海外渡航 いつから可能。 コロナ後の海外旅行はどう変わるか いつ再開できる?

外務省の「危険情報」とは? いつ海外旅行に行けるのか? アフターコロナ、旅行再開の時期の目安

海外渡航 いつから可能

レベル1:十分注意してください 当該国(地域)への渡航・滞在にあたって注意事項がありますという内容です。 注意事項を頭に入れ守っていれば特に問題なく渡航・滞在可能な現地状況のため、不用意に怖がる必要はありません。 また、WHOから渡航に危険が伴うと公表された場合にも発出されます。 旅行会社のツアー(航空券+ホテルを含む)では、どの旅行会社でも原則として『通常どおり催行』するのが一般的。 レベル2:不要不急の渡航はやめて下さい 渡航の是非を真剣に検討する必要があり、渡航する場合には十分な安全措置を講じることを勧めるもの。 つまり、海外渡航が不要不急である場合は延期または中止しましょうという内容。 また、WHOから「国際的に懸念される公衆の保健上の緊急事態(PHEIC)」が公表された場合にも発出されます。 大手旅行会社のツアーでは『原則として催行中止』になることが多いですが、中小の旅行会社では一部のツアーを催行することがあり、旅行会社によって対応が分かれます。 レベル3:渡航は止めてください (渡航中止勧告) どのような目的であっても海外渡航は延期し、現地に滞在している邦人に対しては退避の検討や準備をしましょうという、極めて強い内容。 また、WHOが感染拡大防止のために防疫・渡航制限を公表した場合にも発出されます。 JATA加盟の全旅行会社の全てのツアーが『催行中止』になります。 レベル4:退避してください。 渡航は止めてください (退避勧告) 現地に滞在している全ての邦人に対して当該国(地域)から、安全な国(地域)への退避(日本への帰国も含む)を勧告する内容。 つまり、一刻も早くその場から逃げなければ身の危険に関わりますという最上級の勧告です。 また、WHOが感染拡大防止のための渡航制限を公表し、かつ現地の医療体制の脆弱性が明白である場合にも発出されます。 「危険情報」がレベル1以下に引き下がった時が海外旅行再開の目安 上記「危険情報」による旅行会社のツアー対応を見ての通り、レベル3では全てのツアーが中止になり、レベル2でも催行されるツアーは限定的です。 旅行会社としてはレベル1まで引き下がらなければまともにツアーを催行することができません。 つまり、 「危険情報」がレベル1以下に引き下がった時 が誰もが海外旅行に行けるようになる時期と言えます。 レベル1以下に引き下がれば旅行会社は通常通りツアーを催行できるようになるため、ツアー募集再開のキャンペーンが始まり徐々に海外旅行需要が戻り始めることになります。 とは言え、治療薬やワクチンが日本のみならず世界的に普及するまでの間は小まめな手洗いやマスクの着用など一定の対策が必要になることは間違いありません。 国・地域ごとの危険情報は、外務省の「海外安全ホームページ」で確認できるので、定期的にチェックしてみて下さい。 個人旅行者の場合は? ツアーを利用せずに個人で航空券を予約している人の場合は、例えレベル3が発出されていても飛行機が飛んでいて渡航先の入国制限で問題なければ渡航可能なので、キャンセルするもしないも個人の判断となります。 とは言え、レベル3は「渡航中止勧告」という極めて重い勧告ですので、当サイトとしてはよほどの事情が無い限りは渡航をおすすめできません。 ただ、レベル2の場合は行先や滞在先での行動内容によっては特にリスクとはならない場合もあるので、必ずしも延期または中止にする必要は無いでしょう。 つまり、個人旅行者の場合は 「危険情報」がレベル2以下に引き下がった時 が海外旅行再開の目安です。 ただし、滞在先や行動内容を十分に検討したうえで、飛沫感染や接触感染に対する十分な対策を講じることが大前提であることは言うまでもなく、現地で予想外の動きになる可能性もあるためある程度現地知識に明るく、自力でトラブル処理が出来る人でなければ渡航は自粛すべきでしょう。 ところで、「いつレベル3から引き下げになるの?」と疑問を持つ方もいらっしゃると思いますが、これは誰にもわかりません。 ただ、予想をするとすれば、先進国の動向からヒントを得られるかもしれません。 例えば、第三国における日本からの入国制限が緩和された時は事態が大きく変わる可能性があります。 尚、「危険情報」については過去の例から見ても根本的な問題+政治判断が入ったと思われる事例もあるため、必ずしも問題解決していなくてもレベル引き下げになる可能性はあります。 上記でご案内した外務省の「危険情報」はあくまで日本政府の見解です。 つまり、日本政府が「A国はレベル1に引き下げになりました」と発表してもA国政府が「日本からの入国は禁止です」と表明していれば当然A国に行くことは出来ません。 このように、海外旅行にしても海外出張にしても、海外渡航する際は各国の入国制限についてしっかりと確認しておく必要があります。 ちなみに一般論として、日本とA国の出入国に関する制限は2国間の協議で決定される相互主義が原則ですので、A国が入国規制を緩和し日本からの渡航が可能になった場合、日本政府もA国に対してレベルを引き下げる可能性は高いと思われます。 尚、ツアーの場合は各旅行会社が当該国の入国制限を確認したうえでツアー催行するため、特にチェックする必要はありません。 尚、有益情報として各国における旅行状況を調べることが出来る Tripsguard というサイトがあります。 英語サイトですが使い方は簡単。 地図を移動させる、もしくは国名を入力すれば、その国の国境が開かれているかどうか、旅行者に適用されている規則や制限は何か、公共交通機関が運行しているかどうか、レストランやバー、観光名所が開いているかどうかを調べることができます。 ただし、公的機関が出す情報ではないため100%情報を信用するのではなく、念のために情報の裏取りをすることをおすすめします。 要約すると、欧州連合が「EU各国の皆さん、安全国のリストを作りました。 EU加盟国はこのリストにある国からの渡航制限を解除すべきです。 ただし、これを認めるか否かは加盟国の判断に委ねます」という発表です。 つまり、現時点では日本からの入国が許可されていないということです。 EU側は外交の基本である「相互主義」を求めているので、日本外務省がレベル引き下げとEUからの日本入国を認めるか? 日本側の対応が今後の焦点です。 尚、日本がレベル引き下げや相手国からの入国制限を解除しなくても、つまり相互主義を問わず日本からの入国が許可される場合もあります。 その他、下記ページも有益な情報がまとめられています。 (国際航空運送協会 IATA による各国の入国規制情報) 入国制限について確認するポイント• 入国禁止になっていないか?• 入国が認められている場合、入国後14日間の隔離などの「入国条件」が提示されていないか? その他の確認すべきポイント 入国に問題が無いことを確認のうえ、下記の点についても確認しましょう。 これらの問題が解決していない場合は現地での行動に大きな支障をきたすことになり、旅行を楽しむ環境が整っていないことになります。 また、各国政府による対策関連の義務・取り決めにはご注意を。 知らなかったでは済まされず罰則の対象となり得ます。 これらの情報は各国にある日本大使館の公式サイトで確認してみましょう。 尚、7月現在、日本へ再入国(帰国)する際は検疫所長が指定する場所で14日間の待機要請が出ているほか、公共交通機関を使わずに帰宅することを要請されています。 第三国への渡航が可能であっても、この措置が解除されていなければ帰国時に大きな制限を受けることになります。 航空会社の運航状況 2020年7月現在、多くの航空会社が国内線の減便や国際線の運航停止などの措置を取っています。 国際線の運航状況が以前と同じ水準に戻るにはかなりの時間を要すると思われますが、7月から運休している一部の便を運航再開する航空会社が多く出てきており、8月には多くの便が再開する見込みです。 ある程度運航再開してくれば国と国の行き来が再開したことを意味するため、海外旅行の再開時期の一つの目安になります。 現在予約をしている人は、各国の入国制限と同様に必ず運行状況は確認しましょう。 予約を取り消されていないか? 予約便が運行されているのか? 時間などの変更は無いか?を確認しておきましょう。 運行されていても減便の影響で時間変更されていることがあります。 また、飛行機の搭乗時に「マスク着用義務」を定めている航空会社もあるため、搭乗に関する注意事項もしっかりと確認して下さい。 その他、機材変更による座席の変更もあり得るので、座席指定している人は念のため座席の確認をしておくと安心です。 業界による自主的な感染防止策を前提とした旅行実施の段階的な緩和• 大規模な需要回復キャンペーン• 出国時の検温、健康チェックなどの仕組みを作り、入国可能な国同士での相互交流を再開 JATAが現在描いている回復シナリオとしては、まずは国内旅行から需要喚起に着手(キャンペーンを想定)。 その後、出入国制限の緩和状況に応じて可能な国から徐々に海外旅行とインバウンドの需要喚起に着手。 東京オリンピック開催年となる来年初めには全面的な再開に繋げたい考えです。 つまり、旅行業界的にはまずは国内旅行から需要を回復させるとの考えなので旅行会社もこの流れで進み、まずは国内ツアーから募集が始まると思われます。 ですので、海外旅行のツアー再開時期としては、国内ツアーの再開後で外務省が「危険情報」をレベル1以下に引き下げ、世界各国の出入国制限が大幅に緩和された時だと予想します。

次の

新型コロナ、日本人渡航制限の国は?今後の海外旅行や払った旅費は?

海外渡航 いつから可能

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、世界中で海外旅行ができなくなっています。 日本でも緊急事態宣言が発令され、外出自粛。 死者も出ている状況なので、安全第一が続きそうです。 しかし、旅好きとしては、気になるのが…• 海外旅行はいつから行ける?• 渡航禁止令の解除予定は?• 感染リスクの心配なく海外に行ける?• コロナウイルス収束の見通しは? といったことです。 多くの海外旅行がキャンセルになり、また、海外旅行中の人は、足止めを食らっている事態にもなっています。 ハネムーンに行けない人も続出。 まだまだ予断を許さず、先行き不透明で誰にもわからない世界的パンデミックですが、今回のブログ記事で少し考えてみました。 新型コロナの影響で海外旅行に行けない 改めて言うまでもないですが、新型コロナウイルス感染症の被害拡大で、 世界的に海外旅行に行けない状況になっています。 こういう動きを 「ロックダウン(都市封鎖)」というそうです。 最初は、EU各国を中心に、一部の出入国を制限する動きが見られただけでした。 特に、中国人に対する制限が目立ちました。 しかし、死者を伴う世界的被害が明らかになるにつれて、世界的に国内外の移動を禁止するように。 今では、世界中の多くの国で緊急事態宣言のようなものが発令されていて、海外渡航は禁止になっています。 急に、海外旅行に行けない時代が到来しました。 人命第一。 感染被害拡大防止が第一です。 ハネムーンがキャンセルになった知人も気の毒でしたが、こればかりは仕方ないです。 海外旅行にはいつから行けるようになるか?安全な旅の条件は? コロナの感染被害が拡大している中、海外旅行にはいつから行けるようになるでしょうか? 個人的な予想ですが、 2020年は難しく、2021年から海外旅行ができるようになるのではないかと考えています。 海外旅行の条件は、いくつかあります。 日本の渡航禁止令が解除される• 旅行先の入出国制限が解除される• 自分が感染者でない• 感染リスクの低い国があるか といったポイントです。 そもそも、制限が解除されないと物理的に行けないですもんね。 日本から出国する許可が下りる必要があるのと、旅行先の入出国制限が解除される必要がありますよね。 例えば、2020年の冬ごろに世界的な入出国制限が解除され始めたとして、それでも本当に安全か?感染リスクがないか?というのは確認しなければいけません。 そして、自分が感染者でないかどうかも重要。 症状がなくても体内にコロナウイルスを保有している可能性はあります。 そんな免疫力の強いあなたから、免疫力の弱い海外の人に移してしまったら大変です。 もちろん、菌が残っていない安全な国を選ぶのも大事。 自己責任の中で、感染リスクがなく、衛生状態の良い旅行先を選ぶ必要があるでしょう。 海外旅行中は外食がメインになりますから、普段以上に気を遣う旅行になることは間違いないです。 【諸外国】渡航禁止令の解除予定日は? 各国の、入出国に対する渡航禁止令の解除予定日はいつでしょうか? 5月から、ロックダウン緩和の動きは世界各国であります。 例えば、タイでは国内線の運航が開始。 オーストラリアでも、お店の通常営業に向けて動き出しています。 日本の緊急事態宣言は、5月6日が5月31日までに延長。 しかし、6月1日からは解除で通常営業、ということにはならなそうですよね。 むしろ、バス会社などは5月から深夜バスの運転を撤廃にしたり。 コロナ対応が遅くなった企業は、これから自粛対応を広げるところもありそうです。 被害状況を見ると、もう少し安全第一で収束を待つのがいいと思います。 世界的にも感染者の数は増えていますし、死者も出ています。 まだまだ予断を許さない被害状況なので、5月に解除される国は少ないのではないでしょうか? 個人的には、5月では収束の目途が立たないと思います。 2020年の夏ごろに何らかの目途が立ち、 2021年から海外旅行ができるようになるといいなと思っています。 感染被害の少ない国もあります。 そういうコロナの影響がない国では、少しずつウイルスの猛威が消滅していくのではないでしょうか。 自分がコロナ感染者かどうか確認する方法は? 海外旅行に行けるようになったとしても、自分の体内にコロナウイルスの菌がいたら最悪です。 知らないうちに、他人の命を奪うことになるかもしれないのです。 恐ろしいですよね。 そんな中、 自分が新型コロナウイルスに感染しているかどうか、菌を保有しているかどうかを検査する簡易キットが販売される動きがあります。 これを使用して、自分がウイルス媒介者にならないように気を付けましょう。 感染していても症状が出ない人もいます。 コロナの影響が少ない安全な海外旅行先の国とは? 新型コロナの影響が少ない国が、あります。 もともと中国の武漢から広がったとされるので、中国人観光客が少ない国で、対処が早かった国ではそこまで感染被害が広がっていません。 例えば、 コモロ、キリバス、レソト、マラウイ、マーシャル諸島、ミクロネシア連邦、ナウル、北朝鮮、パラオ、サモア、サントメ・プリンシペ、ソロモン諸島、南スーダン、タジキスタン、トンガ、トルクメニスタン、ツバル、バヌアツ、イエメン といった国々はコロナの被害がないです。 これらの国々では、コロナ早期収束の可能性もありますし、海外旅行に行っても感染リスクは少ないでしょう。 海外旅行って最高ですが、健康第一なのは誰でも共通だと思います。 これらの国がコロナのリスクが低いからといって、必ず安全なわけではありません。 制限解除後も、 自己判断・自己責任で、慎重な行動が求められます。 【コロナ拡大防止】海外旅行はいつから解禁?安全な国はどこ? 今回のブログ記事では、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、海外旅行はいつから解禁されるのか、安全な旅をするための考え方を書いてみました。 死者が出ている訳ですから、緊急事態は長引くことでしょう。 2020年クリスマスシーズン頃に落ち着いてくればいいなとは思いますが、どうなるかは専門家にも分かりません。 渡航禁止・入出国制限が解禁されたとしても、まだまだ油断できません。 感染リスクが低い、衛生的で安全な国の人気が高くなるでしょう。 中国や東南アジアや日本などは、しばらくは海外旅行先として人気が低迷するかもしれませんね。 安全第一、人命第一ですから、それは仕方ない… 海外旅行好きとしては今回のコロナは残念な事態ですが、 なによりも、被害者の回復と、拡大防止を祈っています。 2月の本格化から3か月が経過しようとしていますが、油断せずに自分の身を守りましょう。 私も、感染に気を付けながら、悲観せず、適度に近所の散歩を楽しんでいます。 海外旅行ブログをバリバリ更新できる日が早く来るといいな。

次の

【コロナ】海外旅行はいつから行ける?解禁日と感染リスク【安全な旅】

海外渡航 いつから可能

各国の入国制限や渡航に関する対応は予告なく変更になる場合があります。 にて最新の情報をご確認ください。 ポルトガル:早くも受け入れ再開 ポルトガルの外務大臣であるアウグスト・サントス・シルヴァは、『オブセバドール』紙とのインタビューで 「ポルトガルは国境を再開した。 観光客を歓迎する」と述べた。 飛行機で到着した旅行者は強制的な隔離もなく入国が可能になったとのこと。 ただし、健康状態の最小限の確認は国の方針に沿って行われる。 国際線旅行者を首都アテネと北部テッサロニキの空港で受け入れる予定。 海外からの観光客受け入れは段階的、中国や韓国などアジア地域が受け入れ対象国に含まれる可能性が高いとのこと。 6月20日までには多数の国を対象にした渡航規制が全面的に解除される見通しとなっている。 実施すれば、14日間の隔離なくグアムへの入国が可能となり、観光再開への第一歩となる。 入国制限緩和の対象となるのは、日本、韓国、台湾のパスポート保持者とのこと。 参考: ハワイ:7月〜観光業再開の可能性 ハワイ州のグリーン副知事は、PCR検査の実施で感染リスクを最小限にすることで、 観光業を7月にも再開できるかもしれないという見解を示しました。 ハワイが最初に受け入れるべきは、日本、ニュージーランド、オーストラリアの旅行者だとも述べています。 参考: スペイン:7月〜外国人観光客受け入れ再開 アランチャ・ゴンザレス・ラヤ外相は以前、具体的な日程は明かさなかったものの、 渡航者の隔離措置は7月に解除されるだろうと述べていた。 また、英格安航空イージージェットは、6月15日から欧州の22の空港からのフライトを再開予定とのこと。 参考: スリランカ:8月〜外国人観光客受け入れ再開 大統領府は5月26日、新型コロナウイルス感染防止タスクフォースからゴダバヤ・ラージャパクサ大統領に対し、 海外からの観光客を受け入れるため8月1日より空港を再開する提案があったと発表した。 海外からの観光客受け入れのためには、国内外の専門家の定める保健衛生ガイドラインに従う必要性を強調したとのこと。 10月のバリ島の平均気温は27度でとても快適に過ごせそうです。 参考: 海外航空券・ホテル予約のおすすめサイト 最安値の海外航空券の検索なら、 スカイスキャナーがおすすめ! スカイスキャナーは、石油サーチャージ料や空港使用料などの付加料金も全て込みの金額で表示されるのでわかりやすいです。 コロナ影響でまだまだ先行きが不安定の中の予約となりますので、 キャンセル規定をよく確認の上、キャンセル可能な航空券を購入すると安心です。 海外ホテル予約なら、 Booing. comがおすすめ! 特に期間限定セールのお得ホテルが多数掲載されているので、まずはBooking. comで検索! ホテル検索サイトの中でも、最安値で予約するなら Agoda(アゴダ)がおすすめ!Booking. comで良さげなホテルが見つかったらAgodaでも検索して比較してみましょう! <まとめ>2020年夏に海外旅行できそうな国や地域 今年の夏に行けそうな国のまとめです。 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。 レベル3:渡航は止めてください。 渡航中止勧告 つまり、いくら諸外国が外国人観光客を受け入れ開始したとしても、 日本側が不要不急の渡航は止めるよう呼びかけている以上、実際海外に行くのは難しいかと思います。 また、渡航先から日本に帰国した際も、新型コロナウイルスまん延防止のために下記の措置が行われます。 全員に PCR 検査が実施され、検査結果が出るまで、自宅等、空港内のスペース又は検疫所が指定した施設等で、待機いただくことになります。 入国した次の日から起算して 14 日間は、事前に申告いただいたご自 宅又はご自身で確保したホテル等にて待機していただきます。 その際、 自宅・ホテル等の待機場所からの外出や、公共交通機関(不特定多数が 利用する電車、バス、タクシー、国内線の飛行機、旅客船など)を使用 しないでください。 参考: 外国人観光客として受け入れてもらえる体制が整ったとしても、 日本に帰国した際のことも十分考えておく必要がありますね。 1日も早く、以前のように安心して旅ができる日が訪れますように。

次の