ノイル イミューン。 大阪大学発ベンチャー「C4U株式会社」がノイルイミューン・バイオテック株式会社と共同研究および事業化に関する契約を締結

国立がん研究センター発ベンチャーにノイルイミューン・バイオテック株式会社を認定|国立がん研究センター

ノイル イミューン

武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」)とノイルイミューン・バイオテック株式会社(所在地:東京都中央区、以下「ノイルイミューン」)は、このたび、次世代型キメラ抗原受容体発現T細胞(CAR-T)療法に関する提携契約を締結しましたのでお知らせします。 この次世代型CAR-T細胞療法技術は、山口大学玉田耕治教授により開発され、ノイルイミューンが独占的に権利を有する基盤技術で、サイトカイン、ケモカイン等を産生する機構を有しており、がん治療の効果を高めるため固形がん組織の微小環境に影響をあたえるまたは変化させることが期待されます。 本契約により、武田薬品とノイルイミューンは、幅広い種類のがんの治療に向け、この技術を活用した新たなCAR-T細胞免疫療法の研究開発を行う予定です。 ノイルイミューンの石﨑秀信社長は、「この技術は、当社の創業者であり取締役CSMOでもある山口大学医学部免疫学教室の玉田耕治博士により開発された、固形がんに対する革新的な治療法開発のための基盤技術です。 今回の武田薬品との提携は、本技術を活用した治療法を早期にがん患者様へ届けるための重要な一歩となると確信しています」と述べています。 武田薬品とノイルイミューンは、本提携下、CAR-T細胞免疫療法の研究開発を加速するための共同研究を実施します。 武田薬品は、本共同研究の実施に必要なリソースの提供に加え、ノイルイミューンへの技術アクセス料の支払い、株式投資を行います。 武田薬品は、本提携により共同研究される複数のパイプラインに加え、ノイルイミューンの一部パイプラインの開発および販売権を独占的に獲得するオプション権を有します。 さらなる契約の詳細については開示しておりません。 武田薬品のOncology Drug Discovery UnitのHeadであるChristopher Arendtは、「当社の重点領域の一つであるがん領域における画期的な治療薬を創出するにあたり、次世代型CAR-T細胞療法技術は大きな可能性を有していると考えています。 本共同研究は、最先端の技術に積極的に投資し、外部の素晴らしい研究者と協同し、がん患者さんの治療ニーズを満たす治療に取り組むという当社戦略の一例です。 ノイルイミューンの研究チームは、最先端の研究施設である当社湘南研究所において活動を予定しており、革新的な細胞免疫療法の開発を加速させるため当社研究員とともに活動していきます。 当社は、優れた業績をもつノイルイミューンの研究チームと共同研究できることを大変嬉しく思います」と述べています。 武田薬品は、当社の100%子会社であるMillennium Pharmaceuticals, Inc. を通じ、ノイルイミューンと契約を締結しました。 <ノイルイミューン・バイオテック株式会社について> ノイルイミューン・バイオテック株式会社(代表取締役:石﨑秀信、所在地:東京都中央区、以下「ノイルイミューン」)は、国立がん研究センターおよび山口大学発ベンチャーで、山口大学・玉田耕治教授の開発した次世代CAR-T細胞を中心としたがん免疫療法に特化して日本発の画期的ながん免疫治療薬の開発を目指します。 ノイルイミューンは新規がん免疫治療薬の迅速な開発、事業化に取り組み、国立がん研究センターや山口大学と提携することで早期臨床開発を加速化させ、新規治療を待ち望む全てのがん患者さん達にいち早く還元することを目的に設立されました。 CAR-T細胞はがん細胞表面抗原を認識する一本鎖抗体とT細胞の活性化を誘導する分子の細胞内シグナル伝達領域を融合させたキメラ抗原受容体(Chimeric Antigen Receptor: CAR)をT細胞に遺伝子導入し作成します。 従って、CAR-T細胞は、がん細胞を特異的に認識し活性化・増殖してがん細胞を殺傷します。

次の

国立がん研究センター発ベンチャーにノイルイミューン・バイオテック株式会社を認定|国立がん研究センター

ノイル イミューン

CAR-T細胞療法は白血病などの血液がんの治療で米国や日本などで薬事承認を受けていますが、臓器などにできる固形がんでは未だ有効性が示されていません。 同社は、固形がんへの治療効果が期待できる画期的な次世代型の「Prime CAR-T細胞」の新規開発を進めています。 Prime CAR-T細胞は、免疫細胞を活性化させるIL-7とCCL-19という二種の生理活性物質を同時に産生する能力を有し、従来のCAR-T細胞では効果の得られなかったマウス固形がんモデルに対して強力な治療効果を発揮するとともに長期の再発予防効果を誘導することを示しています。 当該治療効果は従来のCAR-T細胞と異なり、投与したCAR-T細胞そのものの直接的ながん傷害機能のみならず、投与を受けた宿主側の免疫細胞を協調的に活性化してともにがん傷害機能を示すというユニークかつ強力な作用を誘導することが明らかになりました(本研究成果は2018年に英科学雑誌「Nature Biotechnology 36 4 :346-351,2018 April」に掲載)。 ノイルイミューン・バイオテック株式会社の求人一覧 1件 募集中の求人職種を一覧でご紹介しています。 仕事内容 最先端のがん免疫療法であるCAR-T細胞療法の研究開発に携わって頂きます。 【募集背景】 現在、複数のプロダクトを有しており、この中には自社で進めているプロダクトもあります。 他社との共同研究、また自社での研究を進めるため研究員を募集しております。 【研究内容について】 CAR-T細胞療法とは、患者さん自身の免疫細胞に遺伝子操作を加えがんに対する攻撃力を高めて体内に戻す治療法です。 実際には、T細胞と呼ばれる病気と闘う白血球を患者さんの血液から取り出し、その遺伝子を組み換えて10日間~2週間ほど実験室で培養した後に患者さんの体内に戻します。 遺伝子を改変されたCAR-T細胞は、がん細胞上の抗原蛋白を認識しこれを標的として攻撃を開始します。 同社では従来のCAR-T細胞と比較しより治療効果を高めた独自の次世代型Prime CAR-T細胞の研究開発をおこなっています。 【入社後の流れ】 山口大学免疫学講座にて、まずは免疫細胞の培養や遺伝子改変を含むCAR-T細胞の作製技術を身に着けることを目標に、段階的に一つ一つの技術(実験手技)を覚えていただきます。 これまでの経験やスキルに応じてクローニングなどの分子生物学的実験あるいはマウスを用いた動物実験に携わって頂く可能性もあります。 各プロジェクトは研究員が役割分担し、互いに協力しながら進めていきます。 若手研究員も多く活躍しています! 【契約社員について】 契約社員スタートですが、就業評価により正社員登用もあり得ます。 研究員の方は現状2名いらっしゃいます。 1名の方は派遣社員スタートで半年程で正社員になられています。 【このポジションの魅力】 当ポジションは、最先端技術のがん研究に携わることができ、また、研究チームの成果が、臨床開発を経て患者さんへ届くことに関われる可能性があるところが大きな魅力です。 また少数精鋭のバイオベンチャー企業であるため、会社の中で希少な存在になれる、意思決定が早くプロジェクトの進行にスピード感がある、スキルの幅を広げたい方にとってはマルチタスクによる成長の機会が多い、などのメリットがあります.

次の

山大ベンチャー、阪大発の企業と提携 難治性がんの治療法を共同研究【宇部】|宇部日報 このまちメディアWeb

ノイル イミューン

当社は、このたび、がん免疫領域において新たな研究提携契約を締結しましたのでお知らせします。 がん免疫領域は、当社の戦略的フォーカスでも特に重要な領域です。 これらの研究提携契約を通じ、武田薬品は次世代のがん免疫療法の創出に向けた研究を加速します。 本研究には、治療が困難な患者さんのニーズに応える重要な機会となり得る新規の細胞療法に関する研究も含まれます。 当社のオンコロジー領域のヘッドであるPhil Rowlandsは、「私たちは、オンコロジー領域における研究開発における最近の進歩、特に拡大するパートナーシップネットワークを通じた細胞療法による治癒の可能性を喜ばしく思っています。 私たちは今後も、がんの治癒という目標を達成するため、がん免疫領域におけるパイオニアである先進的な研究者との連携を継続し、がん免疫サイクルにおける新たな作用機序をターゲットとした研究および創薬をさらに加速してまいります」と述べています。 当社は、Memorial Sloan Kettering Cancer Center(以下、「MSK」)と共に、多発性骨髄腫、急性骨髄性白血病、その他の固形がんでの効能に向けた新規キメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)療法の創出と開発に関する共同研究を行います。 この広範で多面的な共同研究の共同リーダーは、CAR-T療法のパイオニアとして知られるMSKのCenter for Cell Engineeringの所長であり、Juno Therapeutics. のサイエンティフィックファウンダーであるMichel Sadelainが務めます。 当社は、ノイルイミューン・バイオテック社(以下、「ノイル社」)との、2017年9月に開始した既存のにおけるオプションを行使しました。 NIB-102については臨床第1相試験が年内に開始される予定です。 この開発により、標的腫瘍に結合するシングルドメイン抗体のユニークな性質を従来の一本鎖抗体(scFV)に基づくアプローチに代わる治療法して活用することが可能となります。 当社が進める次世代細胞療法の多様化は、血液がんと肺がん、がん免疫の3領域について進められています。 当社は、新たに立ち上げたTranslational Cell Therapy Engineと社外パートナーとの連携を通じて、今後数年間で早期開発パイプラインを拡充させる予定です。 当社はこのほど、生体工学、CMC(化学・製造・品質管理)、臨床およびトランスレーショナル研究の専門家からなる社内グループであるTranslational Cell Therapy Engineを設立しました。 本グループは、革新的かつ差別化された細胞療法のコンセプトを、臨床現場に迅速に届けることを目的としており、 Pharmaceutical SciencesおよびTranslational Cell Therapy EngineのHeadであるStefan Wildtが本グループを率います。 Stefan Wildtは、「期待される社外のイノベーションと、目的に特化したTranslational Cell Therapy Engineの力を組み合わせることで、真に革新的な細胞療法の開発を加速させていきます。 私たちはこの目標の達成を目指し、細胞療法の開発経験を豊富に有する非常に優秀な人材の力を結集させました」と述べています。

次の