五等分の花嫁最終回。 五等分の花嫁!最終回!完結!|まつくん|note

【大団円】「五等分の花嫁」感動の最終回!!ねぎ先生お疲れ様でした。

五等分の花嫁最終回

【五等分の花嫁】最終回では四葉と風太郎が結ばれる結末になるという話【ラストを予想】 今回、『五等分の花嫁』の最終回では、 四葉と風太郎が結ばれる結末になるというお話しをします。 こんなことを言うと 「四葉推しなの?」と思うかもしれませんが、僕は 三玖・五月推しです。 では、なぜ推しでもないのに四葉エンドになると考えているのかというと、四葉の過去編を読んで 超可哀そうだと 同情したからです。 しかし、ただ僕が四葉に同情しているからだけではなく、四葉には 伏線が沢山あるので、四葉エンドになる可能性は十分あります。 みなさんは誰エンドになると思いますか? 僕は、 最初は五月が花嫁になると思っていましたが、 最近では四葉が花嫁になると考えています。 この記事は、以下のように前半と後半に分けて話しを進めていきます。 五月エンドの可能性大• 写真の子=負けフラグ• 自分の恋を諦めている 五月エンドの可能性大から順に説明していきます。 五月エンドの可能性大!? 繰り返しになりますが『五等分の花嫁』を読み始めの頃はずっと 五月が花嫁になると思っていました。 その理由は、五月がいかにも メインヒロインっぽいからです。 五月は 第1巻の表紙のセンターであり、また、転校先の高校で 風太郎と1番最初に会ったのも五月でした。 ー『五等分の花嫁』コミックスより なので、最初は風太郎が五月と結婚することありきのストーリーだと思っていました。 しかし、『五等分の花嫁』を読み進めるにつれてそんなにシンプルな話ではないと思うようになります。 ただ最近は、 五月エンドになると今まで築いてきた全ての伏線を台無しにすることになるので、五月エンドはないと考えています。 続いて、四葉エンドはないと思っていた理由2つ目、 写真の子=負けフラグについて。 写真の子=四葉の負けフラグ!? ー『五等分の花嫁』コミックスより 5年前に京都で風太郎が会った 写真の子=四葉であることが明らかになっています。 これが分かるまでは、 写真の子=花嫁だと思っていました。 しかし、四葉が写真の子であると分かった時は 「この時点で写真の子を明かしているということは、四葉は花嫁ではないんだ」と考えました。 こんなに早く花嫁の正体を明かすはずがないので、四葉エンドはありえないということです。 ただ、今はこれはフェイントで一度四葉はありえないと思わせて、 「実はやっぱり四葉が花嫁でした」と読者を騙すための作戦ではないかと思っています。 そして、四葉エンドはないと思っていた理由3つ目は、 四葉は自分の恋を諦めているということです。 四葉は自分の恋を諦めている 四葉は、前の高校で複数の部活を掛け持ちして勉強をしなかった結果、 落第してしまいました。 しかし、他の4人はそんな四葉を見捨てることはせず、みんな 四葉と一緒に転校すると言ってくれました。 四葉はこの転校の件で他の4人に 負い目があり、 他の姉妹を差し置いて風太郎に恋をしてはいけないと思っているため、自分の恋を諦めています。 ー『五等分の花嫁』コミックスより なので、四葉は風太郎に5年前に会ったのは自分だと言いたい気持ちを押し殺しています。 そんな四葉を見て五月は 「誰にでも幸せになる権利はある」と言いますが、それでも四葉は風太郎と真っ直ぐ向き合おうとはしません。 これだけ重たいものを背負っている四葉が、自分から風太郎に想いを伝えるなんてことはないと思います。 なので、四葉の恋が実ることはなく、他の子(五月)と結ばれる。 と、以前はそう思っていました。 しかし、積極的に恋愛をしようとしない四葉にも 勝機があることに気づきました。 その勝機については後ほど説明します。 四葉が花嫁にならないと思っていた理由についてはここまでにして、次に 四葉が花嫁になると思っている理由を説明します。 五月エンドの可能性小から順に説明します。 五月エンドの可能性小 初期の頃は五月エンドの可能性大だと思っていましたが、最近はその可能性は限りなく低いと思っています。 その理由は、先程も述べたとおり 五月エンドになるとこれまでの伏線が台無しになるからです。 将来の花嫁は 四葉 vs 五月の構図となっているので、五月エンドでないとすると 消去法で四葉の勝ちになります。 また、五月エンドにならない理由に 「五月は風太郎のことを好きにならない」ということも挙げられます。 これはあくまでも予想ですが、五月は現時点では風太郎のことが好きではありません。 鐘でキスをした相手=花嫁なので、現時点で風太郎が好きではない五月は花嫁候補から外れます。 ー『五等分の花嫁』コミックスより しかし、 「実は元から五月は風太郎が好きでした」というパターンを持ってこられると五月は大逆転勝利を収めることができるので、正直これが1番怖いです。 ただ、これまで緻密に伏線を張ってきた作者が、その伏線を無視することはないと思っています。 それこそ四葉にはまだ回収されていない次のような 伏線があります。 四葉があげた誕生日プレゼントの感想• なぜ四葉は二乃に変装をしたのか??• 写真の子であることを風太郎に伝える これらの伏線を回収しきった後には、誰もが四葉エンドで納得することになると期待しています。 続いて、四葉が花嫁だと思っている理由2つ目、 写真の子=勝ちフラグについて! 写真の子=四葉の勝ちフラグ!? 先程は、こんなに早い段階で写真の子が四葉であることが分かったため、その時は四葉は花嫁ではないと考えたという話をしました。 しかし、今となってはそれだけで四葉エンドを否定したことを 「自分はあまりにも単細胞生物だった」と反省しています。 今では、 写真の子=最強の切り札だと思っています。 なぜかと言うと、読者の方は写真の子=四葉であることを知っていますが、 まだ風太郎は写真の子=四葉であることを知りません。 ー『五等分の花嫁』コミックスより なので、もし風太郎が5年前に会ったのが四葉であることを知った時、風太郎の心が大きく動き出す可能性は高いです。 ただ問題は、 「四葉は自分から風太郎に言い出せるのか?最強カードを使うことができるのか?」ということです。 他の姉妹に負い目があるので、恐らく言えないと思います。 「なら無理じゃん!」と思ったかもしれませんが、ここで忘れてはいけないのはある キューピッドの存在です。 そのキューピッドというのは、 風太郎よりもご飯が好きな五月のことで、五月の存在が 四葉の勝機であると考えています。 五月が四葉と風太郎を結びつける恋のキューピッド!? 僕は、 五月が風太郎と四葉をくっつけるのではないかと思っています。 実際、五月は 四葉の恋を応援しています。 四葉は過去の自分を風太郎に忘れてもらうために、五月に 零奈役をお願いしました。 ー『五等分の花嫁』コミックスより 四葉が五月に頼んだのは、五月が風太郎のことを好きではなく中立的な立場にいるからだと思います。 零奈役を頼まれた五月は、最初は四葉の言いつけを守って行動しますが、五月はそんな四葉が可哀そうに想い徐々に四葉の恋を後押しするようになりました。 五月は唯一風太郎のことを好きにならない特殊なキャラとして、四葉と風太郎を結びつけることになるのかと思っています。 四葉が写真の子であることを五月が風太郎に言い、徐々に風太郎の心が四葉へと傾いていくという考えです。 しかし、これは五月が風太郎のことを好きにならないことを前提としているので、もし五月が風太郎のことを好きになったらこの仮説は崩れてしまいます。 いずれにしても、四葉は写真の子という最強カードを持っているので、四葉エンドになる可能性は高いと思います。 そして、四葉エンドになると思っている理由3つ目、 自分の恋を諦めているについて。 四葉は諦めた恋を取り戻せる!? ー『五等分の花嫁』コミックスより 最後は考察というよりも 同情です。 四葉は自分が風太郎のことが好きであることを伝えられないまま、『五等分の花嫁』は終わってしまうのか、ということです。 否!!! それはないと思っています。 どこかで四葉は風太郎に好きであることを伝えるタイミングが来るはずです。 そうでなければ、読者としても四葉としても不完全燃焼になってしまうからです。 一度は自分本位となり闇の道に進みはしましたが、その罪は十分償ったのではないでしょうか? 今まで自分を殺してきた四葉が最終的に救われる、『五等分の花嫁』の結末としてこれ以上のものは考えられません。 まだ第1期を観ていないという方やアニメをもう1度観たいという方は、是非第2期が放送される前にご覧ください! アニメは日本最大級の動画サービスで視聴できます。 の 特徴は次のとおりです。 無料登録で31日間無料で動画見放題!• 無料登録で600円分のポイントゲット!• 月額1990円で使い放題! なら登録してから 31日間無料で楽しむことができます! あまり大きい声では言えませんが、目当てのアニメなどを観た後で 解約すればお金はかかりません。 なので、1円もお金を払いたくないという方は31日以内に解約しちゃってください。 『五等分の花嫁』の マンガを無料で読む方法を知りたい方は、関連記事をご覧ください。

次の

五等分の花嫁の最終回!結婚したのは四葉!?アニメ2期のティザーPV公開!

五等分の花嫁最終回

五等分の花嫁が遂に完結しました!! 風太郎が最後に選ぶのは!?結末までのネタバレを書いています。 マンガ版を読みたい人は無料で読むことが出来るのでこの方法を使って下さい。 114話から最終話|ネタバレ 四葉が保健室に戻ると風太郎が待っていました。 さっそく、ここに来た意味を言おうとするのですが 「ごめんなさい!」と食い気味に断られてしまいます。 自分よりもっとお似合いの人がいる、だから自分以外の人を選んだ方が良い。 そんなことを言う四葉ですが、風太郎も引く気は無いようで四葉の気持ちを聞いている。 と詰め寄ります。 思わず、逃げ出す四葉。 何とか追いつき思いを伝えます。 5つ子の家庭教師になって本当に良かったと思う。 でも四葉が居なければとっくに躓いていた。 これからも躓き続ける俺の隣にいてくれると嬉しい。 そこで昨日、好きとは伝えられたもののまだ付き合っていないことを打ち明けます。 「まだやらなくちゃいけないことがあります」と言われたのです。 四葉はと言うと、朝早くから二乃に会いに行っていました。 勝者と敗者となった二人、勝者である四葉に心配されることは二乃からすれば屈辱的です。 「姉妹の縁を切らせてもらうわ」 そこまで言われても貫きたい四葉の思いとは・・・!? 次に彼女が会いに行ったのは三玖のところです。 「私たちのことなんて気にしないで付き合っていいんだよ?なんて言うと思った?」 二乃に引き続き三玖も怒ってるようです。 「私ならフータローを困らせる様な事しない」 未だに返事を保留にしている四葉のことが理解できないようで、そう詰め寄ります。 でも逆に感謝もしていました。 今の学校に来る選択を四葉がしてくれたからこそ、フータローに出会えた。 彼との出会いは自分を変えるきっかけになったし、かけがえのない人への想いも持つことが出来た。 四葉には言うことは無いけれど、この結末を彼女は彼女なりに納得しているのでした。 そんな思いを風太郎がしったのはとある日の学校でのことです。 偶然、二乃と四葉の会話を五月と盗み聞きしてしまったのです。 話があるからと呼び出された二乃は気が付いていたようですが、四葉は風太郎たちのことに気が付かずに話を進めます。 彼女がここ数日、姉妹を呼び出しては話をしていたのは風太郎と付き合うことを認めて欲しいからでした。 「私は上杉さんを好きなのと同じくらい姉妹の皆が好き」 そしてその思いは姉妹の誰にも負けないくらい大きいものだと、全く引く気は無いようです。 未だに自分の事を競い合う相手だと見てくれてることが二乃も嬉しかったようで、口では 「隙を見せたら奪ってやる」と言いながらも四葉を祝福してくれるのでした。 五月もまた、ずっとモヤモヤしていた気持ちが2人の話を聞いてスッキリと晴れていきました。 そんな事もあり改めてデートに行く2人。 今日は四葉のリクエストで風太郎の縁の場所をめぐるようです。 家族でよく行ったファミレスに、勉強するために入り浸った図書館。 最後に向かったのは四葉との思い出の公園でした。 懐かしボロブランコを目にしてそこまで飛べたら聞いて欲しい話があると切り出します。 チェーンが千切れるほど思い切り漕ぎ、着地すらまともに取れない不格好なそのジャンプですが見事、四葉の元へとたどり着きます。 「好きです。 結婚してください」 「えっえええええっ」 まさかそこまで話が飛躍するとは思って無かったよ四葉の反応に風太郎も慌てて訂正しようとします。 ですがそれを遮り、四葉が幼いころの夢の話を始めました。 「私の夢、思い出しました。 お嫁んさんです。 上杉さん、私の夢をかなえて下さい」 それから怒涛の日々を過ごし、無事にそれぞれに進路へ進んでいきます。 風太郎は東京の大学に進学するので再び全員が集合したのは5年後でした。 新郎:上杉 風太郎 新婦:中野 四葉 みんなの元に届けられた招待状にはそう書かれ居てます。 風太郎を差し置いて集まる5人。 なにやら悪だくみを考えているようで式場に付いた風太郎を呼び出します。 現れたのは、全員が同じウェディングドレス、同じ化粧と髪型をした5人でした。 「5つ子ゲーム。 ファイナルだよ」 「俺を舐めるな!!」 その宣言通り、四葉だけじゃなく、5人全員を言い当てる風太郎。 それと同時に、それぞれにこれまでの感謝の気持ちを伝えます。 「お前たち五つ子に出会えたことは数少ない俺の自慢だ」 -完- 感想 遂に完結しましたねー 最後に四葉を選ぶとふまえてもう一度最初から読んでも楽しめそうです。 マンガ版はネタバレよりもう少し続いてるのですが、ここで終わらせる方が綺麗に書ききれると思ったのでそうしています。 四葉との思い出の回想や成長したらいは、トレードマークをやめる四葉なんかが描かれていて感慨深いシーンがあるので是非、読んでみて下さい。 この方法を使えば誰でも無料で読むことが出来ます。

次の

【大団円】「五等分の花嫁」感動の最終回!!ねぎ先生お疲れ様でした。

五等分の花嫁最終回

ネタバレあらすじ 三玖からの電話にでた一花は、三玖にキャンプファイヤーのことで電話をしたのかと聞いた。 三玖は風太郎の手が2本あるから、両手に花でいこうと提案する。 一花はそのとき咳をしてしまい、 聞いていなかった。 三玖は咳をしている一花にコテージに戻るよう言う。 かまくらの中に戻ってきた風太郎は、電話をしている三玖の耳に顔を近づけて一花との電話を聞いた。 三玖は照れてしまい、電話をスピーカーにする。 食いしん坊の五月は絶対ここにいると思っていた風太郎は、驚いた。 追いかけっこの鬼である四葉に見つかってしまい、すでに捕まっている一花(五月)と二乃も合流した。 五月があまりにも見つからないため、深刻な事態・遭難していると推測する。 二乃、四葉が慌てて探しに行こうとしてしまったため、焦った一花(五月)はもう少し探そうと止めたが二乃に怒られてしまった。 五月は一花の変装をしていたと言い出せない空気になってしまう。 一花を呼び出し、一緒にリフトに乗ると、一花(五月)は前のリフトに乗っている人がいちゃついているのを目撃してしまう。 初日の一花の行動を見ていた五月は、戸惑った。 風太郎は一花のフードを取り、 五月に大事にしちゃってごめんと謝る。 五月も泣きながら謝るが、風太郎は安心したせいで五月の肩に寄りかかってしまう。 五月はドキドキしていたが、苦しそうな風太郎を見て病気だと気づいた。 風太郎に付き添いはいらないと言われてしまい、主任の先生には風太郎がいる部屋を立ち入り禁止にすると言われてしまった。 風太郎は二乃を呼び出し、金太郎がキャンプファイヤーに来られなくなったことを伝えた。 三玖はせっかく来てくれた林間学校が1人で寂しい終わり方で良いのかと、一花、四葉、五月に言った。 キャンプファイヤー中、風太郎に元気出せよと言われたことにムカつき、 二乃は風太郎の部屋に向かう。 一花と三玖は、自分の本心を語り合い、 三玖は一花に風太郎のことが好きだと言った。 一花と三玖は風太郎の部屋へ向かった。 風太郎のボロボロになったしおりを五月が開いていると、風太郎のメモを見つけ、風太郎が林間学校を楽しんでいたことに気づく。 四葉は元気を取り戻して風太郎の元へ向かい、五月も風太郎の部屋へ向かった。 主任がいなくなると、 五月は部屋の電気を付けようとし、電気のスイッチを押すと、他の4人もスイッチを押そうとしていた。 風太郎は結婚指輪を家に忘れてきてしまったらしく、らいはは文句を言う。 しかし 風太郎の父は、血は争えない笑っていた。 らいはは、兄や父よりも良い人と結婚すると宣言すると、父は焦り叫ぶ。 控え室で寝ている兄を見てあきれるが、 腕に付けているお守りをみて嬉しくなる。 前田の結婚相手は一緒に肝試しをした女性で、妊娠していた。 5姉妹はそれぞれ一言いうと、風太郎は起き上がる。 風太郎はうるさいから出て行け!と叫び、 5姉妹は逃げた。 風太郎が単語帳を読みながら登校していると、5姉妹に話しかけられる。 風太郎は5姉妹に期末テストに向けてビシバシ行くと言った。 5姉妹は勉強悪魔の風太郎から逃げた。 風太郎の腕は2本、両手に花だ!と一花に言います。 思いついたことはそのまま口にしない方がいいこともありますね。 姉妹でも気づかない変装 五月が一花に変装してスキーをしていますが、全く気づかれませんでした。 姉妹ですら気づかないとは驚きです! 中野5姉妹は、普段どこで見分けているのでしょうか。 五月は、マスクとフードをしていたので顔は見えにくかったと思います。 見分ける方法は声ぐらいしかなかったのですが、今話で 見分けているのは声ではないと分かりましたね。 朦朧としている中、 あの鈍い風太郎が五月を見破ったんですから。 ブランケットを羽織っている一花に、三玖はホットの抹茶ソーダを渡します。 キャンプファイヤーの伝説は本当だった! 前田は肝試しの時にとある女子と一緒に行動します。 キャンプファイヤーも一緒に踊っていたのですが、まさか結婚していたとは。 それにしても前田が言った、 アイツは俺たちをつなげてくれたキューピットだからな、というのが結構ダサくて笑えました。 らいはが控え室へ向かうとき、スタッフの人たちが11着あるウエディングドレスに戸惑っていますが、これが伏線になっていたらいいなと思っています。 1人11着よりも5人で2着ずつのほうが現実味があります。 また、キャンプファイヤー伝説を信用すれば、5人は風太郎と手を繋いでいました。 よって私の考察としては、 もしかして風太郎、全員と結婚するのでは?です。 新婦入場の時点では1人しかいませんが、新婦入場のアナウンスをあと4回されて、ぞろぞろ出てきたら面白いですね。 まぁ十中八九違うと思いますけど……(笑)。 まとめ• 変装上手な五月• 伝説は本当だった!?• 結婚相手は誰?.

次の