新海 誠 監督 作品。 新海誠監督の歴代映画作品一覧

正月、新海誠監督作品三昧。

新海 誠 監督 作品

「君の名は。 」と「天気の子」 2016年に6作目の新海作品「君の名は。 」が上映され、日本歴代4位の250億円の興行収入を記録しました。 加えて世界に目を向けると、 日本映画史上1位の3. 6億ドルを記録しました。 また、2019年に上映された「天気の子」も歴代12位の140億円を記録しました。 この2作品の共通点は冒頭でもお伝えしたとおり、物語が ハッピーエンドで終わることです。 ハッピーエンドなんて普通と思うかもしれませんが、新海作品でハッピーエンドを迎えるのはこの 2作品のみです。 それでは残りの作品が全てバッドエンドを迎えているということでしょうか。 実はそうでもなく、 何か煮えくり返さない形で全てエンディングを迎えます。 しかしこれは決して悪いことではなく、視聴後必ず 心に大きな傷跡を残していくので、へっぽこは新海作品にベタぼれでした。 それが「君の名は。 」から方向性が変わり、誰もが納得するハッピーエンドを採用するようになったのです。 多くの人が喜んだとしても、僕は 絶対に許しません。 超簡単に2作品のストーリーを説明します。 天気の子は世界があれになっちゃってますが、概ね2作品ハッピーエンドとなっています。 君の名は。 瀧はしばらくして3年前に三葉が隕石で死んでいることを知る。 そして、大学進学で帆高が東京へ訪れたとき、二人は再開を果たした。 新海作品の真髄 前述したとおり、新海作品の真髄はスッキリとしないエンディングにあります。 新海が得意とする細かい心理描写で人物の 不安を視聴者へ没入させ、煮え切らないエンディングで 心に大きな爪痕を残すのが新海作品の醍醐味となっています。 秒速5センチメートルを初めて見終えたときは二人の行く末が気になりすぎてしばらく 夢を見たほどです。 へっぽこがオススメするのは圧倒的に 「秒速5センチメートル」と 「言の葉の庭」です。 この2作品は新海作品の特色が全て詰まっており、 完成形と言えます。 ストーリーをご紹介します。 タカオは自分が「もっと遠くに歩けるようになったら」ユキノに会いに行こうと決意するのだった。 END なぜ路線を変えたのか? ここまで「君の名は。 」と「天気の子」が過去作と大きく違うことを述べてきましたが、実は新海監督的には テイストを大きく変えたつもりはないようです。。 「僕の過去作では、悲しい終わり方をすることが多いと思っている人はたくさんいる。 ハッピーエンドの対極がバッドエンドだとして、ただ、僕はバッドエンドの作品を作ったつもりは一度もない。 映画の登場人物は、映画の中の物語が終わっても彼らの物語は続くと思っている。 引用: それではなぜ「君の名は。 」は新海監督 らしくない ・・・・・結末を迎えたのでしょうか。 それは震災以降に届かなかった思いをせめて作品内では 成就させてあげたいという思いから、ラストシーンを ハッピーエンドにしたとのことです。 東宝で300館規模だから、とかではなく、なにかしらの願いの物語にしたいという気持ちがありました。 震災以降、大きな事件や災害があった中で、いろんな人が願ったり祈ったりした気がします。 「こうじゃなかったらよかったのに」とか「こうすればよかった」と。 現実で実際に叶ったもの、叶わなかったものがあったと思いますが、フィクションでは、そこに希望を込めた物語を描きたかったんです。 引用: また、天気の子は前作の大ヒットを受け、演出の方向性が「君の名は。 」に 寄っていったと明かしています。 ほとんど「君の名は。 」を見てる感覚でしたからね。 『君の名は。 』はとても上手くいった実感のある映画なので、今回は違ったものをつくりたいと思いつつも、ともすれば演出の方向が寄っていくことがあるんです。 引用: へっぽこの新海作品の評価一覧 超私的レビューになりますが、へっぽこが視聴した新海誠作品を レーティングしてみました! 画像クリックで視聴ページへ移動するので、気になる作品があったら視聴してみてくださいね!.

次の

新海誠監督の自宅公開!場所はどこ?年収や作品、妻や子供も!

新海 誠 監督 作品

『秒速5センチメートル』 07年 、『言の葉の庭』 13年 など意欲的な作品を数多く作り出し、 次世代の宮崎駿、ポスト細田守と称される気鋭のアニメーション映画監督・新海誠。 その新海誠監督の待望の新作となる『君の名は。 』でキャラクターデザインを務めるのは、 『心が叫びたがってるんだ。 』 15年 などで新時代を代表するアニメーターとなった、田中将賀。 また、『千と千尋の神隠し』 01年 など数多くのスタジオジブリ作品を手掛けた、アニメーション界のレジェンド、 安藤雅司を作画監督に迎えるなど、日本最高峰のスタッフがスタジオに集結。 音楽はその唯一無二の世界観と旋律で、 熱狂的な支持を集めるロックバンド・RADWIMPSが担当する。 声の出演として、三葉が夢の中で見た男の子・瀧役に同世代の中でひときわ異彩を放つ演技派俳優、神木隆之介。 そして、自らの運命に翻弄されていくヒロイン・三葉役を、オーディションでその役を射止めた上白石萌音が務める。 山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉、そして、東京に暮らす男子高校生の瀧。 出会うはずのない二人は、ある日、お互いの存在を知る。 少年と少女が経験する恋と奇跡の物語。 世界の違う二人の隔たりと繋がりから生まれる「距離」。 新海誠はその物語を圧倒的な映像美とスケールで描き出す。 誰もが経験したことのない、アニメーションの新領域。 WARNING: This is NOT a hardcover version, as advertised. One of the main reasons I ordered this was because it was listed as being hardcover, which would make for a fantastic coffee table book, or nice to display somewhere. This is a PAPERBACK! Very disappointed in this since it was supposed to be a gift. Contacted the seller about the problem and have gotten zero response. You've been warned. Other than this glaring issue, the content itself is pretty good.

次の

新海誠の映画作品

新海 誠 監督 作品

ほしのこえ 2002年• 雲のむこう、約束の場所 2004年• 秒速5センチメートル 2007年• 星を追う子ども 2011年• だれかのまなざし 2013年• 言の葉の庭 2013年• 君の名は。 2016年• 彼女と彼女の猫-Everything Flows- 2016年 1999年に発表した短編アニメーションを元にした全4話のテレビシリーズに、新作カットを加えて再編集した完全版。 天気の子 2019年 このような作品の順となりました。 新海監督の作品の多くは少年と少女の恋愛をテーマとしているものが多く、特に 人と人の心の距離をうまく表現しており、見ているわたしたちの心をぐっと引き込む内容となっています。 新海監督はこの作品の他にもゲームオープニングムービーやアニメCMなど数多くを手掛けています。 言の葉の庭 あらすじ 靴職人を目指す高校生の タカオ(秋月孝雄)は、雨の日の1限は授業をサボって、庭園で靴のデザインを考えていた。 ある日、タカオはそこで昼間からビールを飲んでいる女性、 ユキノ(雪野百香里)に出会う。 どこかで会ったかとタカオが尋ねると、ユキノは否定し、万葉集の短歌 「鳴る神の 少し響みて さし曇り 雨も降らぬか きみを留めむ」 を言い残して去っていった。 こうして、雨の日の午前だけの2人の交流がはじまる。 タカオは靴職人になる夢を語り、味覚障害を患うユキノは、タカオの作る弁当の料理に味を感じられるようになる。 ある日、ユキノはタカオに「靴作りの本」をプレゼントし、タカオは今作っている靴をユキノのために作ることにする。 その後、梅雨が明け、しばらくの間2人は逢わなくなる。 2学期になった夏のある日、タカオは学校でユキノとすれ違い、ユキノが古文の教師だったこと、生徒の嫌がらせによって退職に追い込まれたことを知る。 そして首謀者で3年生の女生徒、 相沢に会いに行くが、からかわれたタカオは相沢の頬を叩き、その取り巻きの男子生徒に返り討ちにされてしまう。 庭園に向かったタカオはユキノと出会い、万葉集の返し歌 「鳴る神の 少し響みて 降らずとも 吾は留まらむ 妹し留めば」 を口にする。 互いの立場を知って戸惑う2人だったが、急な土砂降りに遭って、2人でユキノのマンションへ行く。 ユキノは濡れた服を乾かしながら、タカオは2人分の料理を作りながら、2人とも今が一番幸せだと感じる。 そしてユキノへの好意を口に出したタカオに、ユキノは地元の四国に帰ることを告げる。 ユキノは部屋を出たタカオを追いかけ、お互いの気持ちをぶつけ合う。 季節は変わって冬、四国でまた教師となったユキノからは、手紙が来るようになっていた。 タカオは完成した靴を手に庭園を訪れ、雨の日々を「2人とも歩く練習をしていた」のだと回想し、「もっと遠くまで歩けるようになったら」ユキノに会いに行こうと思う。 「Wikipedia」より抜粋 感想 まずは 雨の日の公園の描写が非常に綺麗です。 滴る水1滴・晴れた日の青々しさなど風景だけではなく、タカオが作るオムライスなどリアリティーがありながら細部までこだわった映像となっています。 新海監督:10代の男の子が観て女の人の足が好きになってしまうくらいの映画にしたいと思いました。 と語るほどユキノの足へのこだわりがあったようです。 タカオと出会い、少しずつまた1人で歩けるように立ち直り、人の気持ちに触れ、人間らしさを取り戻していくユキノも見どころだと思います。 タカオは靴職人という面で物理的に心理的にユキノに変化をもたらし、靴職人という設定がぴったりだったなと感じました。 言の葉の庭の上映時間は46分ととても短いですが、起承転結がしっかりしていて見やすい映画だと思います。 最後は2人がそれぞれの道に歩みだすところで終わり、すっきりとした気持ちになります。 また映像の美しさ・秦基博さんが歌う挿入歌「Rain」の余韻が残り、心に残る映画です。

次の