ディズニーランド キャスト 給与。 ディズニー休園延長、キャストは悲痛「夢と希望のためだけに働いてるんじゃない」 休業補償はどうなる?(弁護士ドットコム)

【最新】ディズニーキャストの仕事を紹介!給料・裏話・バイト面接対策・コスチュームも♪

ディズニーランド キャスト 給与

憧れのテーマパーク、ディズニーランドで働く人たちの仕事内容は実にさまざま。 看護師さんならご存じかもしれませんが、看護業務をおこなう「ナースキャスト」というスタッフさんもいます。 首都圏など、ディズニーリゾートのお近くにお住まいなら「ぜひともディズニーランドで働いてみたい」と、思ったことがある方も少なくないでしょう。 この記事では、ディズニーランドで働く看護師「ナースキャスト」のお仕事についてくわしくご紹介します。 気になるお給料や待遇についても取りあげますので、ぜひご参考にしてください。 ナースキャストのおもな仕事内容、待遇や給与は? ナースキャストの応募要件、給与・待遇について ディズニーランドの求人を参照すると、ナースキャストの応募資格は以下のとおりとなっています。 ・正看護師の免許を持っていて、かつ病棟で勤務した経験がある ・土日祝日を含めた週5日のシフト制で勤務可能 ・1日あたり実働7時間程度の勤務が可能 上記の3つをクリアできる看護師さんは、かなり多いのではないでしょうか。 次に仕事内容ですが、「パーク内全8か所の救護室を拠点に、怪我や体調不良のゲストやキャストの救護・応急処置をおこなう」ことがメイン。 その他、患者さんを病院へ搬送する際の付き添いや薬・備品などの管理、救護に関するカルテの記録や管理なども含まれます。 基本は1拠点に3~5名のナースキャストが配置され、グループで業務にあたります。 ナースキャストの雇用形態は「準社員」となり、給与は時給制となっています。 時給は勤務する時間帯に応じて変わり、「1,450~2,113円」の範囲内です。 いわゆるの時給とほぼ変わらない給与水準と考えてよいでしょう。 なお、試用期間中の時給は1,350円となります。 また経験に応じて、規定による昇給制度もあります。 その他の待遇としては社会保険、賞与の支給、入園に関する優待パスポートの発行、グッズ販売のキャスト割引などがあります。 また通勤交通費が支給され、着替え手当という手当も付きます。 それらに加え、キャスト専用のパーク貸し切りも年1回おこなわれています。 求人への応募倍率はとても高いように思われますが、応募資格の段階で若干ハードルを上げているためか、実際の倍率はそれほど高くならないようです。 ナースキャストの仕事は忙しい? ナースキャストに「急病人が出たときだけ仕事をすればいいのでは?」というイメージをお持ちの方もいるかもしれません。 しかし、シーズンによっては想像を絶するほどのゲスト数となるときもあります。 すり傷に薬を塗ってほしいだけの人から病院搬送が必要な人まで、実に多くの患者さんを看なければならなくなる日もあるでしょう。 実際に、ナースキャスト経験者さんの感想には「救急外来や病棟勤務のときと同じくらい忙しい日もあった」という意見も。 また、外国人観光客など、日本語以外での対応が必要となることも少なくありません。 救護や応急処置の対応だけでも決して楽な仕事ではないうえに、パーク内には救急車があるため患者さんの搬送もナースキャストがおこなう場合があります。 日によっては、かなり忙しいときもあることを覚悟したほうがよいかもしれません。 でも、「夢の国」であるディズニーランドの安全と安心を支える一員として活躍したい!という強い意志をお持ちなら、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。 ナースキャストに向いている人とは? ディズニーランド自体が楽しむための空間なので、ナースキャストもゲストにできるだけ楽しんでもらえる雰囲気を作ることが求められます。 医療のお仕事ではありますが、サービス業の要素も大きくかかわってくるでしょう。 笑顔でゲストに対応できることや、不安を抱えたゲストにも安心していただける救護ができることなど、接客のお仕事に近い側面も持ち合わせています。 ナースキャストのお仕事には、救護・看護の技能のみならず「誰かを楽しませられる」「人を安心させられる」というヒューマンスキルも必要になってくるでしょう。 ナースキャストとして働くにあたっての注意点 お給料は病院アルバイトのほうが高給なことも 志望する人が多いことで知られるディズニーランドのキャスト業務ですが、給与面での優位性は高くありません。 病院の外来や病棟でアルバイトしたほうが、高いお給料をもらえる場合もあります。 それらの要素を鑑みても、ナースキャストのお仕事は「夢を追い、夢を売る仕事」であるといえます。 お給料より「夢の国づくりにかかわれること」のすばらしさを優先できるかどうかに、ナースキャストとして長く働けるか否かがかかってくるでしょう。 裏方に徹することができるかが大事 ディズニーランドのキャストといっても、終日ゲストと触れ合える場内スタッフやグッズ販売員のような華やかさは、ナースキャストのお仕事にはあまり期待できません。 意外にゲストと交流できる機会は多くありませんし、開催されているイベントやアトラクションの現場を目にする機会も思ったより少ないでしょう。 裏方として縁の下の力持ちになりきれるかどうかが、ナースキャストの心構えとして大切になるはずです。 まとめ 夢の多いナースキャストのお仕事ですが、実際のところ長く続けられる人はそれほど多くありません。 「イメージと違った」と挫折してしまわないためにも、よく考えじっくり検討してから応募することをおすすめします。 ただし、ナースキャストの求人は募集人数の少なさという観点では「レア求人」であることに間違いはありません。 随時募集があったとしても、採用人数はきわめて少ないことが予想されます。 ディズニーリゾート公式の求人サイトを日ごろからまめにチェックして、淡々と応募のタイミングを待ちましょう。

次の

時給一覧

ディズニーランド キャスト 給与

ナースキャストってどんな仕事?内容・なり方を徹底解説 ナースキャストは東京ディズニーリゾートの救護室で働く看護師ですが、具体的な仕事内容などは知らない人が多いのではないでしょうか。 はじめに、ナースキャストの仕事内容や年収、なり方などを徹底解説します。 ディズニーランドの救護室で働く「ナースキャスト」の仕事内容は? ナースキャストは東京ディズニーリゾート(ディズニーランド・ディズニーシー)の救護室で働く看護師で、パーク内で怪我や急病になったゲスト(来園者)やキャスト(スタッフ)の 応急処置や看護が主な仕事です。 パーク内で怪我をしたり熱中症などの急病になった人が救護室に駆け込んで来た時は応急処置を行い、病院搬送の必要があれば病院まで付き添うこともあります。 心臓発作や呼吸困難、大怪我などで救護室に来られない場合は現場に急行し、現場で応急処置をしたうえで救急搬送を手配します。 救護室の薬品管理や医療器具の管理、車椅子などの福祉用具の在庫管理、カルテの整理などもナースキャストの仕事で、多様な業務をこなさなくてはいけません。 ナースキャストの忙しさは? ナースキャストは現場に急行し、必要なら病院搬送の付き添いをすることもありますが、基本的には救護室で待機するので、外来や病棟勤務のような忙しさはありません。 ゲストが少ない日は救護室を訪れる人も少ないので、デスクワークが中心になることもあり、食事ができないほど忙しくなる日は少ないです。 ゲストが少ない日はそれほど忙しくはありませんが、ゲストが多い土日祝日や、猛暑で熱中症になるゲストが多発するような夏期は、救急外来のように忙しくなることもあります。 ディズニーリゾートの救護室に医師は常駐しておらず、重病人が出た際もできる限りの処置をしなければなりません。 緊急事態が発生した時は忙しくなるでしょう。 ナースキャストで得することってある?ディズニー割引は? ナースキャストはキャスト割引が受けられ、ディズニーのグッズを割引価格で購入でき、優待パスポートももらえます。 東京ディズニーリゾートでは、キャストをもてなすイベント「サンクスデー」を年に一度開催しており、閉園後のパークにキャストをゲストとして迎え、CEOや役員、社員などがキャストをもてなします。 ディズニーランドで働くキャストは専用のコスチュームを着用しますが、ナースキャストのコスチュームは胸元にナース姿のミニーのワッペンが付いていて、とてもかわいいと評判です。 かわいくて優しいナースキャストは小さな女の子にとって憧れの存在であり、子供たちに夢を与えられます。 お金の面などで得をするわけではありませんが、 「夢と魔法の王国」ディズニーランドで働くことは、他の仕事では味わえない喜びがたくさんあります。 ディズニーランドのナースキャストの年収・ボーナスは?正社員登用はある? ナースキャストの身分は準社員(アルバイト)であり、雇用形態は正規雇用ではなく非正規雇用で、正社員登用制度はありません。 給与は月給制ではなく時給制であり、時給は1,450円〜2,113円で、時給には時間帯による手当が含まれます。 社会保険や雇用保険(厚生年金、健康保険)は完備で、交通費は月50,000円を上限に支給されます。 ボーナスは年5回で労働時間に応じて支給されますが、トータルの支給額は数万円程度です。 年収は勤務状況などによって異なりますが、1日7. 5時間、週に5日働いたとしても300万円程度で、手取り年収は220万円程度でしょう。 ナースキャストは決して稼げる仕事ではないため、 お金を稼ぐことを目的にナースキャストを目指す人は少なく、多くの人は夢を叶えるためにナースキャストを目指します。 ディズニーランドのナースキャストの倍率は? ナースキャストの倍率は非公表のため不明ですが、志望者がとても多いので倍率はかなり高いと予想されます。 ナースキャストになることを夢に看護師を目指す人も大勢いるため、ナースキャストになるのは決して容易ではありません。 ナースキャストは新卒採用はしておらず、欠員が出たら募集をかける形態であるため、求人が出た時は応募者が殺到します。 以前の倍率は数十倍~数百倍に達していたと思われますが、現在は応募条件を厳しくしているため、 倍率は数十倍前後ではないかと思われます。 ナースキャストの応募条件は「正看護師免許を有し、病棟での実務経験がある方」です。 正看護師免許を持っていても、病棟勤務の経験がなければ応募できません。 ディズニーランド以外にもナースキャストの仕事はある?USJは? ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)にもナースキャストの仕事はあり、USJではナースキャストと呼ばずに「ナースクルー」と呼ばれます。 USJのナースクルーの仕事内容はディズニーランドのナースキャストとほとんど同じで、ファーストエイド(救護室)に待機し、怪我や急病を負ったゲストやクルー(スタッフ)の応急手当などを行います。 病棟勤務経験がある正看護師だけが応募でき、雇用形態はアルバイトで、時給は1,060円(基本給)+400円(職種給)です。 東京都多摩市にあるテーマパーク「サンリオピューロランド」でも、ナースキャストと同じような「サービス看護」という仕事があり、看護業務とインフォメーション業務を担当します。 ディズニーランドでは医師の求人もある? ディズニーランドの救護室に医師はおらず、医療に関わる業務はナースキャストが担当します。 このため、 ディズニーランドでは医師の求人はなく、求人があるのは看護師だけです。 どうしてもディズニーランドに関係する職場で働きたい場合は、東京ディズニーリゾートの運営会社・株式会社オリエンタルランドの産業医になるしかないでしょう。 オリエンタルランドの産業医は社内にある健康管理センターに常駐し、常用労働者の定期健康診断やメンタルヘルスチェック、健康相談などを担当します。 オリエンタルランドの産業医は常時募集は行っておらず、欠員が出たら募集をかける形態です。 医師の転職に特化した転職エージェントに登録しておくと良いでしょう。 看護師求人サイトでナースキャストの募集はある? ナースキャストは欠員が出たら求人を出すため、求人が出た時は看護師求人サイトにも掲載される可能性はあります。 いつ求人が出るのかは全くわからないので、ナースキャストになりたい人は日頃から看護師求人サイトをチェックしておく必要があります。 これは非常に面倒なので、 看護師求人サイトよりも転職エージェントに登録することをおすすめします。 転職エージェントに登録しておくと、ナースキャストの求人が出た時に担当のキャリアコンサルタントがいち早く教えてくれます。 なお、看護師の転職サイト「ナースキャスト」と東京ディズニーリゾートのナースキャストは何の関係もなく、たまたま名称が同じだけです。 ナースキャストに転職したい人におすすめの転職エージェント ナースキャストに転職したい人は転職エージェントに登録すると、ナースキャストの求人が出た時にいち早く教えてもらえます。 ここでは、ナースキャストに転職したい人におすすめの転職エージェントを5つご紹介します。 非公開求人も多く、120,000件以上の非公開求人があります。 看護ルーは登録しなくても利用できますが、転職サポートサービスに登録すると看護師専門のコンサルタントによる支援が無料で受けられます。 コンサルタントに希望を伝えると、豊富な非公開求人の中から最適な求人を紹介してもらえるので、ナースキャストに転職したいことを伝えると良いでしょう。 看護ルーに登録しておくと、 ナースキャストの求人が出た時にすぐ教えてもらえるので、ナースキャストに転職したい人は必ず登録することをおすすめします。 看護のお仕事に登録するとキャリアコンサルタントの支援が無料で受けられ、他の求人サイトには掲載されていない非公開求人の中から好条件の求人を紹介してもらえます。 キャリアコンサルタントは求人を寄せている医療機関に実際に足を運んでおり、求人先の医療機関の内部情報にも精通しています。 実際に勤めた人でなければわからない裏情報も知り尽くしているので、内部情報を確認したうえで応募することが可能です。 ナースキャストの内部情報も教えてもらえる可能性があるため、ナースキャストに転職したい人は、看護のお仕事に登録すると良いでしょう。 マイナビは看護師だけでなく、医師や薬剤師、医療介護スタッフなどに特化した転職サイトを多数運営しており、職業紹介優良事業者にも認定されているので安心して利用できます。 無料の転職支援サポートに登録すると、看護師専任のキャリアコンサルタントによる支援が受けられ、希望に合致する転職先を紹介してもらえます。 マイナビ看護師はエリアごとの求人を網羅しており、ディズニーランドのナースキャストはもちろん、 USJのナースクルーの求人が出た時も真っ先に教えてくれます。 サンリオピューロランドなどのテーマパークで働ける看護師の求人があれば紹介してもらえるので、憧れのテーマパークで看護師として働ける可能性が広がります。 ナース人材バンクに登録すると、看護師専門のキャリアパートナーの支援が受けられ、希望に合致する職場への転職を徹底的にサポートしてくれます。 スピーディーな対応が強みで、希望に合致する求人が出た時にすぐに電話で教えてくれるので、ナースキャストの求人が出たらいち早く応募することが可能です。 キャリアパートナーは積極的に電話をかけてくれるため、良い情報をいち早くキャッチして急いで転職をしたい方はナース人材バンクに登録することをおすすめします。 看護師の求人は10万件以上もあり、非公開求人も多数あります。 ナースではたらこは「逆指名」できることが強みであり、勤務したい病院があれば、現時点で求人を出していなくても応募できる場合があります。 ディズニーランドのナースキャストに転職したい人は、ナースではたらこの逆指名制度を利用すると、 求人が出ていなくてもナースキャストになれるかもしれません。 ナースキャストに転職したい人だけでなく、どうしても働いてみたい憧れの病院がある人は、ナースではたらこに登録して、逆指名制度を活用してください。 ナースキャストはディズニー好き看護師に絶対おすすめ! ナースキャストはお金を稼ぐことが目的の人には向いていませんが、ディズニーが大好きで、憧れのディズニーリゾートで働きたい看護師には最高の仕事でしょう。 ナースキャストに転職するには、求人が出た時にいち早く応募しなければなりません。 そこで、 転職エージェントに登録すると、ナースキャストの求人が出た時、真っ先に教えてもらえます。 ナースキャストになって憧れのディズニーランドで働きたい人は、この記事で紹介した転職エージェントに登録して、求人が出たら真っ先に応募してください。 求人情報を見逃さないようにするためにも、複数の転職エージェントに登録して、アンテナをたくさん張っておきましょう!.

次の

米・ディズニー、従業員10万人解雇で日本のTDRは?臨時休園中の休業補償を5月まで増額【新型コロナ】

ディズニーランド キャスト 給与

今だから正直に言うけど、最初にキャストになった時は、実は一刻も早く辞めたかったのです。 今回はその理由をお話ししましょう。 給与明細もパークと同様、進化している 僕はほとんどの給与明細を保存しておいたのだが、それは自分の勤務時間と給与が正確か後で確かめるためだ。 明細自体がお金になるわけじゃありませんからね。 でも給与明細って、なぜかもらえるのが嬉しいし、早く中を見たいと思ったものだ。 自分がどれだけ勤務したか、いくら稼いだかは知っているのに。 謎の感情だ。 ここで僕の最初の頃の給与明細を見てみよう。 平成3年5月のものだ。 僕がキャストデビューしたのが平成3年3月(正確には3月はトレーニングだけで終わってしまい実質デビューは4月から)なので、その翌々月ということになる。 この前の月のもあるが、3月分はたった4日しか勤務していない。 そして4月分は汚れていたので5月を掲載した。 なにせ27年も前のものですので……。 この数年後にようやく部署名が入るのだ。 最初の数ヶ月間は累積勤務時間の記載がない。 このあと、7月分から、準社員給与明細書、の文字の下に累積時間が入る。 表紙をめくると下にもう一枚の見開きの紙面が貼り付けてあり、マスクプリントが施されている。 この次のページが明細の紙面ですね。 で、ここにはウォルトの名言がしっかり載っている。 味な真似をするなと思ったものだ。 こんなのを毎月見ていたら、誰でもディズニー教に洗脳されちゃうよー(笑) しかし、この名言はやがて消えてしまいます。 数年後にサイズも縦長に変更され、印字も刷新されたのを機に、この中表紙は真っ白になります。 ちょっとだけ寂しかった記憶が蘇りました。 ディズニーキャストの給与で面白いのは、着替手当があることかな。 これはコスチューム勤務の時に(ほとんどですが)付く手当で、一日あたりだと108円。 つまり時給から計算すると着替えには約8分かかるということか。 コスチュームによってはもっとかかるものもありますけどね。 この額はアトラクションによって変動することはなく、一律この金額が支給される。 逆に言えば、コスチュームを着ない勤務の時はつかない。 当時は時給900円スタートだった。 今は100円上がってますからね。 羨ましい。 それから十数年。 ついに退職直前あたりだと、明細も進化してますね。 累積勤務時間が上の方に表示されています。 25241時間かー、よく働いたわな。 最後の給与明細は、本人の手には入らない ところで、勤務した最後の月の明細は、手にすることができません。 なぜかと言うと、通常明細をもらえるのは、振り込み日の数日前に、直接勤務場所(自分のロケーション)に届けられるから。 当月の勤務分の給与は翌月の15日に支給。 大体振込日の3日くらい前に、給与明細が配布されます。 各部署の明細はアトラクごとにひとまとめにされ(運営部のオフィスの方が数百名分をロケーションごとに仕分けしていたようです)、それをリードなどが自分の職場オフィスまで持ち運びます。 (時々、勤務前に運営部オフィスに立ち寄った際に、今から出勤ならこれ持って行って、と言われてスプラッシュの全員分の明細を束で渡されて持っていったりしたなぁ) 僕はその年の10月末退職だったため、 最後の明細が配布される翌月にはもう辞めているので、受け取りたくても手に入らないのです。 なんという理不尽な制度なんだ! だから退職者の明細は常に捨てられる運命にあります。 (郵送してくれるという話も一時期ありましたが、少なくとも僕は受け取っていない) 退職していった子たちの明細が職場に数ヶ月間残っていて、捨てるに捨てられず、でも本人が受け取りに来るわけでもないので残していたけど、仕方ないからゴミ箱へ……というのが日常風景でした。 きっと僕の明細も誰かが処分したことでしょう。 ま、最後の月は有給消化でほとんど勤務していなかったので、記載はスカスカだったはずだ。 準社員というのは響きはまともだけど要するにアルバイトですから、まあこんなものです。 キャストは夢を追う仕事か、それとも現実を見据えた職業か? 正社員でない我々準社員キャストは、週5日勤務の「専業」キャストと学生を中心とした「土日」キャストがいました。 学生さんはいずれ卒業していくので、短ければ一年以内、長いと4年みっちり働いてキャストを「卒業」していくわけです。 僕を始めとする専業キャストはいわゆるフリーターですね。 ところで、キャストという職業は、常に二択を迫られています。 自分の夢を追うために飛び込む世界か、それとも一時的な遊び感覚で期間限定で働く典型的なアルバイト業か。 どうしてもテーマパークで働いてみたい人は、思い余って応募して、勤務して初めて理想と現実の狭間で悩み続けます。 そこで失望すれば運良く(笑)別のまっとうな職業に就くわけです。 変に希望を見出してしまうと、僕みたいにずーっと続けてしまいます。 まあ、どうするかは本人が決めることです。 やりたきゃやればいいし、将来の進路が気になる人は辞めればいい。 僕の結論はこうです。 自分の人生は自分で責任を持て。 それ以上でも以下でもありません。 他人がどう言おうと気にしない。 好きに生きよう。 それだけです。 この給料じゃやって行けない、という危機感 さて、今回の本題はそんな話じゃない。 キャストになった当初の僕は、決定したシフトから今月分の給与を計算して、これでは生活していけん!と焦りまくったのですよ。 キャストになる直前は、工事現場の日雇いバイトなんぞをしていて、日給換算で8000〜9000円くらいはゲットしていたので、デビューして、自分のシフトを確認して、愕然としました。 一日の勤務時間が短い。 早番だと、8時45分〜15時45分とか。 休憩時間45分〜60分を引くと、実質6時間。 いや、まだ早番の方がましで、遅番だと6時間勤務や5時間半のシフトとかもある。 まずい。 これじゃ生活していけない……。 最初に交わした契約が3ヶ月間。 7月までは拘束されるのか…… 辞められるまであと3ヶ月、それまでなんとかしなきゃなとそればかり考えていました。 契約期間が満了したらすぐ辞めよう。 そればかりを考えながら勤務していたのです。 (だからミスばっかりしてたのかもしれない!) しかし僕が入ったのがちょうど春休みの真っ最中。 27日にトレーニングが終わり、休みを挟んで4月1日デビュー。 そんな僕の当時の心境も、3ヶ月後にはすっかり消えてなくなってしまう。 ただしそれは、決してポジティブな方向にでは、ない。 (つづく) ちなみに、ウォルトの名言とはこれですよ。

次の