フラット ポーチ 作り方。 ポーチを作りながらファスナーのつけ方をマスターしよう

フラットポーチ

フラット ポーチ 作り方

布小物を作りはじめて、巾着が縫えるようになって、その次のステップは、ファスナー付きポーチ。 工程が複雑そうで、ニガテ意識のある方もいるかもしれませんね。 今回は基本のフラットタイプのポーチやペンケースを作るときに大活躍するファスナーの付け方を紹介します。 こんな形の裏地付きのポーチやペンケースがきれいに仕上がります。 ファスナーの種類 ファスナーには、下止の部分が、左右に分かれる開製品(オープンファスナー)と、左右に分かれない止製品の2種類あります。 ポーチなどには、主に止製品を使います。 今回は、フラットニットファスナーを使ってファスナーの付け方を紹介します。 準備に必要なもの ファスナーを付ける際、片押さえ(ファスナー押さえ)があると便利です。 片押さえとは、通常の押さえの片側が空いているもので、エレメントにあたらずに縫える、ファスナー付けに便利な押さえ金です。 ちなみに、エレメントや縫い目が表地に出ないコンシールファスナーを縫い付ける際は、専用のコンシール押さえを使います。 ミシンの取り扱い説明書に沿って、ミシンの押さえを片押さえにしてくださいね。 材料 用意するもの ・ファスナー ・表布 ・裏布 今回は、20cmのファスナーに、幅、23cmの布で作りました。 ファスナーの付け方 ファスナーと表布を中表にして、表布を端から5mm出した状態にします。 上耳と下耳は、止め具の位置で、外側に三角に折ってまち針で止めます。 端から7mmのところを縫います。 裏布を中表に重ね、端から1cmのところを縫います。 表に返して、アイロンで形を整えます。 表布を中表に折り、ファスナーの反対側のテープと表布を中表に合わせます。 ファスナーの端から、表布を5mm出して、7mmのところでミシンをかけます。 このとき、ファスナーの端は、外側に三角に折っておきます。 裏布も中表に折り、表布と裏布を合わせて、端から1cmのところを縫います。 ファスナーは開けておいてくださいね。 横から見るとこんな感じになっています。 表に返すと、こんな風にファスナーが真上についています。 これでファスナー付け部分は完成です。 あとは、両脇を中表にして縫って、裏返せばファスナー付きペンケース・ポーチの完成です。 詳しいファスナー付きペンケース・ポーチの作り方はを参考にしてくださいね。 ファスナー付けをマスターすると、小物のバリエーションが一気に広がりますね。 ハンドメイド作家も夢じゃない?オリジナルポーチ・ペンケースをぜひ作ってみてください。

次の

ファスナーの種類と付け方~簡単ポーチの作り方も~

フラット ポーチ 作り方

手作りハンドメイドぺたんこポーチの作り方の1つ目は「はぎれファスナーぺたんこポーチ」です。 はぎれを使ったスクエアタイプのこちらのハンドメイドポーチは、マチがない分簡単に作ることができるため、ファスナーの付け方に慣れていないハンドメイド初心者にもおすすめの作り方です。 はぎれファスナーぺたんこポーチの材料• 表布・裏布…1枚ずつ• 表布用接着芯…1枚• ファスナー(20cm)…1本• リボンまたはテープ(5cm)…1本 ファスナーぺたんこポーチの作り方• 1表布の裏側に接着芯を貼ります。 2表布の上から2cmに印をつけ、リボンを印部分に置きます。 3端から5mmのところを縫って仮止めをします。 4表布の上にファスナーを中表にして、中心同士を合わせるように重ねます。 5その上から裏布を中表にして重ね、クリップで留めます。 6ファスナーの引手を下げ、ファスナーを閉じた時に引手が来る方の端から1. 5cm部分に印をつけます。 7印部分から縫い始め、ファスナーを縫いつけます。 引手付近に来たら、引手の場所を移動させます。 8縫った場所を広げ、アイロンをかけます。 9表布・裏布をそれぞれ合わせるように折ってクリップで留めます。 10端1. 5cmを残して縫いはじめます。 11アイロンで縫いしろを広げ、中心をクリップで留めます。 12返し口8cmを残し、合わせ部分がずれないように縫っていきます。 13裏布が内側になるようにひっくり返し、目打ちで角を整えたら完成です。 カードポケットや仕切りがついており、多彩なシーンにも便利なこちらのハンドメイドポーチは、一見作るのが難しそうに見えますが、基本的なポーチの作り方をマスターすれば、簡単に作ることができますよ! 仕切り付きぺたんこポーチの材料• 紙(A4サイズ)…1枚• 表布・裏布…1枚ずつ• 接着芯…1枚• ファスナー…1本• プラスナップ…1組 仕切り付きぺたんこポーチの作り方• 1A4型紙を半分に折り、角にカーブを付けて切り取ります。 11cm折り曲げて、三つ折りにして型紙を作ります。 2それぞれの型紙に合わせて布を裁断します。 3裏布に接着芯を付けたら、表を下にしてファスナーをつけ、ポケットの内布を付けます。 4反対側も同様にファスナー・ポケットの内布を縫い付けます。 5仕切り布・カードポケットは上1cm・下1cmに縫います。 6縫いしろを広げてアイロンをかけたら、表に返します。 7布の上下(カードポケット・仕切りは上だけ)にステッチをかけ、本体部分にカードポケットを縫い付けます。 8半分に折った仕切り布を真ん中に置き、広げて縫います。 9表布を重ねて、返し口8cmを残して周りを縫います。 10仕切りは半分に折り、中央10cmを縫います。 11プラスナップを付けたら完成です。 1外側(18cm)とファスナーを中表で縫い合せ、内布(18cm)を中表で重ねて縫い合せます。 2縫った生地を折り返してアイロンをあて、縁部分はステッチを入れます。 3もう片方も同様に縫い、外布・内布をそれぞれ中表に重ねて返し口6cmを残して底の部分を縫います。 4アイロンをかけて形を整えたら、脇部分を縫います。 5余分な縫いしろをカットしてアイロンをかけたら、表に返して口を閉じます。 6目打ちで角を出して形を整えたら完成です。 丸々としたフォルムと広いマチが、様々な用途で使いやすいこちらのマチ付きポーチはぺたんこポーチの作り方に一工夫加えることで、簡単に作ることができます。 ペンケースなどに使っても可愛いですよ。 裏地付きキャラメルポーチの材料• 接着芯…1枚• ファスナー(22cm)…1本• トーションレース…2本 裏地付きキャラメルポーチの作り方• 2表布・裏布に接着芯を貼り付け、表布にファスナーを縫い付けます。 3裏布を中表に重ねてミシンで縫い付けたら、表に返してステッチをかけます。 4反対側も同様に縫ったら、7cm程度の返し口を作っておきます。 5中心にアイロンで折り跡を付けます。 6ファスナーを半分開けて、裏返したら中心同士・両端の折り跡を折り込みます。 7縫いしろを1cm残してミシンをかけます。 8ファスナー部分から表に返して、形を整えたら完成です。 三角形のマチが付いた可愛らしいこちらのハンドメイドポーチは、はぎれのデザインや装飾などを加えると手作りならではのあたたかいデザインになりますよ。 裏地マチ付き三角ポーチ• ファスナー(20cm)…1本 裏地・マチ付き三角ポーチの作り方• 1布の端から5mmあけてマチ針を打ち、ファスナーの端から2mm部分をミシンで縫います。 2裏布を合わせてマチ針を打ち、先に縫った縫い目の内側を縫います。 3もう片方も同様に縫い、ファスナーがずれないようにマチ針を打ちます。 4縫いしろ1cmを残して縫います。 5下から4cm縫い、返し縫いをします。 この時返し口7cm程度をあけましょう。 6左右の端から中央まで2cm程度を残し、約4cmのマチを作ります。 7マチの先は縫いしろを残して切り落とします。 8返し口から表に返し、返し口を縫ったらアイロンをかけて完成です。 独特のフォルムと使い勝手の良さが特徴的なこちらの手縫いポーチは、マチを調節したり縫いしろの残し方でデザインが変化します。 ポーチの両側に手縫いでフック部分を作ったら、ポシェットにもなります。 ボックスポーチの材料• ファスナー(20cm)…1本• 接着芯…1枚 ボックスポーチの作り方• 1表布に接着芯を貼り付け、裏布と合わせてファスナーを縫い付けます。 2縫いしろを広げたら、中表にして上部をミシンで縫います。 3一度裏返し、角を少しカットしたら、中心を合わせてクリップで留めます。 4横をミシンで縫い付けます。 5縫ったら、両側の角にマチとなる場所を作ります。 6マチの部分を縫ったら、角をカットして表に返します。 7形を整えたら、完成です。 こちらの手作りポーチは、はぎれのなかでも服などに多く使われるファー生地を使用した作品となっています。 ファーだけでなく、ボア生地などといった多彩な生地で作るとより可愛らしくなります。 オリジナルの手作りポーチを作ってみよう! いかがでしたか?手作りポーチの作り方は、今回ご紹介した作り方の他にも、多彩なアイデアがまだまだ存在しています。 今回ご紹介した作り方も参考にしながら、是非あなただけのオリジナル手作りポーチを作ってみましょう。 様々な手作りバッグの基本となるポーチの作り方をマスターしたら、是非トートバッグやショルダーバッグなどのより難しいバッグのハンドメイドにも挑戦してみましょう。 関連記事ではトートバッグの手作り方法についてまとめた記事を掲載しています。

次の

ファスナーポーチの作り方(裏地あり)

フラット ポーチ 作り方

Contents• 台形型のマチ付きポーチよりも、もっと簡単に作れるファスナーポーチ。 ファスナー付けが苦手な方でも簡単に作れて、裏地もついているポーチの作り方です。 基本の作り方をマスターしたら、あとは好きな大きさでアレンジすることができるので、まずはポケットティッシュが3個入るポーチを作ってみましょう。 このレシピに使うファスナーは、です。 金属ではないので簡単にハサミでカットすることが可能で、ファスナー部分が玉付きファスナーよりも平らなので縫いやすく、一般の手芸店で購入することができます。 長めのファスナーを使う理由は? フラットニットファスナーは一番短いサイズが20cmです。 あえて長いサイズのファスナーを調整金具を使って自分で詰める理由は、この形のポーチの場合、辺とぴったりの長さのファスナーを使うと、ファスナーの横に押さえのステッチを入れる工程でファスナー止まりの位置が縫いにくく、布の間から覗くような体制で縫わなくてはならなくなります。 筒の胴の部分が広ければ問題ないですが、狭い場合は布をひっぱったり、移動させたりと難儀ですし、素材によっては縫いにくいので、このレシピでは長めのファスナーを準備して、ステッチを入れた後に自分で長さを調節する方法をおすすめしています。 例えばペンケースなどの筒の胴が狭いものを作るとき、20cmのファスナーで間に合っても、ひとつ上の30cmのものを準備し、同様に自分でカットするやり方の方が、楽にファスナー付けができると思います。 サイト利用について たくさんの方にご利用頂けるよう作り方を公開しています。 ただし作り方に関しては専門的なものではなく、独自のものでありますことをご了承のうえご使用ください。 尚、作り方についていかなるクレームにも責任は負いませんので、ご利用は自己責任でお願いします。 ご利用の際には上記の内容を必ずお守り下さい。 PDFファイルの使い方 上記の利用規約に同意した上、PDF形式の無料型紙をパソコン上で開いて保存して下さい。 型紙には縫い代が含まれています。 お使いのパソコンにもよりますが、インターネット上で開いた状態で印刷しますと、ラインに欠けが生じる現象がありますので、一度保存してから開いて下さい。 (2012年4月公開:個人での使用に限り商用利用可。 ) How to make 作り方図解.

次の