塩 数の子 食べ 方。 塩漬けの数の子

かずのこの食べ方について

塩 数の子 食べ 方

塩数の子ってご存知ですか? ニシンの卵、数の子を塩漬けにしたものです。 普通に食べたらしょっぱくて食べられません。 この数の子。 最近は人気がないんですよね。 何で人気がないのか、お店の人に聞いてみると• 食べ方がわからない• 美味しさがわからない 上記のような理由で買わない、ということのようです。 ということは美味しい食べ方が判ればもっと食べるのではないでしょうか。 ということで数の子の食べ方や魅力を全力で解説します。 以外と簡単!塩数の子のレシピ・調理方法 塩数の子の食べ方は以外と簡単なんです。 簡単に言えば、塩抜きして、味付けするだけです。 塩抜きは一晩水に晒せばいいだけです。 味付けは「だし醤油」に1時間浸ければ食べられます。 だし醤油にその都度付けて食べてもおいしいですよ! 数の子の粒と粒の間にタレがしみこむので、味が着きやすいです。 〈PR〉 数の子の色々なレシピ・食べ方を紹介 そんな食感を楽しむ数の子を美味しく食べるための食べ方をご紹介します。 まずは数の子の塩抜き まず、塩数の子は塩抜きします。 塩数の子は保存のために塩水に浸けてあります。 そのため塩抜きしないとしょっぱくて食べられたものではありません。 塩抜きは以下の手順で行います。 塩水に塩数の子を6時間 一晩 浸けます。 少し食べてみてしょっぱければもう一度塩水に浸けます。 塩気が抜けたら準備完了です。 ギリギリ飲めるくらいの塩水で大丈夫です。 〈PR〉 味付け数の子のレシピ 定番の味付け数の子です。 塩抜きした数の子を酒、だし醤油で漬け込みます。 割合は酒1にだし醤油2位の割合です。 お好みで調整してみてください。 3時間も漬け込めば完成です。 また、冒頭に述べたように、一時間くらいでも充分です。 味が薄いな、と感じたときはだし醤油を付けて食べればおいしくいただけます。 数の子のごま油炒めレシピ 塩抜きした数の子を、塩、ごま油で炒めます。 ちょこっとだけ醤油を差します。 火を通す、というより、馴染ませる程度でOKです。 ご飯が何杯も進むおかずが手軽に出来ます。 まあごま油は、何でも美味しくしてくれますね。 数の子は食感が命! 数の子はサウンドフード とも言われます。 音で楽しむ食べ物ということですね。 音と食感を楽しむ食べ物ですね。 なので数の子の食感の良さがわかってもらえません。 そのため数の子の売れ行きは年々悪くなる気がします。 まあ、色々美味しいものも多いですからね。 数の子は好きな人が買う、趣味の食べ物になったということですかね。 数の子の食べ方まとめ いかがでしょうか? 数の子は本来もっと消費されてもいい食材です。 脂ののりも大事ですが、食べ物にはいろいろな楽しみ方があります。 ぜひ色々な食べ方で数の子の味わってみてください。

次の

コストコの500g『塩数の子』のおすすめ度は? 気になる食べ方やコスパをチェック

塩 数の子 食べ 方

スーパーで半額の「数の子」を購入。 ボウルに水と数の子を入れて、半日つけておく。 途中、2時間おきくらいに水を入れかえる。 めんどくさければ、入れかえないで、つけるだけにしておく。 味見をして、塩がある程度取れたのを確認したら、数の子の、「表面のまく」をとる。 手でとるか、もしくは包丁等で。 めんどくさい人は、この作業をスキップしてもOK。 小皿に醤油を盛り、醤油につけて数の子を食べる。 いっその事、そのまま食べる もったいなくて、味付け数の子を買うのもちょっとなぁ・・・、という方は、買ってきた塩数の子を、そのまま食べる、というのも、ありです。 もはや、塩抜きさえせず、そのまんま食べるパターンですね。 え・・・?塩辛い?? ならば、お雑煮の汁に付けて食べたり、お茶漬けに放り込んで食べたりしましょう。 食べられないことはないと思います(笑).

次の

数の子の薄皮が取れない!取らなくても食べられる?簡単なむき方、コツは?

塩 数の子 食べ 方

トライデント新潟フーズによる商品で、米国アラスカ産のニシンの卵を使った塩数の子が500g分(7本)入り。 単価は1本あたり約283円、100gあたり396円。 なお、塩数の子は塩蔵加工されておりまして、食べるにはまず塩抜きからはじめましょう。 まずは塩抜きしてから 塩数の子をそのまま食べると当然ながら塩辛いので、事前準備として、食塩水を使って塩抜き処理を行なう必要があります。 真水を使うのはNG。 適度な濃度の食塩水に浸け、ゆっくりと数の子全体の塩分濃度を下げていくわけですね。 塩抜き手順についてはパッケージ裏に記載されていますが、以下のような方法でもOKです(参考|)。 数の子3〜4本を塩抜きする場合• ボウルなどに食塩水を用意。 食塩水は水1リットルに対し、小さじ1杯(5g)の塩を混ぜる。 食塩水に数の子を3〜4時間浸ける。 食塩水を捨て、再度手順1・2を実施する。 食塩水を捨て、手順1の食塩水を作り、塩数の子を6〜8時間浸ける。 途中で数の子の塩加減を味見し、好みの加減になったら塩抜きを終了してもOK。 数の子の塩抜き、けっこう時間がかかるんですよね。 数の子の塩分濃度を下げすぎると苦味成分が残るようなので、まずは2回目の浸け置きが終了した時点で数の子の塩加減をチェックしておきましょう。 場合によってはそこで完了かも。 なお、塩数の子を浸ける容器はジップロックなどの密閉型パックでも大丈夫ですよ。 味付け数の子がおすすめ 塩抜きが終わったらあとは食べるだけ。 ふやけた薄皮はそのまま放置で問題ありませんが、気になるなら取り除いておきましょう(キッチンペーパーで軽くこする感じ)。 独特のパリッと弾けるような食べ心地、粒の一つひとつがプチプチと旨みを滲ませ、食感でも味わいでも華やかさを感じさせます。 くさみも無し。 言い方は俗ですが、クセになる食材ですよね。 500g分の塩数の子を2,000円以下で買えるのはかなりお得。 味わいも十分だし、安心して購入してOKだと思いますよ。 ちなみに、塩抜き後の数の子をさらに調味液で味付け処理するのもおすすめ。 パッケージ裏に記載の味付け方法(下記)のほか、薄めた麺つゆでも十分だったりします。 1箱に7本ほど入っているので、4本はそのまま、3本は味付け調理といった分け方でもよさそうですね。 塩抜きした数の子200g(だいたい3本分)に対し、以下の分量で調味液を作る。 密封容器に数の子と調味液を入れ、冷蔵庫で一晩浸け置く。 * * * 正月の定番食材である数の子。 コストコの『塩数の子』(トライデント新潟フーズ)はコスパ良好だし、味わいも安定感あり。 やなどの年末年始食材の買い出しとあわせて、本品もぜひどうぞ。

次の