モンハン4g ディアブロス 下位。 【モンハンダブルクロス】ディアブロスの特徴、弱点部位の肉質、攻略のポイントまとめ

モンハン4G攻略-狩猟笛おすすめ装備まとめ

モンハン4g ディアブロス 下位

今までいろんなモノブロス、ディアブロスの裏技を閲覧したんだが どうだろう。 「ハメ」は使えたら死ににくいんだろうけど んー。 人それぞれだろうが私には不向きだったみたいです 笑 それでは私がやってるやり方を紹介。 まずは普段使ってる装備 龍木ノ古砲【荒神】 リオソZキャップ コンガZ ディアZ フルフルZ リオソZ にテキトーに装飾品埋めて スキルは 高級耳栓 見切り+2 散弾・拡散矢威力up 自称ディアブロスキラー。 基本的には 高級耳栓が付いてて散弾が撃てるヘビィボウガンだとなんでもいい ヘビィボウガンに盾をつけてナルガX一式に回避性能2、回避距離、散弾強化の組み合わせもステキ そして武器は龍木ノ古砲が散弾性能と攻撃力がステキなので最適だと思う。 はっきり言ってブロス君に散弾は楽。 つまり120%通っちゃう。 ネコ火事場なんて発動させるとG級であろうが怯みまくり。 私は黒ファラを5分以内でクリアしたこともある 運が良ければ3分以内。 このケースとは別だが 龍弓【天崩し】にディアブロスキラー防具で2分を切ったことも。 実は通常弾、連射矢、貫通弾、矢威力up 1. 1倍 と違って 散弾、拡散矢は1. 3倍だからそこにネコ火事場でさらに1. つまり散弾・拡散矢は2nd時代有名だったW火事場火力が出せる。 そして弱点 尻尾 のデカいブロス君は散弾、拡散矢に弱い。 あとは何も言わなくてもわかるだろうが 取り敢えずこのやり方を一度やってみてほしい 恐らく慣れれば最初あんなに怖かったG級のディアブロスがゲリョスより可愛く思えてくることだろうと思う P. 拡散矢強化と天崩しの組み合わせは 最も拡散矢の可能性を感じる組み合わせ。 作って損は無いと思うし 氷はアイシクルボウ最終 雷はフルフルボウ最終 が、拡散矢メインに使える武器 でもよほどの属性ギャップが無い限りは ほとんどのモンスターは天崩しが優遇される。

次の

モンハンワールド攻略 ディアブロスの攻略法は?中盤最強モンスターを簡単に倒すやり方!

モンハン4g ディアブロス 下位

ディアブロスの重厚な素材から作り出された武器群で、非常に高い攻撃力を有する。 基本的に無属性でや斬れ味 ボウガンは装填出来る弾の種類やブレ が犠牲になっていることが多いが、 これらをカバーできるスキルとして 「」や「」、「」などがあれば恐ろしい威力を発揮する。 無属性という性質上、大抵は大剣とハンマーでよくお呼びがかかる武器である。 暑く乾燥した環境に生息しているディアブロスの武器でありながら、 MH3では、何故かさせると水属性が付与された。 MH3Gでは、ほぼ全てのディアブロス武器で覚醒させても属性が付与されなくなったが、 ランスに爆破属性が、スラッシュアックスに麻痺属性が、片手剣に氷属性がそれぞれ付与される。 MHWorldでは、ヘビィボウガンを除いた武器種において覚醒させると氷属性が付与される。 弱点属性とはいったい... 近縁種であるモノブロスの素材と組み合わせて作成される武器も存在する。 双剣のブロスブロス系統や、角王鎚カオスオーダーなどが有名。 しかし、高性能な分も相応に高い。 そのハードルを上げているのが「ねじれた角」系統の存在である。 ディアブロスの武器は、生産・強化のいずれかの過程において、必ず角系統の素材を要求される。 下位素材の「ねじれた角」は、角を破壊することでほぼ必ず手に入るのでまだ良いが、 亜種素材の「 上質な 黒巻き角」は通常種と同じ「ねじれた角」が出ることもあるため入手し難く、 名前から上位素材に間違われることの多い「上質なねじれた角」は下位では低確率で、 上位でも高いとは言えない確率でしか手に入らない。 G級素材の「堅牢なねじれた 黒巻き 角」、「大地を穿つ剛角」の入手は非常に苦労する。 これらのねじれた角は大抵クエスト報酬でも入手できる。 MH3Gでは「大地を穿つ剛角」のみ、基本的に部位破壊報酬でしか入手できないが、 「」というクエストでは基本報酬で出ることがある。 MH4Gでは「大地を穿つ剛角」がディアブロス 亜種含む の登場するクエストでは、 天鱗や天殻と並ぶ低い確率ではあるものの基本報酬で得られるようになった。 このように、製作難易度は高いが、上記のように性能は申し分なく、 完成させることができれば、武器によっては終盤までそれ1本で粘れるなど、 十分元を取れるだけの活躍をしてくれる。 に負けずに頑張って作成していこう。 シリーズを通して後の作品でも名を残す程の強武器がよく生まれる。 を誇ったり、 だったり、 が存在する。 武器種を選ぶ特性をしている代わりに合う武器種にはとことん合うということだろうか。 無印からMH4Gまで、非常に長い期間何らかの武器が登場していた MH4にはディアブロス自体は登場しなかったが素材は入手でき、それを基にいくつかの武具が作成できた が、 MHXにてついにその姿を消し、全シリーズ皆勤賞の座から離れてしまった。 MHWorld・MHW:I• MHWorldにおいてもディアブロス同様登場しているのだが、どういうわけか亜種武器以外全て 汎用規格。 しかし角竜派生は基本的に骨武器なので、今までのデザインともあまり代わり映えしない。 愛着を持って使っていたハンターにとっては、不在の悲しさと似てるようでどこか違う見た目にもやもやすることだろう。 逆に、そのおかげでガイラ系武器に名を連ねることができているという利点もある。 こちらはベースが鉄武器形状なので、少し新鮮味を感じることが出来る。 今作は属性の強化に低めのキャップが被せられていること、 物理肉質が全体的に柔らかいこと、 装飾品が拾えた場合かなり手軽に火力が強化できる無属性強化の存在など 物理火力を重視する傾向が強い環境にあるため、ディアブロス武器の人気が高い。 属性を重視する双剣でもブロスクラブの採用率が高いことからもそれが伺える。 ただし、属性を重視する武器は大抵手数が多い。 今作のディアブロス武器は斬れ味的には白ゲージが出るものの 全体的に斬れ味の長さは心許なく、 いくら属性を重視する武器で使われているといっても 最大火力を維持するためのスキルの補助や 立ち回りに気をつけなくてはいけない玄人向けの武器となっている。 一方手数が多くない武器にとっては斬れ味の長さがハンデとなりにくく 純粋に火力の恩恵を受けやすいためかなりの人気を誇る。 アップデートにて高い属性値や会心撃によるブーストが可能な が登場し、物理火力一強という状態からはやや脱しつつあるが、 属性を活かしづらい武器種にはディアブロス武器の人気は根強い。 MHW:Iでは、と言う非常に大きな壁が立ちはだかる。 こちらと同等レベルの攻撃、マイナス会心率無し、Lv4スロットなどこちらにない特長が多い。 紫ゲージはこちらの方がいくらか長いのだが、正直なところこの程度の差なら使い勝手はあまり変わらないのが痛い。 無属性武器として最強であったディアブロス武器だが、今作では多くが居場所を追われることになった。 ただしレア度10なのでの枠が多く、 レア度11のディノバルド亜種武器に対してこの点がアドバンテージとなる。 また、Lv2スロット2つのこちらの方がスキル面での柔軟性は高くなることが多い点と、 パーツ強化対応の武器種は攻撃力では上回る点、 白ゲージはこちらの方が長い点など、完全劣化というわけでもない。 マイナス会心率を補える武器種ではディノバルド亜種武器を上回る事もある。 無属性強化自体にも弱体化がかかり、スキル自体の倍率が低くなったことに加え 無属性武器自体の攻撃力が抑えられてしまったため、立場としてはかなり厳しいというのが現状である。 MHXXに登場する、の素材から作られる武器。 武器の外形は通常種武器と同じだが、全体的に青暗く、赤い筋が浮かび上がっている。 なお、ライトボウガンは通常種武器が存在しないため新規デザインとなっており、 全シリーズ通じて初となる、ディアブロス素材を使ったライトボウガンでもある。 残念ながら太刀と狩猟笛は追加されておらず、ハンマーは存在しない ハンマーは過去作で登場したディアブロス系のハンマーが、何故か通常種のものを含め今作未登場。 性能としては以下の特徴が挙げられる。 ディアブロス武器らしく 非常に高い攻撃力 近接武器は一律で 370• 二つ名でも変わらず 無属性• スラッシュアックスは勿体ない減気ビン• ライトボウガンは LV2通常弾と LV2徹甲榴弾が速射可能 前者は隙が小、後者は大• ヘビィボウガンは LV2, 3通常弾と LV2, 3貫通弾にしゃがみ対応• 弓はデフォルトで溜め4が解放、溜め3と4が共通で 貫通 強撃ビンはLV1, 2ともに 装着不可• なんといっても鏖魔武器の特徴は非常に高い攻撃力だろう。 しかし無属性なのと非常に痛いマイナス会心から、真価を発揮するにはスキルを揃える必要がある。 特に他の二つ名近接武器はティガ武器やガムート武器まで含めて全て会心率がプラスになっているのに、鏖魔武器だけはマイナスである。 高い攻撃力とそこそこな斬れ味の代償だと思われる。 鏖魔武器もプラスになっていてほしかった…と悲観するばかりでもない。 今作から追加されたスキル とは非常に相性が良い。 マサクル massacre とは英語で 大虐殺の意味であり、 日本語の「皆殺し」のニュアンスも兼ね備えていることからこの訳語として使われることも多い。 まさに鏖 みなごろし の二つ名を持つ鏖魔の武器にふさわしい銘となっている。 由来となる人物には 虐殺を行った者や暴君として名を残した者が多いところも鏖魔武器らしい。 ちなみに暴君の代名詞とも言える「ネロ」はいない。 まぁあっちは亜種やイビルジョーの武器で既に使われていたので仕方ないだろう。 通常種片手剣が究極強化で冠する銘「バンジンキョウフ」も漢字に直すと「万人恐怖」となる。 これは恐怖政治で有名な室町幕府の将軍足利義教の代名詞とも言えるもの。 下手をしたらヨシノリという銘の二つ名武器が出来てもおかしくなかったレベルの人物だが、通常種武器に収まった。 もっとも武器の外見的に「蛮人」と書く方が正しいかもしれないが• 通常種弓の究極強化銘の「グロズヌィ」も、ロシア最大の暴君として知られる イヴァン4世を指す言葉として用いられることがある。 そしてこちらの人物は鏖魔武器の銘として採用されているのだが、その武器は弓でなくヘビィボウガンである。 武器種 名前 生産時 名前 LV3~ 名前 究極強化後 該当する人物 大剣 マサクルブレイダム 鏖大剣ヴラディス ヴラド3世 片手剣 マサクルクラブダム 鏖剣クリスタ クリスチャン2世 双剣 マサクルスパインダム 鏖双塊ミトリダーテ ミトリダテス6世 ランス マサクルホーンダム 鏖槍ツァオツァオ 曹操 ガンランス マサクルルジーダム 鏖銃槍クロムウェル オリバー・クロムウェル スラッシュアックス マサクルアックスダム 鏖剣斧シーピオ 大スキピオ チャージアックス マサクルアームズダム 鏖盾斧コーローン クリストファー・コロンブス 操虫棍 マサクルロッダム 鏖戟バイチー 白起 ライトボウガン マサクルバレッダム 鏖弩カズサ 上総広常 ヘビィボウガン マサクルスタッブダム 鏖砲イヴァン イヴァン4世 弓 マサクルボウダム 鏖弓シャンギー 項籍 亜種が上位以降にしか登場しない作品では上質な黒巻き角として登場している 一応亜種武器の前段階にあたる原種武器も専用デザインを持つが、最後まで使い続けることはできない。 しかも下位ではそれらも汎用デザイン。 五次強化 スペイン語での読みが「クリストバル・ コロン」。 一般には項羽とよく呼ばれる。 MHFではスラッシュアックスFとして登場。 MH3ではボウガンとして登場。 イベント武器のディアソルテアローの記述もあり。 通常種・亜種混合武器の記述もあり。

次の

ディアブロス亜種弱点属性・弱点部位(各武器別)・入手素材一覧まとめ【モンハン4G攻略まとめ】: モンハン4G攻略羅針盤

モンハン4g ディアブロス 下位

チャージアックスおすすめ武器 最終的に強力なのは、• 黒龍盾斧(ミラボレアス武器、物理340でスロ3) が強力。 特にジオブロスに関しては、ディア武器でチャアクだけがなぜか倍率370という謎の優遇。 ガンランスとチャージアックスにはド安定の装備です。 非常に汎用性の高い剣士テンプレ装備。 チャージアックスでも大活躍。 HR解放後のチャージアックスおすすめ装備 ネセトシリーズ一式 ネセト一式がとりあえず安定。 この装備に関してはこの記事で。 裏会心より普通に火力を盛ったほうが期待値は上です。 ジオブロスは斬れ味ゲージは優秀なのですが、業物なしだと案外緑までいっちゃったりするので気になる方は。 その他の武器種のおすすめ装備はこちらからどうぞ!.

次の