ホンダ スクーター 150。 ホンダ「ADV」に待望の小排気量モデルが登場!? インドネシアで発表された「ADV 150」に大注目!!

【動画あり】ホンダが冒険スクーター ADV150を発表![インドネシア]日本仕様は? 3輪は?

ホンダ スクーター 150

近年人気上昇中の新型。 その魅力はどこにあるのだろうか。 やといった、いわゆるに150ccエンジンを搭載したような容姿のスクーターは以前から存在した。 しかし近年のモデルでは、250cc以上の を連想させる大きめのボディに加えて、高性能や便利装備、多くの専用カスタムパーツが発売されている。 特に昨年発売された は注目を浴び、既に街で多く見かけることから人気の高さが伺える。 タイプと比べて大きく安定した車体がもたらす 高速走行での安心感は、近年のを単なる街乗り・買い物バイクの枠から飛び出させた。 仲間とのツーリングも楽しめるは「バイクとしての魅力」も兼ね揃えてきたと言えよう。 今回はその中でも人気が高い と、それに対抗するかのように2013年10月に発売された の二車種を比較。 スペックやユーザーインプレッションなどを参考に、 の魅力を感じていただきたい。 HONDA に比べて車重が16kg程軽く全長もやや短いが、他のに比べると車体は大きく存在感がある。 燃費向上のために アイドリングストップ機能を標準装備するなど、環境にも配慮されている。 給油口はメインキー横に設置されているスイッチによりワンタッチで開閉が可能となっており給油がスムーズ。 シート下収納は約25リットルで、 +など 日常使用では十分な容量である。 完成度が高く、使い勝手の良い車両となっている。 YAMAHA 車体が標準的なよりも一回り以上大きい上にフラットフロアなので、足元のスペースが広い。 もちろん荷物を置くことができ、乗り降りの際にもスムーズで快適である。 またフロントにはフックも完備されているため荷物を掛けることも可能である。 シート下の収納は約32リットルあり、 に加えてや500mlのペットボトルなども 余裕を持って入れられる。 それでいて排気量が155ccのため高速道路を走行することも可能であり、加速力も十分ある。 街乗り・ツーリング両方で活躍間違いなしの一台である。

次の

新型!ホンダHONDA ADV150とPCX150を比べてみました スペック、値段、最高速

ホンダ スクーター 150

バイクの排気量と言えば、基本的には免許の区分に沿って考えられることが多いですよね。 例えば原動機付自転車免許なら50ccまで、小型限定普通二輪免許なら125ccまで、普通二輪免許なら400㏄までといった具合です。 これに加えて税金や車検の有無の境目となる90cc、250ccも一つの目安。 実際に市販されるバイクもこれらの排気量上限を狙って開発されることが多いのですが、 実は近年ちょっと特殊な排気量のバイクが増えつつあることにお気づきでしょうか。 それこそが今回ピックアップする150cc前後のバイクたち。 これらはインドを中心とする海外での需要が大きく、それが国内に逆輸入されたかたちですが、日本国内においては必要な免許や車検の有無、かかる税金も250㏄クラスと同じ。 そうなるとやや性能で劣る点が気になるところですが、それでも国内に投入されるラインナップは年々増加傾向にあるんですよね。 いったいどんな点が評価されているのでしょうか。 今回は 150cc前後のスクーター・バイクを選ぶメリット・デメリットと、150㏄前後の国産現行バイクの比較をしてみたいと思います。 もしかすると意外なところにあなたにぴったりの1台があるかもしれませんよ。 アイキャッチ画像引用元:• 自動車専用道路の走行が可能• コストパフォーマンスが良い• 車体が小さく取り回しが楽• 当然125㏄より余裕のある走りが可能• ピンクナンバーじゃない• マイナーな選択肢となるため人と被りにくい 一つずつ詳しく解説してみます。 自動車専用道路の走行が可能 125ccと比べた場合、恐らくこれが最大のメリットとなります。 150㏄はパワーに余裕があるわけではないものの、 いざというときに高速道路を走ることが可能です。 となれば、 便利な自動車専用道路が身近にある地域では走れる・走れないの差はかなり大きいと言えそうですよね。 コストパフォーマンスが良い これも150cc前後のバイクが選ばれる大きな要素です。 価格は125ccクラスと大差ないにもかかわらず、スペックは上で高速道路も走れるとなれば断然お買い得感があります。 250ccと比較すると20万以上違うこともありますから、かなり大きなメリットと言えるのではないでしょうか。 車体が小さく取り回しが楽 150ccクラスのバイクの多くは125㏄クラスと同等の車体サイズです。 このため、取り回しについても250㏄クラスより125㏄クラスのバイクに近く、より気軽に乗れると言えそうです。 特にスクーターはパワーと取り回しのバランスに優れる車種が多いと言えます。 普段住宅地や細い路地を走り回るけれど、たまに大きな道も快適に走りたいという場合、125㏄と悩むことになるかもしれませんね。 当然125㏄より余裕のある走りが可能 先述の通り、125㏄クラスと同等の車格でありながら排気量が大きいわけですから、 当然走りにも余裕が出てきます。 250㏄と比べると走りに物足りなさを感じることがあるかもしれませんが、通勤・通学の足としては125㏄でも十分すぎるほど。 特に坂道の多い地域では少しでもパワーのあるバイクの方が運転が楽になりますが、それでいてコンパクトな150㏄は良い選択肢になるのではないでしょうか。 ピンクナンバーじゃない 人によっては気になるのが125㏄クラスのナンバーの色。 50㏄クラスは白いナンバーだったのに、 90㏄クラスは黄色、125㏄クラスはピンクとちょっと特殊なカラーのナンバーを付けなければなりません。 しかし150cc前後のバイクが付けるナンバーは250㏄クラスと同じ白いナンバー。 黄色やピンクは車体カラーとの兼ね合いがありますが、白ならほとんどどんな色とも自然とマッチするはずです。 ちなみに400㏄クラスから上は白いナンバーが濃い緑色に縁取られます。 これは車検があるバイクの証のようなものですね。 マイナーな選択肢となるため人と被りにくい 150㏄は250㏄はおろか125㏄と比べてもかなりマイナーな排気量です。 そのため感じ方次第ではありますが、 街中で同じバイクとすれ違いにくいのも一つのメリットと言えるかもしれません。 250㏄と比べると走りの点で劣る• 125㏄と比べると維持費が高い• 総じて中途半端 先にも述べましたが、 ポイントは「免許区分や車検の有無、法律的制限の点で250㏄クラスと同等」であることと言えます。 250㏄と比べると走りの点で劣る これは致し方ないですね。 先述の通り、150㏄は免許区分や税区分、法律的制限の点では250㏄に近いですが、排気量は125㏄の方が圧倒的に近いわけです。 そのため、 走りの性能も250㏄クラスというよりは125㏄クラスに近いもの。 その分車体価格は抑えられていることがほとんどなので、 「パワーは必要ないけどたまに自動車専用道路に乗るかもしれない」といった場合にはコスパの高いありがたい選択肢となります。 125㏄と比べると維持費が高い 125㏄と150㏄(250㏄)の維持費の違い(例)を表にまとめてみました。 まず、125㏄は自動車の保険に付随するサービス、 「ファミリーバイク特約」の対象となるため、維持費を抑えやすいという特徴も持ちますが、150㏄クラスはこれに加入できません。 一般的な任意保険の場合、その保険料は年齢や保険等級が上がるにつれて差は小さくなっていきますが、条件次第では万単位の差になることも・・・。 下記のページで概算を診断することが可能です。 維持費や取り回しにこだわるなら125㏄で良いし、より大きなパワーを求めるなら250㏄で良いと言えますからね。 しかし、先述の250㏄にはないメリット、125㏄にはないメリットも多く持つので、最終的にはその辺りをどう考えるかということになりそうです。 この見方が無理なくできるのであれば、150ccはかなりお買い得かもしれません。 冷静に考えれば、もともと同じ排気量でもタイプによってパワーや乗り味はかなり異なりますからね。 0(L) 8. 0(L) 6. 6(L) 7. 4(L) 7. 2(L) 12(L) メーカー希望小売価格 有395,280~(円) 無373,680~(円) 451,000~(円) 378,000~(円) 372,600~(円) 484,000~(円) 352,000~(円) まずは150cc前後のスクーター・バイクのスペック一覧を見てみましょう。 国内モデルで現役なのはスクーター5台とネイキッドが1台。 スクーターはいずれも125ccとの違いが焦点となりますね。 この辺りは下記の記事でもまとめています。 では1台ずつ特徴を見ていきましょう。 【150cc】ホンダ PCX150 引用元: 「ホンダ PCX150」は125㏄版「PCX」、「PCX HYBRID」の兄弟モデル。 3台の違いは次の通り。 4[1. 3[0. 0(L) 8. 0(L) 8. 0(L) メーカー希望小売価格 380,600 【ABS:402,600】(~円) 348,700(~円) 440,000(~円) 表からもわかる通り、3台とも共通の車体を持ちます。 スペック的には 低回転の乗りやすさをそのままに高速走行も可能にしたイメージ。 価格は大差ないようにも見えますが、クラスが異なるので納車費用(整備費や登録料)で差が付く可能性がある点には注意が必要です。 125㏄の「PCX」のみABSが設定されていない点に注意。 250㏄クラスと比べるとやはりかなりコンパクトな車体で、約28Lのメットインスペースも250㏄のビッグスクーターと比べるとやや物足りなく感じるかもしれません。 ただしコンパクトゆえに車体が軽いため、街中でのスタートダッシュにおいてはそれなりのパフォーマンスを発揮します。 ライバル「NMAX155」と比べたときのメリットはPCX150の方が1. 4Lも燃料タンクの容量が大きいこと。 また燃費もPCX150の方が上で、 スペックから導き出す最大航続可能距離はPCX150が約368km、NMAX155が約275kmとかなり優位です(125㏄のPCXは約406km!)。 通勤・通学に使用するとどうしても走行距離がかさみますが、 航続可能距離が長ければ長いほど、年間の給油回数を減らすことができて無駄を省けるというメリットになります。 【150cc】ホンダ ADV150 引用元: 2020年2月14日に発売。 150ccという特殊な排気量にも関わらず、発売前に年間販売計画台数3,000台を上回る約4,000台の受注を受け、大変好調なスタートダッシュを決めました。 その人気の理由はやはりデザインでしょう。 街中に溶け込むスマートなデザインのPCXに対し、ADV150はアドベンチャー要素、アウトドア要素を思わせるアクティブなデザインを採用しています。 エッジの効いたデザインでかっこいいですよね。 それでいて中身はPCX150をベースにしているため、その走りの良さは折り紙付き。 加えてストロークの長いサスペンションを採用することで、あらゆる路面状況で上質な乗り心地を実現しているとのこと。 引用元: 純正アクセサリーで耐荷重8. 0kgの大きめなリアキャリアが用意されているので、キャンプ用途などで検討する場合は要チェックです。 【155cc】ヤマハ NMAX155 引用元: 「ヤマハ NMAX155」も125㏄モデルの「NMAX」と共通の車体を持ちます。 6(L) 6. 6(L) メーカー希望小売価格 385,000(~円) 357,500(~円) 当然ですがスペックは155㏄のNMAX155の方が上ですね。 最大トルクもNMAX155の方が低回転で発生できますが、変速比も異なるため、実際の加速は乗り比べでもしない限りそこまで大きな違いには感じられないかもしれません。 ただしトータルバランス、完成度では155㏄の方が上という声が多いです。 もちろん高速道路の走行の可能を視野に入れているため、より高い速度ではNMAX155の方が勝るのは言うまでもありません。 燃費が悪い反面、NMAX155の方がほんの少し低回転よりなため、街中ではややスポーティーな感覚が味わえるのかもしれませんね。 【155cc】ヤマハ マジェスティS 引用元: かつての帝王「マジェスティ」の名を冠した現行ビッグスクーターです。 新型はヘッドライトの形状がよりエッジの効いたデザインへと変わりました。 かっこいい。 「PCX150」、「NMAX155」といったライバルと比べた場合、気になるのはその重さですが、 「マジェスティS」はライバルと同じ最高出力、最大トルクを最も低い回転数で発生させることが可能です。 ただし燃費はあまり良くありません。 マジェスティSの最も大きなポイントと言えば、 ライバル2台にはない大きなメットインスペース(約32L)を持つこと。 フルフェイスのヘルメットも余裕で収納することが可能です。 また、フットスペースが横方向にフラットなのも特徴的です。 ただ一つ、ABSの設定がないのはライバルと比較したとき少し気になる点かもしれません。 【155cc】ヤマハ トリシティ155 引用元: 「トリシティ」といえば、貴重な 3輪バイクとして有名ですね。 その走破性の高さと安定感は高く評価されていて、125cc版の「トリシティ125」はお巡りさんの足として採用されるケースも増えているようです。 155㏄の「トリシティ155」は、そんな「トリシティ125」の完全上位グレード。 数字で見るとたった31cc、たった3馬力の違いですが、 このクラスではたった3馬力も大きな違いです。 また、 トリシティは元々前2輪で安定感の高い車種ですが、その恩恵はもちろん高速走行時にも得られます。 路面が濡れていようが落ち葉が積もっていようがお構いなし、横風にも強いためスピードを出しても怖さを感じません。 街中から高速まで安心して走ることができます。 反面、普通の2輪車と比べると非乗車時の取り回しはやや悪く感じられるかもしれませんね。 また、構造が複雑な分車体は重く、価格も同排気量のライバルと比べるとやや高めですが、 その唯一無二な存在感が気に入れば非常におすすめな1台です。 2019年には初のマイナーチェンジが実施され、シート高が15mm低い765mmに (2019年3月20日発売)。 シートも新設計のものへと変更され、足つき性が向上したようです。 わずか15mmと感じるかもしれませんが、765mmはトリシティ125と同じシート高ですから、用途に合わせてより柔軟に選択できるようになったと言えそうです。 【154㏄】スズキ ジクサー(GIXXER) 引用元: 150ccクラス唯一のネイキッドタイプのMTバイクがスズキの「ジクサー」です。 カラーリングもかっこよく、ホイールのラインもおしゃれ。 というわけで、250ccストリートファイターとスペックを比較してみましょう。 それでいて車重は圧倒的に軽く、燃費も驚異的。 価格も250ccクラスと比べると圧倒的な安さです。 125ccクラスの「ホンダ CB125R」も良いライバルと言えそうですが、最高出力、最大トルク、燃費、価格、また高速道路を走れるという点でもジクサーが上回っています。 そのコスパの良さから、個人的には初心者にもおすすめできるバイクだと考えています。 150ccは中途半端?実はかゆいところに手が届く排気量かも! 150cc前後のバイク、意外と盲点だった人も多いのではないでしょうか。 実際に125ccや250ccと比較しても、思いの他メリットが多いことに驚きます。 車種によっては125ccと同等の車体でよりゆとりのある走りができたり、一方で250ccと同等の車体でありながら軽量で燃費が良く、価格も抜群に安かったり・・・。 なぜなら10年落ちで走行距離は3万km強、ハンドルは社外品で足回りはへたりまくり、外装は傷だらけ。 極めつけの足回りの修復歴に加えて250ccビッグスクーター自体が落ち目の時代・・・ 正直処分費を支払う覚悟でしたが、しかし結果的には 新車購入額の10%以上を手にすることができました。 面倒くさいからと避けられがちな一括査定。 確かに面倒くさいのは事実ですが、日給数万円の割の良い仕事だと思えばどうでしょう。 バイクを買い替えたい人必読!.

次の

【150ccスクーター 比較インプレ】原付二種+αの「ちょっとした余裕」がイイよね♪高速道路も乗れて移動が快適!買い物からツーリングまでマルチに活躍!

ホンダ スクーター 150

近年発売開始されるモーターサイクルの排気量を見ていると、時代は変わったな……と思い知らされます。 かつては日本に合わせて125cc、250cc、400cc、未満のモデルが大半を占めていたのですが、今や各メーカーは125cc以上で250ccより遥かに小さい、150~200ccのモデルを盛んに投入しています。 活況を呈する150~200ccスクーター そのクラスが、どれ程盛り上がって来たかと言うと…… こ~んなに沢山、当サイトでも同クラスのスクーターをご紹介しているわけです。 それもグローバル化が時代の流れ。 落ち着いて考えてみると、排気量あたりの性能は向上しているワケで、実用上は150ccでも200ccでも、特に問題ないのです。 スズキ「バーグマン200」 ブリリアントホワイト さて、「バーグマン200」は、軽量・コンパクトで扱いやすい車体に、力強い加速と滑らかな走行を実現する200ccの水冷エンジンを搭載したスクーター。 多機能メーターの採用や実用的なサイズのスクリーンを装備。 ご覧のとおり、フルフェイスのヘルメット二つを収納できる大容量のシート下スペースも自慢です。 フロントパネル内には二つのボックスを装備。 ロック付きのフロントボックスをひとつ、ミニボックスを右に、レイアウト。 小物やグローブなどの収納に活躍します。 またフロントボックス内にはスマホの充電に便利なアクセサリーソケット(DC12V)を装備しています。 足つき性の良いフロアボード形状と低いシート高も、実用性を高めるうえで重要なポイントでしょう。 というワケで「バーグマン200」は、通勤・通学からプライベートまで様々な用途での使い勝手を高め、快適性と機能性を追求しています。 ライバル以上なのはエンジン! 250ccに極めて近い排気量でなくても問題ない、と言い切れるのは、やはり性能が保たれているから。 それを可能にするのが高性能なエンジンです。 上掲他社メーカーが150cc付近なのに対して、「バーグマン200」は、同じ水冷4サイクル単気筒エンジンですが、排気量は少し大きい199cc。 というワケで、それに応じて若干パワフルになっています。

次の