国税庁 納税 証明 書。 納税証明書交付請求書|国税庁の書き方が分かりやすい記入例と留意点

国税庁でシステム障害 納税証明書の発行など大幅遅延 :日本経済新聞

国税庁 納税 証明 書

納税証明書の交付請求について 納税証明書の交付請求について e-Taxでは、インターネットを利用して納税証明書の交付請求を行い、書面の納税証明書を税務署窓口又は郵送で受け取ることや電子納税証明書(電子ファイル)で取得することができます。 なお、納税証明書を税務署窓口で受け取る場合は、電子証明書やICカードリーダライタがなくても、必要事項を入力するだけでe-Taxソフト WEB版 及びe-Taxソフト(SP版)から交付請求ができます。 1 書面の納税証明書を受け取る場合について 詳しくは、「」をご覧ください。 2 電子納税証明書(電子ファイル)について 詳しくは、「」をご覧ください。 なお、電子納税証明書を請求される場合は、あらかじめ納税証明書の提出先に対して、電子納税証明書(電子データ)での提出が可能かどうかを確認してください。 3 納税証明書の種類 e-Taxで交付請求することができる納税証明書は、次のとおりです。 納税証明書(その1)・・・納税額等の証明• 納税証明書(その2)・・・所得金額の証明• 納税証明書(その3)・・・未納の税額のない証明• 納税証明書(その3の2)・・・申告所得税及復興特別所得税と消費税及地方消費税に未納の税額がないことの証明• 納税証明書(その3の3)・・・法人税と消費税及地方消費税に未納の税額がないことの証明• 納税証明書(その4)・・・滞納処分を受けたことのない証明 4 納税証明書の交付手数料 e-Taxで交付請求する場合の納税証明書の交付手数料は、次のとおりです。 なお、災害により財産に相当な損失を受けた方がその復旧に必要な資金の借入れを行う場合や、生活の維持について困難な状況にある方が法律に定める扶助等の措置を受ける場合など、発行する納税証明書の内容等に応じて交付手数料が免除となる場合があります(詳しくは、請求先の税務署へお尋ねください。 1 書面の納税証明書.

次の

納税証明書の交付/京都府ホームページ

国税庁 納税 証明 書

自動車税種別割納税証明書(継続検査・構造等変更検査用) 車検時における自動車税種別割の納税確認が電子化されました。 これにより、車検時に自動車税種別割の納税証明書を運輸支局等へ提示することが省略できるようになりました。 車検(継続検査および構造等変更検査)用の納税証明書が必要な場合は、納税証明書の交付・再交付が受けられますので、に請求してください。 (交付手数料はかかりません。 自動車税種別割を納税通知書により金融機関の窓口やコンビニエンスストアで納めた際に、領収証書とともにお手元に残る用紙「自動車税種別割納税証明書(継続検査・構造等変更検査用)」は車検用の納税証明書となります。 (口座振替(自動払込み)を利用している方へは、振替後に、領収証書とともに郵送しています。 車検以外の目的で納税証明書が必要な場合は、こちらをご覧ください。 (注意)自動車税種別割を納付した日から10日ほどの間に交付の請求をする場合は、領収証書を確認させていただくことがあります。 なお、領収証書がない場合は、納付の確認ができるまで納税証明書の発行ができませんので、ご注意ください。 次の内容を記載したメモと「返信用封筒(必ず切手をはってください。 )」を同封して、あてに郵送してください。 また、返信には信書便もご利用いただけます(料金は請求者の負担となります。 〈記載事項〉• 自動車のナンバープレートの番号• 自動車の車台番号• 登録名義人の住所、氏名 (注意)名義人以外の方が請求する場合は、請求者の住所、氏名も記載してください。 昼間連絡が取れる電話番号 (注意)名義人以外の方が請求する場合は、請求者の電話番号も記載してください。 車検用の納税証明書の交付を受けたい旨の記載 (注意)自動車税種別割を納付した日から10日ほどの間に交付の請求をする場合は、領収証書も同封してください(領収証書は、納税証明書の送付時にご返却いたします。 なお、領収証書がない場合は、納付の確認ができるまで納税証明書の発行および送付ができませんので、ご了承ください。 最寄りの県税事務所で納税証明書の交付を受けることができます。 また、自動車税管理事務所・同駐在事務所では、自動車税種別割の証明書のみ取り扱っています。 お住まいの地域や事業所などの所在地にかかわらず、県内であれば、どこの県税事務所でも交付を受けることができますが、お住まいの地域や事業所などの所在地を所管する県税事務所以外の県税事務所に請求した場合、交付までに時間がかかる可能性があります。 個人事業税の納税証明書の請求については、所得税の確定申告書の控えを提示していただく場合があります。 住所等に変更がある場合は、その変更内容が確認できる書類(住民票の写し (個人番号(マイナンバー)の記載がないもの)、登記事項証明書等)の提示が必要です。 (注意)納税証明書には交付できる期限があります。 完結している県税については、証明を受けようとする県税の法定納期限が、請求いただいた日の3年前の日の前年度以前である場合は納税証明書を交付することができません。 (例) 1 平成30年4月1日(平成30年度)に請求する場合、平成27年4月1日より前に納期限が到来しているもの(平成26年度以前のもの)は交付できません。 2 平成30年3月31日(平成29年度)に請求する場合、平成26年4月1日より前に納期限が到来しているもの(平成25年度以前のもの)は交付できません。 次の必要書類などをご用意のうえ、の窓口までお越しください。 納税証明書交付請求書 窓口に用意してあります。 また、このホームページからダウンロードすることもできます。 (県税に未納のない旨の証明や個人事業税、不動産取得税等の証明の請求用です。 印鑑 納税証明書交付請求書に押印していただきます。 個人の場合は認印、法人の場合は代表者印(法務局に登記している代表者印)となります。 請求者が個人の場合の押印は、請求者本人であることが本人確認書類により確認でき、納税証明書交付請求書に請求者本人の自署があれば、省略できます(委任状への押印や、請求者が法人の場合の押印については省略できません。 交付手数料 1件につき400円(税目、事業年度、課税客体ごとにそれぞれ1件として数えます。 ) 4. 窓口においでになる方の本人確認書類 運転免許証、健康保険証など 窓口に来られた方、納税者またはその代理人であることの本人確認をさせていただきます。 委任状 (代理人の方が請求する場合) 納税証明書交付請求書の委任状欄に納税者本人が記名・押印したものが必要となります。 また、委任状は、別に作成いただいても構いませんが、その場合は、委任の内容を明確に記載してください。 (注意1)納付した日から10日ほどの間に交付の請求をする場合は、領収証書を確認させていただくことがあります。 なお、領収証書がない場合は、納付の確認ができるまで納税証明書の発行ができませんので、ご注意ください。 (注意2)県内に事業所等を持たない法人名義の納税証明書を請求する場合、代表者等の確認のため、登記事項証明書等を提示していただくことがあります。 次の点にご留意のうえ、納税証明書交付請求書をまで郵送してください。 なお、代理人の方が申請する場合は、委任状も同封してください。 納税証明書交付請求書 窓口に用意してあります。 また、このホームページからダウンロードすることもできます。 (県税に未納のない旨の証明や個人事業税、不動産取得税等の証明の請求用です。 印鑑 納税証明書交付請求書に押印していただきます。 個人の場合は認印、法人の場合は代表者印(法務局に登記している代表者印)となります。 請求者が個人の場合の押印は、納税証明書交付請求書に自署があり、請求者本人であることが確認できる本人確認書類の写しを同封している場合に限り、押印を省略できます(委任状への押印や、請求者が法人の場合の押印については省略できません。 交付手数料 1件につき400円(税目、事業年度、課税客体ごとにそれぞれ1件として数えます。 ) 交付手数料分の神奈川県収入証紙の購入については、にお問い合わせください。 なお、神奈川県収入証紙の購入が困難な場合は、ゆうちょ銀行または郵便局で手数料分の定額小為替証書または普通為替証書の発行を受け、神奈川県収入証紙の代わりに同封してください。 (注意1)交付手数料の金額に過不足のないようにお願いします。 (注意2)為替証書を同封する場合、指定受取人欄は無記入としてください。 為替証書の発行には、ゆうちょ銀行または郵便局指定の料金がかかります。 返信用封筒 返信用封筒は、 納税証明書を請求する方(納税者またはその代理人)をあて名とするものに限ります。 必ず切手をはってください。 また、信書便もご利用いただけます(料金は請求者の負担となります。 委任状 (代理人の方が請求する場合) 納税証明書交付請求書の委任状欄に納税者本人が記名・押印したものが必要となります。 また、委任状は、別に作成いただいても構いませんが、その場合は、委任の内容を明確に記載してください。 (注意1)納付した日から10日ほどの間に納税証明書の交付を請求する場合は、領収証書も同封してください(領収証書は、納税証明書の送付時にご返却します。 なお、領収証書がない場合は、納付の確認ができるまで納税証明書の発行および送付ができませんので、ご了承ください。 (注意2)県内に事業所等を持たない法人名義の納税証明書を請求する場合、代表者等の確認のため、登記事項証明書等を提示していただくことがあります。 次の使用目的に必要な納税証明書の種類と、納税証明書交付請求書の記載例を掲載しています。 この他の使用目的で納税証明書が必要な場合は、納税証明書の提出先に必要な納税証明書の種類をご確認のうえ、ご請求ください。 記載例の掲載がない納税証明書が必要で、記載方法がご不明な場合は、にお問い合わせください。 、 (納付済額等の証明) 個人事業税(個人の場合)• 法人事業税および特別法人事業税または地方法人特別税(法人の場合)• (未納の徴収金がないことの証明) 個人事業税(個人の場合)• 法人事業税および特別法人事業税等(法人の場合)• (県税に未納の徴収金がないことおよび過去2年以内に県税に係る滞納処分を受けていないことの証明)• 、 (過去3年以内に県税に係る滞納処分を受けていないことの証明)• 自動車の売却など( 注意:継続検査・構造等変更検査用ではありません) (自動車税種別割に滞納がないことの証明)• 最寄りの県税事務所または自動車税管理事務所・同駐在事務所まで.

次の

はじめての納税証明書

国税庁 納税 証明 書

1 納税証明書の種類及び請求手続等 税務署で発行する納税証明書は、次の種類があります。 なお、納税証明書の請求手続等については、でご確認ください。 1 納税証明書「その1」・・・・・納付税額等の証明書• 2 納税証明書「その2」・・・・・「申告所得税及復興特別所得税」又は「法人税」の所得金額の証明書• 3 納税証明書「その3」・・・・・未納の税額がないことの証明書• 4 納税証明書「その3の2」・・・「申告所得税及復興特別所得税」と「消費税及地方消費税」に未納の税額がないことの証明書(個人用)• 5 納税証明書「その3の3」・・・「法人税」と「消費税及地方消費税」に未納の税額がないことの証明書 法人用• 6 納税証明書「その4」・・・・・滞納処分を受けたことがないことの証明書 また、納税証明書はe-Tax(国税電子申告・納税システム)で納税証明書の交付請求を行い、郵送又は税務署窓口で受け取ることもできます(詳しくは、e-Taxホームページ「納税証明書の電子申請・書面発行について(詳細)」をご覧ください。 2 電子納税証明書 電子ファイル e-Taxで納税証明書の交付請求を行い、電子納税証明書(電子ファイル)を取得することができます。 電子納税証明書は、電子ファイルで提供するものですので、ご利用に当たっては、事前に提出先に対して、電子納税証明書(電子ファイル)の提出が可能かどうかご確認いただく必要があります。 ご利用方法につきましては、e-Taxホームページ()又はヘルプデスク(電話番号 0570-015901)でご確認ください。 通法123、通令41 (平成31年4月1日現在の法令等によっています。

次の