アブ ガルシア ショアジギ ング。 ジギングベイトリールの選び方とおすすめリール

アブガルシアからソルティースタイルライトジギングが登場【ライトショアジギング】

アブ ガルシア ショアジギ ング

おはようございます! 海外リール大好きマンのしょうへいです。 AbuGarcia アブガルシア からオフショア向けスピニングリールが発売されました、一体どんな性能なのでしょうか!? ワンピースボディー搭載、オフショア用スピニングリール 2016年2月末に発売された、AbuGarcia OCEANFILD オーシャンフィールド は、オフショア向けスピニングリールです。 最大の特徴はステム部を含めて一体的に製造されている高強度アルミ鋳造合金です。 ボディーカバーも一体化となっているのでドライブギアを一部品でサポートするため、高い剛性を達成しているそうです。 他にも高性能耐食性素材を採用したベアリングも、もちろん搭載されています。 価格は、定価で12000円前後と、かなりリーズナブル。 糸巻き量を見るかぎり、ライトジギングや、マイクロジギングなどに適しているリールのようですね。 替えスプール付きで一台二役!? OCEANFIELDシリーズは、糸巻き量の違う替えスプールがもう一個付属しています。 メインのスプールより少し浅溝のスプールが付属しますので、フィールドや使い方によって使い分けることができます。 5 150m 0. OCEANFIELD(オーシャンフィールド スピニング).

次の

OCEANFIELD LightJigging(オーシャンフィールド ライトジギング)|AbuGarcia|釣具の総合メーカー ピュア・フィッシング・ジャパン

アブ ガルシア ショアジギ ング

スロージギングの実践方法について、紐解いてみましょう。 「なんだか難しそうですよね~、、」 「ゆっくりジグを動かすんじゃないの?」 難しくはありませんが、スローだからといってゆっくりジグを動かすだけではないのです。 スロージギングでは、青物をメインターゲットにしますから、基本ジグのアクションスピードは早めです。 なぜなら、青物の目は早く移動するものに照準を合わせやすくなっているからです。 「それなら普通のオフショアジギングじゃん!」 いいえ、スロージギングでは早めにジグを巻き上げて誘いをかけ、一瞬止めてフォールを入れたり巻きスピードを緩めたりしますよ。 このスローな食わせの間を効果的に与えることで、青物のバイトを引き出す釣りスタイルなのです。 青物は、ベイトフィッシュの群れを追いかけています。 でもむやみに群れの中へ突進して捕食しているのではありません。 群れの中には、傷ついてバランスを崩したり、周りと同じように泳げなくなった個体が必ず発生するもの。 そういうスキのあるベイトフィッシュを見つけたら、一気に突進してバイトする習性を持っています。 スロージギングのスローとは、まさにその弱ったベイトフィッシュの演出そのものなのです。 具体的には、ロッドの反発力でセットしたジグを跳ね上げたり、ロングフォールで誘ったりしますよ。 ターゲットとなる魚種は豊富で、青物はもちろん、ロックフィッシュやマダイ・ヒラメ・アカムツ・キハダなどを釣り上げることが可能です。 最近のスロージギングでは、深海エリアを狙うアングラーも現れ始めましたから、専用のロッドやリール・タックル類が必要ですし、メタルジグやショックリーダーの組み方などにもこだわりが求められるでしょう。 スロージギングにおすすめのロッドをピックアップしてみました。 基本的には胴調子の曲がりやすいロッドを選ぶことになりますが、全長が6. 5フィート前後でルアージグ重量が120グラムから230グラム程度のものから使ってみると、操りやすいでしょう。 適合PEラインは、2号から3号ぐらいを目安にしてください。 各釣具メーカーから数多くリリースされていますから、選ぶのはたいへんです。 まずはコスバ優先で、あまり高額なロッドに手を出す必要はありません。 教えてくれる先輩アングラーがそばにいればありがたいのですが、いない場合は価格がひとつの判断基準です。 候補を選択してから、釣具店スタッフに相談するようにしましょう。 スロージギングにおすすめのリールを、いくつかご紹介しましょう。 バーチカルに攻めるケースが大半になるので、ベイトタックルがメインリールになります。 そのほうがしっかりと支えられますし、糸ヨレの心配が要りません。 使用するPEラインを200メートルから500メートルほど巻くことができるような、スプールサイズの大きい中型のベイトリールを選ぶようにしてください。 しっかりしたボデイで剛性感の高いもののほうが、安心して使い込むことができますよ。 ギア比は、購入されるご本人の好みでかまいませんが、深海エリアから巻き上げる際に、あまり時間がかかるようでは疲れてしまいます。 釣りスタイルや釣行内容に合わせて、ハイギアのベイトリールに換えたほうがいいかもしれませんね。 大型魚を掛けてパワフルに巻き上げたいなら、ノーマルギアやローギアモデルが適しています。 スロージギングのベイトリールには、PEラインを巻くことになります。 ということは、ショックリーダーを結ぶ行程も必ず出てくるわけで、ボートデッキや船上でしっかりショックリーダーとPEラインを結べるようになっておきましょう。 まずはスロージギングにおすすめのPEラインとショックリーダーを取り上げてみました。 結構種類が多いので、有名なラインメーカーものから使ってみてください。 ラインのクセが分かってきたら、他メーカーのラインも試すようにしましょう。 原糸の撚り回数やライン表面に施されたコーティングのレベルによって、使用感は全く変わってきます。 自分に合ったラインを見つけるまで、かなりの時間がかかるかもしれませんね。 スロージギングに限らず、ボートや船からのオフショアジギングを楽しむ上で必要とされるのが、ラインシステムの作り方、すなわちラインの結び方です。 これを億劫だと感じて避けていると、いつまで経ってもジギングそのものを楽しむことができません。 最初から知識や結ぶ技術を持っている人なんて、いるはずがないのですから、堂々と初心者であることを名乗り、エキスパートアングラーからラインシステムの作り方を学ぶようにしましょう。 自分の周りにそういうアングラーがいない場合は、釣りサークルに入って仲間を増やしながら知識も増やしていけばいいですし、動画サイトをチェックすれば、結び方ガイドが溢れるほど掲載されていますよ。 じっくりと何度も見ながら、確実に習得できるように努めてください。

次の

SALTY STAGE KR

アブ ガルシア ショアジギ ング

スロージギングの実践方法について、紐解いてみましょう。 「なんだか難しそうですよね~、、」 「ゆっくりジグを動かすんじゃないの?」 難しくはありませんが、スローだからといってゆっくりジグを動かすだけではないのです。 スロージギングでは、青物をメインターゲットにしますから、基本ジグのアクションスピードは早めです。 なぜなら、青物の目は早く移動するものに照準を合わせやすくなっているからです。 「それなら普通のオフショアジギングじゃん!」 いいえ、スロージギングでは早めにジグを巻き上げて誘いをかけ、一瞬止めてフォールを入れたり巻きスピードを緩めたりしますよ。 このスローな食わせの間を効果的に与えることで、青物のバイトを引き出す釣りスタイルなのです。 青物は、ベイトフィッシュの群れを追いかけています。 でもむやみに群れの中へ突進して捕食しているのではありません。 群れの中には、傷ついてバランスを崩したり、周りと同じように泳げなくなった個体が必ず発生するもの。 そういうスキのあるベイトフィッシュを見つけたら、一気に突進してバイトする習性を持っています。 スロージギングのスローとは、まさにその弱ったベイトフィッシュの演出そのものなのです。 具体的には、ロッドの反発力でセットしたジグを跳ね上げたり、ロングフォールで誘ったりしますよ。 ターゲットとなる魚種は豊富で、青物はもちろん、ロックフィッシュやマダイ・ヒラメ・アカムツ・キハダなどを釣り上げることが可能です。 最近のスロージギングでは、深海エリアを狙うアングラーも現れ始めましたから、専用のロッドやリール・タックル類が必要ですし、メタルジグやショックリーダーの組み方などにもこだわりが求められるでしょう。 スロージギングにおすすめのロッドをピックアップしてみました。 基本的には胴調子の曲がりやすいロッドを選ぶことになりますが、全長が6. 5フィート前後でルアージグ重量が120グラムから230グラム程度のものから使ってみると、操りやすいでしょう。 適合PEラインは、2号から3号ぐらいを目安にしてください。 各釣具メーカーから数多くリリースされていますから、選ぶのはたいへんです。 まずはコスバ優先で、あまり高額なロッドに手を出す必要はありません。 教えてくれる先輩アングラーがそばにいればありがたいのですが、いない場合は価格がひとつの判断基準です。 候補を選択してから、釣具店スタッフに相談するようにしましょう。 スロージギングにおすすめのリールを、いくつかご紹介しましょう。 バーチカルに攻めるケースが大半になるので、ベイトタックルがメインリールになります。 そのほうがしっかりと支えられますし、糸ヨレの心配が要りません。 使用するPEラインを200メートルから500メートルほど巻くことができるような、スプールサイズの大きい中型のベイトリールを選ぶようにしてください。 しっかりしたボデイで剛性感の高いもののほうが、安心して使い込むことができますよ。 ギア比は、購入されるご本人の好みでかまいませんが、深海エリアから巻き上げる際に、あまり時間がかかるようでは疲れてしまいます。 釣りスタイルや釣行内容に合わせて、ハイギアのベイトリールに換えたほうがいいかもしれませんね。 大型魚を掛けてパワフルに巻き上げたいなら、ノーマルギアやローギアモデルが適しています。 スロージギングのベイトリールには、PEラインを巻くことになります。 ということは、ショックリーダーを結ぶ行程も必ず出てくるわけで、ボートデッキや船上でしっかりショックリーダーとPEラインを結べるようになっておきましょう。 まずはスロージギングにおすすめのPEラインとショックリーダーを取り上げてみました。 結構種類が多いので、有名なラインメーカーものから使ってみてください。 ラインのクセが分かってきたら、他メーカーのラインも試すようにしましょう。 原糸の撚り回数やライン表面に施されたコーティングのレベルによって、使用感は全く変わってきます。 自分に合ったラインを見つけるまで、かなりの時間がかかるかもしれませんね。 スロージギングに限らず、ボートや船からのオフショアジギングを楽しむ上で必要とされるのが、ラインシステムの作り方、すなわちラインの結び方です。 これを億劫だと感じて避けていると、いつまで経ってもジギングそのものを楽しむことができません。 最初から知識や結ぶ技術を持っている人なんて、いるはずがないのですから、堂々と初心者であることを名乗り、エキスパートアングラーからラインシステムの作り方を学ぶようにしましょう。 自分の周りにそういうアングラーがいない場合は、釣りサークルに入って仲間を増やしながら知識も増やしていけばいいですし、動画サイトをチェックすれば、結び方ガイドが溢れるほど掲載されていますよ。 じっくりと何度も見ながら、確実に習得できるように努めてください。

次の