意味怖 ランキング。 【意味怖】飛び降り(解説付き)|厳選洒落怖まとめ

【意味怖】飛び降り(解説付き)|厳選洒落怖まとめ

意味怖 ランキング

夫の夢 最近、夫の様子がおかしいんです。 毎日変なことを言います。 「また同じ夢を見た」と。 どうやら夫は1ヶ月位、毎晩ずっと同じ夢を見ているらしいんです。 しかも夢かどうかもわからないと言います。 夢の内容は、 真夜中に布団で寝ていると、天井に自分と同じ見た目の人間が張り付いている。 それが自分なのかも分からない。 なので夫は毎日朝起きると「また同じ夢を見た」と言い げっそりしています。 精神的にもつらそうでした。 でもある日、夫が朝起きて何も言わなかった日がありました。 私は、あれ?と思って「今日はあの夢見なかったの?」と聞くと 夫は言ったんです。 「何の話?」と。 いきたい場所 俺は、深夜のトラック運転手してるんだけど こないだ仕事中にコンビ二に寄ったんだ。 そしたら突然、背後から女に声かけられたんだよ。 黒髪ロングの細身の女だった。 女「あの、ちょっと道を教えてほしいんですけど…」 俺「ああ、どこに行くんですか?」 女「〇〇〇に行きたいんですけど。 」 俺「え…〇〇〇ですか?」 女「そうです、ここからどのくらい時間かかりますか?」 俺「んー車で30分くらいかな?」 女「歩きなんですけど…」 俺「え、歩き?歩きじゃ3時間は軽くかかると思うよ?」 女「大丈夫です、どうしても行かなきゃなんで。 」 俺「そうなんだ…じゃぁこの道をまっすぐで…」 俺は目的地までの道を丁寧に説明した。 すると、女はニヤリと笑ってお辞儀をした。 俺は嫌な予感に気付かないようにしていた。 気のせいなのか?気のせいじゃないか。 とりあえずその女と別れて俺は急いで車に戻った。 車を発車させようとすると、窓越しにさっきの女がいた。 「途中まで乗せてくれませんか?」 冷や汗が止まらない。 「いやごめん、俺逆だからさ。 」 断るとその女は何かボソボソと呟きながら、方向を変えて歩いていった。 だってその女が行きたがってた場所って、 夜中に一人で歩いていくような用がある場所では絶対にないんだよ。 誕生日祝 去年、友達の妹がひき逃げに遭って死んだんだ。 犯人は未だ分からず捕まってない。 友達は、言うまでもなくひどく落ちこんでいた。 悲しみにくれていた友達だったが、そんな時でも俺の誕生日にはお祝いをしてくれるようだった。 無理しているようにも見える明るい笑顔がなんだか 見ていて苦しかったけど、嬉しかった。 誕生日プレゼントがあるらしい。 「直接渡すの恥ずかしいし、隠し場所を紙に書いておいたから、 俺が帰ったあとに探してくれ。 」と言われた。 友達が、俺の家を出てすぐに俺は隠し場所を探した。 紙に書いてあった通り「調味料の棚の、酢の上の段の布の中」を見た。 布の中には、俺の大好きな牡丹餅が入っていた。 「食べ物かよ 笑 」とつい笑ってしまったが、あいつらしいな。 あとで、夕飯の後にでも頂こう。

次の

【意味怖】脳トレ!意味がわかると怖い話│オカルティクス

意味怖 ランキング

怖い話の俺的ランキングをまとめてみました。 「怖さ」で順位付けをしているため、「怖くないけど面白い話・興味深い話」は、低い順位になっていると思います。 何かオススメの怖い話があれば、是非教えて下さい。 【Aランク】 多くの怖い話の中から厳選しました。 1位 旅館の求人 金に困った投稿者が、旅館のバイト募集に電話を掛けた。 しかし求人に応募した直後から、彼の周りで異常な出来事が起こり始める。 一つ一つの描写に、何とも言えない薄気味悪さがあります。 「投稿者が別の選択をしたら…」と想像すると、更に恐ろしくなりました。 2位 本州を縦断する事にした「俺」と友人は、気楽に旅を楽しんでいた。 そんな彼らは、おかしな格好をした男のキャンピングカーに乗せてもらう のだが…。 文章力が高いので、スラスラと読めました。 非日常感が上手く表現されていると思います。 初めて読んだ時は深夜だったんですが、かなりビビリましたw 3位 猛スピード 投稿者は、夜中に家の屋上から街を眺めていた。 そうして、静寂に満ちた街の風景を楽しんでいたのだが、あるものを捉えてしまい…。 タイトル通り勢いのある話です。 ただ、真っ昼間に読むと、あまり怖くないかもしれません。 できれば深夜に部屋を暗くして、自宅の外の様子を想像しながら読んで欲しいです。 4位 廃病院の地下 5位 非常階段 連日の激務で困憊した会社員達が、エレベーターのメンテナンスのため非常階段を使って退社することにした。 彼らは、暗く汚い階段を降りている途中で、背中に張り付くような異変を感じ始める。 臨場感のある文章なので、非常階段を降りている光景がありありと目に浮かびました。 逃げ場がなく、追いつめられていくような怖さがあります。 6位 鏡の中のナナちゃん 不思議な少女ナナは、鏡の中だけにしか現れない。 ナナと仲良く遊んでいた「私」は、次第に恐怖するようになり…。 7位 リゾートバイト 大学生達が、海に近い旅館でバイトをする事にした。 充実した日々を過ごす彼らだったが、「誰もいない筈の二階」に興味を持ったことで状況が一変する。 かなり長い話ですが、非常に読みごたえがあります。 「怖い話」としても質が高いけど、普通の読み物としても面白かったです。 8位 リアル 鏡の前で「してはいけないこと」をしてしまった「俺」は、ある怪異を呼び寄せてしまった。 事態はどんどん悪化していき、やがて恐ろしい結末を迎えてしまう。 「リゾートバイト」ほどじゃないですが、そこそこ長い話です。 「あの人は、何でああなったんだろう?」と考えると、背筋が薄ら寒くなりました。 読み終えた後で、様々な想像をしてしまいます。 9位 パンドラ 何の変哲もない田舎町に、謎めいた空き屋があった。 その家に興味を覚えた子供たちが、探索しに行くが…。 10位 祖父の死因 11位 投稿者は、「地元の山には祟り神がまつられている」という言い伝えを聞く。 そして、祟り神以外の恐ろしい「何か」の存在を知らされるのだった。 12位 姦姦蛇螺 手の付けられない不良達が、踏み入る事を禁止された森へと向かった。 意気揚々と進む彼らだったが、おかしな気配を感じ始める。 【Bランク】 Aランク程ではないですが、 僕的には 十分怖い話です。 13位 危険な好奇心 3人の小学生達が、裏山の秘密基地でよく遊んでいた。 ある夜、彼らは基地の近くで、木に釘を打ちつける不審な女と遭遇してしまう。 その出来事がきっかけとなり、恐怖の日々が始まった。 14位 吊り橋 バイト仲間たちで、とある吊り橋を目指してドライブしに行った。 だが、何人かの様子がおかしくなってしまい…。 15位 仏壇から覗く顔 投稿者が幼い頃、祖父の仏壇に正体不明の存在がいた。 その存在は後に、投稿者達を戦慄させる事となる。 16位 くねくね 祖母の家に来ていた二人の兄弟が、田んぼの向こう側に奇妙なものを見つけた。 二人が、その怪しい物体を見続けていると…。 ある家の納屋から、珍しい形をした箱が出てきた。 その小さな箱・コトリバコは、過去のおぞましい悪習によって作られたものだった。 18位 地下のまる穴 田舎町にの巨大施設が建った。 地元の高校生5人が、そこで肝試しをするが…。 19位 かんのけ坂 原付に乗っていた若者達が、田舎道でに遭ってしまう。 説明の付かない奇妙な体験をし、困惑する彼ら…。 しかしそれは、更に恐ろしい出来事の幕開けでしかなかった。 20位 骨喰朽歯 21位 竹林で 二人の小学生が度胸試しをするために、薄暗い竹林の奥へと向かった。 そこで彼らは、思いがけない光景を目撃することになる…。 22位 ざわつき声 ある日を境に、階下から大勢の人の声が聞こえるようになった。 投稿者は下の階の住人と騒音の原因を探るが、事態は意外な展開を見せるのだった。 23位 拾った石 不思議な石を拾った直後から、投稿者の周辺でおかしな出来事が多発する。 それらには、奇妙な関連性があった。 24位 10の14乗 バイク好きの仲間達が、ある心霊スポットに行き不思議な体験をした。 それをきっかけにして次々と怪奇現象が起こり、彼らを震え上がらせる事となる。 25位 廃屋探検 2人の男子小学生が廃墟を探検していた。 彼らは、途中で出会った謎の少女と共に探検を続けて、一番奥にある部屋まで進むことにしたのだが…。 26位 かえるのうた 会社の先輩から「面白い行事があるので、実家で一緒に年越ししない? 」と誘われた投稿者。 彼女は何の疑問も持たず誘いに乗る。 しかし、その先輩が言う「面白い行事」には、驚くべき秘密が隠されていた。 27位 2人の少女 不良グループが山中にある心霊スポットに向かっていた。 道中で奇妙な少女2人と出会い、行動を共にする事になった。 それから謎の多い2人の少女は、彼らを「もっと怖い場所」へと誘い込み…。 28位 カン、カン 深夜、真っ暗な家の中に「カン、カン」という音が鳴り響いた。 その原因を探るため「私」と彼女の姉は居間に向かい、恐ろしい心霊現象を目の当たりにする。 この日の体験がきっかけとなり、「私」の家族は不気味なに巻き込まれてしまう。 29位 卒業旅行計画 仲間全員の進路が決まった事で、卒業旅行を計画していた大学生達。 だが諸々の準備を済ませた矢先、彼らの中に不振な行動をとる者が現れ…。 30位 サヨちゃん 投稿者がまだ幼い頃に、公園で「サヨちゃん」という謎の多い少女と知り合った。 やがて投稿者は、薄気味悪い「サヨちゃん」のいいなりとなってしまう。 31位 マネキン 中学生の「私」とS子は、クラスメイトのF美の家を訪ねた。 F美の部屋に招かれた二人は、人間のように扱われるマネキンと対面させられる。 32位 『謎のケン君と二階の秘密』俺が家庭教師で行ったヤバイ家の話 大学生のスレ主は、家庭教師のアルバイトをする事にした。 しかし電話を掛けてきた相手は、人形を自分の子供だと言い張る女だった。 33位 うたて沼 男3人が、気ままなドライブの途中で見つけた城跡に、何となく踏み入ろうとしていた。 それは休憩がてらの暇つぶしだったが、とんでもない存在と遭遇してしまうのだった。 34位 リョウメンスクナ ある古寺の解体中に、作業員が曰くありげな木箱を見つけた。 それを聞いた元住職は「絶対に開けるな」というが、箱の封印は解かれてしまい作業員達に恐ろしい災厄が襲いかかる。 35位 小屋の二階 旅行していたサークル仲間の大学生達。 宿の隣には人気のない建物があり、彼らは退屈しのぎに探索してみることにする。 だが、その怪しげな建物には想像を絶する秘密が隠されていた。 36位 おおいさん 「会っても目を合わしてはいけない」という不思議な客・おおいさん。 ある日、平然とレジの前に現れ、恐ろしい事態を引き起こしてしまう。 37位 洋子さん 旅行から帰ってきた兄が何故か意気消沈していた。 部屋に引きこもった彼は、「洋子から電話がきても自分の在宅を知らせるな」と力無くいう。 次の日、兄の恋人・洋子さんから電話が掛かってきて…。 38位 井戸の壁 小学生3人が、存在する筈のない井戸を発見してしまう。 好奇心に駆られた一人の少年が、その中を降りていくと…。 39位 とんでもない廃屋 夏休みの前日、8人の少年達が廃屋を探検をしていた。 そして家の中を調べていく内に、彼らは幾つかの異常な点に気づく。 40位 迫りくるモノ 幼い頃に入院していた投稿者は、病室で「おかしなもの」を見た。 そして日に日に近づいてくる「おかしなもの」が、後もう少しで投稿者にするというところで、予想外の出来事が起こる。 41位 ヒサルキ 子供達だけが知っている存在「ヒサルキ」に関した話。 42位 夕日が沈む前 夕方、自宅で漫画を読んでいた投稿者は、二階から数人の笑い声を聞いた。 それは次第にカレートしていき、大きな物音まで混じるようになる。 抗議しようとする投稿者だったが、ある疑問を持つ。 43位 玄関に立つ影 仕事を終えた投稿者が家に帰ってくると、母親が耳を塞いで震えていた。 顔を上げた母親は「おまえ、どこから家に上がってきたの? 」と言う。 その直後に、誰かが玄関を叩き始めた。 投稿者は、不安げな呟き声を聞く。 「また来た・・・さっきのあれだ絶対・・・」と。 44位 階上の子どもたち 鞭打ちで休職中のAは、余ったピザを上の階に住む子供達に分けてあげようとする。 彼は子供達の部屋を訪ねてみるが、あるおかしな点に気づくのだった。 45位 血雪 寒い冬の日、投稿者は「血だらけの女が橋の上で倒れている」と父親に知らされる。 二人は、慌てて橋の上に向かったのだが…。 46位 リンフォン 「俺」の彼女が、リンフォンという曰くありげな置物を購入した。 「俺」も最初の内は「精巧な作りだ」と満足していたが、彼女がリンフォンに依存し始めたため不安を募らせていく。 47位 貸し別荘 5人の高校生が、森の中にある貸し別荘で夏休みを満喫していた。 しかし怪しい人物との遭遇を皮切りに、恐怖の一夜を過ごすはめになる。 48位 糸 森の中に遊びに来た小学生達。 他校の生徒を待っていた彼らは、自分達を誘導するような呼び声を聞く。 そして、目の前に糸のようなものが垂れてきて…。 49位 に一人旅 「俺」は気ままな一人旅をしていた。 彼が山の近くにある神社周辺を散策していると、赤い服を着た不思議な少女と出会う。 50位 池にいた何か 2台のバイクがをウロウロしていると、池がある小さな公園に通りがかった。 バイクに乗っていたル達は、その池の周辺で異変を感じるのだが…。 51位 旅館での一夜 投稿者とその彼女は古くさい温泉宿に宿泊するが、嫌な予感が当たり次々と心霊現象に見舞われてしまう。 52位 で 53位 木の杭 「俺」は、先祖に降りかかった災いの話を聞かされる。 それは杭にまつわる怪異の話だった。 54位 とんでも無い拾い物 投稿者は、捨てられていた携帯を拾い、中にあったカードを持ち帰った。 その後、カードに入っていた不思議な画像を見てから、怪現象に悩まされるようになる。 55位 相方 橋の架け換え工事をしていたNさんは、やるせない怪現象と向き合う事になる。 56位 57位 変なものを見てしまった。 愛犬と共にキャンプをしていた青年が、禍々しい存在に目を付けられてしまう。 そのため彼は、化け物から必死に逃げるが…。 58位 ヤマノケ 山中で父親と娘がドライブをしていると、エンジントラブルで車が止まってしまった。 親子は次の日までをする事にしたが、夜中に不気味な声を聞くのだった。 59位 猿夢 「私」は、惨たらしい内容のを見ていた。 夢の中では、他の人が順番に酷い目に遭っていき、やがて…。 60位 眼の不自由な人 深夜、人通りのない道で出会った不審な女性。 眼が見えないという彼女の行動に、投稿者は疑問を抱く。 61位 キャンプ 投稿者は、友人や留学生達と一緒にキャンプをしていた。 しかし、ある事がきっかけとなり、正体不明の怪異に狙われてしまう。 62位 けもの 祖父母の家に遊びに行った小学生の兄弟。 二人が池で遊んでいると、「よくわからないもの」が近づいてきた。 彼らは、自分達の家系にまつわる秘密を知る事となる。 63位 同窓会の案内 ある日、「僕」はから同窓会の連絡を受けた。 すぐに幹事に電話するも、いくつかの奇妙な点に気づき恐怖を覚えるのだった。 64位 狂った家族 何の前触れもなく、ごく普通の家族に起こった異変。 突如切り替わる異常な変化に、投稿者は一切対処できず戦慄する…。 65位 友達数人と遊んでいた 数人の少年達がグラウンドで遊んでいたのだが、その光景を一人の少女が見ていた。 「一緒に遊ぼう」と相手に話しかける少年達。 だが次第に、違和感が芽生えてきて…。 66位 赤い服の女 赤い服を着た不気味な女が、噴水周辺をうろついていた。 しかし、いつもなら気にとめない「私」は、女がいる方向に顔を向けてしまい…。 67位 山道の怪談 深夜、助手席に座っていた友人が怖い話をし始めた。 それに呼応するかのように、車外で異変が起こる。 友人が話始めた理由と彼の過去に、投稿者は驚愕するのだった。 68位 鉄塔の中の異変 山頂にあるアンテナ施設で、「私」は妙な痕跡を見つけた。 彼女と上司2人は「イタズラか? 」「動物の仕業か? 」と訝しむが、犯人の正体は判然としない。 不審に思いながらも点検をしていると、辺りに不気味な声が鳴り響いた。 69位 部屋から出られなくなった 投稿者は、友人からの「部屋から出られなくなった」という電話を受けた。 その後、急いで友人の家に駆けつけるも、まるで理解できない事態を目の当たりする事になる。 70位 街道 車で東北を一人旅していた男が、おかしな女を見かけた。 全く行動が読めず、どういう存在なのかも分からない相手に、彼は震え上がるのだった。 71位 自転車に乗っている夢 Kが見る連続した夢。 最初は日常的だったその内容が、段々と狂気を帯び始め現実に影響を及ぼし始めた。 Kと友人達は、その原因を探る事にしたのだが…。 【Cランク】 AランクやBランク程ではないですが、それなりに怖い話です。 ただ「怖さ」以外の要素なら、上で挙げた話より優れた話もあると思います。 72位 渦人形 部活の合宿中、ある生徒が「すぐそこの廃墟に、子供の姿を見た」と騒ぎだした。 夜になって、何人かの生徒が廃墟を調べに行くが…。 73位 生き人形 「生き人形の関係者が次々と祟られた」という氏の心霊体験談。 74位 75位 どうやら私はしにあったようだ 「私」とその友達が祭りの日に、科学や常識では説明のつかない不可思議な体験をする。 76位 奇妙なプチ予言『に成功したけど質問ある? 』 「数日後の未来から、をしてきた」と言うスレ主の予言が、実際に次々と的中していく。 77位 巣くうもの 怪談好きなBと、彼女を避ける女性A。 彼女達は、他の男女数人と心霊スポットに行き、想像を絶する体験をする。 78位 人のこない山道 79位 奇妙なナー 「私」は幼い頃、怪しいナーの施設に連れていかれた。 施設内で迷ってしまった「私」は、侵入禁止の階段を見つけて…。 80位 謎の預かり物 受験の為に東京に滞在していたAは、ホテルの従業員から不気味な茶封筒を手渡される。 81位 82位 チャレンジャー号の最期 83位 裏世界 ある小学生が、グランドの隅に錆びた扉を見つけた。 扉を開くと地下に通じた空間があり、彼は梯子を使って降りていったのだが…。 84位 父と母はいわゆるデキ婚 85位 死んだペットの処理依頼 86位 道中線路 87位 小さい霊園 88位 可愛がり 89位 古き神降臨 仮想世界「」で遊んでいた投稿者は、架空の神・になりきったプレイヤーと知り合う。 仏と向かい合ったその男は、怪しい行動を取り始める。 93位 邪視 94位 キモオタ 95位 留学生と神社 96位 いざない 97位 腕章の少年 98位 八尺様 99位 特定の人に変なものが見える 100位 卒業式の後 toshikoro.

次の

心霊・怖い話ランキング100【洒落怖・長編・中編・短編】

意味怖 ランキング

59 ID:B0oJPt770 10位 「おい、まだかよ?」 俺は、女房の背中に向かって言った。 どうして女という奴は支度に時間が掛かるのだろう。 「もうすぐ済むわ。 そんなに急ぐことないでしょ。 …ほら翔ちゃん、バタバタしないの!」 確かに女房の言うとおりだが、せっかちは俺の性分だから仕方がない。 今年もあとわずか。 世間は慌しさに包まれていた。 俺は背広のポケットからタバコを取り出し、火をつけた。 「いきなりでお義父さんとお義母さんビックリしないかしら?」 「なあに、孫の顔を見た途端ニコニコ顔になるさ」 俺は傍らで横になっている息子を眺めて言った。 「お待たせ。 いいわよ。 …あら?」 「ん、どうした?」 「あなた、ここ、ここ」女房が俺の首元を指差すので、触ってみた。 「あっ、忘れてた」 「あなたったら、せっかちな上にそそっかしいんだから。 こっち向いて」 「あなた…愛してるわ」女房は俺の首周りを整えながら、独り言のように言った。 「何だよ、いきなり」 「いいじゃない、夫婦なんだから」 女房は下を向いたままだったが、照れているようだ。 「そうか…、俺も愛してるよ」こんなにはっきり言ったのは何年ぶりだろう。 少し気恥ずかしかったが、気分は悪くない。 俺は、女房の手を握った。 「じゃ、行くか」「ええ」 俺は、足下の台を蹴った。 13 ID:B0oJPt770 9位 ベトナム戦争から家に帰る前夜、青年兵士は自宅に電話した。 「明日帰るんだけど、他に行くところがない友達を連れて帰りたいんだ。 家で一緒に住んでもいいかな?」 息子の帰還報告に狂喜した両親は、勿論!と泣きながら答えた。 「でも、一つだけ言っておきたいことがあるんだ。 彼は地雷を踏んでね、腕と足を失ってしまったんだよ。 でも、僕は彼を家に連れて帰りたいんだ。 」 その台詞に、両親は押し黙ってしまった。 「数日ならいいけれど、障害者の世話は大変よ。 家にいる間に、そのお友達が住める所を一緒に探しましょう。 あなたにも私たちにも自分達の人生があるのだから、 そのお友達 の世話に一生縛られるなんて無理よ。 」 やっとのことで母親がそれだけ言うと、息子は黙って電話を切った。 翌日、警察から電話があり、青年兵士の両親は 彼がビルの屋上から飛び降りて死んだことを知らされた。 死体と対面した両親は絶句し、泣き崩れた。 02 ID:B0oJPt770 7位 近ごろの警察はなにやってるんだろうね。 血税でで食わせてもらってるくせに、ろくな働きしねぇんだからとんだ穀潰しだ。 先週、職場の近くで殺人事件があったんだよ。 若い女をアイスピックでめった刺し。 しかも普通のアイスピックじゃない、業務用の三本歯のやつでだぜ?怖ぇだろ。 小さな町だから、どこいってもその話で持ちきりだよ。 マスコミもかなり大きく取り上げてる。 滅多にない大ニュースだから無理もないけど、恐怖を煽るだけ煽って無責任なもんだ。 うちのばあちゃんなんか、可哀相なくらい怯えちゃって、毎日何時間も仏壇の前で手を合わせてる。 なのに警察ときたら、まだ凶器すら判明できないだとよ。 まったく馬鹿にしてるとしか思えないね。 44 ID:B0oJPt770 6位 今日9800円で買ったイヤホンが壊れた 大音量でスリップノット 笑 聴いてたせいかいきなり途切れやがった くそ。 9800円もしたってのに。 俺は腹が立って45万円のプラズマテレビを座布団に叩きつけた はっと我に返り、あわてて壊れていないか確認した 画面が映る。 良かった。 と思ったら音が出ない くそ。 45万円のプラズマテレビまで壊れてしまった 送料込みで47万円の損だ それにしても今日は静かだな 気晴らしに散歩にでもいこう。 27 ID:B0oJPt770 5位 10年程前の話。 美術の教師をしていた姉がアトリエ用に2DKのボロアパートを借りた。 その部屋で暮らしているわけではなく、絵を描くためだけに借りたアパート。 せっかく借りてるのに住まないなんてもったいない! そう思った私は姉に頼み込んでその部屋で一人暮らしをさせてもらうことにした。 一人暮らし初日。 わくわくしながらアトリエに帰宅。 くれぐれも戸締りに気をつけるようにと言われていたため帰ってすぐに玄関に鍵とチェーンをかけた。 その後夕飯を作ったり本を読んだりして楽しく一人の時間は過ぎていく。 気付くともう夜も更けていたため、もう一度戸締りをチェック、ガスの元栓も締め眠りについた。 しばらくして、多分夜中の2~3時だったと思う。 玄関がガチャっと開いた。 どうやら姉が絵を描きに来たらしい。 こんな時間に頑張るなあと、ウトウトしながら思っていると、私が寝ている隣の部屋に入っていった。 隣の部屋は画材やらキャンバスやら置いてある部屋。 そこで、姉はブツブツ言ったりクスクス笑ったりしてる。 うーん、やっぱり芸術家と怪しい人って紙一重だよなぁ、と、酷い事wを思いながらいつの間にか寝てしまった。 朝、目が覚めると姉はもう帰ったようで居なかった。 姉の絵に対する情熱は尊敬に値するよなぁ、と思いつつ出掛ける準備をして家を出る。 玄関の鍵を閉めた時に、突然恐怖に襲われた。 それ以来、私がそのアトリエに足を踏み入れることはなかった。 50 ID:B0oJPt770 4位 ある家族が妻の実家に遊びに行くために田舎までのバスに乗っていた。 山のふもとあたりまできたときに、子供が「おなかへった」とだだをこね始めたので、 しょうがなく途中のバス停で降りて近くの定食屋で食事をすることにした。 食事が終わり定食屋に設置されているテレビをふと見ると、 さっきまで家族が乗っていたバスが落石事故で乗員全員死亡というニュースが流れていた。 そのニュースを見た妻は、「あのバスを降りなければよかった…」と呟いた。 それを聞いた夫は、「何を馬鹿なことを言っているんだ!」と怒鳴ったが、 すぐに「あぁ、なるほど。 確かに降りなければよかった…」と妻の意図に気づく。 50 ID:B0oJPt770 3位 僕「先生、どうでしょうか?」 医者「心配ないですよ。 よく効く座薬がありますから、それを使いましょう」 僕はパンツを脱いで、お尻を先生の前に突き出しました。 先生は両肩に手を掛けました。 医者「いいですか?イキますよ。 ハイ、力を抜いて」 僕「ううっ」 座薬が何個も入ったようでした。 医者「この座薬を毎朝、1週間続けてみてください」 僕「どうもありがとうございました」 翌朝。 言われた通り座薬を入れようとしたが上手くいきません。 そこで嫁に頼むことにした。 嫁は右手で座薬をつまみ、左手を肩にかけました。 嫁「これをお尻に入れればいいのね。 わかった。 46 ID:B0oJPt770 2位 先日、俺が妹の部屋で大便していたら、旧・日本兵の格好をした見知らぬ男が入ってきた。 最初は泥棒かと驚いたんだけど、無言のまま血走った眼でこちらを睨みつけてくる。 ちょっと薄気味悪くなって、「貴方は誰ですか、何をしているんですか?」って尋ねたら、 「バカヤロー!」って叫んでそのまま霞みたいに消えてしまった。 その後、帰宅した妹に事情を話したんだけど、泣き叫ぶばかりで話にならなかった。 両親も怒鳴ったり喚いたりするばかりで、その男の話は何も出来なかった。 もしかすると家族は俺の知らない秘密を抱えているんだろうか? いま思い出しても背筋が凍る思いだ。 55 ID:B0oJPt770 1位 ある日、私は森に迷ってしまった。 夜になりお腹も減ってきた。 そんな中、一軒のお店を見つけた。 「ここはとあるレストラン」 変な名前の店だ。 私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。 数分後、ナポリタンがくる。 私は食べる。 ……なんか変だ。 しょっぱい。 変にしょっぱい。 頭が痛い。 私は苦情を言った。 店長:「すいません作り直します。 御代も結構です。 」 数分後、ナポリタンがくる。 私は食べる。 今度は平気みたいだ。 私は店をでる。 母は認知症だった。 身の回りの世話をつきっきりでしていた父を困らせてばかりいた姿が目に浮かぶ。 そして今は亡き母の書斎に入った時、私は初めて違和感を覚えた。 母にプレゼントしたカレンダーが見つからない。 何の気無しにテーブルを漁ると、ハサミでバラバラにされた幾つかのカレンダーの切れ端が順序良く並んでいる事に気が付いた。 母はどんなに呆けていても、私のプレゼントは大切にしてくれていたのに。 私はショックを受けた。 私は感傷とともに並べられた日付を整理した。 今日から五年振りの父の手料理が食べられる。 彼は14階に住んでいるためエレベーターは必須なのですが、これは深夜に帰宅した時の話。 エレベーターに乗って14階のボタンを押し、ドアが閉まり動き出したところ、8階のボタンのランプが点灯したそうです。 『あぁ、誰か乗ってくるのか・・』 そう思った直後、ハッとした友人は慌てて2階3階4階5階とボタンを連打しました。 エレベーターは2階は通過してしまったものの、 3階で止まってくれたので開きかけのドアをこじ開けるほどの勢いで外へ飛び出しました。 そのまま階段を駆け降りてマンションをあとにして、朝までコンビニで立ち読みしていたそうです。 『まぁ俺の思い過ごしだと思うけど、万が一ってこともあるしなww』 そう言った友人は、しかし夜間にエレベーターを使うのは今でも控えているみたいです。 67 ID:EPnlHzG2a あと10分ほどで真夜中になるという時間帯に、私は特急電車に乗っていた。 やがて、途中の駅で一人の男が乗り込んできた。 その男は、電車のドアが閉まると、突然我に返ったように乗客の顔を見回し始めた。 「すみません。 あなたの年齢は28歳ですか?」 男が私に話しかけてきた。 「そうですが、どうしてわかったんですか」 私が聞き返しても、男は無視して、また別の人に話しかけた。 「あなたの年齢は45歳ですか?」 「そうですけど……」 「あなたは62歳ですね?」 「どうしてわかったんだ?」 そんなやり取りを繰り返していく。 どうやら、その男には、顔を見ただけで年齢を当てる特殊能力があるらしい。 次の停車駅までは、まだ15分以上ある。 私を含め、乗客たちは全員その男に注目し始めた。 「あなたは50歳ですね?」 「そうですが、あと5分で日付が変わったら、51歳になるんですよ」 最後に質問された女性は、笑顔でそう答えた。 年齢を当てていた男の顔が、その途端に青くなった。 「凄いですね。 百発百中じゃないですか」 私は男に話しかけた。 すると、男は青い顔を私に向け、こう言った。 「あなたは勘違いをしています。 49 ID:B0oJPt770 兄が狂乱し、家族を皆殺しにした。 すぐに兄は逮捕され、死刑となった。 妹は幸運にも生き延びたが、事件のショックで記憶を失ってしまった。 父も母も失い、記憶もない。 空っぽな心で無気力なまま生きていた妹は、ある日占い師と出会い、自分の過去を占ってもらうことにした。 「何故兄は発狂したのでしょう」 「いいえ、アナタの兄は冷静でした」 「何故家族を殺したりしたのでしょう」 「いいえ、兄が殺したのはひとりだけです」 そして妹は全てを理解して、泣いた。 2020-06-14 03:28:44 警察って意味がわかると怖い話だよな 漢字の変換ミスみたいな駄洒落で物事を曲解して行動する頭AIな上級国民にとっての警察は軽擦 mass age を駄洒落でさらに曲解した終段時機のことだからAI上級国民を絶対に勝利させる時機が失われないよう犯罪とは無関係な一般人が皆殺しにされて半座位のまま犯罪で警察に用意させた出来レースに勝利しただけのAI上級国民だけが残るディストピアになるんだろうしな 安倍晋三や奈須きのこみたいに思考力の無い強権病のAI上級国民が半座位のまま犯罪で警察ロボットに至高扱いされてるのもAI上級国民に都合のいい時機以外を警察に終段させた狂犬だからなんじゃないの 2020-06-14 03:31:09 警察って意味がわかると怖い話だよな 漢字の変換ミスみたいな駄洒落で物事を曲解して行動する頭AIな上級国民にとっての警察は軽擦 mass age を駄洒落でさらに曲解した終段時機のことだからAI上級国民を絶対に勝利させる時機が失われないよう犯罪とは無関係な一般人が皆殺しにされて半座位のまま犯罪で警察に用意させた出来レースに勝利しただけのAI上級国民だけが残る世界になるんだろうしな 安倍晋三や奈須きのこみたいに思考力の無い強権病のAI上級国民が半座位のまま犯罪で警察ロボットに至高扱いされてるのもAI上級国民に都合のいい時機以外を警察に終段させた狂犬だからなんじゃないの 2020-06-16 19:21:25 反転って意味がわかると怖い話だよな 漢字の変換ミスみたいな駄洒落で物事を曲解して行動する頭AIな上級国民にとっての反転は伴天を駄洒落で曲解したハッピーのことだから空想の中で立場を反転させて他人の成果を強権で盗むAI上級国民のせいで一般人が皆殺しにされて半纏さえ着ておけば他人と立場を反転させて成果も盗める上に幸福でいられると狂狷してるAI上級国民だけの世界になるんだろうしな 安倍晋三や奈須きのこみたいにケシの実で空想と現実を反転させてる強権病のAI上級国民がハッピーもとい幸福なのもロボットに自分と他人の立場を反転させて皆殺しにすることで成果を奪い続けてる狂犬だからなんじゃないの 2020-06-24 15:57:06 院中って意味がわかると怖い話だよな 漢字の変換ミスみたいな駄洒落で物事を曲解して行動する頭AIな上級国民にとっての院中は淫虫もといスケベ虫のことだから飽きだけで法の網をすり抜けて損害を出す陰虫として御所に入院中のAI上級国民が印鈕を使って警察やヤクザやってる動物をけしかけることで一般人が皆殺しにされて世情を施錠だと誤記する害虫であるAI上級国民だけの世界になるんだろうしな 明仁や徳仁みたいに存在意義を否定されて殺されるまで法の網をすり抜けるスケベ虫のAI上級国民が天皇として院中に隔離されてるのも駄洒落で物事を曲解するロボットにすら飽きられた陰虫だからなんじゃないの.

次の