多摩川競艇レースリプレイ。 スマートフォン版 レースリプレイ ボートレース多摩川 レース選択

競艇場(ボートレース)ライブ

多摩川競艇レースリプレイ

SG(スペシャルグレード)の競艇レースの1つ 「グランプリシリーズ戦2019」。 34回目となる2019年は 12月17日(火)~22日(日)、大阪市住之江区にある住之江競艇場にてナイターで開催されました。 今回は、「グランプリシリーズ戦2019」の結果・出場選手・リプレイをまとめました。 グランプリシリーズ戦とは? グランプリシリーズ戦とは、1986年に創設されたSGの1つ。 グランプリ(賞金王決定戦)とともに2部構成で並行して開催されます。 優勝賞金額は、 1600万円。 他のSGレースは基本的に毎年会場が変わりますが、多額の売上が見込めることもあり、人気のある 住之江競艇場で開催されることが多いです。 (なお、1位〜18位の選手は、グランプリ(賞金王決定戦)に出場します) また、 予選3日目からは、グランプリのトライアル1で敗退した6名も加わります。 ちなみに、トライアル1st敗退者は得点をシリーズ戦に持ち越しますが、得点の不利を補うため、3日目に敗退者6名で「シリーズ復活戦」を行います。 グランプリシリーズ戦のスケジュール グランプリシリーズ戦はグランプリと同様に6日間開催で、次の構成にて行われます。 初日 2日目 3日目 4日目 5日目 最終日 予選 予選 予選 グランプリのトライアル1st敗退者6名が加わる 予選 準優勝戦 シリーズ戦優勝戦(各レースの上位2着) ーーーーー 特別選抜戦 (各レースの3着以下) 4日目まで予選が行われ、得点上位者18名までが5日目に開催される 準優勝戦に出場。 準優勝戦を終え、上位2着以上になった6名が 優勝戦に出場し、それ以外は 特別選抜戦が行われます。 グランプリシリーズ戦2019出場選手一覧 グランプリシリーズ戦2019の出場選手を、選考基準である獲得賞金額とともにご紹介します。 グランプリシリーズ戦2019の結果は? グランプリシリーズ戦2019は、 3号艇の馬場貴也選手がまくり差しで優勝! 次のような結果で幕を下ろしました。 リプレイ:優勝戦は1号艇の木下選手が転覆する波乱の展開に! それでは、決勝戦を振り返っていきましょう。 雨が降っていましたが、風が無く穏やかな水面。 1番人気の木下選手に注目が集まります。 スタートは、ほぼ互角。 しかし1マークでは2号艇の西村選手が離され、3号艇の馬場選手が鋭い3コースまくり差しを決めてきます。 レースは、1号艇・木下選手と3号艇・馬場選手のトップ争いに。 2マーク旋回で1号艇・木下選手は、振り込んでしまい転覆! そのまま失格となってしまいました。 そして、3号艇・馬場選手は2マークを先取りしてトップに躍り出ます。 3号艇・馬場選手はそのまま独走状態! 結果、3号艇・馬場選手が見事な勝利を修めました。 1番人気の1号艇・木下選手が転覆したことを受け、シリーズ優勝戦の3連単の払戻金は 55,890円! 73番人気 と高配当となりました。 今回のレースでは、• 1号艇・木下選手の転覆• 出場選手のなかで、4番目に勝率が高い3号艇・馬場選手が1着• 出場選手のなかで、当地勝率が最も低い6号艇・永井選手が2着 以上のように、荒れたレース展開になったことから予想が大きく外れ、高配当が出たと言えますね。 このように、1〜3着に入らないと思われる選手を1〜2名舟券に絡めることで高配当を期待できます。 ぜひ、競艇でいつも以上に稼ぎたいという人は試してみてくださいね。 まとめ:グランプリシリーズ戦2019で馬場選手が2回目のSG優勝を果たす グランプリのトライアル組からシリーズ戦回りになったものの、見事実力を発揮した 3号艇の馬場貴也選手が優勝したグランプリシリーズ戦2019。 馬場選手は、2018年のチャレンジカップに続く2回目のSG優勝を上げています。 次回の第35回大会は 2020年12月15日(火)〜 20日(日)まで、東京都大田区の 平和島競艇場にて開催されます。

次の

多摩川 競艇 ライブ

多摩川競艇レースリプレイ

ボートレース多摩川とは ボートレース多摩川は、東京都の府中市にある競艇場です。 多摩川土手の北側に位置しており、かつて多摩川河原の砂利採掘場であった場所をボートレース場として転用されることになり開設されました。 2008年度の開催から 薄暮レースと呼ばれる夕方レースが開催されるようになり、2015年から出力低減モーターが採用されている競艇場です。 施設の所有は西武グループの多摩川開発株式会社で、所在地の府中市は開催運営には関係ありません。 府中市はボートレース平和島の運営に何故か絡んでいます。 利権関係が色々とややこしそうですね。 主要競走 ボートレース多摩川で開催される主要競争をご紹介いたします。 周年競走(G1)は、マスコットキャラクターのウェイキーにちなみ「ウェイキーカップ」が行われます。 年末には「多摩川カップ」、年始には「新春特別かどまつ賞」、ゴールデンウィークには「多摩川さつき杯」、そしてお盆には「大郷葉月杯」がそれぞれ行われています。 また、一般戦ではありますが、競艇大好き芸能人の蛭子能収さんの冠がつけられた「多摩川蛭子カップ」も行われる競艇場となっています。 SGレース開催実績 ボートレース多摩川(多摩川競艇場)過去に開催されたSGレースの一覧と開催年をご紹介していきます。 1963年「第9回全国地区対抗競走」• 1965年「第11回全国地区対抗競走」• 1988年「第35回全日本選手権競走」• 1996年「第6回グランドチャンピオン決定戦競走」• 1998年「第44回モーターボート記念競走」• 2001年「第47回モーターボート記念競走」• 2005年「第40回総理大臣杯競走」• 2009年「第44回総理大臣杯競走」• 2019年「第29回グランドチャンピオン」 マスコットキャラクター ボートレース多摩川のマスコットキャラクターは、鳥のカワセミをモチーフとした「ウェイキー」と「リップル」のツガイのコンビです。 「ウェイキー」は英語のWAKEに由来していて、航跡、伴流などの意味を取り命名されたようです。 イメージキャラクター「静波まつり」が萌える 昨今では多くの企業や自治体やメーカーが萌えキャラクターなどを用いて集客アップに利用しています。 その中でもかなりの成功例と言えるのが、ボートレース多摩川が2013年からイメージキャラクターとして採用した「静波まつり」です。 萌えキャラとして熱狂的なファンを多く獲得し、有名コスプレーヤー「えなこ」もコスプレをしたり、かなり知名度と人気の高いキャラクターとなっています。 静波まつりはアイドルレーサーという設定で、様々なグッズや商品が存在し、ボートレース多摩川で開催されるファンサービスの一環として「静波まつりグッズ」が当たる抽選会などもあります。 その他、周年記念のポスターやパンフレットなどにも静波まつりが描かれています。 さらには、静波まつりの活動はボートレース場だけにとどまらず、コミックマーケットなどにも何度も出展してグッズを発売するなど、まさにアイドルとしてボートレースの宣伝も兼ねながら活動の範囲をじょじょに広げています。 ボートレース多摩川の特徴 ボートレース多摩川の水面などの特徴をお伝えします。 ボートレス多摩川は、人工的に作られたプール水面となっており、コースの対岸には防風林が設置さております。 そのため水面は風の影響を受けにくく 「日本一の静水面」と言われ、荒れにくいコースというのが最大の特徴です。 レーサーにとっても走りやすいと評判なので、思い切ってレバーを握ることができるために、スピード戦に強いレーサーが有利と言われています。 また、古くから女子戦に力を入れており、女子を斡旋するレースを盛んに開催しています。 男子選手と女子選手を半数ずつ集めてそれぞれの優勝者を決める「ダブル優勝tvkカップ」や、男女別に予選レースを行い優勝戦は男女同数で行う「優木まおみ杯」などのレースも行われています。 レース攻略ポイント ボートレース多摩川は1マークから対岸までの距離が108mとかなり広く作られており、また、日本一の静水面といわれるくらいコースの水面が穏やかなので 全速ターンがしやすくマクリが有利といった特徴があります。 そのため、1コースの勝率は全国的に見ても低く、3連体率はワーストに近くなっています。 その分、2~6コースの勝率は高くなっており、全速ターンからの逃げかマクリで決着が着くというレースがよく見受けられます。 スピード勝負になりやすいので、スピード戦が得意な選手や、モーターの良し悪しをチェックしてレースの予想をしていきましょう。 施設の特徴 ボートレース多摩川の施設は広々とした4F建ての構造になっています。 4Fには特別観覧指定席の「 緑水亭」があり、有料ですがゆったりとレースを観戦することもできます。 また、施設内に「稲荷大明神」もありますので、レース前の神頼みにはもってこいです。 そして「福狸」も施設内に設置されており、競艇ファンの福を見守ってくれています。 こちらもご利益にあやかって拝んでおきましょう。 その他にも、コインロッカーやウェイキープラザと呼ばれるグッズ販売やファンクラブの受付場所、女性・子供ルーム、水上ステージもあります。 レース日程・ライブ映像・予想やオッズ情報 ボートレース多摩川のレース開催日程は下記から見れます。 当月と翌月分では外向け発売所の詳細も見ることができます。 出走表やレースライブ&リプレイ、予想は下記から見れます。 どちらも参考になりますので、レースの予想前に目を通しておいたほうが良いですね。 アクセス方法 【住所】 〒183-0014 東京都府中市是政4-11 電車を利用して訪れる場合は、西武多摩川線競艇場前駅が目の前で徒歩3分ほどなのでこの路線の利用がオススメです。 また、無料送迎バスも下記の駅から出ています。 京王線多磨霊園駅、無料バス15分 JR南武・武蔵野線府中本町駅、無料バス10分 多磨霊園駅の無料バス乗り場は駅から若干離れていて少し分かりづらいです。 駅の一ヶ所しかない出入り口を出て右(南)に真っすぐ進み、うどん蕎麦まるふじを超えた右側にバス乗り場があります。 府中本町駅の無料バス乗り場は、出入り口を出てロータリーになっている箇所の左の奥側で分かりやすい位置にあります。 車で来場する際も無料駐車場が約380台分あるので安心です。 まとめ ボートレース多摩川は、競艇のレース以外にも様々な楽しみ方があります。 多摩川沿いを歩いて散歩するだけでも楽しいですし、施設内では各種グルメや様々なイベントを楽しむことができます。 また、イメージ萌えキャラクターの「静波まつり」のグッズを買ったりコスプレイベントなどに参加するのも良いでしょう。 夏には水上ステージで阿波踊りのイベントなどもあります。 そして、ボートレース関しては、日本一の静水面と呼ばれる走りやすいコースなので、パワーとスピードが優先され、全速ターンなど見ごたえがバッチリのレース展開が多くなります。 たくさんの遊べる要素があるボートレース多摩川に是非とも訪れてみてくださいね。

次の

スマートフォン版 レースリプレイ ボートレース多摩川 レース選択

多摩川競艇レースリプレイ

ボートレース多摩川とは ボートレース多摩川は、東京都の府中市にある競艇場です。 多摩川土手の北側に位置しており、かつて多摩川河原の砂利採掘場であった場所をボートレース場として転用されることになり開設されました。 2008年度の開催から 薄暮レースと呼ばれる夕方レースが開催されるようになり、2015年から出力低減モーターが採用されている競艇場です。 施設の所有は西武グループの多摩川開発株式会社で、所在地の府中市は開催運営には関係ありません。 府中市はボートレース平和島の運営に何故か絡んでいます。 利権関係が色々とややこしそうですね。 主要競走 ボートレース多摩川で開催される主要競争をご紹介いたします。 周年競走(G1)は、マスコットキャラクターのウェイキーにちなみ「ウェイキーカップ」が行われます。 年末には「多摩川カップ」、年始には「新春特別かどまつ賞」、ゴールデンウィークには「多摩川さつき杯」、そしてお盆には「大郷葉月杯」がそれぞれ行われています。 また、一般戦ではありますが、競艇大好き芸能人の蛭子能収さんの冠がつけられた「多摩川蛭子カップ」も行われる競艇場となっています。 SGレース開催実績 ボートレース多摩川(多摩川競艇場)過去に開催されたSGレースの一覧と開催年をご紹介していきます。 1963年「第9回全国地区対抗競走」• 1965年「第11回全国地区対抗競走」• 1988年「第35回全日本選手権競走」• 1996年「第6回グランドチャンピオン決定戦競走」• 1998年「第44回モーターボート記念競走」• 2001年「第47回モーターボート記念競走」• 2005年「第40回総理大臣杯競走」• 2009年「第44回総理大臣杯競走」• 2019年「第29回グランドチャンピオン」 マスコットキャラクター ボートレース多摩川のマスコットキャラクターは、鳥のカワセミをモチーフとした「ウェイキー」と「リップル」のツガイのコンビです。 「ウェイキー」は英語のWAKEに由来していて、航跡、伴流などの意味を取り命名されたようです。 イメージキャラクター「静波まつり」が萌える 昨今では多くの企業や自治体やメーカーが萌えキャラクターなどを用いて集客アップに利用しています。 その中でもかなりの成功例と言えるのが、ボートレース多摩川が2013年からイメージキャラクターとして採用した「静波まつり」です。 萌えキャラとして熱狂的なファンを多く獲得し、有名コスプレーヤー「えなこ」もコスプレをしたり、かなり知名度と人気の高いキャラクターとなっています。 静波まつりはアイドルレーサーという設定で、様々なグッズや商品が存在し、ボートレース多摩川で開催されるファンサービスの一環として「静波まつりグッズ」が当たる抽選会などもあります。 その他、周年記念のポスターやパンフレットなどにも静波まつりが描かれています。 さらには、静波まつりの活動はボートレース場だけにとどまらず、コミックマーケットなどにも何度も出展してグッズを発売するなど、まさにアイドルとしてボートレースの宣伝も兼ねながら活動の範囲をじょじょに広げています。 ボートレース多摩川の特徴 ボートレース多摩川の水面などの特徴をお伝えします。 ボートレス多摩川は、人工的に作られたプール水面となっており、コースの対岸には防風林が設置さております。 そのため水面は風の影響を受けにくく 「日本一の静水面」と言われ、荒れにくいコースというのが最大の特徴です。 レーサーにとっても走りやすいと評判なので、思い切ってレバーを握ることができるために、スピード戦に強いレーサーが有利と言われています。 また、古くから女子戦に力を入れており、女子を斡旋するレースを盛んに開催しています。 男子選手と女子選手を半数ずつ集めてそれぞれの優勝者を決める「ダブル優勝tvkカップ」や、男女別に予選レースを行い優勝戦は男女同数で行う「優木まおみ杯」などのレースも行われています。 レース攻略ポイント ボートレース多摩川は1マークから対岸までの距離が108mとかなり広く作られており、また、日本一の静水面といわれるくらいコースの水面が穏やかなので 全速ターンがしやすくマクリが有利といった特徴があります。 そのため、1コースの勝率は全国的に見ても低く、3連体率はワーストに近くなっています。 その分、2~6コースの勝率は高くなっており、全速ターンからの逃げかマクリで決着が着くというレースがよく見受けられます。 スピード勝負になりやすいので、スピード戦が得意な選手や、モーターの良し悪しをチェックしてレースの予想をしていきましょう。 施設の特徴 ボートレース多摩川の施設は広々とした4F建ての構造になっています。 4Fには特別観覧指定席の「 緑水亭」があり、有料ですがゆったりとレースを観戦することもできます。 また、施設内に「稲荷大明神」もありますので、レース前の神頼みにはもってこいです。 そして「福狸」も施設内に設置されており、競艇ファンの福を見守ってくれています。 こちらもご利益にあやかって拝んでおきましょう。 その他にも、コインロッカーやウェイキープラザと呼ばれるグッズ販売やファンクラブの受付場所、女性・子供ルーム、水上ステージもあります。 レース日程・ライブ映像・予想やオッズ情報 ボートレース多摩川のレース開催日程は下記から見れます。 当月と翌月分では外向け発売所の詳細も見ることができます。 出走表やレースライブ&リプレイ、予想は下記から見れます。 どちらも参考になりますので、レースの予想前に目を通しておいたほうが良いですね。 アクセス方法 【住所】 〒183-0014 東京都府中市是政4-11 電車を利用して訪れる場合は、西武多摩川線競艇場前駅が目の前で徒歩3分ほどなのでこの路線の利用がオススメです。 また、無料送迎バスも下記の駅から出ています。 京王線多磨霊園駅、無料バス15分 JR南武・武蔵野線府中本町駅、無料バス10分 多磨霊園駅の無料バス乗り場は駅から若干離れていて少し分かりづらいです。 駅の一ヶ所しかない出入り口を出て右(南)に真っすぐ進み、うどん蕎麦まるふじを超えた右側にバス乗り場があります。 府中本町駅の無料バス乗り場は、出入り口を出てロータリーになっている箇所の左の奥側で分かりやすい位置にあります。 車で来場する際も無料駐車場が約380台分あるので安心です。 まとめ ボートレース多摩川は、競艇のレース以外にも様々な楽しみ方があります。 多摩川沿いを歩いて散歩するだけでも楽しいですし、施設内では各種グルメや様々なイベントを楽しむことができます。 また、イメージ萌えキャラクターの「静波まつり」のグッズを買ったりコスプレイベントなどに参加するのも良いでしょう。 夏には水上ステージで阿波踊りのイベントなどもあります。 そして、ボートレース関しては、日本一の静水面と呼ばれる走りやすいコースなので、パワーとスピードが優先され、全速ターンなど見ごたえがバッチリのレース展開が多くなります。 たくさんの遊べる要素があるボートレース多摩川に是非とも訪れてみてくださいね。

次の