お申し付けください 意味。 「お申し付けください」は正しい敬語?目上への使い方と例文

「お申し付けください」は敬語? 正しい使い方と例文【ビジネス用語】

お申し付けください 意味

「お申し付けください」の意味とは? 原型の「申し付ける」は「言い渡す」の意味 「申しつける」とは、立場の上の者が下の者に言いわたすこと。 「申し付け」とは「いいつけ」のことで、「申し付け」に「お~ください」を付けて敬語表現としたのが「お申し付けください」です。 「お申し付けください」は「言いつけてください」という意味 本来の意味からすれば「命令を与えてください」となりますが、身分制度が廃止された現代ではもちろんそのような意味はありません。 あくまでもマナーやサービスの一環として「希望があれば言ってください・遠慮なく依頼してください・すぐに対応できます」といったニュアンスで使用されます。 「お申し付けください」は尊敬語?謙譲語? 「敬語」は5つのタイプに分かれる 敬語といえば、かつては「尊敬語・謙譲語・丁寧語」の3つでしたが、文化審議会が2007年に公開した「」によれば、敬語には「尊敬語・謙譲語1・謙譲語2(丁重語)・丁寧語・美化語」の5種類があります。 「申す」は「謙譲語2(丁重語)」 ふたつの謙譲語のうち「謙譲語1」は相手を立てる表現で、「謙譲語2(丁重語)」は自分自身のことを相手に対して丁重に述べるときに使います。 「申す」は通常なら後者に属します。 「お申し付けください」は誤用ではない 相手への丁重な気持ちを表現する用法として定着している「お申し付けください」の場合、「申す」には「謙譲」の意味はなく、例外で、相手に対して「申す」を使うことは誤用ではないとされています。 「お申し付けください」に似た例外 「お申し付けください」に似た例として、「ご持参ください・お申込みください」などがあります。 「持参(持って参る)」は「持っていく・持って来る」で「謙譲語2」ですが、「お申し付けください」と同様で現在は慣用句として定着しています。 ずいぶん面倒だと思われるかも知れませんが、専門家の中には敬語をキッチリ説明するには5種類どころか11種の分類が必要と主張する人もいるほどで、それほど難解なのが日本語の敬語だということです。 「お申し付けください」の類語・言い換え 「仰せ付けください」でかしこまった言い方に 「お申し付けください」という用法が間違いではないと分かっても、何となく気持ち悪いと感じる人は少なくないようで、前述の「敬語の指針」も対処法として他の表現に言い換えることをすすめています。 もっともニュアンスが近い表現は「仰せ付け(おおせつけ)ください」ですが、やや大げさで、少し古い印象を与えてしまうかもしれません。 「お問い合わせください」で丁寧に表現 民主主義の現代にあって、一部のサービス業を除くビジネスシーンで必要以上に遜ることは相手に卑屈な印象を与えかねず、誤解を招く要因になるなどあまりプラスになりません。 「いつでも遠慮なく連絡してきてください」と伝えたい場合には、率直に「お気軽にご連絡ください」「お問い合わせくださいませ」「お知らせください」のように言い換えることができます。 「ご用命ください」はシーンに合わせて 「用命」は、「お申し付けください」と同じく「用事を言いつける・命じる」という意味で、「当社の製品を使ってください・注文してください」というアピールを表します。 英語表現と言い換え 英語の「お申し付けください」は、オープンマインドの表現です。 「I am always at your service. (ご用の際は遠慮なくお申し付けください)」などがあり、似たような表現で「Please do not hesitate to contact me should you have any queries. (ご不明な点は遠慮なくおたずねください)」などの慣用句も使えます。 「お申し付けください」の使い方と例文 社内の上司に使う場合 文化庁の世論調査によれば、20代女性や30代男性の間で「敬語に自信がない」という人が増えています。 敬語の中でも特に難しいと感じるのは「ウチ・ソト」の使い分けでしょう。 「ソト」は「ウチ」よりも上位で、「お申し付けください」はより上位の人に対して使う表現です。 具体的には「顧客・上司・自分」の場面では顧客が「ソト」ですが、「上司・自分・自分の家族」では上司が「ソト」です。 自分の上司に向かって「お申し付けください」を使うことは間違いではありませんが、社外の人が多い場面では同じシチュエーションでも「仰ってください」が自然です。 お客様に使う場合 顧客や目上の方 に対して使う場合は、「何なりとお申し付けください。 」などの言い方ができます。 まとめ 「敬語の指針」でも示されているように、言葉の意味・用法は時代とともに変化しています。 わたしたちが使用している現在の敬語も長い歴史の通過点に過ぎません。 細かい用法の間違いが気になって緊張しすぎてしまうときには、「相手に敬意が伝わればOK」と割り切ることが上策です。 同時に相手の言葉づかいに寛容になることで、余計な肩の力が抜けることでしょう。 まずは敬語に慣れ親しんでください。

次の

「ご用命ください」の意味や使い方とは!メールやビジネス・会社での例文

お申し付けください 意味

「何なりと」や「ご遠慮なく」には、「気兼ねせずに」や「どんなことでも」、 「自由に」といった意味があります。 「何なりと」の後には、「お申し付けください」のような丁寧な言葉が続きます。 また、「ご遠慮なく」は、「遠慮なく」に敬語表現である「ご」を付けて、丁寧な言い方にしたものです。 そのため、「何なりと」や「ご遠慮なく」を用いた場合も、上司など目上の方に問題なく使用することが出来るのです。 また「お気軽に」という言葉を用いることもあります。 この「お気軽に」には、「堅苦しくない」や「面倒くさがらずに行動する」という意味があります。 少しでも気になることや分からないことがあったら、「こんなことを聞いたら迷惑かな。 などと考えたり躊躇したりしないで質問してくださいね」というニュアンスになります。 「お問い合わせください」とは、「質問してください」という意味があります。 そのため、不明なことがあった場合には質問して欲しいと伝えていることになります。 また、「ご連絡ください」の「連絡」には、相手と繋がるという意味があります。 そのため、電話やメールなど手段は何でも良いので、不明な点があった時には伝えて欲しいというニュアンスが含まれています。 「お申し付けください」は、「申しつける」を丁寧にした言葉です。 この「申しつける」には「言いつける」という意味があります。 「言いつける」といっても、依頼や希望のような優しいニュアンスのものとなります。 「お申し付けください」について、詳しく知りたいという方にオススメの記事がこちらの「お申し付けくださいの意味と敬語と使い方」です。 「お気軽に」や「何かございましたら」などを 「お申し付けください」の前につける使い方なども紹介されていますので、ぜひ参考にしてください。 ご不明な点がございましたらのビジネスメール例文 ここまで、「ご不明な点がございましたら」の使い方について紹介してきました。 「ご遠慮なく」や「何なりと」、「お気軽に」を使った例文や「お問い合わせ」「ご連絡ください」、「お申し付けください」を使ったビジネスメールに使用できる文例を紹介していきます。 ご不明な点がございましたらのビジネスメール例文• ・不明点がございましたら、ご遠慮なく申し付けください。 ・ご不明な点がございましたら何なりとお聞かせください。 ・ご不明な点がございましたら、お気軽に問い合わせください。 ・ご不明な点がございましたら、お問い合わせ下さい。 ・不明な点がございましたら、ご連絡ください。 ・ご不明な点がございましたらお申し付けください。 ・ご不明な点がございましたら、電話またはメールにてご連絡ください。 ご不明な点がございましたらに対する返信は? 不明な点がある場合の返信する方法 ご不明な点がございましたらに対する返信方法として、不明な点があった場合の返信の仕方について紹介します。 不明な点が発生する状況としては、何かについて口頭で説明されたときや、受け取った書類やメールを読んで気になることがあったときなどがあげられます。 そのような時は、気になる点や確認したいことなどについて問い合わせるようにします。 分かりやすく、疑問点をリストにするなどして、返信を受け取った相手が何について聞いているのか明確に分かるようにすることが大切です。 ビジネスシーンにおいて、不明な点があったときなど質問をメールで送りたいとき、どのように書いたら良いか悩んでしまう事ありませんか。 そのような方にこちら「ビジネスメールの質問の書き方」という記事を紹介します。 不明な点があったときの返信の際にも役立つ情報がまとめられていますので、ぜひ参考にしてくださいね。 「ご質問がございましたら」は、「何か聞きたいことがあったら」という意味になります。 そのため、「ご不明な点がございましたら」と同じような使い方をすることが出来ます。 また、「等」を付けて「ご質問等」にする事が出来ます。 「ご質問」が「ご質問等」となることで質問以外に気になることが合ったら問い合わせてくださいということになります。 例文としては「ご質問がございましたらお申し付けください」や「ご質問等がございましたらお気軽にご連絡ください」となります。 意味としては「ご不明な点がございましたら」とほとんど同じとなります。 ですが、「等」が付くことによって「不明な点以外の気になることについても聞いてください」というニュアンスが含まれることになります。 例文としては「ご不明な点等ございましたら何なりとお申し付けください」や「ご不明な点等ございましたら、お問い合わせください」、「ご不明な点等ございましたら、お気軽にご連絡ください」となります。 ご不明な点がございましたらの英語と例文は? 英語表現は「Ifyouhaveanyquestions」 ご不明な点がございましたらの英語表現は「If you have any questions」です。 「If you have any questions」の意味は、「何か不明な点や質問があったら」となります。 またその他のご不明な点がございましたらの英語表現としては、「for any inquiries」や「if you have any comments」などがあります。 こちらの英語には「不明点があれば」や「どんな質問でも」という意味があります。 ご不明な点がございましたらの例文 続けて「ご不明な点がございましたら」の英語表現である「If you have any questions」や「for any inquiries」、「if you have any comments」を使用した例文を紹介します。 ご不明な点がございましたら英語表現の例文• ・If you have any questions, please feel free to let me know. 不明な点がございましたらお気軽にお伝えください。 ・Please feel free to ask any questions. 不明点などございましたら、気軽にお問い合わせください。 ・Please contact me if you have any questions. 不明点がございましたら連絡ください。 ・Please feel free to contact us anytime for any inquiries. ご不明な点がございましたら、連絡ください。 ・Please let me know if you have any comments. 何かございましたらお声がけください。 状況に合わせた「ご不明な点がございましたら」を使っていこう 「ご不明な点がございましたら」の様々な使い方について紹介してきました。 問い合わせの出来ない状態の場合、自分が伝えたいことと相手が理解したことの内容が食い違ってしまうことがあります。 不明なことや分からない点があったときに「ご不明な点がございましたら」の一言があるだけで、相手の方は質問しやすい状況になります。 自分と相手の理解度を一致させるためにも「ご不明な点がございましたら」は、とても大切な言葉です。 「ご遠慮なく」や「何なりと」を用いるとより問い合わせがしやすくなります。 状況に合わせて「ご質問がございましたら」や「ご不明な点等ございましたら」のように伝え方を変えることも出来るので、その場にふさわしい「ご不明な点がございましたら」を使って、伝えたいことが上手に伝わるように出来ると良いですね。

次の

「お申し付けください」は間違い?意味、社内での使い方、別の言い方、英語も紹介

お申し付けください 意味

ビジネスシーンやお店などでたまに聞くことのある言葉で、「ご入り用」という言葉があります。 この「ご入り用」を知らないという方でも、例えばお店で店員さんから「ほかに何かご入り用のものがありますか?」という言い方で聞かれたことがある人はいるのではないでしょうか。 「ご入り用」は日常的に文書やメール等では使われない言葉ですが、ビジネスシーンではよく使われる言葉ですので、意味や使い方についてご説明します。 「ご入り用」の読み方 おそらくは、一度は聞いたことのある「ご入り用」という言葉ですが、これは「ごいりよう」と読みます。 ビジネスシーン以外では、日常的には滅多に使う言葉ではないのであまり馴染みのない言葉ですが、例えばお客として店員の方に何か頼みごとをした後などに「ほかにご入り用のものはありませんか?」と聞かれたことはあると思います。 「ご入り用」の意味 ご入用 読み方:ごいりよう 必要であることなどを意味する「入用」の丁寧な言い回し。 「ご入り用」は、必要であることを意味する「入り用」の丁寧語です。 「入り用」という言葉は、例えば「海外出張のためにスーツケースが入り用だ。 」とか「急な祝い事や仏事が多く、お金が入り用だ。 」などのように使われますが、あまり日常会話で使われる言葉ではありません。 「ご入り用」とは「入り用」を丁寧に言った言葉で、上司や目上の立場の人やお客様などに対して金銭やものを必要としているときにお伺いをたてる言葉として使います。 「何かご入り用でしょうか?」と困っていそうな方に状況を察して使う謙譲語なのです。 ・「ご入り用」は「入り用」の丁寧語 通常、友人や身近な人であれば「何か必要ですか?」とか「必要なものはありますか?」といった言い方で大丈夫ですが、目上の人やお客様に対して「何か必要ですか?」と聞くのは失礼になります。 そこで、ビジネスシーンでは、この「ご入り用」を使うのです。 「ご入り用」という言葉は、ビジネスシーンにおいては実際に会っているときに使う場合はもちろんですが、メールや文書等でも使う場合があるので、きちんと使い方をマスターしておくことが大切です。 「ご入り用」に似た言葉 「入り用」と「物入り」 「入用」と似ている言葉に「物入り」という言葉があります。 しかし、これらは意味合いが異なります。 前述にもありますように「入用」とはお金や物が必要であることを意味するのに対して、「物入り」は出費がかさんで困っている状況を表しているのです。 ですから、「何かご入用ですか?」と聞くことはあっても、「何か物入りですか?」とは聞かないのです。 「ご入り用」と「ご利用」は似てるが違う 「ご入り用」と「ご利用」は聞いたときに似ている言葉です。 また、何か買い物をしたときなどに「領収書はご利用でしょうか」などと聞かれたことがあるかと思いますが、この際に使われる「ご利用」は使っている人が間違って覚えているものと思われます。 領収書を利用するということ自体がおかしな日本語で、この場合は正しく言うと「領収書はご入り用でしょうか」になります。 「ご入り用」と「ご利用」は、聞いたときに似ている言葉ですが似て非なる言葉ですので、気をつけましょう。 「ご入り用」と「ご用命」 「ご用命」も「ご入り用」と似ている言葉ですが、意味合いは違っています。 「ご入り用」が相手が金銭やものを必要としている状態を推察して使用する言葉であるのに対して、「ご用命」は「用事等必要な場合にお申し付けください」という意味になり、ビジネス上でも相手から注文をいただく場合などに使われます。 例えば、「ご検討の上、是非弊社にご用命いただきますようよろしくお願いいたします」などのように使われます。 お客様に対する万全のサービスを行っている姿勢を表す言葉でもあります。 ビジネスシーンでよく使う「ご入り用」と「ご用命」は意味合いが異なるので、しっかりと覚えておきましょう。 ご入り用の敬語での正しい使い方 「ご入用」という言葉は「自分の立場が下ですが、困っているあなたの手助けがしたい」という気持ちが込められている言葉です。 そして、この言葉を使う相手は、この言葉を言われて悪い気がしない相手です。 そのことからも「ご入用」という言葉はビジネス上の取引先や、顧客などに対して使う場合が多いです。 ご入り用を使った文章の書き方 では、実際に「ご入り用」を使った例文をみていきます。 (例文1)「他にご入り用の物がございましたら、お申し付けください。 」 (例文2)「差し当たってご入り用と思われる品をお送りいたしましたので、ご確認願います。 」 (例文3)「ご不便をお掛け致しますが、ご入り用のお品がありましたら、御遠慮なくお申し付けください。 」 (例文4)「今後もご入用の節には、何なりとお申し越しください。 」 ご入り用の際は (例文)「次回ご入り用の際は、お早目にご注文ください。 」 「ご入り用の際は」という使い方です。 何か必要なものがございましたらという意味を自分がへりくだって謙譲語で言う言葉ですので、お客様や取引先に対して使う場合が多いです。 ご入用でしたら (例文)「ご入り用でしたら、何なりとお申し付けくださいませ。 」 こちらの「ご入り用でしたら」という言い方も、使いやすい言葉です。 ホテルマンなどの接客業の方がお客様を相手に「何かございましたら何なりとご注文ください」といった意味合いで使われることが多いです。 また、取引先相手への文書やメールなどでも使われることがあります。 ご入り用でしょうか (例文)「ご希望のお品物につきましては、いつまでにご入り用でしょうか?」 これは、相手にお伺いを立てる場合に相手に対して使う言葉になります。 ご入り用という言葉だと特定のものでなく、お金や品物をということで広く使われるので、便利に使うことができます。 また、相手にも丁寧な言葉遣いだという印象を与えることができます。 「ご入り用」は場面をみて使う 「ご入り用」という言葉は、目上の人や立場が上の人(お客様や取引先)などに対して「自分は立場が下ですが困っているあなたのために必要なものをご用意いたします」という意味で使います。 この言葉を使うことで若い人であれば、年配の上司などから「よく知っているね」と感心されるかもしれません。 しかし、だからといって変に多用してはいけません。 こういった言葉は便利であるのと同時に、場面にそぐわないのに使うとかえって評価を落とすかもしれないからです。 ビジネスシーンは、ちょっとしたことがチャンスになったり、また逆にちょっとしたことで評価が落ちたりします。 正しい使い方をしっかりと身につけて使ってみるようにしましょう。 「ご入り用」の意味や使い方を覚えましょう.

次の