自分 を 漢字 一文字 で 表す と。 エントリーシート(ES)の『あなたを漢字一文字で表現してください』の書き方とは?具体例を含めた攻略法

「自分を漢字一文字で表すと?」 圧迫面接、珍質問がなくならない理由とは|JOBRASS新卒|学生のための自己PR型就活サイト

自分 を 漢字 一文字 で 表す と

面接官が「自分を一言で表すと」と質問してくるのは、なぜなのでしょうか。 あなたを一言で表現してくださいと質問してくる理由について主に5つの意図が挙げられます。 ここからは面接官が「自分を一言で表すと」と質問してくる意図についてしっかりとご紹介していきます。 面接を受ける前に知っておいて損はありません。 ぜひこれを機会に意図を覚えておきましょう。 面接官が「自分を一言で表すと」と質問する意図1:能力・センスを読み取る 面接官が「自分を一言で表すと」と質問する意図1つ目は、能力・センスです。 一言の中にはあなたの良さやセンスが詰め込まれています。 面接官は、初めて会った相手がどんな人なのか、どんな能力を持っているのか数分の中の会話から読み取る必要があります。 その手段として、自分を一言で表してくださいという質問をするのです。 面接官が「自分を一言で表すと」と質問する意図2:状況判断力ができるか 面接官が「自分を一言で表すと」と質問する意図2つ目は、状況判断力ができるかです。 質問した内容にちゃんと答えられるのか、状況判断力があるのかを確かめています。 自分を一言で表すとと言って、長文の回答をすればそれは状況判断力が低いという判断になります。 仕事をやる上で相手から振られた内容にしっかりと状況判断ができるかどうかは、非常に重要になってくる部分でもあります。 面接官が「自分を一言で表すと」と質問する意図3:急な質問への反応・判断力 面接官が「自分を一言で表すと」と質問する意図3つ目は、急な質問への反応・判断力です。 面接ではどんな質問をされるか分かりません。 どんな質問にも面接官が聞いてくるのにはちゃんとした理由がります。 しっかりと相手の質問に対して正しい反応ができるかは大切です。 急な問題への対応や判断力は、仕事上でも重要になってくる部分なので面接官はしっかりと見定めています。 面接官が「自分を一言で表すと」と質問する意図4:コミュニケーション能力 面接官が「自分を一言で表すと」と質問する意図4つ目は、コミュニケーション能力です。 いろいろな部署の人と関わることが多い職場では、密にコミュニケーションを取っていく必要があります。 自分を表す一言でその人がどんなタイプなのか見極めているのです。 また、質問の中でしっかりと会話のキャッチボールができるのかを確認しているのです。 面接官が「自分を一言で表すと」と質問する意図5:自己分析できているか 面接官が「自分を一言で表すと」と質問する意図5つ目は、自己分析ができているかです。 「自分を一言で表すと」という質問は、自己分析ができているのかを知るために必要な内容なので面接で聞かれることが多いです。 自分を表す一言次第で相手の印象はがらりと変わります。 しっかりと自己分析をし、相手に好印象を持ってもらえるような人物像を考えられるのかという部分も見ているのです。 「自分を一言で表すと?」で好印象を与える方法1つ目は、自己PRと一貫性を持たせた回答です。 面接官と話せる時間は限られているので、質問への答えに一貫性がないと適当に答えていると勘違いされてしまう場合があります。 面接で受け答えする内容や自己PRに関してしっかりと内容に繋がりを持たせ、説得力のある文章にするように心がけましょう。 「自分を一言で表すと?」で好印象を与える方法2:答えに客観性を盛り込む 「自分を一言で表すと?」で好印象を与える方法2つ目は、答えに客観性を盛り込むことです。 質問への答えに客観性を盛り込まないと、結局何が魅力なのか面接官は分からないままになってしまいます。 質問を無駄にしないためにも、客観性を盛り込んでいきましょう。 例えば、一言で表した言葉に対するエピソードを盛り込むことで、どんな意味が込められた一言なのか納得することができます。 「自分を一言で表すと?」で好印象を与える方法3:てきぱきと答える 「自分を一言で表すと?」で好印象を与える方法3つ目は、てきぱきと答えることです。 これは「自分を一言で表すと?」という質問だけでなく、面接の中で受け答えする内容すべてに当てはまります。 てきぱきと答える人物は仕事もてきぱきと出来る人物です。 長々とした文章を話すよりも、一言で説得できるような言葉を言える方が確実に良い結果を掴み取れます。 回答例1つ目は、自分を一言で表すと「謙虚」です。 謙虚という言葉は、他の人よりも低い姿勢で素直な感情を常に大切にしているという意味があります。 謙虚という言葉で嫌な印象をイメージする人は居ないでしょう。 素直に相手の意見を受け取れるといった協調性がプラスになることばかりの意味合いがあるので、面接官からも好評化される自分を表す単語でしょう。 回答例2:自分を一言で表すと「粘り強い」 回答例2つ目は、自分を一言で表すと「粘り強い」です。 粘り強いとは、すぐに諦めずにコツコツと努力ができる人といった意味合いが読み取れる言葉です。 粘り強い人は、信念を持ち、急なトラブルにも対応できるような印象があります。 初めての仕事でも粘り強い根性を見せてくれそうだと企業にも良い印象を与えることができるでしょう。 回答例3:自分を一言で表すと「几帳面」 回答例3つ目は、自分を一言で表すと「几帳面」です。 几帳面とは、自己管理ができて細かい部分まで気遣える人といった良いイメージが多い言葉の1つです。 仕事をこなせる人には几帳面が実は多いです。 几帳面すぎる部分をアピールすると神経質な人といった印象になってしまいます。 スケジュール管理ができる、しっかりとミスを減らす確認ができるといった良い印象を与えられるエピソードを交えるといいでしょう。 回答例4:自分を一言で表すと「努力家」 回答例4つ目は、自分を一言で表すと「努力家」です。 努力家とは、1つのことや複数のことに関してしっかりと目標があり、その目標に向かって時間を惜しまず頑張る人のことを言います。 仕事においても努力家は重宝されます。 自分が興味があること以外でも親身になって努力できる人はどの職場でも大切にされます。 目標をもって頑張れる人は努力家だと胸を張って言いましょう。 回答例5:自分を一言で表すと「蒔かぬ種は生えぬ」 回答例5つ目は、自分を一言で表すと「蒔かぬ種は生えぬ」です。 蒔かぬ種は生えぬ(まかぬたねははえぬ)とは、やってみないことには何も始まらないことを意味しています。 つまり行動力がある人にピッタリな言葉です。 何か望む目標があるときに、悩む前に一旦行動してみるという行動力をアピールすることができます。 ちなみに、努力せずに結果を期待するなんて無駄だという意味合いもあります。 回答例6:自分を一言で表すと「少年老いやすく学成り難し」 回答例6つ目は、自分を一言で表すと「少年老いやすく学成り難し」です。 少年老いやすく学成り難し(しょうねんおいやすくがくなりがたし)とは、人が老いるのは早いが、学問を大成することは難しいことを意味しています。 毎日学び続けることの大切さを知っている勤勉な面をアピールすることができる自分を表現できる言葉です。 面接官に好印象を与えることができるでしょう。 回答例7:自分を一言で表すと「雨垂れ石を穿つ」 回答例7つ目は、自分を一言で表すと「雨垂れ石を穿つ」です。 雨垂れ石を穿つ あまだれいしをうがつ とは、小さな努力を積み重ねて大きな成果を得ることを意味しています。 目標に向かって地道な努力を積み重ねることができる努力家な姿勢をアピールすることができる自分を表す言葉です。 仕事においてもプラスな印象を与えるので、是非一度使ってみましょう。 回答例8:自分を一言で表すと「外柔内剛」 回答例8つ目は、自分を一言で表すと「外柔内剛」です。 外柔内剛(がいじゅうないごう)とは、物腰はやわらかだが、心持ちはしっかりしていることを意味しています。 「信念は持ちつつも、人ともうまくやっていける」という点をアピールをすることができる自分を表す四字熟語です。 コミュニケーション能力のある人物が使うといい一言です。 回答例9:自分を一言で表すと「知行合一」 回答例9つ目は、自分を一言で表すと「知行合一」です。 知行合一(ちこうごういつ)とは、本当に知るということは知識と行動は伴わなければ叶わないということを表している言葉です。 「色々なことを勉強するだけでなく、自分なりに実践して確かめようとする姿勢」をアピールすることができる言葉です。 仕事の面でも大切になってくる姿勢なので覚えておきましょう。 回答例10:自分を一言で表すと「巧偽拙誠」 回答例10個目は、自分を一言で表すと「巧偽拙誠」です。 巧偽拙誠(こうぎせっせい)とは、上手な嘘よりも不恰好でも誠実なほうが良いことを表す言葉です。 「真面目で嘘をつかない姿勢」をアピールすることができる言葉です。 真面目に仕事をしていく上でミスを隠したり、嘘をついて信頼を失くすような人物は社会人として駄目です。 巧偽拙誠とは、まさに社会人の鏡のような人物像を表す一言です。 回答例11:自分を一言で表すと「七転八起」 回答例11個目は、自分を一言で表すと「七転八起」です。 七転八起(しちてんはっき)とは、何度失敗しても、何度も挑戦することを表す言葉です。 どこかで聞いたことがある言葉だと感じる人も多いのではないでしょうか。 「粘り強く何事もやりきる姿勢」をアピールすることができる言葉です。 一般的にも知られている言い回しなので、ぜひ活用してみてください。 回答例12:自分を一言で表すと「初志貫徹」 回答例12個目は、自分を一言で表すと「初志貫徹」です。 初志貫徹(しょしかんてつ)とは、当初の志を最後まで突き通すことを表す言葉です。 「謙虚な心を忘れずに地道に頑張り続けることができる姿勢」をアピールすることができる言葉です。 謙虚な姿勢はどんな場面でも大切なことです。 また、どんな環境でもコツコツと頑張れるような人材を企業は探しています。 企業の求める理想像に近い人物を表す言葉の1つでしょう。 「自分を一言で表すと?」という質問で出来るだけ自分をPRしようと思ったときに、「負けず嫌い」「優柔不断」という性格は取り方によってはあまり良い印象を持たれません。 さきほどご紹介した「自分を一言で表すと?」と聞かれたときの伝え方を意識すれば大丈夫ですが、しっかりと一言で表した言葉に関するエピソードを交えた方がいい場合があります。 NGな答え方の例1:自分を一言で表すと「負けず嫌い」 NGな答え方の例1つ目は、自分を一言で表すと「負けず嫌い」です。 ただ負けず嫌いと伝えるだけでは、頑固で気が強い性格という印象を与えてしまいます。 その性格の良い面を一言以外でもアピールすることが重要になってきます。 例えば「負けず嫌い」であれば「人と切磋琢磨して伸びるタイプ」「勝ちにこだわる姿勢」というように良い面があります。 NGな答え方の例2:自分を一言で表すと「優柔不断」 NGな答え方の例2つ目は、自分を一言で表すと「優柔不断」です。 ただ単に優柔不断と伝えてしまうと、いざという時に正しい判断が出来ない人という印象を持たせてしまいます。 この場合は「物事を間違いなく慎重に進める」「色々な情報を集めてから物事を進める」といった良い面があります。 例えば「石橋をたたいて渡る」といった言葉などが「自分を一言で表すと」という問いに答える際には良いでしょう。 NGな答え方の例3:自分を一言で表すと「頑固」 NGな答え方の例3つ目は、自分を一言で表すと「頑固」です。 頑固という性格は、意地っ張りで相手の意見を素直に聞けないという悪い印象を与えてしまいがちです。 自分の信念を持っている、自分の意思を突き通すといった前向きなイメージだと伝えましょう。 「自分を一言で表すと」という質問には、良い面が強調されるような言葉を選ぶことが大切です。

次の

【就活】自分を表す漢字一文字の回答例11選|あなたの性格/真面目な人柄

自分 を 漢字 一文字 で 表す と

面接は誰しも緊張しますが、「百聞は一見に如かず」と言うようにいくら履歴書に立派な経歴や意気込みを書いていたとしても、実際に顔と顔を合わせる面接で、履歴書と大きく違うイメージだとすればどうしてもそちらのイメージが上書きされてしまいます。 髪やメイク、姿勢や服装など隅々まで清潔さが感じられるかどうか、また社会人としての自覚をもっているかは必ずチェックされます。 面接では、「なぜこの会社で働きたいと思ったのか」「どのような仕事をしたいのか」など志望動機を聞かれることはもちろんですが、「あなたはどんな人物ですか?」という自分自身について尋ねられることもあります。 自分がどのような人間かを上手に表現できるかどうかも、面接官や採用担当者のイメージにプラスになるために、大切なスキルだといえます。 「自分を一言で表すと?」と聞かれた場合 面接で答えづらい質問の一つに「自分を一言で表すと?」という質問があるのではないでしょうか? 自己PRは面接の基本ですし、前述したように、様々な活動や経験をアピールすることはさほど難しくありません。 しかし「自分を一言で表すと」という質問になると、自分の特質を拾い集めてまとめて、適切な言葉を探さなければなりません。 「自分を一言で表すと?」と突然尋ねられても、言葉に詰まってしまうことも十分考えられます。 もし「自分を一言で表すと?」という質問に答えられない場合、自分自身をしっかり分析出来ていないと捉えられる可能性があります。 アピールするポイントをまとめて、どのように自分を一言で表すことができるのか事前に考えておきましょう。 「自分を一言で表すと?」と尋ねられても、普通はすぐに言葉がでてきません。 実はこれは当たり前で、自分を一言で表すことができる、単純な人などいないからです。 それでもあえて、「自分を一言で表すと?」という質問をしているのは、 柔軟な発想や、表現のセンス、完成の豊かさなどを見たいという意図もあるのが理由の一つです。 杓子定規な人間は、ルールには忠実ですが、トラブルがおきたときや、想定外の要素が入ったときには、思考が停止してしまいます。 少し斜めからの質問でも、センスよく、柔軟な発想で回答できるかどうかは、不確定要素も含めて、仕事ができる人間かどうかを判断する手掛かりになります。 理由4:コミュニケーション能力 長所とは、言うまでもなく、自分の良いところ、他の人より優れているところなどです。 ただ、面接官や採用担当者と、1対1で仲良くなるわけではありません。 面接は親睦会ではないので、面接でアピールすべき長所とは、「会社にとってプラスになると感じられる長所」です。 当然のことながら、面接を受けている会社によっても、求められている長所が異なります。 求められている長所を理解しないまま、的外れなアピールをしてしまうと、「ん? なにをいっているんだろうな?」と思われてしまう可能性もあります。 自分で長所だと思っている部分を、そのまま素直に答えればよい、というわけでもないのです。 回答例1:自分を一言で表すと「負けず嫌い」 「自分を一言で表すと?」と質問されたときの、回答に含めてもいいですし、その他の自己PRでも使いやすい四字熟語もあります。 ・臥薪嘗胆(がしんしょうたん) 目的を果たすために、あらゆる苦難に耐える ・七転八起(しちてんはっき) 何度失敗しても、また起き上がって努力する ・熟慮断行(じゅくりょだんこう) よく考え、十分に検討したうえで、思い切って実行する ・切磋琢磨(せっさたくま) 仲間同士でお互い励まし合い、学問や仕事に励む ・創意工夫(そういくふう) 新しいことを考え出し、いろいろ手段をめぐらす ・粉骨砕身(ふんこつさいしん) 全力で努力すること。 また、骨身を惜しまず一生懸命に働く ・勇往邁進(ゆうおうまいしん) 勇気を持って目的に向かい、突き進む 「自分を一言で表すと?」という質問は、非常にやっかいだと感じている方もおられるかもしれません。 冒頭で述べた通り、人は一言で表現できるほど単純ではないですし、まだまだ「自分がいったいどういう人間か?」を測れるほど、人生経験を積んでいないと考えてしまうかもしれません。 就職後も学ぶこと、経験することはあるので、「自分を一言で表すと?」という質問に、就職後の自分まで含める必要はありません。 面接ではそこまで含めて「自分を一言で表すと?」と尋ねているわけではないのです。 これから成長する、変わる可能性も想定したうえで、「今の自分」を一言で表現してみましょう。 とはいえ、「自分を一言で表すと?」という質問は、しっかり準備していなければ、咄嗟に答えられないでしょう。 長所をアピールするにしても、短所を表現するにしても、「自分を一言で表すと?」という質問に、柔軟なセンスあふれる答え方ができるように準備しておきましょう。 自分を一言で表す言葉の参考例を見てみよう.

次の

「30歳」の男性社会人に聞く、自分を漢字一文字で例えると?

自分 を 漢字 一文字 で 表す と

A ベストアンサー 社会人より。 面接官の立場になって考えてみましょう。 この人はうちでどんなことをやりたいと思って志望してきたんだろう?という疑問を持つのは当然のことで、面接で最もよく問われる質問のひとつになっています。 会社があなたに求める「普通」について考えてみると・・・ お金をもらう以上、その分の会社への貢献度は当然求められます。 事務職の場合、多くは総合職や上司の作業負荷を軽減し、出来る限り彼らに「頭を使う方に時間を割いてもらう」という意味でのサポートがメインになる場合が多いと思います。 どんなアウトプットが求められているのか、指示をもらったら考える時間を持った方がいいと思います。 問題が発生した場合、速やかに上司に報告できること。 これが出来て、「普通」なのです。 あなたの考えている「普通」とギャップはありませんか? 社会人より。 面接官の立場になって考えてみましょう。 この人はうちでどんなことをやりたいと思って志望してきたんだろう?という疑問を持つのは当然のことで、面接で最もよく問われる質問のひとつになっています。 会社があなたに求める「普通」について考えてみると・・・ お金をもらう以上、その分の会社への貢献度... Q タイトル通り、「仲良しであること」を1文字で表せる漢字を探しています。 この場合の「仲良し」は男女間なのですが、「恋人同士として仲良し」なのではなく「友達として、チームとして仲良し」を意味します。 ちなみにこの漢字1文字は、オリジナルTシャツのデザインにする予定です。 自分なりに考えてみると「和」くらいしか思いつかないのですが、それではありきたりなのでもう少しひねった漢字にしたいと思っています。 他に「懇ろ」も思いつきましたが(「ろ」は入れません)、これだと「友達として仲良し」ではなくなってしまうなぁ、と思いました。 何かいい漢字がありましたら、あるいは意味から漢字を調べられるようなサイトがありましたら、ぜひ教えてください。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 抜粋です.「普通自動車免許」ですね. 「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです. -------------------- 道路交通法 第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許 第八十四条 自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。 )を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。 )を受けなければならない。 2 免許は、第一種運転免許(以下「第一種免許」という。 )、第二種運転免許(以下「第二種免許」という。 )及び仮運転免許(以下「仮免許」という。 )に区分する。 3 第一種免許を分けて、大型自動車免許(以下「大型免許」という。 )、普通自動車免許(以下「普通免許」という。 )、大型特殊自動車免許(以下「大型特殊免許」という。 )、大型自動二輪車免許(以下「大型二輪免許」という。 )、普通自動二輪車免許(以下「普通二輪免許」という。 )、小型特殊自動車免許(以下「小型特殊免許」という。 )、原動機付自転車免許(以下「原付免許」という。 )及び牽引免許の八種類とする。 4 第二種免許を分けて、大型自動車第二種免許(以下「大型第二種免許」という。 )、普通自動車第二種免許(以下「普通第二種免許」という。 )、大型特殊自動車第二種免許(以下「大型特殊第二種免許」という。 e-gov. cgi? )を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。 )を受けなければならない。 2 免許は、第一種運...

次の