アパート 隣 が うるさい。 隣の話声、音楽、テレビ、子供がうるさい!賃貸の騒音対策!

【隣の部屋がうるさい】黙らせる方法は2つある【安全】

アパート 隣 が うるさい

戸建てを含むアパートやマンションに住んでいると問題が出てくるのは隣人とのトラブルです。 近年では引っ越してきても挨拶などをしない人もいるため、隣人にどういった人間が住んでいるのかすら分からないことがあります。 そのため、いつかどこかで何らかのトラブルが発生することも珍しくありません。 そんな隣人トラブルで上位に位置するほど多い問題は「騒音」でしょう。 住んでいる場所の壁が薄いとなれば尚更うるさいと感じます。 生活音程度であれば気にならないかもしれませんが、やはり時と場合にもよりますよね。 生活音と言ってもその音が大きく聞こえ、且つ眠る時間などの静かに暮らす時間帯はやはりうるさいと感じてしまう人も多いでしょう。 そんな環境下で長く生活していればうるさいと思う感情から殺したいと思うほどの強烈な気持ちが湧きあがることもあります。 よく見聞きするのはうるさい隣人に対して壁ドンを行い、静かにさせるという方法もありますよね。 今や定着した言葉ですが、壁ドンはされた側は当然良い気持ちにはなりません。 場合によっては壁ドンが発端となり、騒音がさらに酷くなる恐れがあったり、壁ドンを仕返してくる倍返し状態になってしまうので壁ドンはあまりおすすめできません。 また、壁ドンは行う方向だけではなく、部屋の中で音が反響して関係ない隣人にまで迷惑になる可能性があります。 そのため、壁ドンは安易に行わないようにしましょう。 殺したいほどうるさい隣人が気になる瞬間は様々なものがあるでしょう。 例えば夜中に大勢で集まってお酒を飲みながらどんちゃん騒ぎしていたり、隣人がバンドマンなどの場合はギターや歌声がうるさかったり…。 その中でも夜中の時間帯に大きな音で洗濯機を回すなども不快に思う人もいるかもしれませんね。 生活音程度ならよほど敏感な人ではない限り気にしないかもしれませんが、殺したいほどの見方をしている隣人は高頻度で騒音を鳴らしてくるでしょう。 そんな環境での暮らしは戸建てやアパート、マンションなどの至る場所で見受けられます。 あまりのうるさい音を聞き続けていれば精神的に参ってしまいますよね。 隣人がうるさいときはまず大家さんや管理会社に伝えるかもしれませんが、性格や物の受け取り方によっては相手をしてくれないこともあります。 しかし、他人との距離が遠い現代社会の中で騒音を感じている側が敏感になりすぎていることも考えられます。 一人暮らしの場合は本当にその騒音は常識の範囲を超えているか分からないときもあるため、騒音アプリでどれほど大きい音がしているかを調べたり、ノートに日付と共にどういった音がするのかを記入しておきましょう。 また、録音できる場合はうるさい音を出す隣人が騒いでいるときに音を撮るなど、そういった記録もいざというときに武器となります。 しかし、うるさい隣人に壁ドンをしてうるさいことを知らせる人もいますが、壁ドンだけは絶対にやめましょう。 相手の顔や素性を知らない場合は特にどんな人が暮らしているのか分かりませんよね。 ヤクザといった常識が通用しない怖いタイプの人間が住んでいないとは言い切れませんので関係を最悪な状態にしないためにも壁ドンなどの直接影響を与える行為はなるべく避けて対策を講じていきましょう。 うるさい隣人を今すぐ殺したい気持ちは一旦抑えましょう。 冷静に対策を講じていくことが大切ですが、あなたが家でリラックスしているときでも容赦なく騒音を出してくる場面は実際に経験したことがある人にしかその凄まじさは分からないでしょう。 しかし、高い頻度でうるさい隣人に目を瞑るのには限界がありますからそんなときはちょっとした仕返しで対抗してみるのも良いかもしれません。 うるさい隣人に取れる最も簡単な仕返し方法は「隣人と同じ音を出す」ということです。 こちら側にも騒音が聞こえる壁の薄さですから、同じような音を出せば当然相手側にも音が聞こえるでしょう。 「あなたが出しているのはこれほどの騒音」なのだと教えることができれば殺したいほど憎い隣人は音に気を付けるようになるかもしれません。 すぐに音が鳴りやめば殺したい気持ちも嘘のように感じられるでしょう。 一見すると笑ってしまうような仕返し方法ですが、普通に暮らしている中で騒音を立てたときに都度流れてくるお経は意外にも相手に大きな違和感を与えてくれます。 その違和感は続けていくにつれて恐怖感になったり不安な気持ちになることもあるのでうるさい隣人を黙らせるには有効な手段です。 家の中で普通に暮らしているときにお経が聞こえたら何事かと感じますよね。 近くで不吉なことがあったのかと思いますし、そんなお経が隣人から聞こえてくれば何らかのダメージを相手に与えることができます。 戸建てで迷惑している人もお経で静かな暮らしができるようにするのも有りです。 壁ドンなどの直接的な仕返しよりもその場だけで異様な雰囲気を出すだけの仕返し方法なので警察沙汰になるなどの問題にはならないでしょう。 多くの人が嫌う爪で引っ掻く音は学生の頃に黒板で経験した人が多いでしょう。 あの何とも嫌な背筋が寒くなる引っ掻き音は、耳にするとつい縮こまってしまいます。 そんな爪の引っ掻き音をうるさい隣人に聞かせてあげましょう。 ただでさえ耳にするのも嫌な爪の音は隣人の快適な暮らしを阻止することができます。 爪でギィーギィーと引っ掻く音が始終流れていればうるさい隣人も静かになるかもしれません。 しかし、騒音を感じているあなた側が爪の引っ掻く音が苦手な場合や、実際に引っ掻き音を鳴らしても相手がその音を平気としている場合もあるのでそういった場合は無理はしないようにしましょう。 また、戸建ての場合は家の中の作りに違いがありますが、空間が狭ければ騒音が苦痛なほどになりますので戸建てでも安易に考えてはいけません。 むしろ隣人との距離が近くなってしまう恐れのある戸建てこそ仕返し方法は慎重に考えていきましょう。 うるさい隣人は自身がうるさく暮らしていることもあってか、騒音の仕返しをしたり怪しいお経や嫌な爪を引っ掻く音を出しても微動だにしないこともあるかもしれません。 どういった感情や考えで騒音を出しているかは分かりませんが、何をしてもうるさいことをやめてくれない場合は最終手段として警察に通報する手もあります。 しかし、警察に通報するかは個々の判断になるため非常に微妙なラインのときもあるでしょう。 警察に通報する際は基本的に夜中の時間帯でなければ動いてくれないので常識の範囲を超えていると判断し、音が鳴り続けているときに警察に事情を説明しましょう。 しかし、騒音が止んだり一定期間のみ音が聞こえる場合は警察への通報は待ってみましょう。 隣人がうるさいときに警察に動いてもらうレベルは高くなければいけません。 自分だけではどうにもならなさそうなときにのみ警察に通報して隣人に注意してもらうようにしましょう。 うるさい隣人に頭を悩ませているときは金銭的に余裕があればあなたが別の場所に引っ越すという方法もありますが、そんなことで金銭的負担を被るのは嫌ですよね。 しかも引っ越し先が静かに暮らしていける環境かどうかは分かりません。 そんなギャンブル的な行動は控えたいものですから、対策を立てていくことも考える必要が出てくるでしょう。 うるさい隣人には直接文句を言いに行くという方法もありますが、しらばっくれる態度であれば成す術がありません。 うるさい騒音を回避する対策は自分自身の枠だけで行う必要性もあります。 例えばイヤホンなどをして音楽や動画を聴いたり、気休めでも防音シートを壁に貼る、若しくは大家さんなどに騒音注意の張り紙を貼ってもらうなど自分でできる対策はあります。 耳栓をして生活するなどの対策もありますが、後は気持ちの整理なども必要になってくるでしょう。 戸建ての隣人との距離が近い場所に住んでいる人ほどこういった対策は難しい場合もあります。 しかし、日常生活に支障が出るほどの騒音は迷惑になる以外にも精神面をやられたりといったことが考えられるので、いざとなったら弁護士などに相談しに行くことも最終手段の選択肢として候補に入れておくと良いですね。

次の

隣の部屋がうるさいので管理会社(大家)に騒音問題を相談してみた

アパート 隣 が うるさい

スポンサーリンク 女性の部屋から男性の声が聞こえてきた ある日の夜、隣の女性の部屋から男性の声が聞こえてきました。 若い女性だし、まぁ彼氏だろうなと思いました。 その彼氏らしき男性の声がとてもうるさくて、 平日だというのに深夜3時~4時頃まで声が聞こえてきたのです。 うるさいな~! と、 壁をドン!なんてできるような人間ではないので、 僕は持ち前の気の弱さを活かして耐えました。 次の週、また同じ男性が来た 次の週も平日の真ん中頃に先週と同じ男性が女性の家に来ました。 先週と同じように男性の喋り声は深夜3時~4時頃まで聞こえてきました。 先週に続き今週もかよとさすがにイライラしましたが、 僕は持ち前の気の弱さをさらに活かしてただただ耐えました。 さらに次の週、また同じ男性が来た さらに次の週も平日の真ん中頃にまた同じ男性が女性の家に来ました。 我慢ならない怒りの気持ちを抑えつつ壁に耳を当てました。 すると、 声がけっこう聞こえる事にことがついたのでした。 聞こえてきた話の内容 耳をすませばそこにはとんでもなく汚い世界があったのです。 隣に住む女性はおそらく20代中盤、 男性の年齢は声の感じからすると、 50代かもしくは60代くらい。 2人の話し声を聞くとどうやら2人の関係は学校か何かスクールの、 先生と生徒の間柄だということが分かりました。 なんと、 先生が 教え子と一つ屋根の下でイチャイチャしたのです! さらに話を聞いているとこの年配の男性はどうやら何かの、 物書きの先生らしく この女は先生に上手いこと取り入って物書きの世界で 上手いことやっていこうとしているのだろうと予測がつきました。 ちくしょう!羨ましいじゃねえか!ジジイ! そして気になるアレですが、 男女が一つ屋根の下で風呂まで入ってるわけですからその後のことが気になりますよね? でも、 それが! 待てど暮らせど、一向に始まらないんです! 始まらないのには理由がありました。 なぜなら、 女には元からその気がない!! この女はジジイの立場を使って 物書きの世界でのし上がるために ジジイにチョットだけ良い思いをさせて得点を稼いでいるだけなのです。 なのでジジイがいくらその気になっても、 絶対に一線は越えないというわけです。 女って怖い、のし上がるためならそこまでするのかと。 スポンサーリンク それだけでは終わらなかった!? ジジイが来るのは決まって週の真ん中頃でした。 しかし、 ある土曜日の夜、隣の部屋からまた男性の声が聞こえてきたのです。 ジジイがまた来たのかと思ったのですが声を良く聞くと なんと! 明らかに若い男の声(20代) 週の真ん中にジジイを連れ込んで、土曜日には若い男を連れ込む。 隣の部屋の女性はなんと、 とんでもないクソ女だったのでした。 そしてその日の夜は、 大音量の2Pの声が聞こえてきました。 他人の2Pの声や音って超絶不快極まりない…。 ジジイとはしなかったけどやはり若い男とはするようです。 彼氏なのかなんなのか知りませんがその男に真実を教えてあげたかった。 ブスじゃねーーーーか!! 一瞬ではありましたが面をおがめることができて良かったです。 大家さんも女性をうるさいと感じていた 僕の住むアパートは大家宅と繋がっていて、 女の部屋は 大家宅と隣接している位置関係にあります。 なので大家も女が男を連れ込んでいることを知っていて うるさいと感じていたのです。 ちなみに、 大家に家賃を渡しに行った際にその女性の話になり、 大家さん情報で女性の部屋に来てる男はどうやら先生ということ確定しました。 (大家さんが女性といろいろ話した時に知ったそうです) 女性はうるさくて退去させられた その後女はもう1度くらいジジイと若い男を家に呼んだかと思います。 ですが、 すぐに引っ越していきました。 大家が忠告した後もジジイと若い男を連れ込んでうるさくしたので、 退去を言い渡されたんだと思います。 結局3ヶ月くらいしか住んでいませんでしたね。 まとめ:壁の薄い部屋、ダメ絶対! このように壁が薄い部屋に住むと生活に支障をきたします。 あなたは、• 隣の部屋から若い女とジジイのイチャつく声が聞こえてきてもいいですか?• 隣の部屋から他人の夜の営みの物音が聞こえてきてもいいですか? 僕は絶対に嫌です! 次に住む物件を探すとなったら何カ月も前から探すでしょう、 特に 壁の厚さにこだわって物件を探します! こんな嫌な思いをしない為にも部屋探しは納得いくまでこだわりましょう。

次の

隣の部屋がうるさいので管理会社(大家)に騒音問題を相談してみた

アパート 隣 が うるさい

アパートやマンションの隣の部屋がうるさい! ある程度は仕方ないかもしれないけど、それにしても隣の部屋のアパートがうるさい!そんなことにイライラしている人はとても多いです。 こちらは静かに寝たいのに、夜中に友達、彼氏、彼女を連れ込み、深夜の宴のように騒ぐ・・これではゆっくり眠ることもできません。 マナーがない非常識な人も多いので、音楽を大音量で見る、テレビの音、電話の話し声、犬の鳴き声、麻雀、ドアの開け閉め、子供の足音や泣き声などうるさいと感じることも多いですね。 特に壁が薄いアパートは声が筒抜けなこと多いですよね!? 最悪隣のおっさんのおならや、いびきも聞こえてくるなんてこともあるので、ほんと静かに寝かせてくれよって思います。 こんなマナーのかけらもないうるさい隣の住人をどのように静かにさせれるのでしょうか? アパートの隣うるさい場合の対策 「あー!隣うるさい!マジでムカつく!」 アパートやマンションの隣うるさい場合はどのような対策を取るのがいいのでしょうか? 考えられる対策としては管理会社や大家に苦情を入れる、直接ピンポンを押して本人にうるさいと文句を言う、騒音主の自宅のポストやドアに苦情の手紙を出す、壁ドンドン叩く、警察に相談する、防音グッズを揃える、引越しするなどでしょうか。 隣人の騒音対策としては色々ありますが、相手によっては効果の高いこともあれば、あまり効果のないこともあります。 場合によっては逆に騒音主の反感を買い余計にうるさくなったりすることもあります。 管理会社に伝えて苦情が来ていることを伝えてもらうことで1度は改善することもありますが、少しすると元通りになったり、こちらの少しの生活音で反対に苦情を入れられるケースもあります。 そうなるともうお互いやられたらやり返すケンカみたいな感じになったり、騒音が余計にうるさくなることもあるほど、騒音問題や隣人トラブルは解決が難しい問題なのです。 だから隣人がうるさいなら、ぶっちゃけ引越ししてしまう方が賢いですね。 大家や管理会社へ苦情を入れた場合の対応 いい加減に頭にくるからと管理会社や大家に苦情を入れたらどうなるんでしょうか? 苦情を入れた場合は電話で直接しっかり伝えてくれることもありますが、文書で苦情が来ていますと伝える場合もあります。 もしもあなたが管理会社から「うるさいと苦情がきています」と言われたらどう思いますか? わたしなら、「はあ~?全然うるさくしてないし!」と苦情を伝えても、つい感情的になってしまい、自分は悪くない、そっちの方がうるさいでしょ!と人間の心理が働きます。 もちろんそれで改善するケースもありますが、苦情を言う方も精神的に疲れますので、できればそんなとこ住みたくないですね。 それにもっとひどいのは管理会社や大家に「うるさいと言ってくれ」と苦情を出しても、ちゃんと伝えてくれないこともあります。 そういう問題はなるべく大げさにしたくないからと苦情が出てるのを伝えないこともあるようなので管理会社や大家に全て任せてもダメなこともあるんです。 騒音主に直接苦情を入れない!復讐、報復の恐れも じゃあ、直接ピンポン押して苦情を言いに行くのはどうなんでしょうか? 女性の場合はそのようなことをする人はほとんどいないのですが、気が強く、短気な男性はそういった行動に出てしまいがちです。 直接言って相手が反省し、謝罪があり、改善してくれるならいいのですが、「文句があるならお前が出て行け!」「建物が古いからしょうがないだろ!そんなこと大家に言えよ!」「子供が泣いたり、走り回るのはしょうがないでしょ」など、逆にキレて食って掛かってきたりするケースも多々あります。 隣がそういった人間だと、その場で言い合いになりますし、最悪取っ組み合いのケンカになることもあります。 大人しいタイプの人間だと「はい、すみません」とその場では言いつつも陰湿な復讐行為で、駐車場に置いてある車や自転車などを傷つけられるケースもあります。 騒音を気にしないような人間はマナーがない変な人間が多いので、苦情を言われたことや壁をドンドン叩かれたことを根に持ち、復讐してくることもあるので、自分の身を守るという意味でも直接は言わない方が絶対にいいでしょう。 苦情を言ったことでこっちが疲れていたらシャレになりませんしね。 何度注意しても改善しないなら引越ししましょう ただ、引越しした方が生活環境の一新できるし、新しい気持ちで臨めるし、隣もうるさいことがなくなるのでストレスから解放されるんですが、引越すことで自分が負けたような感じもするので、なんか癪に障りますよね。 でも、少し冷静になってここは割り切って考えましょう!はっきり言って何回か注意して改善しないなら引越しした方が断然いいです! アパートの隣うるさいのに自分が引越すなんて納得いかないこともあると思いますが、馬鹿に付ける薬はないって言うことわざがあるくらいなので、何回か苦情を出しても騒音がおさまらず、改善していかないなら引越ししてしまった方がいいでしょう。 ガチャガチャうるさいのも、眠れないのも、隣に嫌な奴が住んでるというのも正直ストレスです。 そういったストレスから解放されたいなら引越しして気分や環境を変えてリフレッシュした方がストレスも解消されるので絶対にいいですね。 だって又うるさいと感じたらどうするんですか?管理会社や大家に苦情を出し続ける?直接文句を言うの?そんな疲れることしたくありませんよね。 隣の住人に恵まれていないというのもあるけど、そもそもその建物自体の構造に問題があります。 壁が薄かったり、振動が伝わりやすいなど生活騒音が出やすい建物だということです。 騒音が少ない物件に引越しすれば少なくともそういった物件は避けることができますので、隣の部屋や上の階からの騒音問題は解決することができます。 ゆっくり休んで眠れる部屋に引越ししましょう! 利用は 無料! 一番 安い引越し業者が簡単に探せます.

次の