三井 住友 銀行 詐欺 メール。 金融犯罪のご注意事例一覧 : 三井住友銀行

「三井住友カード」を名乗る不審なメールにご注意ください|クレジットカードの三井住友VISAカード

三井 住友 銀行 詐欺 メール

パソコン、スマホなどのデバイスがウイルスに感染してしまう。 入力した暗証番号、口座情報が盗まれてしまう。 財産を失う危険性がある。 URLにアクセスだけをした結果、コンピュータウイルスに感染してしまい、デバイスが乗っ取られてしまった・データを全て削除された・個人情報を盗まれたといった事態に発展してしまうことがあるようです。 また、アクセスした「三井住友銀行」のサイトが偽サイトで、口座情報などを入力してしまった結果、口座内の財産を盗まれてしまったということにも繋がります。 不安を煽るようなメールを受信しても、 添付されたURLにアクセスしたり、個人情報・口座情報は絶対に入力しないようにして下さい。 銀行は絶対に暗証番号入力を促さない フリーダイヤル: 0120-56-3143(通話料無料) 受付時間: 毎日9:00~21:00 (1月1日~3日と5月3日~5日は除きます) フィッシングメール対策 フィッシングメールの対策をご紹介します。 受信しても無視する 不審なメールが届いた際は、基本的に 無視しましょう。 無視をすることで被害を未然に防ぐことができます。 なお、メールの真偽を確かめる場合は、直接銀行側に問い合わせるようにしましょう。 メールアドレスを変更する 使用しているメールアドレスを変更するのもオススメです。 同じ内容や不審なメールが重複して受信する場合は、メールアドレス自体を変更するか、 三井住友銀行のインターネットバンキングに登録中のメールアドレスを変更する方法などがあります。 詳しい変更方法は、後述します。 セキュリティソフトを導入する スマートフォン向けセキュリティサービスが付随したものを選択し、導入すると良いでしょう。 三井住友銀行アプリもしくはSMBCダイレクトから設定を行えます。 店番号・口座番号を入力してログインをしましょう。 登録中のメールアドレスの変更を行う 「SMBCダイレクト」で登録中のメールアドレスを変更する方法です。 アプリもしくはブラウザどちらでも設定が行えます。 アプリの場合 アプリログイン後、右下 「メニュー」タブの 「登録情報を確認」をタップします。 ブラウザサイトへの遷移確認メッセージが表示されます。 「はい」を選択すると、ブラウザサイトが開きます。 変更手順 ブラウザサイトにアクセスしましたら、 「メニュー」を開きます。 【各種変更・手続】内の 「メールアドレス登録・変更」を開きましょう。 「メールアドレスの登録・変更」を開きます。 アプリ版からアクセスした方は、この画面が表示されます。 メールアドレス変更画面が表示されます。 新しく登録したいメールアドレスを入力しましょう。 画面をスクロールして 「次へ」をタップします。 登録内容を確認し。 間違いが無ければ 「登録・変更の実行」をタップします。 以上で変更が完了しました。 ログイン方法を変更する 不正アクセスの防ぐため、 ログイン方法の変更もセキュリティ対策として有効です。 「メニュー」を開きます。 【セキュリティ設定】内の 「セキュリティ設定トップ」を開きましょう。 「インターネットバンキングのセキュリティ設定」にアクセスします。 「ログイン方法の変更」をタップして進みましょう。 【契約者番号でのみログイン】を選択した方は、必ずご自身の「契約者番号」を控えた上で利用しましょう。 確認方法は下にあります。 3つの中からいずれかを選択しましたら、 「次へ」をタップします。 引き続き 「変更」をタップしてください。 以上でログイン方法が変更になりました。 契約者番号確認方法 契約者番号の確認は、「SMBCダイレクト」ログイン後に行えます。 「登録情報」をタップしてください。 「契約者番号」が表記されています。 ネットバンキング専用の第一暗証設定方法 「SMBCダイレクト」専用の【第一暗証】の設定方法をご紹介します。 キャッシュカード4ケタの第一暗証とは別に ネットバンキング専用の第一暗証を別途作成できるため、セキュリティの向上に繋がります。 「メニュー」を開きます。 【セキュリティ設定】内の 「セキュリティ設定トップ」に進みましょう。 「インターネットバンキングのセキュリティ設定」にアクセスします。 「インターネット専用の第一暗証を設定」に進みます。 キャッシュカードの第一暗証を入力し、続いてインターネット専用を新規作成します。 「変更実行」でSMBCダイレクト専用の第一暗証が利用できるようになります。 キャッシュカード「第一暗証」の変更方法 キャッシュカードでお使いの4ケタの「第一暗証」を変更する手順です。 不正利用を疑われる場合や定期的な変更を行うのがオススメです。 「メニュー」を開きます。 【セキュリティ設定】内の 「暗証番号を変更」をタップしましょう。 「第一暗証を変更」をタップします。 現在の4ケタの第一暗証を入力し、新たな4ケタを決めて入力しましょう。 「変更実行」で変更が完了しました。 変更後は、ATMの操作などは新しい4ケタの数字になります。 「ATMオートロックサービス」のロック方法と解除手順 いつでも・どこでも。 「SMBCダイレクト」があればキャッシュカードでのATM操作をロックすることができます。 不正利用時やキャッシュカード紛失時はロックにして操作ができないようにしましょう。 「メニュー」を開きます。 【セキュリティ設定】内の 「ATMオートロックサービス」をタップします。 「ATMオートロックサービスのご案内」をタップしましょう。 「ロック口座の設定へ」に進みます。 注意事項に目を通しましたら、 チェックマークを入れて「次へ」をタップしてください。 ロックを行う口座を選択します。 確認しましたら 「次へ」をタップしましょう。 「変更実行」をタップします。 以上でATMロックが行われました。 全国に設置されているATMでキャッシュカードを入れても、引き出し・入金・振り込みなどは行えません。 再び解除しない限りは行えません。 よりセキュリティレベルを上げたい場合は、「パスワードカード」を利用する方法があります。 完了画面で下へスワイプすると、 「機能レベルを変更する」から行えます。 セキュリティレベルを選択しましょう。 選択後に 「次へ」をタップします。 「ワンタイムパスワードカード」でワンタイムパスワードを発行します。 アプリ版をご利用の方は、アプリでワンタイムパスワードを発行できます。 生成されたコードを入力し、 「変更実行」をタップします。 以上で設定完了です。 解除手順 「ATMオートロックサービス」を解除する場合は、.

次の

【SMBC

三井 住友 銀行 詐欺 メール

三井住友銀行を名乗るところから下記のメールが来ました。 メールアドレスはinfo smbc-card. comです。 日頃は三井住友カードをご利用いただき、まことにありがとうございます。 この度、お 客様の三井住友カード会員登録が第三者によって不正にログインされた 可能性がございましたため、セキュリティ保護の観点から緊急の措置として お客様の三井住友カード会員登録のパスワードをリセットいたしました。 続く… 一番初めに私の名前が書いてありました。 本名でした 苗字はカタカナで名前は漢字で私の名前が書いてありました。 三井住友のカードは使ってないので迷惑メールなら名前なんで知られてるんだろうと怖くなりました。 これは迷惑メールでしょうか。 質問者さんが身に覚えが無いメールでしたら三井住友銀行を装ったフィッシングメールですね。 よくあるパターンとしてはフィッシング詐欺サイトのページに誘導すると言う流れになっており、質問者さんのメールアドレスやパスワードを入力させ、そのあとにクレジットカード情報を求めてきますが、そこでは質問者さんの住所、氏名、メールアドレス、クレジットカード情報を盗まれる仕組みになっています。 基本的には個人情報を入力しなければ大丈夫ですが、またこの詐欺の狙いはクレジットカードの番号を抜き取る事が目的ですが、ここではクレジットカードの番号を入力してしまうと不正利用される可能性がありますので絶対に入力しないように注意して下さい。 銀行を装った不審な電子メールにご注意ください 金融機関等を装う電子メールにご注意ください 迷惑メールに返信などしてしまうと、迷惑メール送信者に質問者さんの存在を知らせてしまい、より多くの迷惑メールが送られてくるようになることもあるので、注意した方がいいです。 迷惑メールは基本パソコンから送られてきますので、パソコンからのメールを一括拒否にすればいいですが、迷惑メール設定内で出来ます。 Eメール設定の迷惑メール設定でPCメール拒否 携帯以外の受信拒否 を設定した上で、受信したいパソコンメール、メールマガジンなどのメールアドレスを受信許可設定に設定しますと、この設定が一番効果があります。

次の

SMBC 三井住友銀行 口座 異なる端末からのアクセス 詐欺メール

三井 住友 銀行 詐欺 メール

お知らせ 平成18年5月22日(月)より、弊行から「三井住友銀行」名義でお客さまのパソコン宛に送信する電子メールには、電子署名を付与してお送りしております。 このような犯罪が発生しています• また、この偽のホームページには、デザインのみならず、URLも詐称し、あたかも当該金融機関のものであると巧妙に誤認させるものもあります。 被害に遭わないためには• 電子署名を確認することにより、• 電子メールの送信者が、三井住友銀行であること• 電子メールが途中で改ざんされていないこと• をご確認いただけるようになります。 三井住友銀行の主なホームページURL• smbc. smbc. html• jp」となります。 e-map. htm• webbankingcollege. smbc-careers. smbc-careers. smbcgroup. okweb3. また、このようなページでは、Webブラウザのステータスバー(ウィンドウの下部)にある鍵アイコンをクリックしてサーバ証明書を表示し、三井住友銀行のドメイン及び英文組織名が書かれていることをご確認いただけます。 jp」です。 証明書の「発行先」は「direct. smbc. jp」のように、「smbc. jp」で終わっております。 三井住友銀行の英文組織名は「Sumitomo Mitsui Banking Corporation」です。 verisign. htm? その他ご注意いただきたいこと これらの詐欺においては、Webブラウザの欠陥を突いてページを本物に見せかけるものがありますので、常にWebブラウザは最新の修正プログラムを適用してください。

次の