坂口 健太郎 舞台。 かもめ 東京芸術劇場

坂口健太郎

坂口 健太郎 舞台

『かもめ』 2016年 のトレープレフ役で初舞台を踏み、鮮烈な印象を残した坂口健太郎。 その坂口が、前作に引き続き熊林弘高の演出で、シェイクスピアの傑作喜劇『お気に召すまま』でオーランド役に挑む。 近年連続ドラマの主演を務めるなど、俳優としてノリに乗っている坂口。 そんな彼にとっても3年前の『かもめ』は、特別な1作になっているようだ。 「初舞台ということもありましたし、すごく幸せな、宝物のような時間だったと思います。 それは自分にとって大きな糧になったと思いますし、あのタイミングで、あの作品に携われたことは、とてもいいめぐり逢いだったと思います」 アーデンの森を舞台に、青年オーランドと男装した娘ロザリンドとの恋の駆け引きを描く本作。 坂口も「無茶苦茶一生懸命やっている姿に笑ってしまったり、笑わせようとしているシーンで逆に冷めてしまったり。 つまりこの作品も、そこはお客さんに委ねちゃっていいのかなと思っているんです」と微笑む。 熊林と一部のキャスト、スタッフは、本番5か月前の段階からすでに、この何層にも入り組んだ戯曲を読み解く作業を進めているという。 「僕はまだ参加出来ていませんが、『かもめ』の時も実感したんですよね。 すべての角度から解釈を進めていくことで、どんな変更にも違和感なく対応出来るということを。 本番に向けて少しずつ固めていく作業ももちろん大切ですが、熊林さんの場合、1度つくったものでもどんどん変えていって、全部がまるで液体のように混ざっていく。 それって上澄みだけじゃなく、作品の理解度がすごく深かったからこそ出来たことだなと。 だから今回も、オーランドという人物の内面にどれだけ迫っていけるかが非常に大事になると思いますし、その作業が今からとても楽しみです」 公演は7月30日 火 から8月18日(日)まで、東京・ 東京芸術劇場 プレイハウスにて。 その後新潟でも上演。 取材・文:野上瑠美子.

次の

満島ひかり×坂口健太郎出演 舞台『お気に召すまま』がテレビ放送決定 満島と坂口のインタビューも公開(SPICE)

坂口 健太郎 舞台

映画『仮面病棟』が2020年3月6日から全国公開される。 原作は作家で現役医師の知念実希人による、累計発行部数85万部を超える病院ミステリー『仮面病棟』。 鉄格子で閉ざされた元精神科病院でピエロ面の凶悪犯が負傷した美少女・瞳と立てこもって身元不明の64人の入院患者と職員たちを監禁するという事件が発生し、巻き込まれた主人公の医師・速水が病院内で次々と不可解な出来事に遭遇しながら脱出を試みるというあらすじだ。 事件当日に一日限りの当直医を代わったことで事件に巻き込まれる医師の速水秀悟役を演じるのは坂口健太郎。 不慮の事故で婚約者を亡くした過去を持つ速水は、犯人が自ら撃った女子大生・瞳の治療を要求され、助けた彼女と共に脱出を試みる、という役どころだ。 ピエロ面の凶悪犯に拉致されて傷を負う女子大生の川崎瞳役を永野芽郁が演じる。 監督はドラマ『99. 9-刑事専門弁護士-』シリーズや映画『屍人荘の殺人』などの木村ひさし。 撮影は9月下旬からクランクインする予定だ。 坂口健太郎はクランクインに向けて「閉鎖された病院という空間の中で、一ヶ月近くお芝居をすることになります。 とても過酷な撮影が続くとは思いますが、役と作品を楽しみたいと思っています」とコメント。 永野芽郁は「閉鎖空間だからこそ起こる一つ一つの反応を大切に表現できたらと思います。 また、坂口さんとは久しぶりにご一緒するので少し恥ずかしさもありますがとても笑顔が溢れた現場になるんだろうな、と今から楽しみにしています」と意気込みを述べている。 坂口健太郎のコメント 撮影への意気込み 閉鎖された病院という空間の中で、一ヶ月近くお芝居をすることになります。 とても過酷な撮影が続くとは思いますが、役と作品を楽しみたいと思っています。 台本を読んでどんな作品になると期待しているか 最初に台本を読んで感じた緊迫感と緊張感をしっかり表現できたら、とても面白い作品になるんじゃないかなと思います。 自身が演じる役柄についてどのように演じようと思っているか まだまだ速水に対しては分かっていないことも多いですが、今までと役作りの仕方は同じく、役に寄り添って、彼の考えを理解できるように演じたいです。 もし実際に「謎だらけの病院」に閉じ込められて信用できない人たちに囲まれ、籠城犯からも病院からも逃げられないという状況に置かれたらどうするか その状況なら、正直どうしようもできないですね。 笑 ただ、人でなくても、環境や、周りの空間、情報だったり、なにか信用できる「味方」を見つけるために試行錯誤すると思います。 永野芽郁のコメント 撮影への意気込み 閉鎖空間だからこそ起こる一つ一つの反応を大切に表現できたらと思います。 また、坂口さんとは久しぶりにご一緒するので少し恥ずかしさもありますがとても笑顔が溢れた現場になるんだろうな、と今から楽しみにしています。 自身が演じる役柄についてどのように演じようと思っているか 言っていることやっていること、真実は何なんだろう。 と思っていただけるように演じられたらと思います。 もし実際に「謎だらけの病院」に閉じ込められて信用できない人たちに囲まれ、籠城犯からも病院からも逃げられないという状況に置かれたらどうするか とにかく大人しく静かに過ごしますね。 笑 目立つなんてことは絶対せずに、ただ過ぎていく時間を待ちます。 笑 木村ひさし監督のコメント (かんばんは。 木村ひさしです。 ) 本作は僕にとって今まで経験のないジャンルであり、出演される坂口さん、永野さんも御一緒したかった俳優さんです。 新しい作品にチャレンジするのに、大変良い環境が整いました。 仮面病棟は僕にとって間違いなく新境地を開く作品になると思います。 知念実希人のコメント 『仮面病棟』が私の作品の中で初の映画化となり、嬉しく思っております。 若手実力派俳優である坂口健太郎さんと永野芽郁さんが本作をどのように演じて下さるのか、今からとても楽しみです。 息つく間もないほど緊張感に溢れるサスペンス&ミステリー作品になると期待しておりますので、皆様ぜひご覧になってください。

次の

満島ひかり、坂口健太郎らが出演の舞台『お気に召すまま』7月30日から芸劇で上演

坂口 健太郎 舞台

2019. 出演者は満島ひかり、坂口健太郎、満島真之介、温水洋一、中村蒼、中嶋朋子ほか。 坂口「実は『かもめ』で初めて舞台に出させてもらったときも、『自分は舞台に立っている』『舞台を一本やった』という感覚ではあまりなくて。 2作目はもっともっと悩むだろうし、もっともっと深くなるだろうなっていうことは、なんとなく思っています。 だから初めてのときより今回のほうが『どうなるんだろう』という感覚がありますね。 今はまだ作品としても、自分自身としても、どうなるのかが予知ができない。 だからきっと『お気に召すまま』という作品を、このタイミングで僕がやることにはすごく意味があると思っています。 坂口「なんか僕も不思議な感じなんですけどね。 でも、作品用の写真撮影をしているときに熊林さんから『両性(男性・女性)を持っていてほしい』と言われて、これはヒントになるなと思いました。 あとは『オーランドはナルシズムの塊みたいな子だよね~』とも言っていて。 ナルシズムって内面的な話ですし、『お気に召すまま』はもしかしたら人間の内側の話なのかなって。 ネガティブという意味ではなく、人が表面に出さずに隠すような感情がうずまいていくような話なのかなって。 そういうことはなんとなく思いました。 人間には汚い部分もあるし、整っているものが必ずしも美しいわけじゃないですしね。 坂口「そうですね。 今は、こうやって話していることが全てオーランドの材料になってくると思います。 坂口「はい。 もちろん台詞の内容を理解することも大事だと思うのですが、その役の存在をずっと頭の中に留めておく作業っていうのがもしかしたら一番大事なのかなって。 自分の役作りにつながっていると思いますね。 風呂に入ってても、ご飯を食べてても、お酒飲んでても、どこかに(役が)いる。 感覚的な話かもしれないですけど、なんとなく頭の中に置いておくことは役作りで一番大事にしてるかもしれないです。 僕はものごとに対して結論を出したくないというか。 決めつけたくない人で。 でも僕は、お芝居は嘘だとも思っていて。 リアルに極限まで近づけるんだったらドキュメントで撮ればいいと思うんですよ。 100%嘘でも役に近づいていくことはできて、その近づいていく作業が一番美しいんじゃないかなって。 本を読んだり人と話したり。 そういう時間でオーランドが会うすべての人物を担ってくれるような存在だと思います。 台本に書かれていない時間を考えることが実はすごく大事なんだなということは、熊林さんの演出を受けて思ったことなんです。 坂口「はい、『かもめ』のときも楽しかったです。 嘘がないというか、役と満島さんが重なるというか。 満島さんなんだけどニーナ(『かもめ』での役名)だし、ニーナなんだけどやっぱり満島さんで。 それも舞台上でお芝居をしているときだけじゃなくて、そうなっていっているような感じがあって。 きっとオーランドは、男装のロザリンドにも恋をしていたんだろうなと、僕は思っているんですよ。 そういうことを満島さんと話すのが楽しみです。 坂口「僕も楽しみです。 怖さもありますけどね。 だけど、うすーくでも怖さがあるからこそ知りたくなるんだと思うから。

次の