運転 免許 証。 運転免許証手続案内

運転免許証更新業務の再開について

運転 免許 証

【第一種免許・第二種免許の免許証の有効期間】 区分 更新日などにおける年齢 有効期間の末日 優良運転者(注1) 一般運転者(注2) 70歳未満 更新前の免許証の有効期間が満了した後の、5回目の誕生日から起算して1ヵ月が経過する日 70歳 更新前の免許証の有効期間が満了した後の、4回目の誕生日から起算して1ヵ月が経過する日 71歳以上 更新前の免許証の有効期間が満了した後の、3回目の誕生日から起算して1ヵ月が経過する日 違反運転者等(注3) 更新前の免許証の有効期間が満了した後の、3回目の誕生日から起算して1ヵ月が経過する日 (注1) 免許を受けていた期間が5年以上あり、更新前の過去5年間、無違反だったなどの条件を満たした人 (注2) 優良運転者にも違反運転者等にもあてはまらない人 (注3) 更新前の過去5年間に交通違反などをした人、または免許を受けていた期間が5年未満の人。 ただし、軽微な違反が1回だけの場合を除く。 講習区分 対象者 手続きの場所 手数料 講習時間 優良運転者講習 免許を受けている期間が継続して5年以上で、更新前5年間(基準日から起算)に、違反行為、重大違反唆し等又は道路外致死傷をしたことがない人 指定警察署および運転免許更新センター、運転免許試験場 3,000円 30分 一般運転者講習 優良運転者講習・違反運転者講習・初回更新者講習のいずれにもあてはまらない人 運転免許更新センターおよび運転免許試験場 3,300円 60分 違反運転者講習 更新前5年間(基準日から起算)に軽微な違反(3点以下)2回以上もしくは6点以上の違反1回以上の人、又は、重大違反唆し等もしくは道路外致死傷をしたことがある人 運転免許試験場 3,850円 120分 初回更新者講習 運転免許継続年数が5年未満の人。 軽微な違反(3点以下)1回以下であり、かつ、重大違反唆し等又は道路外致死傷をしたことがない人(注1) 運転免許試験場 3,850円 120分 高齢者講習(注2) 更新期間が満了する日の年齢が満70歳以上の人 指定警察署および運転免許更新センター、運転免許試験場(講習場所は他の講習と異なり指定教習所および運転免許試験場で行われます。 (注2)満75歳以上の人は、高齢者講習の前に、公安委員会が行う認知機能検査を受ける必要があります。 上記の表にあるように講習区分によって免許更新できる場所が異なります。 東京都の場合で見てみましょう。 運転免許試験場(府中、鮫洲、江東の3ヵ所) 更新時講習の区分に関係なく申請可能です。 優良運転者講習、一般運転者講習、違反運転者講習、初回更新者講習のすべての方が手続できます。 運転免許更新センター(神田、新宿の2ヵ所) 優良運転者講習、一般運転者講習の方及び高齢者講習(高齢者講習に準じた講習を含む。 )を修了した方が申請可能です。 警視庁ウェブサイトでは、新宿運転免許更新センターでの更新は、施設が狭く混雑しており、手続に時間がかかるので、他の更新場所の利用を検討するようにと案内されています。 指定警察署(都内の12指定警察署) 優良運転者講習の方および高齢者講習(高齢者講習に準じた講習を含む。 )を修了した方が申請可能です。 すべての警察署で更新手続ができるわけではありません。 免許種別 合格基準 原付免許、小型特殊免許 両眼で0. 5以上、又は一眼が見えない方については、他眼の視野が左右150度以上で、視力が0. 5以上であること。 中型第一種免許(8トン限定中型)、準中型第一種(5トン限定準中型)、普通第一種免許、二輪免許、大型特殊免許、普通仮免許 両眼で0. 7以上、かつ、一眼でそれぞれ0. 3以上、又は一眼の視力が0. 3に満たない方、若しくは一眼が見えない方については、他眼の視野が左右150度以上で、視力が0. 7以上であること。 大型第一種免許、中型第一種免許(限定なし)、準中型第一種免許(限定なし)、けん引免許、第二種免許、大型仮免許、中型仮免許、準中型仮免許 両眼で0. 8以上、かつ、一眼がそれぞれ0. 5以上であること。 適性試験(視力、運動能力等)に合格し、更新の場合と同様に運転者の区分に応じた講習を受講することで、免許証を再取得できます。 *運転免許証更新連絡書(公安委員会が発行したはがき)に記載してある講習区分が「優良運転者講習」の方は「一般運転者講習」を受講することとなり、交付される免許証の種別も「ゴールド」から「青」に変わります。 70歳以上の方の講習は、高齢者講習を受講します。 適性試験(視力、運動能力など)に合格すると、失効前に取得していた免許種別(大型免許、中型免許、準中型免許、普通免許)に応じた仮運転免許(以下「仮免許」という。 )を取得することができます。 本免許試験は免除されません。 仮免許を取得した後、本免許を取得する必要があります。 *仮免許制度のない免許種別は、試験の免除はありません。 技能試験および学科試験が免除となります。 適性試験(視力、運動能力等)に合格し、更新の場合と同様に運転者の区分に応じた講習を受講することで、免許証を再取得できます。 やむを得ない理由が終わった日(退院や帰国などの日)から1ヵ月以内に手続きする必要があります。 技能試験および学科試験が免除となります。 適性試験(視力、運動能力など)に合格し、更新の場合と同様に運転者の区分に応じた講習を受講することで、免許証を再取得できます。 チューリッヒのスーパー自動車保険のご案内 万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。 ・ チューリッヒのスーパー自動車保険は、レッカー100kmまで無料、ガス欠時のガソリン給油10Lまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。 ・ チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。 ・ 車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。 ・ チューリッヒのスーパー自動車保険のロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。 無料ロードサービスを提供します。 ・ 自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

次の

運転免許証

運転 免許 証

運転免許の区分は3種類。 ひとつ目は「第一種運転免許」で、自動車や自動二輪車を運転する場合の免許(第二種運転免許が必要な自動車を除く)です。 ふたつ目は「第二種運転免許」で乗合バス、タクシーなどの旅客自動車を旅客運送のために運転する場合や、代行運転自動車(自動車運転代行業に従事する運転者が客に代わり運転する自動車)である普通自動車を運転する場合の免許です。 3つ目の「仮運転免許」は、第一種免許を受けようとする者が、練習などのために運転する場合の免許をいいます。 運転免許の種類は、運転できる自動車や自動二輪車の種類に応じて下の表のようになっています。 なお平成29年3月12日より免許制度が変わり、自動車の種類として新たに「準中型自動車」が創設され、これに対応する免許として「準中型免許」、及び「準中型仮免許」が新設されました。 この準中型自動車の新設に伴い、普通自動車・中型自動車の基準も変更されましたのでご注意ください。 また大型自動車、中型自動車、準中型自動車、普通自動車、大型特殊自動車のいずれかでほかのクルマを牽引するときは、牽引する自動車に応じた免許のほか、牽引免許も必要になります。 ただしクルマの総重量が750kg以下のクルマを牽引する時や、故障車をロープ等で牽引する場合には牽引免許は必要ありません。 5トン未満 7. 5トン未満 11. 0トン未満 11. 0トン以上 自動車の種類 普通自動車 準中型自動車 中型自動車 大型自動車 免許の種類 普通免許 準中型免許 中型免許 大型免許 最大積載量 2. 0トン未満 4. 5トン未満 6. 5トン未満 6. 5トン以上 乗車定員 10人以下 10人以下 29人以下 30人以上 受験資格 18歳以上 18歳以上 20歳以上 免許期間2年以上 21歳以上 免許期間3年以上 2017年03月現在.

次の

免許証を紛失してしまった場合でも運転は可能か|中古車なら【グーネット】

運転 免許 証

運転免許証(国内)更新手続• 川崎警察署、横須賀警察署、鎌倉警察署、小田原警察署、海老名警察署、相模原北警察署以外の警察署で手続をされる方• 川崎警察署、横須賀警察署、鎌倉警察署、小田原警察署、海老名警察署、相模原北警察署で手続をされる方• 他都道府県を住所地とする方が神奈川県の運転免許センターで更新• 神奈川県を住所地とする方が他都道府県の免許センター等で更新• 運転免許証(国内)記載事項変更手続• 運転免許証(国内)再交付手続• 運転免許証(国内)失効手続• 運転免許証(国外)• 運転免許証(外国免許から国内免許への切替)• その他更新関係のご案内• 運転免許証講習関係のご案内.

次の