白 ワイン ソース。 白ワインを使った料理レシピ31選|デザートレシピ5選

『フレンチのソース』15種類をまとめて解説|緒方いたる

白 ワイン ソース

赤ワインと相性のいい食べ物は? 赤ワインは苦味や酸味が強い傾向があり、甘い辛いよりも飲み応えで味が決まります。 それを表す言葉が「ボディ」。 わかりやすく言えば「濃厚さ」や「コク」です。 濃厚でコクのある赤ワインには、同じくこってりして旨味や甘味が強い食べ物と相性が抜群です。 だから肉料理との食べ合わせが良いといわれています。 ずっしりとした飲み応えのフルボディなら、脂の多いステーキや味付けの濃いビーフシチュー、すき焼きが合いそうです。 癖が強いシカやウサギ、イノシシなどのジビエも美味しく食べられるでしょう。 ほどほどにコクがあるミディアムボディはローストなどのお肉料理に加え、味噌やオイスターソースなどで旨味を強調した料理もぴったりです。 照り焼きや味噌煮、エビチリとも好相性。 軽い飲み口のライトボディであれば、魚介類など脂の少ない料理でもしっくりきます。 むしろ赤ワインの酸味が絶妙にマッチするでしょう。 トマトソースやカレー粉などでしっかり味付けしたお料理でも美味しく飲めます。 白ワインと相性のいい食べ物は? 白ワインは甘味と苦味と酸味をバランス良く感じられるので、旨味と塩味のある料理と組み合わせれば一度にすべての味覚が満足できる食べ合わせになります。 逆にフルボディの赤ワインに合うような料理は、白ワインの味が埋もれてしまい、水を飲んでいるように物足りなく感じてしまうかもしれません。 白ワインにもボディはありますが、どちらかといえば甘口か辛口で合わせる料理を決めます。 例えば甘口なら塩気や辛味など対照的な味わいのものとして、チーズや中華料理あたりが向いています。 デザートやオードブル、おつまみなど軽めのメニューにも欠かせません。 逆に辛口は素材の味を楽しめる料理にしましょう。 刺身やお寿司など日本料理との食べ合わせも日本酒に負けないくらい優れています。 バターや生クリームを使うなら、ずっしりとした飲み応えの白ワインにしたほうが両方の美味しさが引き立ちますよ。 揚げたての天ぷらとの相性も良さそうです。 ワインと相性の悪い食べ物はなに? 残念ながら、そのままではワインとの食べ合わせが悪い食べ物があります。 ワインは味と香りを楽しむものですから、それらを妨げる個性の強い食材は基本的に合いません。 例えば、独特の臭いがある上に食感も粘りがある納豆、ぬめっとした舌触りと喉越しの生卵、青臭いキュウリがいま一つかもしれません。 ただし同じワインでもスパークリングワインなら炭酸のおかげで食べやすくなります。 赤ワインと白ワインの魅力を併せ持ったロゼワインも同様です。 また刺身が白ワインと合うように、調味料を加えることで相性が良くなる食べ物もあります。 赤ワインと合わせるならコショウやオリーブオイル、白ワインなら醤油やマヨネーズなどを試してみましょう。 数の子だけはどうしても難易度が高いようですが、日本人の舌に合うよう造られた「日本ワイン」であれば日本酒と同じ感覚で楽しめるかもしれません。 まとめ ワインと食べ合わせが良い食べ物を一緒に口にすると、ワインと食べ物が互いに引き立て合い、足りない味を補って一つに溶け合います。 赤ワインなら旨味と甘味、白ワインなら旨味と塩味を意識して食べ物を選んでみましょう。 もちろん食べ合わせには個人の好みがありますので、自分が美味しいと感じる食べ合わせも探せるといいですね。

次の

『フレンチのソース』15種類をまとめて解説|緒方いたる

白 ワイン ソース

アスパラガスの根元の固い部分を切ってから、ピーラーでリボン状に細長くそぎます。 パプリカは縦に細切りにし、ベーコンは1. 5センチ幅に切ります 2. 塩を入れた熱湯(お湯1リットルに対し塩小さじ2杯分)にスパゲティを入れ、袋の表示通りに茹でます。 茹で上がる1分前にパプリカとアスパラガスを加え、茹で上がりにスパゲティとともにざるを上げます。 フライパンにオリーブ油を中火で熱し、ベーコンを炒めます。 焦げ目がついたら豆乳と粉チーズを入れます。 沸騰の直前に火を止めて、茹でたスパゲティと野菜、ゆで汁大さじ2、卵黄を加えて、塩、黒こしょうで味をととのえて器に盛ります。 最後に温泉卵をのせて、粗挽き黒こしょうをかけたら完成です。 カルボナーラには、 樽熟成したシャルドネがおすすめです。 パーティー時にはちょっと贅沢な一本を選ぶのも良いですが、家庭で家族や友人、恋人と楽しむなら、コスパの良い気軽に飲める白ワインはいかがでしょうか。 アメリカ、オーストラリア、チリのワインはコスパが良く、おいしいものも多いので最適です。 ・ベリンジャー ファウンダース・エステート・シャルドネ (参考小売価格:税抜2,000円) 辛口の白ワインながら、 トロピカルな香りとクリーミーな印象が特長的な一本です。 アメリカはカリフォルニアのシャルドネ種を気軽に楽しむなら、 こちらがおすすめ! ・[イエローテイル]シャルドネ(参考小売価格:税抜1,007円) オーストラリアを代表するイエローテイルシリーズのシャルドネは、 バニラの香りに加わるココナッツのアクセントが、南半球の眩しい太陽を思わせます。 後味はまろやかに、口当たりは爽やかな、やや辛口の白ワインです。 ・サンタ・リタ シークレット・リザーブ・ホワイトブレンド (参考小売価格:税抜1,500円) 南米チリのワインと楽しむなら、サンタ・リタは有力候補のひとつ。 中でもこのシークレット・リザーブ・ホワイトブレンドは、 ミネラルを感じるフレッシュな味わいが濃厚なカルボナーラに よく合います。 スパゲティを入れ、袋の表示時間を目安にゆで始めます。 トマトはへたをとり、湯向きをした後にざく切りします。 2.フライパンにオリーブ油とにんにくを入れて中火にかけ、香りが出てきたらトマトを加えてさっと炒め、白ワインを入れます。 約1分間煮詰めたら生クリームを加え弱火にし、塩、こしょうを加えます。 3.2のフライパンにうにを加えます。 ゆでたスパゲティの湯をきってから加え、さっと全体をあえて火を止めます。 器に盛って、パセリを散らせばできあがり。 うにのクリームパスタに合わせるなら、 キリリと辛口で厚みのある白ワインがおすすめです。 イタリア産の、ピノ・グリージョ種を使ったワインはいかがでしょうか。 ・メッツァコロナ アンテッラ ピノ・グリージョ(参考小売価格:税抜900円) 自社ブドウのみで造られたこだわりの辛口白ワインです。 エレガントな味わいと、マイルドで棘のない酸味が心地よい後味を残します。 ・カーブ・サン・ピエール コート・デュ・ローヌ(参考小売価格:税抜1,700円) コクのあるヴィオニエ種と、グルナッシュ・ブラン種やクレレット種がブレンドされた、コート・デュ・ローヌもよく合います。 辛口といいながら、 杏と蜂蜜のような優しく甘いニュアンスを感じられる 一本です。 オイルソースのパスタに合う白ワイン 白ワインに合うのは、クリームソースだけではありません。 色味で揃えるなら、オイル系ソースも白ワインとのマリアージュに最適です。 えびは殻をむいて背ワタを取っておきます。 たこは薄切りに、あさりは砂抜きをします。 このとき、お湯と塩でスパゲティをゆで、ゆで汁をおたま一杯分残しておきます。 フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて熱します。 香りが出てきたらえびやたこ、あさりをさっと炒め、白ワインを加えてフタをします。 あさりの口が開いたらスパゲティとゆで汁を加えます。 水分がトロっとなるまで混ぜましょう。 仕上げにイタリアンパセリをのせ、ライムの輪切りを数枚添えたら完成です。 魚介の旨味がつまったパスタに合わせるワインには、イタリア産のワインはいかがでしょうか。 ・シェンク・イタリア カポラボーロ ソアーヴェDOC(参考小売価格:オープン価格) 蜂蜜やマーマレードのような、甘く濃厚な香りの中でふっと浮かぶレモンの存在感。 ミネラル感とともに、フレッシュで爽やかな印象を与える辛口の白ワインです。 後味が優しいので、料理の味を邪魔しません。 ・タラモンティ トラボケット (参考小売価格:税抜1,800円) 軽やかな花の香りと、熟した梨やりんごの甘くフレッシュな香りが合わさった、元気な印象の白ワインです。 あじはもちろん、他の魚介との相性も抜群です。 味わいがアヒージョに似ていることから、スペインワインとの組み合わせもおすすめです。 他にはニュージーランドのソーヴィニヨン・ブラン、チリのシャルドネとのマリアージュもおすすめです。 シンプルなペペロンチーノにちょっと春らしさををプラスして、菜の花とじゃこを加えたペペロンチーノのレシピをご紹介します。 ・菜の花とじゃこのペペロンチーノの作り方 材料(2人分) フェデリーニ(またはスパゲティ) 160g 菜の花 1わ ちりめんじゃこ 25g にんにく(みじん切り) 1~2かけ 赤唐辛子(種を取って小口切り) 1本 塩 少々 オリーブ油 適量 A 塩 小さじ1 オリーブ油 大さじ1 1.2リットルのお湯にAを加え、フェデリーニを入れてゆでます。 途中で根元を切った菜の花をざるに入れ、パスタの中に加えます。 一分ほどゆでたら引き上げておきます。 香りが出たらパスタのゆで汁大さじ4、塩少々を加えて、菜の花、ちりめんじゃこを入れて炒めます。 ゆでたスパゲティのお湯をよくきり、フライパンに入れてゆで汁大さじ2、オリーブ油大さじ2を加えてすばやく混ぜ合わせて器に盛ります。 合わせるワインは、にんにくと唐辛子の存在感に負けない、個性的な白ワインがおすすめです。 ・マトゥア リージョナル・ソーヴィニヨン・ブラン・マルボロ (参考小売価格:税抜2,000円) 爽やかなボトルデザインが印象的なニュージーランド産の、やや辛口の白ワインです。 芳醇な香りに、ハーブやシトラスフルーツを思わせる味わいが加わり、バランスよく飲みやすい仕上がりになっています。 ・ペリート シャルドネ(参考小売価格:税抜610円) 手頃な価格で楽しめるこちらのチリワインは、キュートなラベルも魅力のひとつ。 柑橘類を想わせるフルーティな香りと、いきいきとしたとした酸味で、すっきりとした飲み口がオイル系のパスタによく合います。 ・マルケス・デ・リスカル オーガニック ブランコ (参考小売価格:税抜1,500円) アニス、フェンネルなどのスパイスの香りが印象的な一本です。 飲み口は優しく、爽やかな味わいが広がります。 まとめ 今回は、白ワインに絞って相性のよいパスタの例をご紹介しました。 同じ系統の色でパスタとワインを揃えるのが、成功の秘訣です! こちらでご紹介したクリームソースとオイルソースパスタはほんの一例です。 他にも、いろいろ試してみて、自分なりのベストな組み合わせを見つけてくださいね! パスタに合う白ワインの購入はこちら この商品を含む、ご紹介ブランドの購入はこちらから(外部サイトにリンクします).

次の

白ワインを料理で使う効果は何?味だけなの?わかりやすく解説!

白 ワイン ソース

パーティーやおもてなしなどで白ワインを用意したけれど、飲み切れずにあまってしまったという経験はありませんか。 また、特定の料理などに少量使っただけで、ほかに使い道がわからないという人も多いでしょう。 特にお酒を飲まない人にとって、白ワインを1本使い切るのは難しいです。 今回は、白ワインを使った料理レシピやデザートレシピを多数紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。 余った白ワインは料理に使おう 余ってしまった白ワインは、料理に使って有効活用しましょう。 和食では料理に日本酒を使うことがありますが、洋食ではワインを使うことがあります。 料理に白ワインを使うことで、肉や魚の臭みが取れ、爽やかな味わいに仕上がります。 また、ブドウの香りをプラスすることもでき、風味が良くなるという効果もあります。 レストランのような高級料理だけでなく、家庭料理に使えるため、ぜひ積極的に白ワインを料理に使いましょう。 白ワインを使った料理レシピ31選 白ワインを使った料理レシピの2つ目は、「ムール貝の白ワイン蒸し」です。 このレシピは、ムール貝やにんにく、チリフレークなどを使った蒸し料理の作り方を紹介しています。 トマトやさまざまな野菜も入るため、甘みが感じられる蒸し料理に仕上がるでしょう。 ムール貝 約1. ムール貝はひげ、汚れを取る。 にんにくはみじん切り。 玉葱、人参、セロリは角切り。 トマトは湯むきして角切り。 鍋にオイル、にんにく、チリフレークスを入れて熱する。 香りがたったら紫玉ねぎ、人参、セロリを加えて炒め、蓋をして火を通す。 野菜に火が通ったらトマトを加えて強火。 白ワインも加える。 ムール貝を入れて蓋をし、蒸し煮。 大体、3分くらいで火が通ります。 粗挽き黒胡椒、パセリを加えてざっと混ぜる。 レシピ3:豚バラ肉の白ワイン煮込み 白ワインを使った料理レシピの3つ目は、「豚バラ肉の白ワイン煮込み」です。 このレシピは、豚バラ肉や玉ねぎ、にんじん、セロリなどを使った煮込み料理の作り方を紹介しています。 野菜をじっくり炒めるため、甘みが出るのがポイントです。 白ワインをたっぷり使いますが、じっくり煮込むため、アルコールが苦手な人でも美味しくいただけるでしょう。 豚バラ肉 400g たまねぎ 1個 にんじん 2本 セロリ 1本 にんにく 1かけ 白ワイン 100ml ローリエ 1枚 オリーブオイル 適宜 塩・白胡椒 適宜 1. 豚バラ肉を適度な大きさに切り、塩・胡椒をしてオリーブオイルをひいたフライパンで焼きます。 鍋でにんにくスライスをオリーブオイルできつね色に熱して、好みにカットしたたまねぎ、にんじん、セロリを20分ほど炒めます。 鍋に1とカットしたじゃがいも、ローリエ、白ワイン、すべてがかぶるぐらいの水を入れ30分ぐらい煮込み味を整えたら完成です。 レシピ4:クロカジキのソテー 白ワインを使った料理レシピの4つ目は、「クロカジキのソテー」です。 このレシピは、クロカジキやバターなどを使ったソテーの作り方を紹介しています。 ソースに市販の調味料を使うため、味が決まりやすいのがポイントです。 クロカジキ 2切れ ハウスまぜてマジック 大さじ2 バター 15g ワイン 大さじ2 薄力粉 大さじ1 バター(ソテー用) 大さじ1 塩 少々 コショウ 少々 1. クロカジキに塩コショウをし、薄力粉を薄くまぶす。 フライパンにバターを入れ、1のクロカジキを焼く。 両面に軽く焦げ目がつき、中まで火が通ったらOK。 2のフライパンをキッチンペーパーでさっとふき、汚れを取る。 3のフライパンにバターを加え、溶けだしたらまぜてマジック、ワインを加える。 さっと一煮立ちさせ、アルコールをとばす。 2のクロカジキに4のソースをかけて出来上がり。 レシピ5:砂肝イタリアン 白ワインを使った料理レシピの5つ目は、「砂肝イタリアン」です。 このレシピは、砂肝やエリンギ、にんにくなどを使った料理の作り方を紹介しています。 砂肝とエリンギの食感が楽しい一品です。 ワインなどのおつまみに用意してみてはいかがでしょうか。 エリンギ あれば 5mmくらいの輪切りに。 砂肝は5mmくらいに食べやすく切っておく。 筋が気になる方は丁寧にとってください、ちなみにアタシは取りません 2. 小鍋にオリーブオイルを熱し、芯をとって潰したにんにくを入れて炒め、砂肝を入れる。 砂肝に火が通ってきたらエリンギを加えさらに炒める。 白ワインと香りソルト・イタリアンハーブミックスを入れ、強火で5~10分煮ればデキアガリ。 最後の煮込みは水分を飛ばす気持ちで。 レシピ6:牛筋の白ワイン煮 牛筋 800g 塩コショウ 適量 小麦粉 適量 玉ねぎのみじん切り 1個分 ニンニクのみじん切り 2片分 オリーブオイル 大さじ1 人参 2本 固形ブイヨン 2個 白ワイン 300ml 水 100ml バター 大さじ1 ブラックペッパー 適量 貝割れ 適量 1. 牛筋は2回茹でこぼし、牛筋は適当な大きさに切って塩コショウして小麦粉をまぶす。 人参はピーラーで皮を剥き 大き目の乱切りにする。 フライパンにオリーブオイルを入れてにんにくのみじん切りを加え火にかけ香りが出てきたら 玉ねぎのみじん切りと牛筋肉も加えて軽く炒め合わせ人参も加えてサッと炒めあわせる。 圧力がかかったら弱火にして10分、火を止めて 圧力が完全に抜けるまで放置する。 圧力が抜けたら蓋を取り 再び弱火にかけ バターを入れて バターが溶けたら 火を止める。 器に盛って 好みでブラックペッパーを振り、彩りに貝われを乗せて出来上がり。 レシピ7:アスパラガスの牛肉巻き 白ワインを使った料理レシピの7つ目は、「アスパラガスの牛肉巻き」です。 このレシピは、アスパラガスや牛薄切り肉、小麦粉などを使った肉巻きの作り方を紹介しています。 仕上げにバターや醤油を加えるため、風味豊かな料理に仕上がるのがポイントです。 ご飯にはもちろん、パンメニューにもぴったりの一品です。 アスパラガス 2束(240g) 牛薄切り肉 180g 塩・コショウ 少々 小麦粉 小さじ1弱 オイル 小さじ2 白ワイン 大さじ5 水 小さじ2 醤油 小さじ1 バター 20g パセリ 少々 1. アスパラガスの根元の部分は皮をそぐように剥きさっと茹で 1本は小口切りに残りは縦半分に切る 2. 牛肉を広げアスパラガス5本を置いて巻き付け塩・コショウ 小麦粉を薄くふる 3. 充分に熱したフライパンにオイルを入れアスパラの肉の巻き終わりを下にして焼く 4. ころがしながら肉全体に焼き色がついたら白ワインと水 小口切りのアスパラを加え強火でひと煮たちさせる 5. 仕上げにバターとしょうゆを加え器に盛り付ける レシピ8:ポワロー葱の白ワイン煮 白ワインを使った料理レシピの8つ目は、「ポワロー葱の白ワイン煮」です。 このレシピは、ポワロー葱やバター、エシャロットのみじん切りなどを使った煮込み料理の作り方を紹介しています。 ポワロー葱はフランスなどで使われる野菜で、煮込むと甘みが増すのが特徴です。 ポワロー葱の甘みとバターのコクがマッチする一品です。 そのままでもキッシュやサモサの具にしても美味しくいただけます。 葱はよく洗って、茎の部分を2-3cm幅に切る。 さらに縦に半分に切る。 フライパンにバターを熱し、エシャロットを炒める。 葱を加える。 しんなりしてきたら、ブイヨンと白ワインを加える。 蓋をして弱火で煮る。 途中必要ならば、水を加える。 葱がくたくたになるまで煮る。 レシピ9:マッシュルームの白ワイン蒸し 白ワインを使った料理レシピの9つ目は、「マッシュルームの白ワイン蒸し」です。 このレシピは、マッシュルームやオリーブオイル、にんにくなどを使った蒸し料理の作り方を紹介しています。 鷹の爪が入るため、ピリ辛で大人の味に仕上がるのがポイントです。 お酒のおつまみに作ってみてはいかがでしょうか。 マッシュルームを薄切りにする 2. フライパンにオリーブオイルとにんにくを熱し、香りがついたら鷹の爪を加えて弱火にかける 3. マッシュルームを加えて油が全体になじんだら、白ワインとレモン汁、塩を加えて蓋をする 4. マッシュルームがしんなりしたら皿に盛り付け、パセリをまぶして出来上がり レシピ10:サラミとズッキーニのレモンマリネ 白ワインを使った料理レシピの11個目は、「白ワインとバターのロールキャベツ」です。 このレシピは、キャベツや玉ねぎ、豚ひき肉などを使ったロールキャベツの作り方を紹介しています。 コンソメやバターを使うため、旨味やコクが感じられるのがポイントです。 ロールキャベツの基本的な作り方で紹介されているため、作りやすいのではないでしょうか。 キャベツを分量外のお湯でゆでる。 芯の部分は巻ずらいので包丁で削いでおきます。 玉ねぎは半分を薄くスライス。 半分をみじん切りにします。 みじん切りにした玉ねぎにひき肉、塩、こしょう、卵、パン粉、牛乳を入れてたねを作ります。 茹でておいたキャベツにひき肉のたねを置いて、くるくるっとキャベツで巻きます。 鍋にきっちり隙間なく詰めます。 もし、隙間があるときは余ったキャベツの葉を隙間にいれてください。 スライスした玉ねぎ、水、コンソメ、白ワイン、バターを入れてふたをして、中火でコトコト30分くらい煮込んで、味見をしてください。 味が足りないときはここでお塩で調節してください。 これで出来上がりです。 あまったスープとキャベツの葉は翌日水を足して、醤油を適量入れてキャベツスープでいただきます。 レシピ12:あさりときのことセロリの白ワイン蒸し 白ワインを使った料理レシピの12個目は、「あさりときのことセロリの白ワイン蒸し」です。 このレシピは、あさりやセロリ、舞茸、しいたけなどを使った蒸し料理の作り方を紹介しています。 市販のラタトゥイユ用の調味料を使うため、味が決まりやすいのがポイントです。 白ワインもたっぷり使うため、大量消費におすすめのメニューです。 あさり貝 20個 セロリ 4本 舞茸 1パック しいたけ 4枚 にんにく みじん切り 大2 エキストラバージンオリーブオイル 大3 ハウスラタトゥイユ用調味料 1袋 白ワイン なければ酒 100cc 水 50cc 1. バットにあさりを入れ塩水 水1Lに塩大1 を貝が半分くらい隠れるぐらい入れ、 新聞をかぶせ2時間ぐらい置き砂だしをする 2. フライパンにオリーブ油大2とにんにく、きのこ類を入れ火を点ける きのこに油が回ったらセロリを入れてざっくり混ぜる あさりを入れ白ワインを入れ沸騰させアルコールを飛ばし、 ハウスラタトゥイユ用調味料を入れふたをして煮る 4. 貝が開いたらふたを外しざっくり混ぜて塩で味を調整し皿に盛る 最後にオリーブ油大1を回しかけて出来上がり レシピ13:あさりとじゃが芋の白ワインガーリック 白ワインを使った料理レシピの13個目は、「あさりとじゃが芋の白ワインガーリック」です。 このレシピは、あさりの水煮缶やじゃがいも、ブロッコリー、にんにくチューブなどを使った料理の作り方を紹介しています。 じゃがいもはレンジで火を通して使うため、時短で作れるのがポイントです。 また、あさり缶は汁ごと使うため、旨味たっぷりの料理に仕上がるでしょう。 じゃが芋は1~1.5㎝の角切りにし、耐熱皿でゆるめにラップをかけて約4分加熱(600W)。 ブロッコリーは小房にわけ、熱湯で硬めに茹でて(約1分半)冷水で冷ましてしっかり水をきる。 あさりの水煮缶の煮汁(約80g)を鍋にあけ、ガーリックを加えて沸騰させたら白ワインと1を投入。 (中火) 4. 煮汁が少し減ったところであさりとブロッコリーを混ぜ合わせ、塩胡椒で味を調えて出来上がり。 レシピ14:シーフードミックスdeお手軽パエリア 白ワインを使った料理レシピの14個目は、「シーフードミックスdeお手軽パエリア」です。 このレシピは、シーフードミックスやにんじん、ピーマン、ウインナーなどを使ったパエリアの作り方を紹介しています。 シーフードミックスを使うため、さまざまな魚介の出汁が出て美味しくなるのがポイントです。 また、炊き込む時間や蒸し時間が細かく紹介されているため、初めてでも作りやすいのではないでしょうか。 2:シーフードミックスは解凍し、余分な水気を切っておく。 3:鍋に湯を沸かし、サフランを入れ30分ほど置き、コンソメを溶かしてスープを作る。 4:米は洗わずに使う。 5:フライパンにオリーブオイルとみじん切りのにんにくを入れ、火にかける。 香りが出たら鶏肉を炒める。 6:ウインナー、野菜類を加えてさらに炒め、シーフードミックスを加えて炒め、塩・胡椒する。 7:オリーブオイルを大さじ1ほど足し、米を入れて全体に油がまわり、米が透き通るくらいまで、中火で炒める。 8:白ワインと3のスープを入れる。 サフランごと ざっくりと全体を混ぜ、フライパンの中が均等になるようにする。 9:ふつふつとしてきたら蓋をして弱火にし、20分ほど炊く。 10:水気がなくなったら火を止め、蓋をして10分ほど蒸らす。 11:蓋を外し、中火で1〜2分加熱して余分な水分を飛ばす。 パチパチと音がしてきたらゆっくり10秒数えて火を止める。 12:パプリカやパセリ、レモンなどを飾る。 レシピ15:白ワインの煮魚 バジルソース 白ワインを使った料理レシピの15個目は、「白ワインの煮魚 バジルソース」です。 このレシピは、鯛やミニトマト、パプリカなどを使った料理の作り方を紹介しています。 煮魚ですが、フライパンで作るため、手軽に作れるのがポイントです。 また、バジルソースはバジルの葉やにんにくなどを撹拌するだけなので、簡単なところもおすすめです。 白ワインは1カップ使うため、大量消費をしたいときはぜひチャレンジしてみてください。 鯛 or 鱈 6きれ 水 白ワイン 各1カップ 塩コショウ 少々 ミニトマト 30個 パプリカ オリーブの実 あれば少々 バジルソース ・・ バジルの葉 10枚くらい? 松の実 大さじ3 にんにく 少々 パルメザンチーズ 大さじ4~5 オリーブ油 大さじ5 1. ハジルソースは、(にんにくは茹でて)、すべてフードプロセッサーで攪拌します。 4の煮汁を少しいれてのばしてもよいです。 水と白ワインをフライパンに入れ沸騰させます。 そして、魚を逆さにして入れます。 魚に塩コショウをふり、ミニトマト、パプリカなどをいれます。 ふたをして、5分ほど煮ます。 途中で、魚は裏返します。 火が通ったら皿に盛り、バジルソースを散らします。 レシピ16:豚肉の白ワイン煮 白ワインを使った料理レシピの16個目は、「豚肉の白ワイン煮」です。 このレシピは、豚バラ肉やブイヨンスープ、きのこなどを使った煮込み料理の作り方を紹介しています。 白ワインは150cc使うため、ワインを大量に消費したいときにおすすめのレシピです。 じっくり煮込んでお肉を柔らかくしましょう。 おもてなしのディナーなどに作ってみてはいかがでしょうか。 豚バラ肉 400~500g 白ワイン 150cc 薄めのブイヨンスープ 100cc 塩・胡椒 少々 オリーブオイル 少々 スライスニンニク 2カケ分 キノコ類(付け合せ) 適量 1. オリーブオイルをひいたお鍋にスライスニンニクを入れて香りを出します。 大振りの角切りにしたお肉に塩・胡椒したものを入れ表面を焼きます。 ここに白ワインを入れて沸騰したら、ブイヨンスープを入れて蓋をして1時間程煮込みます。 お肉が柔らかくなったらキノコを投入。 煮汁に絡めて、しんなりしてきたら出来上がり。 レシピ17:あさりとミニトマトの白ワイン蒸し 白ワインを使った料理レシピの17個目は、「あさりとミニトマトの白ワイン蒸し」です。 このレシピは、殻付きのあさりや2種類のミニトマト、にんにくなどを使った蒸し料理の作り方を紹介しています。 トマトの爽やかな酸味とあさりのコクがマッチする一品です。 また、調味料を使わないためあっさりしていますが、あさりの旨味で美味しくいただけるでしょう。 減塩中のメニューにもぴったりです。 あさり 殻つき 250g プチトマト・・・ 赤、オレンジ 各5個 にんにく 1片 白ワイン 50cc パセリのみじん切りorドライパセリ 適量 1. 下準備 ・あさりは砂抜きのため1晩おいておく。 あさりの下処理の仕方。 あさりはよく洗ってから、海水程度の塩気の水に入れて、上から新聞紙などをかぶせて1晩置いて砂抜きをする。 砂抜きしたら、よく洗ってざるに上げる 3. にんにくは皮を剥いてスライスし、芯が見えてきたところで芯を取り除きまたスライスする。 スライスしたら、千切りにし、千切りを横にして端からみじん切りにする。 トマトは洗ってヘタを取る。 鍋にオリーブオイルをひき、火をつけない状態でにんにくのみじん切りを入れ、火をつけたら弱火にして炒める。 香りが出たら、あさりを入れて混ぜ、白ワインを加え蓋をして蒸し煮にし、口が開いたらトマトを入れ、トマトが軽く崩れたら、お皿に盛り付け、最後にパセリをふって出来上がり。 レシピ18:鶏とひよこ豆の白ワイン煮 白ワインを使った料理レシピの18個目は、「鶏とひよこ豆の白ワイン煮」です。 このレシピは、鶏もも肉やひよこ豆、玉ねぎ、にんじん、セロリなどを使った煮込み料理の作り方を紹介しています。 ドライトマトを使うため、フルーティーな甘みが感じられるのがポイントです。 また、ガーリックペッパーやパプリカパウダーの風味もマッチして美味し煮込み料理に仕上がるでしょう。 鶏ももは一口大に切って塩、こしょうをする。 玉ねぎ、にんじん、セロリは粗めのみじん切り。 ドライトマトは4等分に切る。 鶏もも肉をオリーブオイル小さじ1で両面こんがり焼いて一度取り出しておく。 フライパンの油を拭いてオリーブオイル小さじ1を入れて玉ねぎ、にんじん、セロリを炒めて塩、こしょうをする。 2に鶏を戻し入れて、ひよこ豆、ドライトマト、白ワインを入れて蓋をして13分程煮こむ。 塩、コショウ、ガーリックペッパーで味をととのえてパプリカパウダーをふる。 レシピ19:塩豚の白ワイン蒸し 白ワインを使った料理レシピの19個目は、「塩豚の白ワイン蒸し」です。 このレシピは、豚ヒレ肉やじゃがいも、玉ねぎ、エリンギなどを使った蒸し料理の作り方を紹介しています。 豚肉に砂糖やクレイジーソルトを揉み込んでおくため、お肉が柔らかくジューシーに仕上がるのがポイントです。 寝かせておく時間が長いですが、その分柔らかくなるため、あらかじめ準備しておくことをおすすめします。 豚ヒレ肉 500g 砂糖 大さじ1 クレイジーソルト(普通の塩でも可) 大さじ1弱 ジャガイモ 2個 玉ねぎ 1個 エリンギ 1パック オリーブオイル 大さじ1 白ワイン 100ml 1. 豚ヒレ肉(大きかったら半分に切る)に砂糖をまぶしてよく手でこすり合わせ1~2分置いてからクレイジーソルトをまぶしてまた手でこすり合わせて馴染ませる。 そのままラップに包んでビニール袋に入れて冷蔵庫で2~3日くらい寝かせる。 ジャガイモは皮を剥いて 半分くらいに切っておく。 (大き目がいいけど好みで3等分でも可)玉ねぎはスライスする。 エリンギは適当なサイズに手で裂いておく。 厚目に切って お皿に盛りつける。 あればイタリアンパセリなどを飾る。 レシピ20:厚切りハムと野菜の白ワイン蒸し 白ワインを使った料理レシピの20個目は、「厚切りハムと野菜の白ワイン蒸し」です。 このレシピは、厚切りハムやキャベツ、白菜、大根、マッシュルームなどを使ったワイン蒸しの作り方を紹介しています。 厚切りハムをカットせずに使うため、豪快なイメージの料理に仕上がるのがポイントです。 お肉をがっつり食べたいときは、ぜひお試しください。 キャベツと白菜は、葉の部分と芯の部分とに分ける。 大根、じゃがいもは皮を剥き、マッシュルームは石突を取って、 それぞれ大振りに切っておく。 大きめの鍋(なるべく密封効果の高いもの)の底に、 まずキャベツと白菜の芯の部分を敷く。 その上にチキンコンソメとキャラウェイシードを軽くまぶしたら、 残りの野菜も順に重ねていって、一番上に厚切りハムを乗せる。 マッシュルームと茹で卵、ローリエ、クローブも加える。 の全体に白ワインを振りかけ、最後に厚切りハムを覆うように キャベツと白菜の葉の部分をかぶせる。 鍋にぴっちり蓋をして火にかけ、 蒸気が上がってきたら 弱火に落として、時々全体を混ぜながら、野菜類がしっとり くたくたになるまで蒸し煮する。 仕上げに黒胡椒を軽く挽き、マスタードを添えていただきます。 レシピ21:簡単! フライパンdeパエリア 白ワインを使った料理レシピの21個目は、「簡単! フライパンdeパエリア」です。 このレシピは、海老やむきあさり、エリンギ、ミニトマトなどを使ったパエリアの作り方を紹介しています。 フライパンを使うため、手軽に作れるのがポイントです。 また、さまざまな野菜を使うため、色どり良く仕上がります。 華やかな料理を作りたいときはぜひお試しください。 2、玉ねぎはみじん切り、エリンギとパプリカは1cm角に切る。 いんげんはさっと茹でてそれぞれ3等分に切る。 ミニトマトは半分に切る。 3、海老は殻と背ワタをとり、食べやすい大きさに切る。 2等分くらい 4、フライパンを熱し、弱火にして海老を入れ、白ワインを振りいれ、フタをして赤くなるまで蒸し焼きする。 焼きがったら海老はとりだす。 5、4のフライパンにオリーブオイルを入れて熱し、おろしにんにくを入れる。 香りがたってきたら玉ねぎ、エリンギを入れて炒める。 玉ねぎが透明になってきたら、米 洗わない を入れてさらに炒める。 6、米に透明感がでてきたら1を入れ、コンソメ顆粒、塩をいれる。 沸騰してきたら弱火にしフタを閉める。 弱火で10〜12分。 7、いったん火を止めて海老、あさり、ミニトマト、パプリカ、いんげんをのせる。 さらにフタをして弱火で2分加熱する。 8、火を止めてそのまま5分蒸らしてできあがり。 レシピ22:チキンとセロリの白ワイン風味 白ワインを使った料理レシピの22個目は、「チキンとセロリの白ワイン風味」です。 このレシピは、唐揚げ用の鶏もも肉やセロリ、ベーコンなどを使った煮込み料理の作り方を紹介しています。 セロリは葉も使うため、しっかりとした風味が楽しめるのがポイントです。 また、色どりが良いため、食卓が華やかになるところもおすすめです。 唐揚げ用鶏肉(もも) 200g セロリ 1本 ベーコン 2枚 白ワイン 大2 塩胡椒 適量 1. 鍋に鶏肉、7ミリ幅に切ったベーコン、水100cc、白ワインを入れ、フタをして強火で沸騰後、中火に切り替え6~7分煮込む。 セロリを葉と茎にわける。 茎の下の方はピーラーで筋をむき、茎は7ミリ角程度にカット、葉は2~3㎝幅にざく切り。 時間がきたら1に2の茎を入れ、フタをして1分煮込む。 3に2の葉を混ぜ合わせ、塩胡椒で味を調える。 レシピ23:塩麹漬け豚ロースの白ワイン煮 白ワインを使った料理レシピの23個目は、「塩麹漬け豚ロースの白ワイン煮」です。 このレシピは、豚ロース肉や塩麹、じゃがいも、にんじん、玉ねぎなどを使った煮込み料理の作り方を紹介しています。 豚肉に塩麹をつけておくため、しっとりやわらかな仕上がりになるのがポイントです。 がっつりした料理に白ワインを使いたいときにぜひお試しください。 豚ロース 3枚 塩麹 大さじ2強 じゃがいも 3個 人参 1本 玉ねぎ 1個 白ワイン 大さじ2~3 ローズマリー 1~2本 ブラックペパー 適量 1. 豚ロースに塩麹をまんべんなくつけ タッパに入れローズマリーを乗せてラップをして冷蔵庫で30分~1時間やすませる。 じゃがいも、人参は一口大に 玉ねぎは厚めにスライスする。 厚手の鍋に2の根菜を並べその上に1の豚肉とローズマリーを乗せてブラックペパーを振り蓋をして弱火で1時間くらい蒸しにする。 豚肉を取り出し 好みの厚みにスライスして 器に根菜を盛りその上に豚肉を乗せ ローズマリーを飾り出来上がり。 レシピ24:牛肉セロリ炒め 白ワインを使った料理レシピの24個目は、「牛肉セロリ炒め」です。 このレシピは、牛肉の切り落としやセロリ、昆布つゆなどを使った炒め物の作り方を紹介しています。 昆布つゆが入るため、旨味とコクがプラスされるのがポイントです。 仕上げにパプリカパウダーを振って風味豊かに仕上げましょう。 牛肉の薄切りの切り落とし 120gくらい セロリ 1本くらい 美味しい塩 ほんの少々 粗挽き黒胡椒 少々 昆布つゆ(ヤマサ昆布つゆ) 大さじ1 白ワイン 大さじ2〜3 サラダ油 少々 彩りと風味にパプリカパウダー 少々 1. 切り落とし牛肉はそのままか少しだけ小さく切って薄くほんのちょっと塩胡椒。 セロリのスジを取って大きめの小口切りに。 フライパンに薄く薄く油をひいて肉と野菜を炒める。 牛肉の薄切り細切れなので加熱は短く中強火でほんの数分。 この場合は玉ねぎの火の通り具合のお好みで先に玉ねぎを炒め始めてもいい 4. 昆布つゆと白ワインを入れて強火で水分を飛ばしたらできあがり。 このレシピは、豚モモ肉や白ぶどう、玉ねぎなどを使った煮込み料理の作り方を紹介しています。 白ぶどうをたっぷり使うため、フルーティーな煮込みになるのがポイントです。 豚肉とフルーツは相性が良いため、美味しくいただけるでしょう。 おつまみやおもてなし料理にもぴったりの一品です。 ブタもも肉 200g 白ブドウ 約40粒 たまねぎ 1個 白ワイン 100cc 水 150cc ローズマリーなどお好きな香草 適量 オリーブオイル(E.X.) 適宜 塩・こしょう 適宜 1. 豚肉を一口大に切り、塩・こしょうをふる。 ブドウは半分に切り、種があるようならば取り除く。 玉ねぎはみじん切りにし、鍋に油を引いて炒める。 玉ねぎが色づいてきたら、豚肉を入れ炒める。 レシピ26:ローマ風カルボナーラ 白ワインを使った料理レシピの26個目は、「ローマ風カルボナーラ」です。 このレシピは、ブロックベーコンや卵、パルミジャーノなどを使ったカルボナーラの作り方を紹介しています。 ブロックベーコンをカリカリに焼き、ベーコンの脂をしっかりと出してソースにしましょう。 ローマ風なので、生クリームを使わないのがポイントです。 カロリーをカットして美味しいカルボナーラが食べたいときは、ぜひお試しください。 オリーブオイル 大さじ1 ブロックベーコン 160g 白ワイン 大さじ1 パスタのゆで汁 大さじ2 卵黄 2個分 全卵 2個分 パルミジャーノ・レジャーノ(なければ粉チーズ) 大さじ2 黒こしょう 小さじ1~2 塩・黒こしょう 適量 1. ベーコンを1cm角にサイコロカット。 オリーブオイルでカリカリになるまで炒める。 (ベーコンの脂身が多い場合はオイルを控えめにする) 2. 白ワインを加えてフランベ(直火をつける)する。 白ワインが半分ぐらいの量になるまで煮詰める。 パスタのゆで汁を加えて乳化(よく混ぜる)させる。 器に卵黄、全卵、粉チーズ、黒こしょうを入れて、フォークでよく混ぜる(フォークを使うことによって、卵白のすじが切れて滑らかになります)。 茹で上がったパスタ(袋に表示された時間の1分30秒ぐらい前に上げる)をフライパンにあげる。 このとき、フライパンの火は止める(余熱で仕上げます)。 3で混ぜた材料をフライパンに入れて、すばやく、よ~く混ぜる。 塩・黒こしょうで味を調えて完成!! レシピ27:エビと牡蠣の白ワイン炒め 白ワインを使った料理レシピの27個目は、「エビと牡蠣の白ワイン炒め」です。 このレシピは、エビや牡蠣、アスパラ、ミニトマトを使った炒め物の作り方を紹介しています。 エビや牡蠣はそのまま炒めると臭みが残ってしまうため、水洗いして下味をつけ、片栗粉をまぶしておきましょう。 オリーブオイルでにんにくを炒め、具材を順番に入れていきます。 仕上げにバジルを振りかけ、風味よく仕上げましょう。 エビは腹ワタとって水洗いして塩・コショウして片栗粉をまぶす。 牡蠣も同様。 これでイヤな匂いがしません。 (多分) 2. アスパラは1. 5㎝くらいに、ミニトマトは4つに切る。 色がついたら一回取り出します 4. このレシピは、合びき肉や玉ねぎ、にんじん、セロリなどを使ったパスタの作り方を紹介しています。 玉ねぎ、にんじん、セロリはイタリア料理では基本のソフリットの材料です。 細かくしてオリーブオイルと合わせて炒めることで甘みが増すのがポイントです。 野菜の甘みとひき肉の旨味がマッチして美味しいパスタに仕上がります。 (あればフードプロセッサーで) 2、オリーブオイル 分量外 をひいたフライパンににんにくのみじん切りを入れて熱し、香りがでたら合い挽き肉をいれて炒めます。 色がかわったら1を入れて炒めます。 3、水・コンソメ顆粒・白ワインをいれて10分煮込みます。 4、ペンネを別の鍋で袋の表示通りにゆでます。 パスタが茹であがるころ3のフライパンに生クリーム・バジル・パルメザンチーズをいれて茹で上がったパスタを絡めたらできあがりです。 塩が足りなければ、塩こしょうで調整します。 お好みでイタリアンパセリをのせます。 レシピ29:白ワインのキノコチーズリゾット 白ワインを使った料理レシピの29個目は、「白ワインのキノコチーズリゾット」です。 このレシピは、玉ねぎやしいたけ、しめじなどを使ったチーズリゾットの作り方を紹介しています。 きのこが入ため、出汁が出て美味しいリゾットに仕上がります。 また、バターやチーズのコクがプラスされ、食べ応えのある一品になるでしょう。 玉ねぎ:みじん切り。 しいたけ:2cm角に切る。 しめじ:小房に分ける。 ぱせり:みじん切り。 フライパンにオリーブオイルを熱して1の玉ねぎを炒め、しいたけ、しめじを加える。 2に白ワインを加えて強火で煮詰め、 A とお湯を加える。 3にご飯を加え、時々混ぜながら中火で6~7分煮る。 スープが足りなくなったら水を少量足す。 4にパルメザンチーズ、バターを加え、塩をふる。 5を器に盛り、パセリを散らす。 レシピ30:エビといんげんの白ワイン炒め 白ワインを使った料理レシピの30個目は、「エビといんげんの白ワイン炒め」です。 このレシピは、アンチョビやにんにくなどを使った炒め物の作り方を紹介しています。 アンチョビの風味とエビやインゲンの食感がマッチする一品です。 パンはもちろん、パスタのちょっとした箸休めに用意しても良いでしょう。 エビ:下処理をして尾をとる。 いんげん;食べやすい大きさに切っておく。 アンチョビ:細かく刻む。 赤唐辛子:小口切り。 にんにく:みじん切り。 フライパンにオリーブオイル、1のにんにくと赤唐辛子を入れて弱火で熱する。 香りが出てきたらエビを加えて炒める。 2の色が変わったら白ワインをふり、アルコールを飛ばす。 3にいんげんを加えて炒め、アンチョビ、塩、こしょうで味を調える。 レシピ31:じゃが芋の白ワイン煮 白ワインを使った料理レシピの31個目は、「じゃが芋の白ワイン煮」です。 このレシピは、ベーコンや玉ねぎ、マッシュルーム、ズッキーニなどを使った煮込み料理の作り方を紹介しています。 鶏ガラスープの素を使うため、味がまとまりやすいのがポイントです。 おつまみにもぴったりの一品です。 じゃが芋は皮をむいて、4~6等分に切る。 ベーコンは5mm幅の細切り。 玉ねぎは5mm厚ほどにスライス。 マッシュルームは薄切りにする。 フライパンにオリーブ油とベーコンを入れ熱し、にんにく・玉ねぎ・マッシュルームを加え炒める。 じゃが芋とズッキーニを加え油が回るまで炒める。 白ワイン・水・ローリエ・スープ素・塩こしょうを加え煮立て、沸いたら弱火にしてふたをし、20分ほど煮る。 塩で味を調える。 ワインに合うおつまみが知りたい人におすすめ 白ワインを使ったデザートレシピの1つ目は、「すだち&ぶどうの白ワインゼリー」です。 このレシピは、種なしぶどうやすだちなどを使ったゼリーの作り方を紹介しています。 すだちの爽やかな風味とぶどうの甘みがマッチする一品です。 ゼリーは崩しているため、キラキラしておしゃれなデザートに仕上がります。 おもてなしで作ってみるのも良いでしょう。 白ワイン 100ml 水 100ml きび砂糖 大さじ4 すだち果汁 小さじ2 すだちの皮(すりおろし) 1個分 板ゼラチン 5g マスカット系の種なしぶどう 20粒くらい 1. ゼラチンは氷水でふやかしておく。 種なしぶどうは、縦に4つ切りにする。 耐熱ボールに白ワイン半量、水、きび砂糖、すだち果汁を入れてレンジで温める。 (500wで1分程度) 3. に水気を切ったゼラチンを入れて溶かし、残りの白ワイン、すだちの皮を加える。 ボールの底に氷水をあてて、軽くかき混ぜながら、ゆるいトロミがつくまで冷ます。 ぶどうを加えて、冷蔵庫冷やし固める。 固まったら、フォークなどで崩して、すだちの輪切りを添えてグラスに盛りつける。 レシピ2:グレープフルーツの白ワインゼリー 白ワインを使ったデザートレシピの2つ目は、「グレープフルーツの白ワインゼリー」です。 このレシピは、グレープフルーツやグラニュー糖などを使ったゼリーの作り方を紹介しています。 白ワインを火にかけるときに沸騰させないようにしましょう。 ゼリーに白ワインの香りが残り、大人の味のゼリーに仕上がるのがポイントです。 食べやすく少しほぐします。 小鍋で白ワインを火にかけ、沸騰させないよう気をつけながら温める。 火を止めてグラニュー糖・レモン汁・ふやかしたゼラチンを入れてよく混ぜる。 このレシピは、ラフランスやきび砂糖、シナモンスティックを使ったコンポートの作り方を紹介しています。 シナモンの香りと白ワインの風味がマッチする一品です。 また、きび砂糖を使っているため、優しい甘さのコンポートに仕上がります。 そのままでもクラッカーやケーキに合わせても美味しい一品です。 ラフランス 4個 白ワイン 250cc きび砂糖 20g シナモンスティック 1本 1. ラフランスは、皮をむき、しんをとり、8等分のくし型にきる。 全ての材料を鍋にいれて、落としぶたをして、弱火でことことと10分煮る。 そのまま冷まして、瓶にいれる。 レシピ4:レアチーズケーキ 白ワインを使ったデザートレシピの4つ目は、「レアチーズケーキ」です。 このレシピは、クリームチーズやヨーグルト、生クリームなどを使ったレアチーズケーキの作り方を紹介しています。 グラハムクラッカーを使うため、ボトムがサクッとしてアクセントになります。 また、白ワインを使うことですっきりとした味わいのチーズケーキに仕上がります。 クリームチーズ 360g ヨーグルト 300g 生クリーム 180cc 砂糖 100g ゼラチン 14. 5g 水 55cc 白ワイン 35cc レモン汁 大匙2 グラハムクラッカー 50g バター 25g 1. グラハムクラッカーを細かく砕いき、溶かしバターと合わせて、チーズケーキ型に敷き詰めて、冷蔵庫で冷やし固める。 ゼラチンを水、白ワインでふやかしておく。 クリームチーズ、ヨーグルト、砂糖、レモン汁のフィリングをよく混ぜ合わせ、ふやかしておいたゼラチンをレンジで沸騰させない程度に温めて、よく混ぜ合わせたフィリングに加えて、再度よく混ぜる。 生クリームを8ぶに泡立てて、2に少しづつ加えてさっくり混ぜる。 このレシピは、オリーブオイルや砂糖、薄力粉、ベーキングパウダーを使ったクッキーの作り方を紹介しています。 チャンベッレアルヴィーノというローマの郷土菓子で、外側はカリッと、中はふわっとしているのが特徴です。 シンプルなお菓子なので、作りやすいのがポイントです。 白ワイン 60cc オリーブオイル 60cc 砂糖 60g 薄力粉 230g ベーキングパウダー 3g 砂糖 表面にまぶす用 適量 1. ボールに砂糖、オイル、ワインを入れてよく混ぜる。 そこに薄力粉とべキングパウダー入れて一つにまとめておく 2. 1個約15gを手で13センチの長さに伸ばして丸くして砂糖を片方の表面にまぶして天板にのせる 3. 180度で20分焼いて出来上がり 白ワインでおいしい料理を作ってみて 今回は、白ワインを使った料理レシピ31選やデザートレシピ5選を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 白ワインは洋食では定番の調味料です。 そのため、白ワインを使う料理の種類はたくさんあり、白ワインをたくさん消費できます。 また、デザートにも白ワインが使えるため、好みのレシピが見つかったのではないでしょうか。 紹介したレシピを参考に、ぜひ白ワインを使った料理、デザートを作ってみてください。 この記事に関連する情報もチェックしよう! 白ワインを料理に使えば風味豊かに仕上がります。 しかし、それだけでは消費仕切れないということもあるでしょう。 以下のリンクでは、白ワインのカクテルレシピや白ワインに合うおつまみなどを紹介しています。 今回紹介したレシピのほか、これらの記事を参考にして、白ワインを上手に消費してみてください。

次の