キム秘書は一体なぜ 結束バンド。 キム秘書がなぜそうか6話トラウマのネタバレ感想!

キム秘書がなぜそうか6話トラウマのネタバレ感想!

キム秘書は一体なぜ 結束バンド

このページで楽しめる内容• とりあえず概要的なあらすじ。 1話~最終回まで、各話のあらすじ。 感想とネタバレ。 キム秘書はいったいなぜ? あらすじ概要 まずは概要って事で『キム秘書はいったいなぜ?』の大まかなあらすじです。 30代で副会長就任、一大グループユミョンを率いる話題の人。 彼には専務時代から支えている有能なキム秘書がいた。 ナルシシスト、自己愛過多、傲慢、冷徹な彼を24時間サポートし、最強の二人が会社を運営していく。 気難しい副会長の思いを忠実に実現し滞りなく業務を進めるキム秘書の力は副会長の両親もお墨付き。 美しい彼女がこのまま嫁になってくれればと期待はあるが、当の二人にそんな考えはまったくなし。 たとえ、一緒に眠ることがあっても何も起こらないだろう。 あまりにも仕事一筋で生きてきた二人は、お互いを異性として意識する暇もなかったってかんじ。 副会長には彼女と呼ばれる存在がこれまでも何人もいたが、すべては契約のため。 一緒に食事し贈り物をすることはあっても、スキンシップは厳禁。 副会長は、恋人にさえ体を触らせないと噂されていた。 彼の体に触れることができる女性は、唯一キム秘書だけ。 彼女は、毎朝副会長の家に行き、彼の完璧コーディネートをサポートする。 ネクタイを選ぶのも締めるのも彼女の役目。 副会長にとってキム秘書は体の一部のような存在であり、彼女が欠けるなんてことを想像したこともなかった。 それなのに、ある日突然、仕事を辞めたいと明るく告げられ、冗談かと思っても彼女の意思は固い。 昇進、高価な贈り物、最高の条件を提示してもキム秘書の気持ちは変わらず、このまま副会長の側にいれば適齢期を逃してしまうと平凡な結婚を夢見る。 キム秘書にとっての平凡な結婚ってどんなだろ。 副会長よりもっと庶民感覚のある人ということか。 結婚のために仕事を辞めたいのなら話は早い。 それなら俺様が結婚してやろうと一世一代の施しを与えるが、財閥、イケメン、有能、完璧人間の副会長であってもキム秘書の好みではなかった。 きっぱり断られ、人生初の経験にヨンジュンは困ってしまう。 あの手この手でキム秘書を繋ぎ止めようと画策すると、今まで無味乾燥だったキム秘書が魅力的に見えたりもする。 プロポーズされ、ゴージャスなデートを経験したキム秘書も、副会長の気持ちは本気かもしれないと心揺れることはあるが、精神科医の姉に言わせると所有欲。 愛ではなく、自分の持ち物を失う寂しさと言われ、確かにそのような気もする。 二人がいい感じになると、すぐ外野が余計なことを言うんですよ。 高卒でイ・ヨンジュン専務の秘書に採用されたキム・ミソ。 小学校も飛び級で駆け足出世、30代で副会長、実質グループトップに上り詰めたイ・ヨンジュン。 二人とも恋愛経験はなく、自分の気持ちさえ気づいていなかった。 二人はそれぞれ幼い頃に恐怖体験をしており、そのせいで副会長は結束バンドを見ると異常に怖がり、キム・ミソもクモを見ると、尋常ではない恐怖を感じる。 クモと結束バンドが、なんか二人の運命的なことをかもしだしているんですけど、序盤ではまだまだ分からない。 ヨンジュンのトラウマに関係しているのが長男イ・ソンヨンとの確執。 「本来なら俺が副会長になっていた。 」 世界的ベストセラーを連発する売れっ子作家になった今でも、兄の恨みは消えず、弟が絶大なる信頼を寄せているキム秘書に、女好きの彼が興味を示す・・・。 原作人気ウェブ漫画とシンクロ率100%というおそるべしルックス。 実写なのにコミカル度満点。 胸キュン増発。 俺様ぶりが、どこかキュートなイ・ヨンジュン。 仕事では完璧女性、しかし家の中は散らかり放題、片付けられない女、という親近感が湧くキム秘書。 美しい二人の楽しいラブストーリーをお楽しみください。

次の

キム秘書がなぜそうか6話トラウマのネタバレ感想!

キム秘書は一体なぜ 結束バンド

そう思っているのか?」 そう言ってミソに顔を向けたイ・ソンヨンは「そんなに答えることさえできないほどの難しい質問なのか?」 と畳み掛けた。 そんな中始まったマジックショーで、明るい赤色のライトが点灯し、ロングヘアと赤いハイヒールを履いた女性がブランコに乗って舞台に降りてきた。 そして誘拐犯と同じ姿の女性を見たミソは、拉致事件の時の光景がフラッシュバックの様に蘇りその場に気絶した。 ミソの傍に駆け寄りミソを抱き上げていたソンヨンを押しのけたイ・ヨンジュンは「キム・ミソしっかりしろ!」 とぐったりとしたミソの体を抱きしめて叫んだ。 * キム・ミソ パク・ミニョン とイ・ヨンジュン パク・ソジュン の出会い 24年前のある夜だった。 夜中に目を覚まし母親を探しに外に出たミソは、通りを歩いている女性を母と見間違えて「母さん」 と声をかけた。 そして母親の所へ連れて行ってあげると言われて、疑いもせず付いて行き、暗い廃屋で先に拉致されていたヨンジュンと出会った。 ヨンジュンの手首を縛っている結束バンドきむを見たミソは「おばさん、私もオッパみたいなブレスレットが欲しい!」 と無邪気に笑っていた。  眠り続けているミソの手を取り祈るように見つめながら、幼い頃の出会いから会社で再会するまでに思いをはせるヨンジュン。 「ソンニョンオッパ!」 「ソンニョンじゃなくてソンヒョンだって。 お前ホントばかだな。 」 「バカじゃないもん。 5歳だけどマルヒ姉ちゃんよりも本読めるもん。 9歳なのに知らないの?やっぱりバカだね」 「誰がバカなんだ?もし母さんが死んだら二度と会えなくなるんだぜ。 」 これに悲しくなったミソが泣き声をあげると、それを聞いた誘拐犯がハサミを持って近づいきた。 これにヨンジュンは、ミソの口を自分の手で覆って、怯えながら誘拐犯の女性に謝罪した。 そして「寝ぼけているので落ち着かせて静かにさせるから。 心配しないで母さん」 と約束し彼女を去らせると「泣くのを止めたらいいもの上げる」 とミソにキャラメルを渡して食べさせた。 その後、寝ているミソに近づいた女性が縄をかけようとしていることに気づいたヨンジュンは、気を逸らそうとして話しかけた。 「父さんが来るまで、ここで静かにしているから!」 「父さんは来ないわ。 なぜって?私があなたの母さんじゃないからよ」 その後誘拐犯の女性は、捨てた男について恨み辛みをヨンジュンにぶちまけ始めた。 「私は全てをあの人に与えた。 だがあの人はそうじゃなかった。 中絶までしたのに…。 なぜこんなことが起こったの?私だけに!なぜよ!死んだら、あの人も少しは罪の意識を持つかしらね?一緒に行こう。 一人で逝きたくないの」 そう言って自分の方に手を伸ばしてくる女性に、ヨンジュンは勇気を出して説得を試みた。 「そんな悪い男のことは忘れて今から新しく始めればいいだろ!ここでやめてよ。 僕たちを解放してくれたら警察には絶対に通報しないよ。 だからっ!」 この必死の訴えに「遅すぎるわ。 でもありがとう」 と縄を掴んで立ち上がった誘拐犯は椅子に向かった。 そして「私の最後の瞬間を見届けてちょうだい」 と言い残し、泣き叫ぶヨンジュンの目前で、自分の首に縄をかけ椅子を蹴った。 その後衝撃を受けて泣いていたヨンジュンは、目を覚ましたミソが「おばちゃんが変だよ。 怖いよオッパ」 言うと「違う。 あれはおばさんじゃなくてクモだ!大きなクモなんだ」 と嘘をついた。 母親が死んでしまうかもしれないミソに酷い死の概念を植えつけたくなかったヨンジュンは、死人の部屋のドアを閉めると「クモは来ないから泣くな」とミソを落ち着かせた。 そしてハサミを手に入れると結束バンドを切り「アフリカでは人間と同じくらい大きな蜘蛛がいるんだが、それがドアの向こう側にいる。 見ると噛まれるぞ」 とミソに警告した。 そうして自殺した誘拐犯の姿をミソに見せない様にして、ヨンジュンはミソと手を繋いで部屋を出て廃屋から逃げ出した。 * その後ミソの家の前で、夜一人で出てこないように告げて去ろうとしたヨンジュンに「私オッパと結婚する。 だって王子様みたいだもん!」 と言い出すミソ。 「けっ!結婚?」 「でも、沢山お金ある?ミソは金持ちと結婚しろって父さんが言うの」 「まあ父さんが金持ちだがら、僕もそうだよな…」 「どれくらい?ナナのスウィートホームが買えるくらい?」 「ナナ?ユミョングループが下請け業者になている人形か…」 「下請け?それって食べ物?」 「違う。 ナナ人形はユミョン所有の工場で作られているってことだ」 「じゃあ急いで約束して!ミソと結婚するって」 「できない」 「何でよ…」 「結婚って、大人になってから愛する人と結婚するもんだよ」 「じゃあ大人になってミソを愛して結婚してくれたらいいじゃん!」 「わかったよ。 じゃあそうしよう。 」 「約束だよ~」 そう言ってミソと指切りをして別れたヨンジュンは、その後通りで誘拐犯の幽霊を見て逃げ出して警察署前でバッタリと倒れた。 それからというものヨンジュンは、悪夢を見るたびにミソを心配し、誘拐犯と同じ年齢の女性を見て緊張したりケーブルタイのトラウマに襲われたりしながらも、ミソへの思いを忘れないで生きてきた。 * そんなある日、会社の飲み会でミソと夢のような再会を果たしたヨンジュンは、自分を見ても誘拐事件を思い出さないミソに「少し悲しかったが良かったと思った。 あの記憶を生涯持っていきるのは、僕一人だけで十分だ」 と安堵した。 そして傍に置きたくてミソを秘書に採用したヨンジュンは、それ以来陰ながら応援し、語学力の不足を指摘されて電話しながら泣いているミソを見て救いの手を伸ばしたりした。 ヨンジュン パク・ソジュン のスパルタ教育 日本語のテキストを与えたヨンジュンは、ミソに毎日30ページを習得させるように指示して毎日テストをした。 その後彼のスケジュールを日本語で答えられる程になったミソに、ヨンジュンは「短期間によくここまで上達したな。 君が僕からプレゼントを受け取った最初の従業員だということを名誉に思いたまえ」 と贈り物を渡した。 だが嬉しそうにしていたミソは、紙袋の中に中国語のテキスト 笑! を見るとショックを受けた。 だが「頑張ってくれたまえ」 と容赦ない笑みを浮かべるヨンジュンに、勉強する他に道はなかった。 だがプロセスを大切にする人間だから受け取ろう」 と淡々と答えてミソをがっかりさせた。 だがミソが部屋から去ると「誠実さに応えて一週間使うとしようか」と嬉しそうに贈り物を見て微笑んだ。 その後ミソの誕生日に有名なパティセリーの誕生日ケーキをプレゼントしたが、写真を撮ろうとして落として泣きそうなるミソに「大したことじゃないから、誕生日にそんな顔をするんじゃない」とヨンジュンは慰めた。 そんな日々が永遠と続いていくと思っていたヨンジュンに、ある日突然ミソが退職宣言をしたのだった。 最初からミソが僕の唯一の人だった。  そこへ深刻な表情で現れるソンヨン。 ソンヨンの胸ぐらを掴んで壁に押したヨンジュンは「ミソに何を言ったんだ?一体いつまでお前の物語で人を拷問するつもりだ?」 と怒声を上げた。 だが「閉じ込められたのはお前だな?あの日の事を全て覚えているんだろ?」 と確かめるソンヨンから、ハッと腕を離した。 「やはりそうか。 ずっと理解できなかったんだ。 苦しんでいる俺を見ても、お前が全く罪悪感を感じていないことに…。 だが俺ではなくお前が拉致されていたからだったんだな…」 ソンヨンが去った後、ヨンジュンは長い間廊下の椅子に座り、真実が暴露したことに悶々とした。 その後目覚めたミソは「気分はどうだ?キム・ジア秘書にもっと仕事をさせなさい。 働き過ぎだぞ」 と飲み物を準備するヨンジュンに「副会長、記憶を失っていないんでしょ?記憶を失ったふりをしていたんでしょ?」 と責めた。 そして知らないふりを続けるヨンジュンに、涙を流しながらミソは話し始めた。 「 ソンヒョン兄さん、全て思い出しました。 あの日何が起こったのかとあの女性のことを。 そしてやっと分かりました。 どうしてあんなに兄さんに会いたかったのかも…。 あの夜自分が怖くても私を守ってくれた兄さんに、ありがとうと伝えたかったんです」 「僕以外の誰がキム秘書を守れると思っていたんだ?イ・ヨンジュンだったから可能だった。 永遠に隠して置くつもりだったが、失敗したようだな。 」 そう認めた後ベッドの傍に戻ったヨンジュンに、ミソは「どうしてそんなに長く秘密にしておくことができたの?」 と問い詰めた。 「一日でも忘れることができなかった。 あの時見たこと聞いたことを…。 目を閉じればまるで昨日のことのように思い出せる残酷な記憶を…。 だからキム秘書が覚えていなくて安心したんだ」 「永遠に隠せることなんて何もありません。 」 「知っていたが、あの痛みを分かち合いたくなくて、できるだけ隠したんだ。 永遠に思い出さない方が良かったんだが…」 「そんな事言わないで下さい。 こんな思いやりのあるスタイルは副会長には全くあいません。 いつもの様に自分自身についてだけ考える利己主義者になるべきだったのです」 そう非難するミソに、ヨンジュンは「褒めているのかけなしているのか、どっちだ?」 と尋ねた。 そして、これからは何も隠さないで欲しいと頼むミソの手を握ったヨンジュンは「わかった。 今夜は君の傍にいるよ。 あの夜の様に…」 と誓った。 キム秘書がなぜそうか 11話 あらすじ、二ページ目に続く.

次の

キム秘書はいったい、なぜ? 第11話視聴感想(あらすじ含む) パク・ソジュン、パク・ミニョン主演韓国ドラマ

キム秘書は一体なぜ 結束バンド

韓国ドラマ『キム秘書がなぜそうか?』6話のあらすじ・ネタバレやトラウマと感想を含め、動画を日本語字幕で無料視聴する方法をご紹介していきます! 主人公のナルシスト副会長イ・ヨンジュンを演じるのはパク・ソジュンで、本作では女心を揺さぶるイケメンスーツ姿や鍛え上げられた筋肉を披露しています。 ラブコメをブルドーザーのように導くパク・ソジュンの演技が女心を鷲掴みにすること間違いなしです。 そして、パク・ソジュンとパク・ミニョンは原作小説の主人公と完璧なシンクロ率を披露しています。 韓国ドラマ『キム秘書がなぜそうか?』前回の動画日本語字幕第5話のあらすじ・ネタバレ 「ラーメンを食べる? これからミソをすごく愛してみようと思う。 私がお前を」とヨンジュン。 これを聞いたミソは戸惑いますが、ヨンジュンがミソが読んでいる幼稚な本にそう書いてあったと誤魔化します。 ミソはヨンジュンにラーメンを作ります。 普段は化学物質の入っているものは食べないと言うヨンジュンですが、ミソが作ってくれたためラーメンを一口食べます。 最初はこう言っていたヨンジュンですが、美味しくてキムチをラーメンの中に入れて一気に食べてしまいました。 ミソは帰るヨンジュンに寝る前に消毒してくださいと言います。 ヨンジュンは少し歩いたら振り返り、ミソに「今日は本当にありがとう」とお礼を言って帰ります。 ヨンジュンが帰ったと思ったら、ミソの姉が訪ねてきます。 食事をした形跡に気付き、ヨンジュンを家に上げたとわかると「男を家に入れるなんて」と叱ります。 ミソ姉はミソに副会長の事が好きなんじゃないかと聞きます。 ミソ姉は、後でミソが傷つくことになるんじゃないかと思って心配していると言います。 ミソは「わかってる。 でも私の問題よ」と言います。 ヨンジュンはパク社長に、従弟の話だとしてミソの家でラーメンを食べたことを話します。 パク社長は、女が「ラーメン食べる? 」と言うのは、「ラーメンを食べたら、私と付き合って。 私はあなたが好き」のような意味があるとヨンジュンに言います。 ヨンジュンの唇の手当て. 5話 ミソのお家に迎えに行った後💭いつもは先にエレベーターに乗るのに、レディーファーストに🤭💓 場所も隣に立ってて!!! 最後のヨンジュンの顔が幸せそうで何より💘(笑). メールで今どこかと聞き、今から向かうとメールするミソ。 すると早く出てこいと返信があったので、窓から外を見るとヨンジュンが手を振っていました。 慌てて降りていくと、ヒールが引っかかってこけそうになり、ヨンジュンの胸にミソは飛び込んでしまいます。 運転席に乗ろうとするミソに、「俺が運転する」と言い、ミソを助手席に座らせます。 シートベルトを締めるミソを見てヨンジュンは思わず「キム秘書、今日は綺麗…」と言いそうになり、「…と言われたかったら、ファッションにもっと気をつかうべきだ。 先週の水曜と金曜もそのブラウスを着ていたじゃないか。 制服だと思われるだろ」とごまかします。 気分を害したミソに、専属シェフに作らせた朝食を渡します。 コーヒーを飲むミソの横顔を見て、ヨンジュンは喜びます。 会社についてエレベーターに乗るときも、ミソに先に乗れと言います。 ミソがいつものように一歩下がって歩いていると、ヨンジュンも下がってミソと同じスピードで歩きます。 ミソに気を遣うヨンジュンの態度に戸惑うミソ。 ヨンジュンのケガをした唇に軟膏を塗るミソ。 顔が近付くとお互い意識してしまい、ミソは「自分でやってください」と言います。 書類で手を切ったミソに、「昨日の治療のお返しだ」と手当てをするヨンジュン。 「これからはタブレットで書類チェックをする。 紙は危険だ」とヨンジュン。 どうやって自分の名前を調べたのかとミソは不快感を表します。 「有名アートセンターでブックコンサートをしてほしと頼んだくせに」とソンヨンが言うと、ミソはソンヨンがモルペウスだと気付きます。 ミソはブックコンサートの件はまた連絡してくれと言い、今回は本当の携帯番号を教えます。 ミソはヨンジュンから話があるから一緒にワインを飲もうと誘われます。 ミソは新しく買ったワンピースを着てレストランに向かっていると、ソンヨンから返事をすると連絡がありました。 そして、ヨンジュンとの約束の前にソンヨンと少しだけ会うことにします。 ヨンジュンはミソへの告白のために、レストランを貸切色々と用意していました。 ミソとソンヨンは、ヨンジュンと約束しているレストランの前で会いました。 ソンヨンはブックコンサートを承諾し、ミソは喜びます。 ソンヨンは自分のサイン入りの新刊をミソにプレゼントします。 そこへヨンジュンが現れ、本をソンヨンに突き返してミソを連れて行きます。 ヨンジュンはモルペウスのブックコンサートはするなと言いますが、ミソは納得ができません。 理由を聞くミソに、嫌なものは嫌だと言うだけで理由を言いません。 ミソは「これからは線を守ってください。 もう私を揺さぶらないで下さい」と言い出ていきます。 突き飛ばしてしまう yung kinikilig ka na tapos biglang…😂😂😂 5 — cheech tzicheech 翌日、ミソが出社するとヨンジュンがモルペウスのブックコンサートを企画部に指示したと聞きます。 ミソはヨンジュンに本当なのかと尋ねると、本当だと言います。 ミソはチョ部長からモルペウスがヨンジュンの兄だと聞かされます。 ソンヨンがヨンジュンと仲の悪い兄だという事がわかり、昨日のヨンジュンの行動が理解できたミソ。 初めて怒ったミソを見てどうしていいか分からないヨンジュンはパク社長の所へ行きます。 パク社長は、謝らなければ彼女を失うかもしれないと助言。 ヨンジュンはミソに謝りますが、ミソはヨンジュンが理由もなく怒る人ではなかったのに、自分が感情的になってしまったと謝ります。 「これだけは分かってください。 副会長を大切に思う気持ちでしたということを」と本心をミソは告白します。 2人で仕事をし、お互いに意識するヨンジュンとミソ。 ヨンジュンは「キム秘書のせいで気が散って仕事ができなかったんだから」とミソを見つめ、お互いに目が合います。 ヨンジュンは「キム秘書。 さっき、自分を揺さぶるなと言っていただろう?私はキム秘書を揺さぶりたい」と言います ヨンジュンはミソにキスしようとします。 しかし、ヨンジュンが唇が当たる寸前になると幼い頃の恐ろしい記憶のフラッシュバックが起こり、突然ミソを椅子と一緒に突き飛ばしてしまいます。 ミソはヨンジュンの行動にショックを受け、プライドが傷ついてしまいます。 腹を立てたミソは、「私、明日は一日休みます」と言って出ていきます。 ミソ姉の泌尿器科医師のマルヒは性欲障害じゃないかと言い、精神科医のピルナムはキスや女性に対するトラウマによるものじゃないかと言います。 ヨンジュンはミソに「キム秘書、ごめん」と謝罪のメールをします。 ミソは「私たちの間に何かありましたか? ごめんの意味が分かりません」と返信します。 ヨンジュンは返信に困ります。 翌朝、休暇を取ったミソから連絡が来たヤン秘書は、ミソの代わりにヨンジュンのネクタイを結びにやって来ます。 ヨンジュンは自分で結ぶと言います。 笑 9年ぶりの休暇 [Screen Caps] episode 6 currently airing. So cutie!! 😍😘 — ParkMinYoung ParkMinYoung104 9年ぶりに自ら申請した休憩にもかかわらず遊ぶ方法が分からずにつまらないと感じていました。 休んだはいいけど、誰とも予定が合わず、以前あった社会部の記者にメールをします。 ソンヨンが付属室に立ち寄ります。 ソンヨンがモルペウスだとわかり、セラたちは舞い上がります。 「トップシークレットなんだけど、副会長とモルペウス作家は兄弟なんだ。 モルペウス作家はユミョングループの長男なんだ」とチョン部長が言います。 セラは驚きます。 ヨンジュンとソンヨンはブックコンサートの事を話しますが、相変わらず不仲です。 話が終わり、帰ろうとするソンヨンにジア達がサインをねだりに行きます。 ヨンジュンはジアがミソと電話しているのを聞き、ミソが家にいることがわかります。 ヨンジュンはスケジュールを取り消して早退します。 思わぬところでグィナムと会う PHOTO 18. 引っ越し先に決めた建物の屋上を見学します。 ジアは、家賃を値切って屋上に住む男性は屋上でプチトマトを育てていると不動産屋から聞いていました。 ジアは、その屋上でスーツのボタンを付けるグィナムを見て驚きます。 グィナムはジアを見ると「そうです。 私の服は一着だけです。 それが気になって、ここまでついてきたのですか!」と叫びます。 ジアはは「尾行はしていません。 引っ越し先の家を見に来たんです。 私もここに住もうと思って」と説明します。 ジアにすべてがバレてしまったグィナムは「ちょっと待ってください。 『ワーカホリック』『イケメン』『ユミョングループで手に入れたい男ナンバーワン』である私のイメージを台無しにしたら私は我慢しません」と秘密を守ってほしいと脅迫のようなお願いをします。 ジアは「心配しないでください。 ところで、どうしても知りたいのですが、ボタンは一体どうしたんですか? あのとき確かにボタンを落としましたよね」と聞きます。 グィナムはガラスびんに入ったボタンを見せて「ボタンはですね。 緊急事態に備えて事前にたくさん買いだめしています」と言い、お口チャックのジェスチャーをします。 「今日、一緒に遊ぼうか?」とデートの申込をするヨンジュン。 キスのミスを挽回する機会を与えてほしいとデートコースを準備してきたと言うヨンジュン。 ミソは「今日は私の休暇なので私の思い通りに過ごします!絶対に副会長に合わせたりしません」と言います。 ミソが提案したデートは「市内バス旅行」でした。 「いつか、目的も無くバスにずっと乗って周りたかったんです」と話すミソ。 初めてバスに乗ったヨンジュンは、つり革もわからず戸惑います。 そして急ブレーキによろめき、座席に座るミソの膝の上に乗ってしまいます。 「キム秘書に合わせる」と、庶民的な食堂にミソと入るヨンジュン。 そこは昔、父親や姉たちとよく来ていた豚の皮の店でした。 ミソ父はバンドのギタリストで、楽器屋をしていて詐欺に遭い、その借金を代わりに払ったり、姉たちの学費の支払いまでしていたミソ。 「どんな瞬間にも自分が最も大切で優先するべきだということを絶対に忘れるな」と家族のために犠牲になってきたミソのこれまでをヨンジュンは心からなぐさめます。 ヨンジュンは自ら豚皮を焼いてあげます。 その被害に遭った息子は4年生だったと聞き、ヨンジュンも9歳なのに飛び級して、兄と一緒に4年生だったことを思い出すミソ。 出勤途中にパク社長に声を掛けられ、ミソは車に乗せてもらいます。 ミソはパク社長に幼い時に誘拐された話をして、一緒にどこかのお兄さんがいただけど、それがヨンジュンのようだと話します。 ヨンジュンの結束バンド恐怖症、足の傷、4年生の頃の良くない記憶などを考えると、ミソが探しているお兄さんは、ヨンジュンなのではないかとミソは考えます。 出勤してきたヨンジュンは、UFOキャッチャーでリベンジし、ぬいぐるみをゲットしてきました。 ヨンジュンはミソに「昨日、楽しい休暇をくれたお礼だ」と、ぬいぐるみをプレゼントします。 外出するヨンジュンのネクタイを直しながら、「すごく遅くに気が付いて申し訳ありません」とミソが言い、ヨンジュンはミソの様子がおかしいことが気になります。 ミソはジアから、モルペウスが幼い時に誘拐にあったことがあると聞かされます。 それを聞いたミソは、昔のモルペウスのブログを読みます。 そして、ソンヨンがあの時の探していてお兄さんだと思います。 ヨンジュンにそのことを確認に行きますが、ソンヨンが誘拐されたというヨンジュン。 ミソはヨンジュンが誘拐されたと思ったと言います。 「幼い頃から探している兄さんが私だと思って、だから今日一日私をそんな目で見ていたのか」と言うヨンジュン。 ミソは勘違いしてしまったと謝ります。 契約のために会社に来たソンヨンは、ミソに会いに来ます。 ミソが誘拐事件の事を話しますが、ソンヨンはショックで事件の事を覚えていないと言います。 そしてソンヨンから聞いた話と、ヨンジュンから聞いた話が異なり釈然としない気持ちを感じます。 ヨンジュンの書斎の整理の手伝いに行くミソ。 その時に、履歴書がつづられたものを発見し、中をのぞくと自分の履歴書もありました。 他の人たちは、学歴も資格も高スペックだったとわかり、なぜ自分が秘書に選ばれたのかと謎に思います。 「どうして俺がその時キム秘書を採用したのか気になるか?ミソだったから選んだ。 キム・ミソだったから」とヨンジュン。 韓国ドラマ『キム秘書がなぜそうか?』動画日本語字幕第6話を視聴した人の感想 キム秘書がなぜそうか 6話 UFOキャッチャー、バスあるあるシーン可愛かった。 最後、なぜそうなったか? やっぱりそうなのかな? 気になる。 — こうめ koumeunagi. 6話 怒ったキム秘書が1日休むって言ってたのに、秘書がお家に😳でも、それはヤン秘書で🤣 ヤン秘書のキャラも何だかんだ面白い(笑)(笑)ヤン秘書がネクタイを締めてあげる姿もちょっと見てみたい🤭💓(笑). 誘拐事件について本格的に焦点が当てられてきましたね。 ヨンジュン、ミソ、ソンヨン、この四人の子供の頃のトラウマの誘拐事件の真相は一体何なのでしょうか? ミソが捜していたお兄さんは自分ではなくソンヨンだと、ヨンジュンは否定していましたが… 過去で絡んでいた3人の謎が更に深まりましたね。 『キム秘書がなぜそうか?』を見ようか迷っていた方も知らなかった方も、当サイトを読んでいただいて、一緒に『キム秘書がなぜそうか?』を楽しみましょう。 徹底比較!韓国 韓流 ドラマおすすめ動画配信サービス アプリ・サイト あなたが視聴したいドラマのフル動画を無料視聴できる『動画配信サービス サイト・アプリ 』をご紹介していきます!• まずは見たい動画があるのか• その他にも楽しめる動画が多くあるのか• 利用したい機能やサービスがあるのか• 無料視聴期間だけ利用したいのか• NHKからフジテレビ系の動画も視聴可能で、旧作国内ドラマに強い印象です。 無料視聴期間 1ヶ月 配信本数 160,000以上 おすすめポイント まとめ買いで50%OFFあり 月額料金 500円〜 au利用者なら最大限お得感を味わえる動画配信サービス。 毎月もらえるビデオコインで新作が無料でレンタルできます。 無料視聴期間 30日間 配信本数 10,000本以上 おすすめポイント 映画館でも割引あり 月額料金 562円〜 海外ドラマ・映画好きには欠かせない動画配信サービス。 海外ドラマ・映画だけならダントツでおすすめ!今後、韓国ドラマの配信本数が増えていく予定!? 無料視聴期間 14日間 配信本数 13,000以上 おすすめポイント 新作追加頻度が高い。 追加料金が発生しない 月額料金 933円 フジテレビ発の動画配信サービス。 フジテレビ番組の見逃し配信はもちろん、80誌以上が読み放題。 無料視聴期間 1ヶ月 配信本数 10,000以上 おすすめポイント 月9ドラマは独占配信! オリジナルバラエティ番組が超充実! 月額料金 888円〜 docomoが運営する動画配信サービス。 最も低価格な動画配信サービスとして500万人以上の会員数を誇り、韓流・アジアドラマの特集が多く、旧作の韓国ドラマも充実! 無料視聴期間 31日間 配信本数 120,000以上 おすすめポイント ダウンロードも可能で、docomo利用者は圧倒的コスパ! 月額料金 500円 TSUTAYAが運営するネット宅配サービス。 延滞金もかかることなく安心して全ジャンルを楽しむことができる。 他の動画配信サービスで出てない作品も新旧揃っていることが多い。 無料視聴期間 30日間 配信本数 約50,000 おすすめポイント TSUTAYA利用者は断然おすすめ! レンタルに行く必要も一切なく、Tポイントも貯まる 月額料金 933円〜 圧倒的人気と信頼のある動画配信サービス。 雑誌はもちろん、全ジャンル対応で4台同時再生可能だから大切な人と共有できる コスパの良さが魅力。 K-POPなどの音楽番組やライブ映像、バラエティ番組も超充実! 無料視聴期間 31日間 配信本数 120,000以上 おすすめポイント 韓国ドラマは圧倒的作品数! どこにしたら良いのか迷っている方はU-NEXT一択。 見放題作品もNO. あなたもまずは 無料期間が最長である今のうちに、試してみてはいかがでしょうか?.

次の