です…!是非、なるほどwifi限定の申し込み先をチェックしてみてください。 現金10,000円が受け取れるのは上記URLだけです! WiMAXについてしっかりと1から知りたいならこちら! 今回の記事では、WiMAXのプロバイダを徹底的に比較してきました。 ですが、ワイマックス自体についてもっと良く知りたい人も多いと思います。 そこで、当サイトの中で人気の「」について解説している記事を紹介しておきますね! 下記リンク先の記事で「WiMAXとは何なのか?」「WiMAXのメリットデメリット」「WiMAXの選び方」などについて解説していきます。 是非参考にしてくださいね! WiMAX絞り込み検索 下記チェックボックスの好みの条件にチェックを入れると、条件にマッチしたWiMAXが表示されるようになっています。 もちろん複数項目のチェックが可能です。 表示されたWiMAXの 「詳細を見る」ボタンを押すと、そのWiMAXについて紹介しているページに飛ぶようになっています。 自分に合ったWiMAXを捜したいと考えている方の参考になれば幸いです。 ぜひ、活用してみてください! 今回紹介したこと• WiMAXを比較するときは3つの注意点を忘れずに!• WiMAX全31社を徹底比較• 総合的に判断したNo. 1WiMAXプロバイダはBroadWiMAX• キャッシュバック額が最も高額なのはGMOとくとくBB• キャッシュバックが受け取りやすいのがJPWiMAX 今回の記事では、WiMAX全31社を徹底的に比較した上で場合別のおすすめプロバイダについて紹介してきました。 最もおすすめのWiMAXプロバイダは、支払い総額が圧倒的に安くサポートやキャンペーンが充実しているBriadWiMAXです。 胸をはっておすすめできるプロバイダです!.

次の