ブロック 解除 インスタ。 インスタ「アクションがブロックされています」エラーの詳細や対処法を徹底解説

Instagramでアクションがブロックされる事案が急増【そのままだと凍結する可能性大】|メルマガで稼ぐ仕組み構築の極意

ブロック 解除 インスタ

インスタのブロックとは?自分・相手の表示方法 インスタグラムのブロックとは、特定の相手に対して自分の投稿 写真や動画、ストーリー を非表示にする機能です。 またDMやコメントといったやりとりも制限できます。 フォロー・フォロー外に関係なく全ユーザーをブロック可能です。 もしも誹謗中傷を繰り返す悪質ユーザーに悩んでいる場合、ブロックを検討してみてください。 なおブロックしても相手に通知が届くことはありません。 しかし通常と比べて画面表示が異なるので、ブロックしたことが相手にバレる可能性は高いです。 とはいえブロックの設定や解除は簡単にできるので、状況に合わせて利用しましょう。 ブロックした自分側の表示画面 自分が特定の相手をブロックした際、下記4つのように表示されます。 相手のプロフィール画面が非表示に• 相手の投稿・ストーリーがタイムラインから非表示に• 相手からのいいね・コメントが非表示に• DMのやりとりができなくなる 基本的には自分のタイムラインに、相手の投稿が一切表示されなくなります。 各画面表示について詳しく紹介します。 相手のプロフィール画面が非表示に 特定の相手のプロフィールにアクセスはできますが、ほぼ非表示になります。 投稿やフォロー・フォロワーが全て0人と表示されます。 相手の投稿・ストーリーがタイムラインから非表示に ブロックした相手が写真やストーリーを投稿しても、自分のタイムラインに表示されることはありません。 相手のプロフィールにアクセスしても表示されないので、当然いいねやコメントもできなくなります。 相手からのいいね・コメントが非表示に ブロックした相手が、過去自分の投稿に付けたいいね・コメントが非表示になります。 またフォローユーザーの行動が表示される「アクティビティ」でも、相手の行動は表示されません。 DMのやりとりができなくなる ブロックした相手と過去にやりとりしたDMは、スレッド一覧に残ったままです。 ちなみに「チャットを削除」をクリックすれば、スレッド一覧からも削除されます。 ブロックされた相手側の表示画面 ブロックされた相手の画面には、下記4つのように表示されます。 DMの既読や投稿共有が非表示に• 自分のプロフィールが非表示に• 自分の投稿やストーリーが非表示に• 各画面表示について詳しく紹介します。 DMの既読や投稿共有が非表示に インスタには、相手がDMを読んだかどうか判別できる既読機能があります。 しかしブロックされた相手は、自分にDMを送れるものの、メッセージは届きません。 そのため既読が付くことはありません。 またDM内で投稿を共有できますが、ブロック後は「投稿を見ることができません」と表示されます。 ちなみに投稿を削除しただけの場合、「この投稿は削除されたため利用できません」と表示されます。 ブロックと削除で表示される文が異なるので、ブロックかどうか判別できます。 自分のプロフィールが非表示に ブロックされた相手が自分のプロフィールにアクセスすると、アカウントが削除されていないにも関わらず、「ユーザーが見つかりませんでした」と表示されます。 投稿内容や投稿数、フォロー・フォロワー数も非表示になります。 「フォローする」ボタンを押しても、無効です。 また相手が検索フォームで自分のIDを入力した場合でも、自分のアカウントが表示されることはありません。 アカウント自体は存在しているものの、一切アクセスできなくなります。 投稿やストーリーが非表示に 自分が写真やストーリーを投稿しても、相手のタイムラインには表示されません。 もちろん相手は自分のプロフィールにアクセスできないので、投稿・ストーリー・ハイライトなどは見れません。 投稿で自分をタグ付けできない インスタグラムで写真や動画を投稿する際、相手のアカウントをタグ付けできます。 しかしブロックされているとユーザーを検索できないので、タグ付け画面に表示されません。 インスタグラムのブロック方法 インスタグラムでは、下記4つのブロック機能が用意されています。 特定の相手を完全にブロック• 自分のストーリー表示のみブロック• 相手のコメントのみをブロック• 相手の投稿をブロック どの方法も簡単なので、ブロックする目的によって使い分けましょう。 各ブロック方法を詳しく紹介します。 特定の相手を完全にブロック 特定の相手からのアクセスや視聴を完全にブロックする方法です。 自分の投稿を相手に表示させなかったり、相手の投稿を非表示にできます。 ブロックしたい相手のプロフィールにアクセスし、右上のメニューバーをクリック。 「ブロック」ボタンをクリック。 以上でブロック完了です。 ブロックした時点から、全ての制限がかかります。 なお念の為、ブロックできたかどうか確認しておきましょう。 インスタグラムの設定ページにある「プライバシー」をクリック。 「ブロックしたアカウント」をクリックし、先ほどブロックしたユーザーが表示されていればOKです。 自分のストーリー表示のみブロックしたい 「特定の相手に自分のストーリーを見られたくない…」時は、ストーリー表示のみブロックしましょう。 投稿やDMに制限は掛からず、ストーリーのみ非表示にできます。 インスタグラムの設定ページにある「プライバシー」をクリック。 「ストーリーズ」をクリック。 「ストーリーズを表示しない人」をクリック。 ストーリーを非表示にしたい人にチェックを入れ、「完了」をクリックすればOKです。 相手のコメントのみをブロック 特定の相手が自分の投稿にコメントするのをブロックできます。 「悪質なコメントを繰り返すユーザーがいる…」時におすすめです。 インスタグラムの設定ページにある「プライバシー」をクリック。 「コメント」をクリック。 「コメントをブロックする相手」をクリック。 フォームにコメントをブロックしたいユーザーIDを検索フォームに入力し、「ブロックする」をクリックすればOKです。 相手の投稿をブロック 自分のフォロワーの中には「頻繁に写真やストーリーを投稿して煩わしい…」と感じる人もいるのではないでしょうか? ただ「交流があるのでブロックはできない…」そんな時は「ミュート機能」を利用しましょう! ミュート機能は相手の投稿を非表示にできるものの、DMやコメントなどのやりとりはできます。 また相手は自分の投稿をチェックできたり、相手のプロフィールから投稿を見れることも可能です。 ブロックとは大きく異なり、ミュートがバレる心配はありません。 ミュートしたいユーザーの投稿のメニューバーをクリック。 「ミュート」をクリック。 「投稿のみミュート」か「投稿とストーリーをミュート」を選択できます。 用途に合わせて各ボタンをクリック。 以上でミュート完了です。 インスタグラムのブロックの解除方法 「インスタでブロックしたけどやっぱり解除したい…」時も、簡単に解除可能です。 相手のプロフィールが表示されるので、「ブロックを解除」をクリック。 「ブロックを解除しますか?」と確認されるので、再び「ブロックを解除」をクリックしましょう。 以上でブロックを解除できました。 ただしブロック解除後は、互いにフォローが外れている状態です。 再びフォロー関係になる場合、「フォローする」ボタンをクリックしてください。 またミュートした相手を解除する方法は、まずミュートを解除したい相手のプロフィールに移行します。 そして「フォロー中」ボタンをクリック。 「ミュート」ボタンをクリック。 あとはミュートを解除したい項目のチェックを外せばOKです。 インスタグラムでブロックする際の注意点 インスタグラムで特定の相手をブロックする際、注意すべき点は下記の3つです。 閲覧を防ぐために「非公開設定」にする• グループスレではブロック相手とトークできてしまう• ブロックはトラブルの元となるので慎重に 各注意点を紹介します。 閲覧を防ぐために「非公開設定」にする インスタのブロックは、あくまでも特定ユーザーからのアクセスを制限する機能です。 そのためブラウザ版からログインせずにアクセスしたり、別垢から自分の投稿を見られる可能性があります。 不特定多数の人から自分の投稿を見られるのを防ぐため、「非公開設定」にしましょう。 非公開設定とは鍵垢のように、自分が承認したユーザーにのみ投稿を見せられます。 非公開設定の方法は、インスタの設定ページから「プライバシー」に移動し、「アカウントのプライバシー設定」をクリック。 「非公開アカウント」をオンにすればOKです。 非公開設定すればブラウザから自分のアカウントを検索されたり、別垢で申請されても拒否すれば、見られることはありません。 グループスレではブロック相手とトークできてしまう インスタのDMには、複数での会話が可能なグループスレッドがあります。 万が一ブロックした相手と同じグループに属している場合、自分の会話や相手のメッセージが届いてしまいます。 また第三者が自分とブロックした相手を追加して、グループトークを作成することもできます。 どうしても嫌な場合は別グループを作成したり、自分が退出しましょう。 ブロックはトラブルの元となるので慎重に 近年SNSでのトラブルが増加していますが、お互いのブロックも原因の一つです。 特にリア友や交友のある人を一方的にブロックすると、トラブルの原因となってしまいます。 トラブルを防ぐためにも、ブロックは慎重に行いましょう。 まとめ インスタのブロックを利用すれば、特定の相手のアクセスを制限できます。 また投稿やストーリーなど、一部機能を制限できるブロックもあるので、目的に合わせて使い分けましょう。 ブロック設定や解除は簡単なので、今回の記事をぜひ参考にしてみてください! 関連記事はこちら.

次の

Instagram「ブロック」のやり方・されたらどうなるか 【iPhone/Android/PC】

ブロック 解除 インスタ

ブロックの解除はできない? インスタグラムのブロック解除はもしかしてできない?と思っている方もかなりいらっしゃるようです。 ブロックできないと言われる理由は、LINEなどのようにインスタグラムのアプリには、 ブロックリストと呼ばれる現在自分がブロックしているリストが存在しておらず、今まで誰をブロックしてきたのかがわからないからです。 ブロックを解除したいけどやり方がわからないと言われる理由はこのブロックリストの有無です。 ですが、これは昔の話です。 2019年最新のインスタグラムアプリでは、きちんとブロックリストと呼ばれるものがアプリ内に存在していますので、そこからブロックしているユーザーの確認と解除を行うことが可能となっています。 2019最新版!ブロック解除方法のやり方を解説! それでは2019年最新版、インスタグラムでブロックしたユーザーのブロック解除方法を紹介していきます。 まずアプリを開いたら、フッター一番右の人型アイコンをタップします。 すると自分のアカウント情報画面に移りますので、右上の歯車アイコンをタップしてオプション画面に移動します。 オプション画面一覧に「 ブロックしているユーザー」がありますのでタップ。 そしてブロックを解除したいユーザーを選びます。 するとブロックしているユーザーのプロフィールページに移動しますので、右上の三点リーダをタップして「ブロックを解除」を押して完了です。 以上がブロックの解除方法の紹介でした。 この他にも、プロフィール画面で相手をフォローした場合でもブロックは自動的に解除されますので、再びブロックしていたユーザーをフォローしたい場合はこの方法もお試しあれ。 ブロックを解除した場合の注意点 相手をブロックした場合に起こることは、ブロックと同時に相手のフォローも強制的に解除されます。 つまり、自分のフォロワーからは消え、さらに自分が相手をフォローしていた場合も強制的に解除されます。 ということは、元々のフォローユーザーのブロックを解除した場合、再び相手をフォローした後、相手にフォローしてもらわなければなりません。 さらに、一度ブロックしてしまったら自分の投稿にコメントしてもらったものが全て削除されます。 ブロックとこのような弊害も発生しますので、ブロックは慎重に行ってください。 ブロック解除をしたら相手に通知が届く? ブロックを解除した場合に心配になるのが、相手に通知などがいって自分がブロックしていたことを知られてしまうのではないかという不安です。 ですが、ブロックを解除しても相手に通知は届くことがありません。 ブロックを解除したときにこのような警告文がポップアップする通り、ブロックしていたことを相手には知られないので安心してください。 昔の話ですが、ブロックの解除は何回もできないと言われていました。 しかし、この噂は完全な嘘なので、何度でも同じ相手をブロック、ブロックの解除をすることが可能です。 最後に 以上が、インスタグラムでのブロック解除方法の紹介でした。 ブロック自体に弊害はありますが、ブロック解除したからといって相手に通知が届いたりと、解除に関しては弊害はありません。 この記事がインスタグラムでブロックの解除ができないと悩んでいたかたのご参考になれば幸いです。

次の

インスタのアクションブロックの解除方法や解除されない時の対処法|アプリ村

ブロック 解除 インスタ

Aさん・・・Bさんと相互フォロー• Bさん・・・Aさんと相互フォロー• Cさん・・・第三者 ある時、AさんがBさんをブロックしました。 するとAさんが自分の投稿を開いても、Bさんの以前のいいね・コメントは表示されないんです! そして、ブロックされたBさんはもちろんAさんの投稿を見ることができません。 さらに、第三者であるCさんがAさんの投稿を見てみると・・・やはりBさんの過去の投稿は表示されないんです! そう。 つまり、 当事者お互いから見ても、第三者から見ても「透明人間」の状態になるという意味なんですよ。 あと、地味に「」にも表示されなくなります。 インスタでブロックすると相手に通知されてバレるの!? あと、そもそも以下の疑問もありますよね? ブロックされるって、ちょっとショック・・・ ほんとにブロックされてるかどうか確かめる方法ってあるの? はい。 自分がブロックされたかどうかはかんたんに確認できますよ。 やり方はめちゃくちゃシンプルです。 自分や相手のプロフィール・投稿を見に行ってみるだけでokです。 相手をフォローしていたのならば、自分ので「フォロー中」の中に相手が居るか探してみてください。 もしブロックされているならば、その中に相手のアカウントはありません。 そもそも相手をフォローしていなかった場合は「」で相手を探してみましょう。 ブロックされているならばフォロー中や検索の中から相手を見つけることができなくなっているのでわかるんですよ。 さらに、以下の方法を使えれば確実に分かります。 以前に相手とをした履歴があったり、自分の投稿にコメントをしてくれていたことがあるならば、そこから相手のに飛ぶことができます。 過去のやり取りは消えないんです! でも、実際に飛んでみると・・・ あら真っ白! ブロックされているならば、残念ながら非表示になっています。 インスタでブロックの確認アプリはあるの?通知は来る? アプリについても触れておきますね。 特に「ブロックされたことを確認するアプリ」というのは存在しません。 相手のプロフィール・投稿を見に行けば済むわけですからね(笑) あと、冒頭の「ブロックするとどうなる?」のところでもお伝えしましたが、「〇〇さんにブロックされました!」みたいな通知も来ないですよ。 インスタで相手をブロックの仕方【スマホ・PC】 では、実際に誰かをブロックするときの具体的な手順を紹介します。 スマホアプリもも、やり方はほぼ同じですよ。 今回は「iPhone」の画面で紹介しますね。 インスタを起動したら、「」や「フォロワー」「フォロー中」などから ブロックしたい相手のプロフィールを表示してください。 表示したら、画面右上の 「・・・」マークをタップします。 するとメニューが出てきます。 その中にある 「ブロック」をタップしてください。 「〇〇さんをブロックしますか?」と確認されるますよ。 ブロックするならばそのまま 「ブロック」をタップします。 これだけでOK! ブロックが完了したことが表示されますよ。 1分もかからないですね。 お疲れ様でした〜。 インスタで自分がブロックした相手は「ブロックリスト」で確認! ブロックリストについても見てみましょう。 (ブラックリストではないですよ) インスタで自分がブロックした相手は「ブロックリスト」で確認できます。 自分のプロフィール画面で右上の 「三本線マーク」をタップして、画面右下に表示される 「設定」をタップしてみてください。 すぐにオプション画面になります。 その中にある 「ブロックしたアカウント」をタップしてください。 これで準備ok。 さきほど紹介した「ブロックリスト」から解除したいアカウントを表示して、「」をタップするだけでokです。 ちなみに ブロックを解除しても以前のフォロー・フォロワー関係は復活しません! 詳しくは別ページで「」をまとめているので、ぜひ読んでみてくださいね。 (したいときもこれ!) な、なぜ?インスタでブロックできない場合と「ブロックされています」が表示される場合 続いては、ブロックできない場合も見てみましょう。 以下の順番でお伝えしますね。 なぜかブロックできない場合(エラーなど) インスタの「ブロック」は基本的にどんな相手にも可能です。 たとえ相手が「」でもブロックできます。 もしも誰かをブロックしようとしてもエラーになる場合は「 アプリの不具合」の可能性が高いですよ。 「ブロックされています」が表示される場合 バグ・不具合といえば、プロフィール編集の画面で「アクションはブロックされいます」と表示されることがあります。 その場合の原因は「 異常な回数のプロフィール変更」なようです。 ふつうにたま〜に気分転換でするくらい問題ないですが、あまりにも短時間で変更しまくるとインスタ側から制限される場合があります。 気をつけてくださいね! インスタのブロック返しって?【仕返しの方法:2020年版】 ・・・「ブロック返し」って聞いたことありますか? 何かと言うと、以下のような意味です。 相手が以前に自分の投稿に残したコメント• 相手と以前にをした履歴 ふつうに検索してもブロック返しできないので、これら2つから相手のプロフィールに飛んでください。 すると・・・ 「投稿数」「フォロー数」「フォロワー数」だけが見えている状態ですが、画面右上に「・・・マーク」がありますよね? その「・・・マーク」をタップすれば、メニューが出てくるので「ブロック」をタップして相互ブロックになることが可能です。 「ブロック返し」はからは無理なので、必ずスマホアプリから試してくださいね。 まぁ、ブロック返し自体ちょっとむなしい行為なので・・・ブロック返しされたらもうお互いさまで気持ちの整理をつけましょう。 まとめ 最後に、今回の「ブロック」のポイントをまとめて並べておきますね。

次の