ストリンダー パン クロック。 【ダブル】カバドリストリンダー

【ポケモン剣盾】ストリンダーの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ストリンダー パン クロック

特性の「パンクロック」で攻撃性能が上がっていますので、1度攻撃を耐えることができれば多くの相手と打ち合うことができます。 不利な対面からダメージを与えつつ逃げることができる。 ヘドロばくだんとの選択。 ヘドロばくだんより威力は高いが、毒の追加効果の確率が低い。 5倍するとつげきチョッキにより、特殊アタッカーに対する性能を上昇させた型です。 「ほっぺすりすり」による麻痺で、相手の素早さを下げることで、「ミミッキュ」や「ドラパルト」に素早さを逆転させて、「たたりめ」で弱点をつくことができます。 物理耐久は、「つるぎのまい」後のミミッキュの「シャドークロー」を確定で耐え、キョダイマックスすれば「ギャラドス」の「じしん」を確定で耐えることが可能です。 特殊耐久は、特攻252振りウォッシュロトムの「ハイドロポンプ」を確定で3発耐える調整になっています。 便利な交代技。 不利な対面からダメージを与えつつ逃げることができる。 相手の特攻を下げつつ攻撃できる。 特性「パンクロック」と相性が良い。 ストリンダーの役割と立ち回り 特性のパンクロックが優秀なアタッカー ストリンダーは、特性の「パンクロック」のおかげで114という特攻種族値以上の火力を出すことができるポケモンです。 しかし、素早さが中途半端なため「きあいのタスキ」による行動保証や「こだわりスカーフ」による素早さの補強が必要になってきます。 フェアリー対策として有効 ストリンダーはフェアリータイプに対して有効な毒タイプなためフェアータイプの対策として優秀です。 じめんとエスパー以外に弱点もないので、フェアリータイプに弱点を突かれにくい点も評価できます。 ストリンダーと相性の良いポケモン ストリンダーの弱点を無効にできるポケモン 地面タイプに強い、飛行タイプのポケモンがおすすめです。 特性「ふゆう」によって、地面タイプの攻撃を無効にする方法もあります。 また悪タイプのポケモンは、ストリンダーの苦手な、エスパータイプの攻撃を無効にできるので有効です。 ですので、地面タイプを選出するという対策方法が最も手っ取り早く効果的です。

次の

ストリンダー(ハイ)育成論 : 【麻痺撒き+α】耐久振りストリンダー【先発】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ストリンダー パン クロック

使用するの威力が1. 3倍に上がる。 受ける音技のダメージが半減する。 説明文 おとわざの いりょくが あがる。 うけた おとわざの ダメージは はんぶんに なる。 音技の 威力が 上がる。 受けた 音技の ダメージは 半分に なる。 所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい 特性1 特性2 ハイなすがた ローなすがた こんなときに使おう 専用の特性。 ストリンダーのメインウェポンであるの威力が上がるため、相性が非常に良い。 音技のダメージ半減に関しては、無効化するの下位互換であるが、優秀であることに変わりはない。 特性のが進化するとこの特性になる。 各言語版での名称 言語 名前 パンクロック Punk Rock Punk Rock Punk Rock Punk Rock Punk Rock 펑크록 Punk Rock 簡体字 繁体字 ロシア語.

次の

ストリンダー (ハイなすがた)|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ストリンダー パン クロック

図鑑説明 なすがた むねの とっきを かしり でんきを すとき あたりに のような おとが ひびく。 ローなすがた 00もの でんきを はっせいさせることが できる。 どんな あいても なめている。 まる でんが ぶき。 たくわえられた でんきの は ぐもを しのぐほど。 なすがた カごしで きが みじかい。 よどんだ みずを ガブのみして すいちゅうの どくそを とりこむ。 ローなすがた はつでんきかんが むねに ある。 でんきが つるとき のような おとが ひびく。 どくが のうまで めぐり ぼうそう。 あばれるたび どくのあせが ほとばしり だいちを けがす。 第八世代で初めて登場した登場したでんき・の。 系のでありがちなっぽい姿をしている。 なすがたとローなすがたの2種類のフォルムが存在し、からの時に分岐する。 その分岐条件はなんと 性格。 やんちゃやいじっぱりなど較的高そうな性格ならなすがた、やおだやかなど低そうな性格ならローなすがたになる。 で後的に性格補正を変えられるようになったからこそ可になった条件だと言えるだろう。 なお、では性格自体は変わらないので先のフォルムは変化しない。 どちらの姿にも共通して胸に弦のような突起があり、これを腕で弾いて鳴らす事で発電を行う。 なすがたはと同じ6本弦で、ローなすがたはと同じ4本弦。 姿によってのモーションまで異なる。 なすがたは弦を掻き鳴らす手なを見せたり近接攻撃で裏拳を使う一方、ローなすがたはに弦を弾き近接攻撃では下段蹴りを使う。 のを使うと良くわかる。 ターフの巨大ながしたストリンダーにそっくりだったり、のを守った存在として像が伝わっていたり、前のの生息域にクレーターがあったりと、結構がり巡らされたでもある。 エションに期待?• できるの一匹。 になり、には子のような巨大なが生える。 「キョデン」はながら相手をor、どちらかのにするというもの。 ちなみに上はに、とはにならない。 そのため でんき・はがね や、そもそも技も技も効かない じめん・はがね 等に加え、「ひらいしん」「ちくでん」持ちならこの大技をほぼ化できる。 余談だがになっている姿とを失ってしている状態から、初号機をすもいる模様。 対戦におけるストリンダー• 2つのフォルムの差は覚える技とのプイのみ。 なまじ攻撃も高いため、によるが可ななすがたの方がが豊富。 しかし特殊を育成する際にが必要ないという理由でローなすがたの採用も多い。 専用は、自身の使用する音技の威を1. 3倍にし、受ける音技のを半減する強な。 であるの音技や、威しのぱのを更に上げることができる。 実は単純な面で見るとよりぱの方が威が高い。 特殊ではどちらかと言うとやヘドロば等の一致技の方がウェになりかねない。 関連動画 まだありません 関連商品 まだありません 関連項目•

次の