太陽 の 末裔 最終 回。 太陽の末裔動画を日本語字幕で2話~最終回まで無料視聴ならココ!|suse750|note

太陽の末裔はバッドエンドで結末は死ぬ?最終回をネタバレ!

太陽 の 末裔 最終 回

太陽の末裔のあらすじネタバレ 24話のあらすじ・ネタバレ シジンとモヨンは、リハビリのために釣りに行くことに。 自然の中で、お互いのリハビリ中。 そんな中、デヨンはミョンジュがウルクにいるため、シジンの計らい?で、報告書作成。 でも、ミョンジュからの電話が唯一の癒しだった。 そして、軍に戻ると特戦部隊の慰霊訪問で、女性アイドルグループが来場。 いつもよりましてノリノリの部隊員の中に、 シジンもデヨンもパク大領もノリノリ!その映像を、チフンが見てしまい。。。 モヨンも観てしまう。 またまた、言い訳と嫉妬の2組。 そしてもめてしまう2組。。。 ミョンジュがウルクから戻ってきた。 ミョンジュの父である司令官に、手をつないで挨拶に行く。 そこで、デヨンは軍服を脱ぐのは出来ませんと。 そして司令官は。。。 「すでに祖国はソ・デヨンを認めた。 司令官として、君が婿になることを光栄に思う。 」 と。 そして、あの悲痛な作戦に行かせたことを後悔したと。 ミョンジュが、モヨンを訪ねに病院へ。 自身がデヨンとの交際を認めてもらった報告と、ウルクの最新映像や、ファティマのクリスマスカードをモヨンに渡していた。 それぞれが幸せな日々を過ごしていた。 シジン達も、デヨン達も、そしてソウルの病院のメンバーも、ダニエル達も。。。 ダニエル達をうらやましがるミョンジュは、デヨンに 「遺書を読んだか?」っと言われると。。。 下級員のいる前で告白タイムとなった。 再びウルクの地を踏んだシジンとモヨン。 あの色々思い出の詰まった地だ。 海辺ではゆっくり2人の時間が流れていた。 ウルクで共にしたメンバーが、ダニエルとイェファの結婚式に全員集合!そして、いきなり停電になり。。。 火山が噴火!とのこと。 またもや、このメンバーの全員出動となった。 SponsoredLinks 太陽の末裔の動画を無料視聴しよう! この記事では 文字や文章のみにて「太陽の末裔」のあらすじ・ネタバレをご紹介しています! ただ、もちろん 出演している俳優さんや女優さんの表情や声もプラスして実際に映像で楽しみたい!と思っている方も多いハズ。 太陽の末裔【24話最終回】の感想 めでたく!全員「ハッピーエンド」と言ってもいいのではないでしょうか? モヨン&シジン、デヨン&ミョンジュ、そしてサンヒョン&ジャエ、さらに病院のメンバーや部隊のみなさん、全てに「幸せ」が舞い込んで終われたと思います。 本当に、このドラマ自体が、色々ありすぎる!内容でしたので、毎回ハラハラドキドキで、気が気でなかったのは正直なところです。 なので、最終回はこんなに平和に終わってくれたのは、個人的にうれしかったですね。 ウルクの景色もそうですが、シジンとモヨンの美しさも映えるドラマ。 個人的には、デヨン派でしたので、デヨンとミョンジュが、本当に幸せになれてよかった。。。 あと、忘れてはならないサンヒョンとジャエさんも! 笑いあり、涙あり、美しい風景に抱かれてた、とても素敵なドラマでした。 ぜひ、みなさんもご覧になってみてくださいね。 SponsoredLinks まとめ 以上、太陽の末裔|【24話最終回】あらすじネタバレ&感想をお伝えしてきました! この続きのあらすじやネタバレもぜひチェックしておいてくださいね! 韓国ドラマの動画については YoutubeやDailymotion、9tsu、PandoraTVなどいわゆる違法アップロードされたものもあったりします。 ですが、 画質が悪い・音声が変・字幕なしなどなど不便の多いものばかり。

次の

太陽の末裔|【24話最終回】あらすじネタバレ&感想

太陽 の 末裔 最終 回

韓国ドラマで大ヒットした太陽の末裔も16話で最終回! 16話(最終回)のネタバレ・あらすじを紹介します。 最終回なのでまだ動画視聴されてない人はネタバレみちゃうとつまらなくなっちゃいますよ。 海外奉仕に行ったモヨンの前に、なんとシジンが現れて・・・ 太陽の末裔最終回の16話、ネタバレ・あらすじはこちら! 生きていたデヨンとシジン! モヨンが海外へ奉仕活動に行き、この日はシジンの命日。 モヨンがシジンを想い、悲しんでると、何と後ろからシジンが来ます。 生きていたんです! モヨンは情緒不安定になったかのようにたくさん独り言を言い、 「愛してるわ」と言って抱き合います。 一方ミョンジュのところへもデヨンが! 「返事が遅くなった。 別れない、死んでもお前と別れない」 とデヨンの胸を殴るミョンジュ。 2人はキスします。 そしてミョンジュと一緒に来ていたギボムの前にもデヨンが。 ギボムは静かに泣き、大検は受かったと報告します。 デヨンは今までどうしていたのかを語り始めます。 爆撃された後は、捕まって地下に閉じ込められていて、150日くらい経った時、なんとアン上尉が助けに来てくれたんです! モヨンは命日だからとシジン用に韓国式のお供え物を用意していました。 「まさか、違うわよね」 と言って他のスタッフに幽霊じゃないのかどうか確かめてもらいました(笑) 帰国したデヨンとシジン 2人は韓国に帰国。 司令官が2人をハグで出迎えます! が、すぐに報告書が待っていました・・・ 「やられてばかりじゃダサい!月1回は脱出を試みたことに」 なんて、報告書をつくるのにも楽しそうです。 モヨンと会うシジン。 「これからも仕事は続けるの?英雄になるために」 「あるべき平和を守りたい」 「大丈夫、反対しないから。 反対したってあなたは諦められないでしょ?」 「ありがとう。 ごめん、謝ることしかできず」 と話した2人。 そして寒いのに2人で釣りに出かけ、キャンプをします。 ウルクのホテルを検索するモヨン。 まだウルクの浜辺で拾った石を大事そうに持っています。 仲の良さそうな2人。 デヨンのところにミョンジュから電話が。 「声を聞かないと不安で。 いつもギボムにあれは夢じゃないか確かめる」 とミョンジュ。 最後まで嫉妬するモヨンとミョンジュ VIPの警護あると、アルファチームは出動! アイドルである(実在します)レッドベルベットの警護でした。 楽しそうに最前列で観ていたデヨンとシジン。 その動画をたまたまみたモヨンは、出演していた番組で 「彼氏はいません」と些細な仕返しを。 「軍人は友達ですか?」 とシジンは不服そうですが、モヨンに怒られます。 ですが昇進すると聞き、一気にモヨンの機嫌は直ります。 一方ミョンジュにもバレていて、 「ダンスがお上手だとは思いませんでした」 「帰国まであと157日です!その間にどう殺すか考えておきます」 とめっちゃ嫉妬しています。 「明日司令官に会う。 手を繋いで」 そしてデヨンは退役はしないことにして、真っ向から戦うことに! ミョンジュは作戦があると言いますが・・・ 司令官に会う2人。 「妊娠したの」と作戦決行!(笑) デヨンは 「私のような軍人こそ祖国に必要です。 認められるように違う道を捜します」 「父として君が婿になることを誇りに思う」 「娘をよろしく頼む」 司令官からお許しが出ました!! ひよどりフォルダの中身 モヨンのところにミョンジュがウルクから預かったファティマの手紙が届きます。 「お金を掛けて良かった」と嬉しそうなモヨン。 チフンはサンヒョンのパソコンで、ウルクで靴をあげた男の子のビデオレターを見始めました。 中身はなんとジャエの10代~30代の写真が! サンヒョンはずっとジャエのことが好きだったという証明です。 「見たんだろ?プロポーズだ!告白を」 「いいえ、私がするから」 とやっと両想いに! モヨンの車を洗車しに行った2人。 かなり寒いのにシジンをビショビショにしてしまいます! 「抱きしめて」と甘えるシジン。 デヨンの告白 ミョンジュとデヨンはカナダで行われるダニエルたちの結婚式の話を軍の食堂でご飯を食べながらしています。 「遺書は読んだか?」 するとミョンジュにあてた遺書の内容を朗読し始めたデヨン。 「心底愛してる。 たとえ死んだとしても」 「嘘よ、覚えてるわけがない」 と手紙を胸ポケットから出します。 他の隊員から「ひゅ~」と冷やかされます(笑) 「下級者は目をつぶれ」と言ってミョンジュにキス。 今度はミョンジュは 「下級者は目をつぶって」と言ってデヨンにキス。 周りは大盛り上がりです! 太陽の末裔 エンディング 「今よ!」とモヨンは幸せの石を持ってウルクの浜辺に。 また赤ワインを飲むモヨン。 「おいしい?」 「飲みたそう、方法はある」 と言って2人は笑い合います。 「僕の人生に輝くをくれた」とシジン。 2人は来世でも会おうと言います。 そして2人は 「愛してる」「私も」と言ってキスします。 チフンが 「いいエンディングでしょ。 いやー最終回、ハッピーエンドで良かったですね~ 正直15話ではホントに死んだのかと思いました。 モヨンが現地でテレビ電話をジャエたち医療チームとしたとき、 お供え物を食べるシジンを見て 「うわー」となったのがおかしかったですね。 チフンなんか 「成仏してください」って言ってて(笑) 「幽霊じゃないわよね」って騒いでましたね~ 最終回のゲストはアイドルのレッドベルベットでしたね! 韓国版カノジョは噓を愛しすぎてるに出演してたジョイちゃんが出演してる~と視聴者のこっちまでテンション上がりました(笑) 物語はハッピーエンドで終わり良かったんですが、 モヨン役とシジン役の2人が現実でも結婚するなんて!めっちゃおめでたいですよね~ なんか似合わないような気もしますが・・・ シジンファンの人は何人も泣いたんじゃないでしょうか?? 太陽の末裔は最終回まで面白いシーンが多く、 とくにレッドベルベットのショーを見てはしゃいでいたシジンとデヨンが、そのあとモヨンとミョンジュから怒られているシーンは面白かったですね。 シジンはモヨンにべったりでしたね。 やっぱり年上だから?モヨンにすり寄ったりして、抱きしめて~とか言ったり、可愛かったです。 モヨンはサバサバしていて、最終回まで好感が持てました。 最後チフンで締めたのがちょっと謎でしたが、 最後まで災害に巻き込まれるという・・・まとまった終わり方で良かったです! さすが超ビッグ視聴率をたたき出しただけありますね。 最終回までハラハラドキドキ展開が続いて1話ごと見ごたえがありました。

次の

太陽の末裔動画を日本語字幕で2話~最終回まで無料視聴ならココ!|suse750|note

太陽 の 末裔 最終 回

Contents• 太陽の末裔22話のネタバレ デヨンは、別れて以降ろくに食事をとっていないミョンジュを心配し、食事に誘います。 ろくに会話しない2人。 「なぜ食事に誘ったの?」と怒るミョンジュにデヨンは「やせすぎだ」と言います。 ミョンジュは「わたしたちの関係はなんですか?別れたのか、それともケンカ中なのか」とデヨンに問います。 「お前に向かってる途中だ」とデヨン。 ミョンジュは「わたしが家を出て、父と縁を切る」と言いますが、デヨンはそれに反対します。 結局仲直りできないまま、デヨンは部屋を出て行ってしまいます。 シジンたちが連合作戦に参加することとなり、準備をしています。 シジンは任務に就く前にモヨンに会いに行き、抱きしめながら「ケガもせず、無事に帰ってくる」と約束し、任務に向かいます。 一方、司令官にデヨンが呼ばれます。 デヨンの後任がいないため、デヨンにもシジンたちと同じ任務に行ってもらおうと思うと司令官。 「どうする?」と司令官はデヨンに尋ねます。 デヨンは「行きたいです」と答えます。 司令官は「任務から戻ったらミョンジュと一緒に来い、お茶を2杯出す」と言います。 デヨンが司令官室から退室した後、退役命令書を破る司令官。 約束の3か月を過ぎてもシジンたちは帰ってきません。 モヨンは毎日シジンにメッセージを送りますが、返事がありません。 それでも毎日、たわいもないメッセージを送り続けます。 モヨンは同じ境遇のミョンジュとのみに行きます。 2人はなかなか帰ってこないシジンとデヨンを心配しながら、モヨンが「もし帰ってきたら仕事を放りだして1週間離れない」と言い、ミョンジュは「わたしは携帯を没収して旅に出る」と言います。 2人は笑いながら、お酒を酌み交わします。 その頃、シジンとデヨンは任務を終え、ヘリに向かっています。 先に部下と民間人をヘリに乗せ、デヨンとシジンは残ります。 その時、シジンが銃で撃たれてしまいます。 デヨンがシジンを抱え車の陰に移動しますが、デヨンも撃たれてしまいます。 そしてシジンとデヨンのいる場所が爆破されます。 部下たちは、その様子をヘリから見てシジンとデヨンの名前を泣き叫びます。 後日、シジンとデヨンの捜索が行われましたが、本人たちの姿も死体も見つかりませんでした。 シジンたち軍人は、任務に就く前に遺書を書く習わしになっており、司令官はシジンの父を呼び、任務に行く前にシジンが残した遺書を渡します。 一方、ホテルを探すミョンジュにもデヨンが戦死したとの報告がされます。 シジンの部下であるチェ中士はモヨンの病院へ行き、シジンの戦死を伝え遺書を渡します。 事態が飲み込めないミョンジュとモヨン。 2人の目には涙が溢れます。 モヨンはいてもたってもいられず、車で軍の基地に向かいます。 基地に着いたモヨンは基地に着き、外で泣いているミョンジュを見つけます。 「本当に確かめたの?何かの間違いってことはない?」とミョンジュに確かめます。 ミョンジュは何も言えず、泣き続けます。 ミョンジュが手に遺書を持ってるのを見たモヨンは、「本当に戻らないの?わたしは本当にもう彼と会えないの?」と言い、ミョンジュは静かに頷きます。 モヨンは、シジンの死後、考える時間を減らすため、仕事に打ち込みます。 しかし、日常のちょっとしたことで、シジンを思い出してしまい、涙がこぼれます。 太陽の末裔23話ネタバレ ミョンジュは、またウルクに派兵されることが決まり、モヨンを居酒屋へ呼び出します。 ミョンジュはモヨンにぬいぐるみをプレゼントし、今日は飲み明かそうと言います。 モヨンはミョンジュにシジンとデヨンの出会いのきっかけを聞きます。 「きっかけはある女性でした」とミョンジュは語り始めます。 その女性とはミョンジュのことで、ミョンジュとの約束通り、シジンと初めて会ったときに「ミョンジュと交際しています」とシジンに言います。 なれそめや、交際期間を尋ねるシジンに「もう一度言います、交際しています」と言います。 「諦めました?」と尋ねるデヨン。 シジンは「わたしたちが戦う必要ありません。 戦うときは一緒に」と言います。 それが2人が仲良くなるきっかけでした。 ミョンジュを見送ったモヨンは家で1人、自分の中のシジンと会話します。 「会いたかった。 わたしとの約束は守れなかったの?」とシジンに問います。 「守ろうとしたはず。 力の限りを尽くして君の元へ戻ろうと」と頭の中のシジンが答えます。 「でも戻ってこなかった」と涙を流すモヨン。 ミョンジュはウルクに到着します。 モヨンはウルクにデヨンからの遺書を持ってきますが、「死ぬまで見ない」と言い、ロッカーにしまいます。 モヨンはアルバニアで奉仕活動を開始します。 モヨンは今も、シジンにメッセージを送り続けています。 そしてシジンの命日にモヨンは花を供え、シジンのことを思います。 そのとき、モヨンの持っている無線からシジンの声が聞こえます。 驚いたモヨンは思わず、無線を落としてしまいます。 しかし、突然のことで信じることができないモヨンは、「いやだわ、ついに幻聴が」と言います。 でもまさかと思い、携帯を見ると、シジンに送っていたメッセージに次々と既読がつきます。 その時、もう一度無線よりシジンの声が聞こえます。 振り向くと遠くからシジンが歩いてきます。 「生きてたの?」と言うモヨンに「困難なことでも、僕はやり遂げるんです」と答えるシジン。 泣きながら抱き合う2人。 ミョンジュは宿舎の外に出て、ウルクで100年ぶりに振った雪に触れます。 そこへデヨンがミョンジュのもとへ歩いてきます。 目に涙をため、デヨンを見つめるミョンジュ。 デヨンはミョンジュに「返事が遅くなった。 別れない」と涙を流しながら言います。 「死んでもお前と別れない」とデヨン。 ミョンジュはずっと大切に持っていたデヨンのプレートをデヨンに返します。 シジンとデヨンは狙撃された後、爆撃よりも先に民兵につかまり、監禁されます。 それから150日たったあと、シジンたちのもとへ民兵がやってきて、「お前たちを始末して撤収する」と言います。 しかし、アン中尉が助けに来てくれて2人は解放されたのでした。 きっと、なかなか死を受け入れられないことでしょう。 以前は、犬猿の仲だったはずの2人ですが、いつしか同じ境遇に立つもの同士、励まし合う関係になっていることがなんだか不思議に思えます。 そして、かつてシジンが救ったアン中尉が、今度はシジンとデヨンを救いに来てくれました。 これぞ、男の友情と言った感じでとても心を動かされました。 ミョンジュとモヨンとも無事再会できて本当によかったです。

次の