ビデオオプション 死亡事故。 オプション2の元編集長事故死の件

飛び石で車に傷がついた!飛ばしてきた相手に損害賠償を請求できる?【自動車Webマガジン】

ビデオオプション 死亡事故

フレーム対応のブラウザでご覧ください。 そんなDaiの半生は、最高速に捧げてきたと言っても過言ではない。 みんな、OPTION誌やビデオOPTIONの売り物だった「谷田部最高速テスト」って覚えているかな。 日本は茨城県にある日本自動車研究所の通称、谷田部高速周回路でチューニングカーのマキシマムスピードに挑戦していたことだ。 チューニングカーブームの黎明期、1980年前後のことだが、チューニングがゼロヨンからトップスピードに移行してきた。 腕に自信のあるチューナーや走り屋たちが、東名高速で競争をはじめたのだ。 ちょうどOPTIONの創刊(1981年6月号)間もない時期だった。 400メートル加速だけのゼロヨンからトップスピードのスリルとパワーの証明、それが最高速だ。 しかし、一般道の東名高速では危険がいっぱいなのも当然だった。 まだ当時のチューニングカーはフェアレディZ30(S30)やスカイラインのジャパンやDR30、セリカくらいが国産で、外車にはポルシェやパンテーラ、トランザムのチューニングカーがいた。 速い外車に国産が挑戦していた時代だった。 それでも「先週、ポルシェに例のショップのZが勝った」とか「意外とパンテーラは遅い」とか、いろんなウワサが飛び交う。 しかも事故ったりして危険きわまりない。 で、OPTIONがちゃんとしたテストコースで計測しようと企画したわけだ。 1981年10月号。 はじめてのテストに参加したのは13台。 国産、外車のチューニングカーと新車スポーツカー合わせての最高速だ。 当時はまだターボチューンは始まったばかりで、NAのほうがレベルは上だった。 ドライバーにはレーサーの高橋国光さんや三菱のテストドライバー望月修さんをお願いした。 チューニングカーの信頼性がまだ高くなく、なにか起こったら、普通のドライバーじゃ対処できないからだ。 ここから、国産チューニングに気合いが入ることになるのだが、さしものレーサーもヤバイと思ったのかテストを辞退することになる。 素人のオレが最高速をやりだしたのはこんな事情からだ。 ホントに当時の最高速は危なかった。 いつタイヤがパンクするかエンジンがブローするかわからない。 いつも事故死する覚悟でテストしていた「スピードが出ないのはDaiちゃんが恐くてアクセル踏んでくれないからだ」なんていわれたこともある。 オレはいつも必死で踏んだけどね。 それでも初の最高速テストから2年後の1983年12月だった。 オレの会社、ディーズ・クラブの副社長兼OPTION2編集長だったマサ斉藤が谷田部で事故死したからだ。 こんな事態になったら、もうコースは借りられない。 最高速テストの終わりだ…。 しかし、このテストが日本のチューニングレベルを大きく向上させたのは間違いない。 オレの挑戦や斉藤の死が今の日本のアフターマーケット文化を創ったと自負している。 次回は谷田部その後の話をしよう。 (OPTION・81年10月号より) 第1回目の最高速テストで最も速かったのが、264. パンテーラGTSも241. 22年前のDai。 初の最高速テストを終えた後「今回は風が強くヨーイングが発生し、マシンによっては直線で5mくらい吹き飛ばされ、計測ラインを踏むのも困難だった。 その瞬間は身の毛がよだつ感じだ」と、最高速テストの恐ろしさを語っている。 フレーム対応のブラウザでご覧ください。

次の

OPTION2

ビデオオプション 死亡事故

他社で起きました交通安全スタントの事故に関して 京都市で起きましたスタントマンの死亡事故につきましては、他社の事ではありますが自治体の方々には大変ご心配をお掛け致しています。 事故を起した会社はスタントマンの技術面、安全対策の面において不十分であった事が事故の原因であったと考えられます。 当社は20数年前からこの事業を行いスケアード・ストレイトの事業を立ち上げた会社の一つです。 弊社はスタントマンの技術向上、会社としての安全対策に力を入れており、今まで数千件の実施の中で重大事故は一度も起していません。 自治体、クライアント様の方々には安心して御依頼下さいます様お願い致します。 また、報道ではアルバイトのスタントマンと表現されましたが、アルバイトと言う表現に多くの方が不信感を持たれました。 なぜアルバイトと表現されたのかは分かりませんが、当社ではアルバイトのスタントマンは在籍していません。 社員と、プロで独立している個人事業主のスタントマンと契約し実施しています。 スタント依頼を御検討される自治体の担当者様には当社で作成した安全対策マニュアルなどを御用意しています。 今後ともどうぞ宜しくお願い致します。 有限会社 シャドウ・スタントプロダクション 代表取締役 柿添 清 当社シャドウスタントプロダクションは、警視庁、各警察署や、地方自治体などと共同で交通安全に力をいれております。 当社は年間300回以上、累計約2,500回を超える実績が在ります。 当社は警視庁本部指定業者です。 また、この事業には損害保険が適用されています。 イベントに関わる全ての損害に対応いたします。 例) 1 設営のテントが風で飛ばされて怪我をした。 (学校のテントでも大丈夫です) 2 熱中症で生徒が病院に行った。 3 ナンバーの無い車での対物・対人の保険適用 など、スタントに関係が無くとも幅広く保険が適用されます。 安心して、御依頼ください。 最近、当社の交通スタントを真似た業者が見受けられます。 未熟な技術、無保険で行っている模様です。 このような業者にはくれぐれもご注意ください。

次の

フォークリフトの安全対策・安全教育|ツールマート

ビデオオプション 死亡事故

フレーム対応のブラウザでご覧ください。 そんなDaiの半生は、最高速に捧げてきたと言っても過言ではない。 みんな、OPTION誌やビデオOPTIONの売り物だった「谷田部最高速テスト」って覚えているかな。 日本は茨城県にある日本自動車研究所の通称、谷田部高速周回路でチューニングカーのマキシマムスピードに挑戦していたことだ。 チューニングカーブームの黎明期、1980年前後のことだが、チューニングがゼロヨンからトップスピードに移行してきた。 腕に自信のあるチューナーや走り屋たちが、東名高速で競争をはじめたのだ。 ちょうどOPTIONの創刊(1981年6月号)間もない時期だった。 400メートル加速だけのゼロヨンからトップスピードのスリルとパワーの証明、それが最高速だ。 しかし、一般道の東名高速では危険がいっぱいなのも当然だった。 まだ当時のチューニングカーはフェアレディZ30(S30)やスカイラインのジャパンやDR30、セリカくらいが国産で、外車にはポルシェやパンテーラ、トランザムのチューニングカーがいた。 速い外車に国産が挑戦していた時代だった。 それでも「先週、ポルシェに例のショップのZが勝った」とか「意外とパンテーラは遅い」とか、いろんなウワサが飛び交う。 しかも事故ったりして危険きわまりない。 で、OPTIONがちゃんとしたテストコースで計測しようと企画したわけだ。 1981年10月号。 はじめてのテストに参加したのは13台。 国産、外車のチューニングカーと新車スポーツカー合わせての最高速だ。 当時はまだターボチューンは始まったばかりで、NAのほうがレベルは上だった。 ドライバーにはレーサーの高橋国光さんや三菱のテストドライバー望月修さんをお願いした。 チューニングカーの信頼性がまだ高くなく、なにか起こったら、普通のドライバーじゃ対処できないからだ。 ここから、国産チューニングに気合いが入ることになるのだが、さしものレーサーもヤバイと思ったのかテストを辞退することになる。 素人のオレが最高速をやりだしたのはこんな事情からだ。 ホントに当時の最高速は危なかった。 いつタイヤがパンクするかエンジンがブローするかわからない。 いつも事故死する覚悟でテストしていた「スピードが出ないのはDaiちゃんが恐くてアクセル踏んでくれないからだ」なんていわれたこともある。 オレはいつも必死で踏んだけどね。 それでも初の最高速テストから2年後の1983年12月だった。 オレの会社、ディーズ・クラブの副社長兼OPTION2編集長だったマサ斉藤が谷田部で事故死したからだ。 こんな事態になったら、もうコースは借りられない。 最高速テストの終わりだ…。 しかし、このテストが日本のチューニングレベルを大きく向上させたのは間違いない。 オレの挑戦や斉藤の死が今の日本のアフターマーケット文化を創ったと自負している。 次回は谷田部その後の話をしよう。 (OPTION・81年10月号より) 第1回目の最高速テストで最も速かったのが、264. パンテーラGTSも241. 22年前のDai。 初の最高速テストを終えた後「今回は風が強くヨーイングが発生し、マシンによっては直線で5mくらい吹き飛ばされ、計測ラインを踏むのも困難だった。 その瞬間は身の毛がよだつ感じだ」と、最高速テストの恐ろしさを語っている。 フレーム対応のブラウザでご覧ください。

次の