欅坂46 いじめ。 欅坂46メンバー脱退が続出の裏側…いじめファイブが原因で長沢菜々香が卒業、渡辺梨加も辞めたい発言でグループ崩壊へ?

欅坂46の「いじめファイブ」A子〜E子は誰!?集合写真で鬼の形相をしてる実名は?|トレンドロイド

欅坂46 いじめ

平手友理奈さんが休業した際、 センター代役を務めた 今泉佑唯さんをいじめて 卒業に追い込んだのも 『いじめファイブ』と言われています。 いじめの内容が発覚しています。 ものすごく、子どもじみた嫌らしいいじめですね。 欅坂46の内部リーク情報を発見しました。 今泉は、たんに平手が戻ってくるからやりたくない、っていうよりは、自分の実力への落胆、6th時期のリークで他のメンバーともぎくしゃくしたこと、 それについてファンからも色々言われたこと、で、グループでやるのは無理な精神状態になってる。 — o o91249635 今泉が年末の音楽番組に出演しなかった理由。 当時平手の調子がわるく笑顔でパフォーマンスできていなかったことに対して、今泉が、センターなのにそれができないのか、自分なら…ということをかなりきつい口調で平手本人に言っていたことがあった。 一度ではなかった。 続く — o o91249635 続き それに対して、上村、齋藤、守屋、佐藤、志田といったメンバーが今泉をたしなめたところ、 それによってグループ全体の雰囲気が悪くなり、平手は責任を感じたようでパフォーマンスできるかできないかのところまで落ち込んでしまった。 続く — o o91249635 続き2 スタッフでメンバー全員に聞き取り調査をしてそういう状況がわかり、かつ年末の特番は何としても平手を良い調子で出させる必要があったので、 苦肉の策として今泉を外すことがトップダウンで決定された。 — o o91249635 このツイッターを見ると 5人の名前が浮上していますね。 このうち、主犯格が2名と言われて居ます。 他3人がいじめの犯人ですね。 以前から、UとSが主犯格と言われて居ました。

次の

欅坂46内でいじめ?!志田愛佳と渡邉理佐が首謀者?真相は?

欅坂46 いじめ

欅坂46の第1期生だった長沢菜々香さん(ながさわ・ななこ 22歳)が3月末をもって突然グループを脱退し、その理由を巡って様々な憶測が飛び交っていたのですが、週刊誌『週刊文春』は長沢さん卒業の裏に 「いじめファイブ」の存在があるとしており、今後さらにグループを脱退するメンバーが出てくる可能性があると伝えています。 欅坂46では第1期生の卒業が相次いでおり、2018年に今泉佑唯さんが脱退して以降、米谷奈々未さん、志田愛佳さん、長濱ねるさん、織田奈那さん、鈴本美愉さんが脱退、さらにデビューからこれまでセンターを務めてきた平手友梨奈さんまでグループから離脱しました。 キャプテンを務める菅井友香さんは、長沢菜々香さんの卒業発表後に放送されたラジオ番組で、 「ビックリしました。 私も突然知って。 すぐ発表になったので」と語っていたものの、 長沢さんは昨年夏ごろから卒業について深く悩んでいたそうです。 欅坂46関係者は、 「2019年7月に長濱ねるさんが卒業してから、長沢さんの中で卒業の気持ちが日に日に強くなっていったのは間違いありません。 長濱さんの存在は大きかった。 長沢さんとは親友だったのです。 」と明かし、 長濱ねるさんの脱退後に長沢菜々香さんは意気消沈、欅坂46で活動を続けるモチベーションが無くなってしまったように見えたといいます。 グループを離れて個人で受ける仕事が多かった長濱さんが陰口を言われていることも多かった。 それを誰よりも近くで見て、悲しんでいたのが長沢さんでした」とも語り、メンバー間の関係悪化も卒業を決意した要因になっているようで、 「長濱さんという味方がいなければ、欅坂46という嫉妬と裏腹の同調圧力の空気に満ちたグループの中では潰されてしまう。 そういう切実な理由なのです」と明かしています。 「いじめファイブ」は、平手友梨奈さんが不在時にセンターを務めた 今泉佑唯さんをイジメ、卒業にまで追い込んだとし、 「誰もこの5人組には口出しできないような雰囲気がありました。 メンバーたちはこの5人組との距離の取り方に気を遣うようになった」と語り、これによって他のメンバーたちは自己保身のために、今泉さんに対するイジメを見て見ぬ振りしていたとのことです。 週刊文春の取材に対して、今泉佑唯さんからイジメ被害の相談を受けていた親友は、 「化粧品や靴下が片方だけ隠されたり、私物が無くなることは度々あったようです。 帰りに上の服がなくなり、スタッフから借りたことも聞きました。 とあるCMの撮影の時も、(イジメファイブの)D子に楽屋の鍵を閉められ、外に締め出されたことがあった」とイジメの内容を明かしています。 こうした イジメに平手友梨奈さんは一切関わっておらず、その取り巻きの5人に問題があったといい、イジメの主犯格はA子とB子、それに加えてC子、D子、E子の5人が今泉佑唯さんをイジメ、そうした問題に気付いていた当時運営トップの今野義雄さんは今泉さんに対して、 「こういう事実があったことはメンバー、スタッフも分かっていたし、気づいていた」「何もしてあげられなかったのは申し訳ない」と謝罪、さらに「いじめファイブ」のA子らも運営側に 「自分のストレスを佑唯にぶつけてしまいました」などとイジメを認めたといいます。 そして、今野義雄さんは 「5人をクビにする」という条件で、今泉佑唯さんの活動継続などを打診、今泉さんもそれを受け入れ、イジメ問題も水に流すことを承諾したそうですが、 その後も「いじめファイブ」に対して一切処分が下されず、これに今泉さんは愕然とし、グループからの脱退を決意したようです。 その後もグループ内の悪い雰囲気は変わらず、公表はされていないものの、そうした空気の悪さや人間関係が原因で卒業していったメンバーもいるといい、 長濱ねるさんも「いじめファイブ」から陰湿なイジメを受けていた被害者の1人だったといい、長濱さんも卒業を決意したことで長沢菜々香さんは居場所を失い、卒業を決意したという流れとのことです。 また、長沢菜々香さんがグループ卒業を口にするようになってからは、長沢さんと仲が良かった渡辺梨加さんも 「なーこちゃんが辞めるなら私も辞める」と公言するようになったといい、 「渡辺さんは長沢さんをとても慕っていた。 今残っているメンバーと活動を続けていきたいとは思っていないようです」と関係者は語っています。 運営側に責任がある• 注意しないスタッフがそもそもおかしい。 秋元さんとか運営、事務所に相談しないと。 その5人のバックに誰か居るのか?• イジメの事実が本当なら、加害者が一番悪いのは言うまでもないが、結局は平手一強のグループを作り上げてしまったのが悪いんでしょ?• 文春が書いてることが全部正しいとは思わないけど、平手・ねる・今泉・志田・鈴本そして長沢と、人気なメンバーから次々に、しかもある日突然辞めていくあたり、普通のグループではないのは間違いないと思う• 今回の記事と過去記事もそうだが、あまりにも詳細に記事が書かれていて、内部からのリークという可能性は高い。 この五人の実名が分かっているのだから、文春は公表すれば良い。 仮にいじめ主犯格がその五人でないのなら、事務所が名誉毀損で訴えればいいし、事実なら社会的制裁を受けさせることができる。 実名を出せば文春側からすれば雑誌が売れるのだから内容に自信があるなら実名でやればいいのに。 運営ももうとっくに解っているから、二期三期中心に移行して来てるよね。 もっと早く運営は手を打つべきだったな。 あまりにも平手にこだわり過ぎたのが裏目に出たのは否めない。 ぺーちゃんの卒業の件は、なーこが卒業した時点で想定していたけど、仮に卒業した後にこの業界で生き残るのは難しいんじゃないかな? などのコメントが寄せられています。 週刊文春が欅坂46内のイジメ問題を報じる前から、グループに近しい人物?がネット上で内部情報をリークしており、その不確かな情報によれば今泉佑唯さんに嫌がらせをしているのは、上村莉菜さん、佐藤詩織さんとし、ネット上ではこの他にも平手友梨奈さんを支持するメンバーとして、齋藤冬優花さん、石森虹花さん等の名前が挙げられています。 このメンバーたちが今泉佑唯さん、長濱ねるさん等に嫌がらせをしたり、グループ内の空気を悪化させていたのかは定かではないのですが、佐藤詩織さんについては今年1月に突如、留学を理由に活動休止を発表しました。 NGT48などと同様に、グループ内に「いじめファイブ」と呼ばれる悪質なメンバーがいることはもちろん問題ですが、それに対して運営側がキッチリと対応してこなかったことが大きな問題で、1期生の相次ぐ離脱によってメンバーが減少し、それを補うために2期生として15人が加入しましたが、今後もグループ内の雰囲気が変わらなければ、同じことの繰り返しになると予想されます。 週刊文春によれば、すでに渡辺梨加さんは欅坂46からの脱退を公言しているそうで、こうした人気メンバーの離脱によって大きなファン離れが起こり、日向坂46など他グループにファンが流れることなどが考えられるため、運営側はこれ以上のメンバー離脱や人気低迷を防ぐために、イジメをしていたメンバーには厳しい処分を下し、グループの浄化に力を注いでほしいものですが、果たして今後どうなるでしょうかね…。

次の

今泉佑唯をいじめた5人は誰?卒業理由A子E子のライン内容も調査!【文春砲】

欅坂46 いじめ

46OFFICIAL WEB SITEより いまだにファンつきが止まらない状態だ。 9月8日深夜に放送された・の『欅って、書けない?』()にて、今冬発売予定の9thシングルの選抜メンバー17名が発表された。 デビュー以来21人体制だった欅坂にとって初めての選抜制となったが、絶対的エース・がいつも通りのセンターだった一方で、1期生7名が選抜から漏れるという波乱の展開となった。 「センターが平手の指定席になっていることには賛否ありますが、やといった人気メンバーが落選したのには驚かされました。 特に小池は9月25日に写真集を発売するタイミングですから、普通なら版元への忖度が働きそうですが。 さらにファンの間で物議を醸したのが、鈴本美輸との選抜落ち。 メンバー屈指のダンススキルの持ち主2人が外れたたことで、『誰がダンスを引っ張っていくんだ』と不満の声が殺到しています。 番組でが語っていたように、曲に合わせてメンバーを代えていくつもりであれば、今回はダンススキルを必要としないバラード調の楽曲かもしれません。 「今年4月の『週刊文春』(文藝春秋)にて、元メンバーの佑唯がメンバー5人からいじめを受けていたことが報じられました。 真相は不明ながら、そのときネット上で多く名前が挙がったメンバーのうち、今回3人が選抜落ちになっている。 懲罰というよりは、まずは平手のサポート役を外し、次作以降でのセンター交代への布石としたい考えではないかと深読みしてしまいます」(アイドル誌ライター) ・は選抜発表後のインタビューで、「欅坂46が変わるにはこれ(選抜制)しかないのかな」「グループとして停滞しているのはずっと感じていた」と語っていたが、選抜制となった欅坂がどう変わっていくのか注目だ。 あわせて読みたい•

次の