競馬予想会社 詐欺。 オッズパーク 詐欺

競馬詐欺の悪質手口の一覧まとめ!巧妙な手法に迫る!

競馬予想会社 詐欺

ネット上にはいくつもの競馬予想サイトが存在しています。 競馬の情報やデータを配信しているサイトも多く、予想をする時に役立つ情報を多く入手することが出来ます。 しかし、競馬予想サイトを利用すれば、自分で考えなくても、馬券を購入することが出来ますし、自分よりも的中率が高い予想を入手すればプラス収支を目指すことも出来るので、利用している方や利用を検討されている方も多いのではないでしょうか? また、ネット上には競馬情報会社が運営している無数の競馬予想サイトが存在しており、どのサイトを利用するべきなのか悩んでいる方も多いと思いますし、悪質なサイトも多いので、利用前に良し悪しを判断することは重要だと思います。 サイトの実力を知る為の要素はいくつもありますが、分かりやすく判断することが出来るのは的中率ですよね。 どうせ利用するのであれば、多く的中する予想を知りたいと思うのは当然だと思います。 そこで、この記事では競馬情報会社が運営している競馬予想サイトの的中率を知る方法をご紹介していきたいと思います。 判断する時の注意点なども合わせて解説していくので是非参考にしてみて下さいね。 競馬予想サイトの的中率を知る3つの方法 それでは、早速ですが競馬予想サイトの的中率を知る方法について詳しくご紹介していきたいと思います。 他にも方法はあると思いますが、有料情報を購入しなくても知ることが出来るので、的中率でサイトの良し悪しを判断したいと思っている方は是非参考にしてみて下さいね。 無料情報を入手する 競馬の予想サイトでは、有料情報だけではなく無料の情報も提供されていることが多く、お金をかけなくてもサイトの実力をある程度図ることが出来るのです。 サイトによってゲット出来る無料情報の数が異なるので、1回のみの提供だと判断することは難しいですが、その時にはまず利用しないというのが良いと思います。 最近では何度も無料情報を入手することが出来るサイトも増えて来ている為、時間を掛ければ的中率を判断することが出来るという訳です。 しかし、サイトの中には無料情報と有料情報を分けて考えて提供しているサイトもある為、無料情報だけで判断するには少し難しい時もあるのです。 的中率をある程度知ることは出来ても、確実に実力を知ることは出来ないと考えておきましょう。 それでも、提供された情報が的外れだったのか、穴馬を絡めているのに的中出来ているのかなど、的中した外れただけではなくその内容からも実力を知ることは出来るのではないでしょうか? 検証サイトを利用する ネット上には、競馬予想サイトの予想がどれくらい的中しているのかを検証しているサイトも存在しています。 無料の予想を検証しているサイトもあれば、実際に有料情報を購入し、的中しているのかを報告しているのです。 このようなサイトは、自分で情報を購入しなくても的中率や回収率を知ることが出来るので、非常に便利ですよね。 こちらの方法も長い期間検証しているわけではないので、完全に実力を判断できる訳ではないですが、実力を知りたいと思っている方には非常におすすめの方法でもあります。 しかし、注意点があり、検証サイト自体が悪質な競馬情報会社が運営している可能性があり、検証自体が捏造されていることも多くあります。 明らかに高評価ばかりだったり、異常なほど誉めているような時には信じすぎない方が良いかもしれませんね。 検証サイトを利用して競馬予想サイトの利用を検討する人は多いですが、悪質な競馬情報会社もそれは分かっています。 逆に利用して、自分たちが運営している詐欺サイトへと誘導しようとしているので注意が必要になります。 口コミを利用する 検証サイトだけではなく、口コミサイトを利用しても的中率などを判断することが可能となります。 実際に参加している方の生の意見を知ることが出来るので、自分で登録したり情報を購入しなくても、的中率を知ることは出来ると思います。 以下では、口コミサイトでどのような書き込みがあるのかを紹介していきたいと思います。 しばらく参加してなかったけど、ちょうど10万入ってきたから安いパラダイムシフトに参加しました。 サイトの中の口コミ見てて思うけど安くて当たる印象はあるから生活に支障が出ない程度の料金にしました。 ここで初めて参加した時は20万ちょっと的中したので、ちゃんとした情報会社を見つけたと思ったけど、そこからしばらく不的中で資金に余裕がなくなってしまいました。 怖くてスロットも何もできないから競馬に賭けます。 唯一信頼のできる情報会社で。 これまでで、ここいれると4つの情報会社に登録してきましたが、安いプランでも的中するのはここくらいかなと思います。 サイト内でも安価なパラダイムシフトに参加してましたが今日の2レースどちらも的中で合計で34万くらい口座に増えました。 サラリーマンだから高い情報には参加できないけど、確実にちょっとずつ毎月増えています。 オススメ馬は最近的中してないのですが、やめとけ馬は最近すごかったですね。 オススメ馬を的中するのはもちろん凄いですが、やめとけ馬が的中する=高額配当が出るレースが分かるということでやっぱり見てるポイントが違うなと思います。 硬いレースや実力のある人気馬がだけが強いレースなら素人でもある程度は当てられると思うけど、配当低いし、その割リスク高いしでいいところがない。 その点同じリスクで考えるなら高額配当を的中したいしやっぱりレース選定からがまず大事なポイントになるのではないのかと思いました。 ようするに今後も期待していますよ。 ここは少しプランが高い気がしますが安売りはしていない印象ですね。 安い方の情報(価値観によるかと思いますが)のクロスカウンターに2週連続で参加をしていますが、特典も合わせて7鞍中2鞍の的中でしたが70万弱の的中でした。 的中率はもう少し高めてほしいですが、2鞍の的中で70万弱は素晴らしいと思います。 まだ高額プランには参加したことがないですが、休めのプランでここまでやってくれると他のプランも楽しみです。 umalog. php 上記の様に、実際にプランに参加して、予想のままに馬券を購入した人たちの報告が掲載されているのです。 気になる競馬予想サイトを見つけた時には、検証サイトだけではなく口コミサイトも合わせて見てみてはいかがでしょうか? しかし、検証サイトと同じように、口コミサイトも悪質な競馬情報会社が運営している可能性は非常に高くなっています。 口コミもサイトの利用を検討する時には重要な要素になると思いますが、それを逆手に取って口コミサイトに自演の書き込みをすることは珍しくはありません。 もし口コミサイトを参考にする時には、1つのサイトだけではなく複数のサイトの意見を参考にするようにしましょう。 競馬予想サイトの的中率の注意点 ここからは、競馬予想サイトの的中率を知る時、的中率で判断する時の注意点について詳しくご紹介していきたいと思います。 ネット上に存在している競馬予想サイトの多くは悪質だということを忘れずに、常に疑う気持ちでサイトを見ることが大切になるので、是非注意点もチェックしてみて下さいね。 サイトに掲載されている的中率は信用しない 自分で的中率を調べなくても、競馬予想サイトに的中率が〇〇%と掲載されていることもあります。 しかし、証拠がない限り信用することは出来ず、捏造されている可能性が非常に高いので簡単に信用してはいけません。 上記で紹介した方法で自分の手で的中率を調べることをおすすめしています。 サイトに記載する的中率はいとも簡単に捏造出来ますし、適当に書くことも出来ます。 自分の目で見て判断するようにしましょう。 調べる時には長い目で見る 的中率を調べる時には、数回のレースで判断するのではなく、数か月間の間検証することをおすすめしています。 悪質な競馬予想サイトでも、たまたま数レース的中することもありますし、優良なサイトでもたまたま数レース外れる時があります。 その為、的中率を自分で調べたり検証する時には、長い目でみて判断することが重要になるのです。 無料の予想でも、1,2レースだけではなく複数のレースで調べてから判断するようにしましょう。 的中率だけでサイトを判断するのは危険 競馬では、もちろん的中率も重要ですが、それだけで判断することは非常に危険だと言えます。 優良なサイトは、的中率へのこだわりよりも回収率、プラス収支にすることを目指しており、的中率が良くてもマイナスになることもあるのです。 例えば、1レースに1万円ずつ使ったとして、10レース中7レース的中したとします。 10万円の投資なので、10万円以上の払戻金を手にしていればプラスになりますが、複勝や単勝で低いオッズばかりだと10万円に満たないこともあり、結局収支だけ見ればマイナスになっているのです。 それよりも、10レース3レースしか当たらなくても良いので、10万円以上を超える払戻金を手にできるような予想を提供しているサイトを探すべきなのです。 もちろん、的中率の高さは実力を知る為には重要なことではありますが、上位人気馬の複勝だけ買っていれば的中率を上げることはそこまで難しくはありません。 どれだけ稼げるのかもしっかりと判断材料に加えるようにしましょう。 まとめ 今回の記事では、競馬情報会社が運営している競馬予想サイトの的中率を知る方法について詳しくご紹介させていただきましたが、参考になりましたでしょうか? 的中率を知る方法はいくつかありますが、どれか1つだけを試すのではなく、全ての方法でサイトを判断して欲しいと思います。 競馬予想サイトで提供されている有料情報は決して安いものではありません。 利用を開始する前に、徹底的にサイトを調べるようにするべきだと思います。 今回ご紹介した方法で確実に判断することが出来ると思うので、利用する前に是非参考にしてみて下さいね。

次の

競馬情報会社が逮捕された5つの事例と詐欺被害にあった時の対処法

競馬予想会社 詐欺

競馬予想会では、多くの詐欺サイトを運営しており、未だにお金をだまし取られてしまう人が少なくありません。 サイトでは、利用すれば勝てるような気になる文言が多く記載されており「勝つ確率が高い人の予想に乗って簡単にお金を稼ぎたい」と言う人の欲望に付け込んだ運営が続けられています。 しかし、競馬予想会社では一体どのような手口で詐欺が行われているのか知らない方も良いのではないでしょうか?予め手口を知っていれば、お金を騙されずに済むこともあると思います。 そこで、この記事では競馬予想会社が使う詐欺手口について詳しくご紹介していきたいと思います!今回ご紹介する手口に当てはまるようなサイトは絶対に利用するべきではないので、しっかりと把握するようにしましょう!• 競馬予想会社が使う詐欺手口に気を付けよう! それでは、早速競馬予想会社が使う詐欺手口について詳しくご紹介していきたいと思います!手口を知っているだけで、未然に詐欺被害に遭うことを防ぐことも出来るはずです。 別の記事では、悪質サイトが利用する手口についてもご紹介しているので、是非合わせて読んでみて下さいね。 ネット上に存在している競馬予想会社のほとんどが詐欺行為を働いているので、利用する時には慎重に、細かくサイトについて調べる必要があると思います。 後払いで高額な料金を請求して来る 競馬予想サイトでは、先に料金を払うのではなく、的中した後に料金を払うシステムを導入しているサイトがあります。 一見、かなり良心的なサービスのようにも感じますが、これがかなり危ないのです。 後払いの料金については触れられず、とにかく当たった時だけ払えばいいとだけ利用者に伝え、本当に的中した時には高額な金額を要求されることが多くあるのです。 的中しているということは手元にお金がある事が分かっていますし、払戻金に合わせて料金を請求して来るので結局お金が残らないなんていうことも少なくないのです。 優良なサイトでは、基本的に先払いになることが多いので、後払いで良いと言ってきたサイトは悪質の可能性が高くなるので利用しないことをおすすめします。 八百長レースを知っていると言ってくる 競馬に絶対はありませんが、もしあるとすれば恐らくそれは「八百長レース」になると思います。 その為、悪徳サイトでは度々この八百長レースを知っていると言ってきます。 しかし、それは全て嘘です。 JRAでは、かなり厳重に八百長レースが無いように対策を行っていますし、運営陣・騎手共に八百長レースを行うメリットがないのです。 騎手は懸命に勝ちに行けば、かなり高額な賞金を手にすることが出来ますし、バレて騎乗出来ないことになるリスクを考えればやる意味がありません。 また、運営側も競走馬が勝利すれば何百万円と言う金額がもらえますし、上のクラスに昇格することでさらに高額な賞金をもらうことが出来るチャンスがあります。 もし八百長レースをするのであれば数千万円は必要になるのではないでしょうか?そこまでして八百長を行う必要はないので、JRAのレースは間違いなくないと断言できます。 さらに、もしそのような八百長レースが存在していたとして、一般の競馬予想会社が情報を入手することもないと思います。 「関係者に知り合いがいる」と言うのも嘘なので、絶対に信じないようにしましょう! クレジットカードの現金化を勧めてくる 競馬予想会社の中には、クレジット決済に対応しているサイトもありますが、現金での振り込みがメインになることが多くあります。 その為、高額な情報を販売しようとしても、何十万円も現金を持っていない人がほとんどだと思います。 そこで、悪徳サイトがおすすめして来るのがクレジットカードの現金化です。 クレジットカードで、iTunesカードや高額な商品を購入させ、売ることで現金を作らせようとしてくるのです。 もし高額で売ることが出来たとしても、すでに赤字になりますし、もし馬券が的中しなかった時には、後で購入した分の金額が請求されかなりヤバイ状況になります。 優良なサイトでは、絶対にこのようなクレジットカードの現金化を勧めてくることはないので、この提案があった時点で悪徳サイト確定です。 口車に乗せられないように注意しましょう。 返金保証は現金ではないことが多い 競馬予想サイトの中には、デカデカと「もし外れたら、購入した分の料金を保証します!」と記載されていることがあります。 外れてもお金が戻って来るのなら利用してみようかなと思う人は少なくないのではないでしょうか? しかし、サイト内をよくよく調べてみると、保証は現金の保証ではなく、サイト内で使えるポイントを購入した金額分変換しますと記載されていることが多いのです。 悪質サイトで購入した金額分の予想を知った所でまた外れることを目に見えていますよね。 ポイントをもらった所でなんの意味もないのです。 現金ではないという記載はかなり小さく記載されていることもありますし、目立たない場所に書かれている可能性が高いので、保証という言葉を使っているサイトがあった時には、しっかりと調べるようにしましょう!実際に現金を返金してくれるサイトは0だと思っていて良いと思いますよ。 追加で料金を請求して来る サイトに記載されている料金プラン以外に、追加でお金を請求して来るようなサイトは悪徳で間違いないと思います。 主に「厳選の情報が入った。 追加で〇〇万円払ってくれれば教えます」とか「情報を購入する為にあと10万円必要なんです!」とか言ってきます。 特に後者の言い回しが多いですね。 確実に当たるレースの予想を購入する為にお金が必要になったとか言って、大きな金額を要求してくる傾向にあります。 また、その提案がある時には大きくマイナスになった時か、大きなプラスになった時が多くあります。 マイナスになった時には、負けた分の金額を取り返したい一心で購入してしまうかもしれませんが、外れる可能性の方が高いので、騙されてはいけません。 さらに、最も注意が必要なのが大きな払戻金を手にした時にです。 30万円くらいの配当を手にすることができれば、当然舞い上がってしまいますし、「このサイト本物じゃん!」と勘違いしてしまい、あり得ない提案も承諾してしまうのです。 電話番号の入力が求められる 最近では、メールアドレスだけで会員登録を行うことが出来るサイトも増えて来ましたが、中には電話番号の入力が求められることもあります。 しかし、電話番号はかなり重要な個人情報ですし、しつこく営業電話がかかって来る可能性があるので、絶対に教えてはいけません。 最近の技術では、電話番号から他の個人情報を知る方法もあるので、名前や勤め先、自宅の住所などがバレる危険性もあります。 また、他の悪徳企業に個人情報が販売されてしまうと、さらに面倒な事態に巻き込まれる可能性もあるのです。 住所がバレれば不要なDMが大量に送られてくる可能性もありますし、勤め先がバレると「会社にも電話するぞ」と脅される可能性もあるのです。 また、最近では電話サポートを行っているサイトもありますが、利用する時には絶対に非通知設定にするようにしましょう!普通に電話をかけてしまえば、電話番号を簡単に知られてしまい、そこから個人情報が流出する可能性もあるので注意が必要になります。 まとめ 今回の記事では、悪質な競馬予想会社が使う詐欺手口について詳しくご紹介させていただきましたが、参考になりましたでしょうか? お金をだまし取られてしまうと、その後に返金させることはかなり難しく、特に電話での対応だと証拠も残らないので、弁護士に相談してもどうしようもない可能性があります。 証拠が残っていたとしてもかなりの手間になりますし、弁護士が直接問い合わせても全く応じないことも珍しいことではありません。 まずは、99%が悪徳サイトだということをしっかりと認識し、少しでもおかしいと思ったら利用しないようにしましょう。 今回ご紹介した手口を知っていれば騙されることもかなり減ると思うので、是非参考にしてみて下さいね!.

次の

万馬券必中宣言リンカーンの口コミ・評判や評価

競馬予想会社 詐欺

悪質な競馬予想サイトによる詐欺が増えています。 被害者はユーザーだけでなく、真面目に優良な競馬予想を配信しているサイトも、この「 騙して稼ぐ」ことに悪びれない無責任な悪質競馬予想サイトには頭を悩ませているようです。 「 優良」と「 悪評」の線引きをするのはユーザーの判断によるものですが、「 必ず儲かる」という言葉で客寄せする「 詐欺」という行為は許されるものではありません。 悪質な競馬予想サイトが増え、被害者数が増えればそれだけ 相談所という職業も潤い、 被害者に旨味を感じた悪質な相談所も当然増えています。 「競馬詐欺に遭われた」と思った人は「詐欺相談」などで検索すると検索結果で上位表示される 自称探偵が運営する相談所には「詐欺相談」をしないようにしてください。 先ずは下記の安全な相談所に相談してみるのが良いでしょう。 警察への相談はあまり力になりませんが、国民生活センターは親切に話を聞いてくれます。 「弁護士ドットコム」とは?「 」という大勢の弁護士が登録しているこのサイトは、「弁護士をもっと身近に」と「無料相談」という魅力的なキャッチフレーズで、相談者はさぞや多いことでしょう。 「 弁護士 無料相談」で検索すると見つかるでしょう。 弁護士ドットコムの「 」を見ると 月額330円の 月額制のサイトです。 会員登録すると「無料相談」や「弁護士検索」が「全て無料で利用できる」とあるが、普通に月額取ってるだろう。 と、思う。 それを言うなら「月額に含まれてます」だろ。 「弁護士ドットコム」に競馬予想サイトの相談をしてみるこの「 見た目」は期待出来そうな弁護士ドットコムに実際にメールフォームから 相談してみました。 「弁護士ドットコム」は確かに相談はできます。 ですが何度相談メールを送っても、 返事が来たのは、はじめの一人だけ。 しかも回答の文字量も少なく、 かなり的ハズレの「そんなん、わかっとるわ!」と声を荒げたくなるようなお粗末な助言と、相談をしているのに 「質問返し」で、返信しても無反応。 被害者は「正義の味方の総本山」にでも相談するような、期待と安心で相談してみても「シーン…」と無視されてしまうような、スカっぷり。 …まぁ、普段はもっと親身になった回答をくれるのでしょうか、私の場合が「残念」な弁護士だっただけなのかもしれませんが、回答はたったの1回きりだったのに、「bengo4-support」というアカウントで 「弁護士ドットコム」からの 広告は頻繁に来るようになりました。 もはや迷惑メールの粋です。 これじゃただ迷惑メールが増えただけ。 なので、 期待は最小限にした方がいいでしょう。 区役所にも相談窓口がある私の住んでいる地域の「 区役所」にも被害者向けの相談設備がありました。 これは基本的には「法律」の相談所なので、詐欺に遭った場合、 法律がどのように守ってくれるのか聞きたい時に 「無料」で相談ができます。 区役所にあるので、市役所にもあるかとは思いますが、先ずは貴方の住まれている 地域の役所を確認してみてください。 区役所に競馬予想サイトの相談した場合因みに私の場合、先ずは 電話にて無料相談できる日時を決めました。 「 1日にたったの30分」しか相談できないので、貴重な相談を無駄にしないように要点をまとめ、いざ相談しに行くと、なんとも頼りなさそうな新卒のような弁護士(?)先生が、端がめくれ上がった黄ばんだゴムシートの貼られた古びた机に座り、 話を聞いてくれました。 まぁ、 実際にお会いできたので、 弁護士ドットコムよりは印象良かったのですが、「返金相談」や「どの部分が悪質競馬予想サイトの「詐欺」という行為にあたるのか」と、具体的に教えて欲しいと言うと 即答ができませんでした。 目の前で 「六法全書」をひきはじめ、そうこうしているうちに アッと言う間にタイムオーバーです。 この続きは後日。 となってしまい、事前に録音の許可を頂いて録音した内容を確認しても、なんとも実りのない会話が続き、結局ほとんど返金についての対策は分からずじまいでした。 「続きは後日」と言われたものの、いざ相談しに来ようとすると 「遠まわしに」見込めないから無駄だと言われました。 そんなワケで、これも 期待は最小限にした方がいいでしょう。 事務所に来させて相談料をとる悪質な探偵が多い「詐欺の相談」で相談所を検索すると、「被害の証拠(振込明細)等があれば返金対象となる」と「 返金できます」と豪語する相談所ではよく言います。 でも、残念ながらこのような相談所は大抵が「探偵」や「個人運営」で、弁護士が返金に全力で動いてくれるわけではなく、相談料を取らるだけで終わることも「よくあること」です。 どこも相談に関しては「完全無料相談」と言ってますが、実際に電話をしてみると「 まずは事務所にお越し下さい」と言われ、事務所に行くとまるで弁護士先生のように 時間を計り相談料を請求してくるところもありました。 探偵は競馬詐欺被害額の返金を求める資格がないそもそも「 探偵」は「 調査だけ」の事情を聞いて調べることは可能だが、成果報酬などを得て債権回収、被害額の 返金を求めることも違法です。 なので 基本的には「調査」だけしかできません。 コロコロを記載内容を変える探偵…中には「資格のない」探偵以外にも、探偵の資格すらないところも「競馬詐欺被害者」からビジネスチャンスを感じとるヒトもいるようです。 今は無くなったようですが、以前「詐欺相談者の会」という組織(?)がありました。 「詐欺被害の調査・返金総合事務所」と名乗っていましたが、後日「 詐欺被害無料相談・詐欺相談者の会」という意味不明なサイト名になり、更に事業内容は「詐欺、詐欺疑惑の告知活動及び対策アドバイス」…つまりは「アドバイス屋」って「本当」の意味で「相談所」になっていました。 「競馬詐欺で500万円の被害から返金」「返金額:200万円~300万円未満」と、かなり胡散臭くてアバウトな勝敗でしたが、「アドバイス屋」にしたことで法律的には免れます。 ですが、そこも今ではありません。 もしかすると、相談をされた方とトラブルになったのかもしれませんし、警察の厄介になる前に閉店したのかもしれません。 「アドバイス」を無償でやる「マザー・テレサ」なら素晴らしい行いですが、慈善事業じゃーないでしょうから、相談のどこまでが無料で、どこから有料になるのかは分かりません。 最近は「詐欺相談を受けたら紹介する」手法先述したように、競馬予想で詐欺被害にあった人を食い物にする悪質な相談所 (探偵)は、 ここ数年の間に「 これだと捕まる」と悟ったのか、記載内容を変え、手口も変えました。 では、検索結果でかなり奥にいたので、そこまでデイリーのアクセスがあるとは思えないのですが、毎日10件以上の詐欺相談を受けている。 と書かれていました。 どれだけ凄い事務所なのかと思いきや、ここは被害者を集客するための 集客サイトで、「 」をしていると書かれていますが、実際はこのサイトの運営者が解決するのでは無く、解決できる「 法律家や 調査会社を紹介する」とあります。 つまり 「一枚」ダミーを挟んでいるのかもしれません。 しかも相談前にネットから 個人情報と、被害額など 具体的な被害内容を求められます。 このサイトが悪質かどうかはわかりませんが、仮に悪質な相談所だった場合、この時点で競馬予想の詐欺業者が最も欲しがる 「顧客情報」の登録完了です。 今でも 嘘くさい返金実績を掲げ、サイト内にはろくに調査もしないで「競馬予想サイト」のサイト名だけ羅列しているところがあります。 「これらのサイトで被害に遭ったら相談して下さい」と、SEO(検索上位表示)の為だけに競馬サイト名を「利用する」悪質な「相談所」も沢山あります。 期待は最小限に、よく正式に「契約」を交わす前に 料金設定を確認してみて下さい。 相談所による二次被害 《実例》調査による二次被害「無料相談ということで相談しにに行ったら、契約すればすぐに調査を開始する」と言われたが、よく 契契約書を見ると、 契約に対する金額の記載が無く、調査内容がどういったものか具体的な説明も無かった。 それでも急を要していたのと、調査金額の相場と調査内容によって金額が違うことを言われ、契約してみると、調査完了時に 100万円もの請求があり、減額交渉をしたが「すでに調査済ということで払ってもらわないと困る」とまで言われた。 これでは後ほど紹介する「競馬予想詐欺」と、この解決するハズの「探偵事務所」のどっちが詐欺かわかりません。 《実例》調査による二次被害金融商品への投資名目で約2500万円をだまし取られていた男性が、「 詐欺被害支援機構」という相談所に返金の相談をすると、「 詐欺被害支援機構から業務を委託され、被害金を分配する際の審査を行っています」と、返金手続前の事前調査と称し調査料を請求された。 その後、返金はおろか「 あなたは無職なので審査から落ちました。 どこかの会社の社員登録証明書を購入すれば審査に通る」と、 継続続行の意思があれば調査を続けるけどどうするか?と、既に調査料を払ってる男性に「 このまま終わるかどうします?」と判断をゆだねられた。 「返金されるなら」と、期待した男性は「社員登録証明書? 」の事務手数料として、計 206万円を指定された住所に郵送したそうだが、実際には「詐欺被害支援機構」という 組織は存在せず、住所は私設私書箱だった。 …という、なんとも悲惨な事件。 これは「競馬予想詐欺に遭った被害者」ではないが、相談所による 「二次被害」が多発しているのは同じである。 最後の砦として事実上「返金させることのできる」司法書士や弁護士も、誰もが親身になって話を聞いてくれるわけではありません。 悪徳弁護士であれば詐欺会社や詐欺師相手の案件で実績があると期待させ、良心的な対応で、 先ずは「契約」を急がせるところもあり、返金できるどころか 調査料と相談料だけ請求されるという、詐欺被害者の二次被害が多発しているのも実状です。 警察では 「刑事事件」として警察が動くケースは極めて稀です。 警察の仕事は刑事事件での立件であって、 詐欺被害者の金を取り戻す手伝いをしてくれるわけではないです。 99%の競馬詐欺事件は刑事事件にはなりません。 仮に「刑事事件」として扱っても、被害にあったお金が返金されることはまずないので、期待は一切しないことです。 <競馬予想詐欺>紀の川市で振り込め類似詐欺事件 「 お金を振り込んでくれれば、八百長レースの情報を教える」という電話を受けた紀の川市の男性が相手の指定した預金口座にあわせて476万円を振り込む類似詐欺事件が発生し、岩出警察署が捜査を始めました。 警察によりますと2013年6月下旬ごろ、情報提供会社のサトウと名乗る男から紀の川市の農業を営む58歳の男性の携帯電話に「 競馬に1日1、2レース八百長レースがあり、お金を振り込んでくれれば、情報を教える」といった電話がありました。 そのレースのオッズが1030倍から2000倍だったため、この話を信じた男性が、7月9日から8月8日までの1か月間に勝ち馬情報提供料として現金あわせて 476万円を12回にわたって相手が指定した複数の預金口座に振り込みました。 しかし、教えてもらった勝ち馬番号がいずれも外れた為、男性がサトウと名乗る男に電話をかけたところ、別人が出て「 金策に走っているので待ってほしい」と言われましたが、その後も返金されず、男性が警察に被害届を出して、事件が明らかになりました。 警察によりますと県内で勝ち馬投票券の情報提供を謳った振り込め類似詐欺事件が確認されたのは初めてだということです。 すぐになんとか職は見つかったのですが収入は以前の会社よりはかなり下がりかなり厳しい状態でした。 その時、メールで何度か簡単に稼げるみたいなメールが来ていたのですがずっと無視していたのですが気が付いたら競馬の情報会社に500円ということなので振り込んでしまいました。 そしたら、たまたまだったのかお試しでもらった、情報が金額的には大したことはないのですが当たり信じてしまい 次は高配当で間違いないので借りてもすぐに返せますと言われ 100万入金してしまいました。 妻は怒って離婚すると言いだしてます。 正直自分が弱いのが悪いのはわかっているのですが業者から取り返す方法とかあるのですか? <競馬予想詐欺>競馬情報提供会社ライセンスの詐欺事件虚偽の競馬予想を巡る詐欺事件で、府警捜査2課は競馬情報提供会社「 ライセンス」の実質経営者、 亀田真一郎被告(26)=東京都荒川区荒川6、詐欺罪で起訴=ら男女5人を詐欺の疑いで再逮捕した。 亀田容疑者の逮捕は3回目。 逮捕容疑は昨年11月、愛知県の40代女性に電話で「 着順が決まっているレースがあり、100%利益を上げ続けている」などとうそを言って、情報料として6回にわたって計約590万円をだまし取った、としている。 ライセンス「実質経営者」を再逮捕虚偽の競馬予想を巡る詐欺事件で、別の顧客から約1200万円を詐取したとして、府警は12日、競馬情報提供会社「 ライセンス」の実質経営者、 亀田真一郎被告(26)=東京都荒川区荒川6、詐欺罪で起訴=を詐欺の疑いで再逮捕した。 逮捕容疑は昨年10~11月、東京都の50代男性に 電話で「 八百長レースがあり、100%当たる」などとうそを言って、情報料として15回にわたり計1200万円を振り込ませてだまし取った、としている。 既に社員の男女4人が同じ逮捕容疑で再逮捕されており、捜査2課は亀田容疑者が主導的立場だったとみている。 ライセンス「指示役」を再逮捕競馬の予想情報提供サービスを巡る現金詐取事件で、府警捜査2課は18日、東京都荒川区、無職・ 亀田真一郎容疑者(25)を詐欺容疑で逮捕した。 この事件では、ほかに都内の情報提供会社員4人が逮捕されたが、亀田容疑者は「社長だった」と供述しており、府警は指示役だったとみている。 発表によると、亀田容疑者は4人と共謀、昨年11月、府内の40歳代の男性に電話で「 出来レースなので必ずもうかる」などと嘘を言い約170万円を詐取した疑い。 ライセンス「新たに容疑者」逮捕虚偽の競馬予想を巡る詐欺事件で、府警捜査2課は18日、新たに東京都荒川区荒川6、 亀田真一郎容疑者(25)を詐欺容疑で逮捕した。 既に逮捕されている競馬情報提供会社社員の東健太容疑者(30)ら男女4人に指示をする立場だったと見て、府警は役割分担など事件の全容解明を進める。 逮捕容疑は昨年11月、 男女4人と共謀し、大阪府の40代男性に電話で「 競馬関係者から、着順が決まった八百長レースの情報が入手できる」などとうそを言って、情報料として計170万円を振り込ませてだまし取った、としている。 捜査2課によると、亀田容疑者は男女4人の勤務先である競馬情報提供会社「 ライセンス」の社長を名乗っており、事件を主導した可能性がある。 男女4人は15日、亀田容疑者と同じ逮捕事実で、再逮捕されている。 ライセンス 数億円被害か 容疑の4人逮捕「 競馬の八百長情報がある」などと勧誘、レース結果の情報料として約190万円をだまし取ったとして、大阪府警捜査2課は25日、東健太容疑者(30)=西東京市ひばりが丘3=ら、競馬情報提供会社の社員の男女計4人を詐欺の疑いで逮捕した。 全国で数億円を集めたとみられ、府警は競馬予想名目の詐欺グループの実態解明を目指す。 他は夏田政希容疑者ら男2人と女1人=いずれも22歳、東京都内在住。 4人は競馬情報提供会社「 ライセンス」など数社の会社員を名乗っているという。 4人の逮捕容疑は昨年11月、東京都内の70代の無職男性に電話で「 競馬関係者が協力している八百長のレースがある。 1000万円単位でもうけられる」などとうそを言って、情報料として計約190万円を口座に振り込ませてだまし取った、としている。 ライセンス 情報料名目 4人逮捕競馬に勝てる情報を提供すると偽って顧客から代金をだまし取ったとして、大阪府警捜査2課は25日、詐欺の疑いで、東京都西東京市ひばりが丘、競馬情報会社員、東(あずま)健太容疑者(30)ら男女4人を逮捕した。 競馬情報の悪質業者をめぐっては近年、国民生活センターなどへの被害相談が急増しており、府警は、東容疑者らが複数の会社名を使い分けながら同様の犯行を繰り返していたとみて実態解明を進めている。 逮捕容疑は共謀の上、平成22年11月ごろ、競馬情報会社「 ライセンス」を名乗り、都内の70代の男性に対し「 競馬関係者が絡む八百長のレースがある」「 1千万円単位でもうけさせます」などと持ちかけ、情報料名目で計約190万円をだまし取った、としている。 男性は パソコンのアドレスに届いた競馬情報のメールマガジンを見て、 ライセンス社に電話をかけたという。 ライセンス 東健太容疑者虚偽の競馬予想を巡る詐欺事件で、府警捜査2課は15日、東健太容疑者(30)=西東京市=ら競馬情報提供会社社員の男女4人について、ほかの顧客からも約170万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで再逮捕した。 逮捕容疑は昨年11月、大阪府の40代男性に「競馬関係者から、着順が決まった八百長レースの情報が入手できる」などとうそをつき、情報料として約170万円を振り込ませてだまし取った、としている。 捜査2課によると、男性は最初に50万円を振り込んだが、その後、「 八百長レースが成立しなかったが、より高配当のレースが計画されている」と誘われ、約120万円を追加で振り込んだ。 大阪地検はこの日、4人をいったん処分保留で釈放しており、今後、一括起訴するとみられる。 <競馬詐欺>競馬詐欺事件の捜査終結スーパーJチャンネル JRA日本中央競馬会が主催する競馬は、年間約3400レース行われている。 1着、2着、3着を順番通りに当てる三連単は、人気の高い馬券でJRA史上最高の19万5000倍も出た。 そのような中「 必ず的中する」という誘い文句のメールが飛び交っているという。 そのメールを見て109万円を支払った20歳後半の男性は、全く当たらず貯金はほとんど無くなってしまったという。 そこで業者に対し問い合わせをしたところ、返金に応じないばかりか、91万円を追加して 「補てんレース」への参加を要求してきた。 こうした詐欺について大澤孝征弁護士は「確実に儲かると信じさせること、これは嘘を言ってその気にさせているわけなので、詐欺にあたる。 」と説明。 日本中央競馬会の大漉賢司さんは「レース中の不正や着順の指示は不可能。 」と断言した。 そこで、 元競馬詐欺業者に話を聞いた。 その元競馬詐欺業者の男性は「お客さんは競馬をあまり知らない人が多い。 被害者をバカとしか言っていないですよね。 」と話した。 こうした悪徳業者の魔の手は、競馬を知らない主婦にまでのびており、40代後半の主婦は、夫が失業中で大学生の子どもがいるという。 その主婦は、登録料として業者に 30万払ったという。 主婦はロイズ司法書士事務所に訪れ、30万円を返してもらおうと連絡をしようとした時に、業者から連絡があったが、業者は30万を返すどころか、 追加の支払いを求めてきた。 後日、司法書士が30万円の返金を求め再度電話をかけた。 しかし、 業者が返金を渋ったため、司法書士は先日の主婦との 会話を今後のために録音している事を業者に明かしたところ、5日後、 業者は女性に30万円を返金したという。 取材班が業者に返金に至った経緯を尋ねたところ「詐欺を認めたということではなく、発言の内容が適切ではなかった。 」と回答。 競馬評論家の阿部幸太郎氏は「競馬は必ず当たるものではないし、自信があるのであれば、自分で馬券を買って、配当が高いままで自分が買った方が儲かる。 」と話した。 <競馬予想詐欺>競馬の予想情報エサに2400万円詐取大阪府警黒山署は26日、堺市の70代の無職女性が競馬の予想情報を提供すると持ちかけられ、情報料名目で約2400万円をだまし取られていたと発表した。 女性は借金もさせられており詐欺事件とみて調べている。 黒山署によると、東京都中央区の情報提供会社「 レースオッズ」を名乗る はがきが1月、女性宅に送られた。 フリーダイヤルの番号が記載され、「 馬券で副業を持ちましょう」と勧誘していた。 電話すると、応対した男が「 競馬の情報料として預託金を振り込んでください。 絶対外れません。 レースが的中すれば返金します」と説明。 女性は貯金を取り崩したほか借金もし、口座に数十回にわたり 計約2400万円を振り込んだ。 男とその後連絡がつかなくなり、返金もなかったため、女性は6月17日に被害届を提出した。 <競馬予想詐欺>長岡市内で詐欺被害総額で314万円長岡市居住の50歳代男性の自宅のパソコンに株式会社 グローバル通信という会社から「 競馬の当たり情報を教えます。 当たると金額が大きいです。 」という メールが送信され、その後、男性宅にグローバル通信のタカハシと名乗る男から電話で「 今回、でっかいのがあるからやりませんか。 賞金の1%を情報料として頂きます。 」などと嘘を言われ、3月14日から4月26日の間に、長岡市内の金融機関のATMから5回にわたり、 314万円を振り込みました。 男性は、グローバル通信にレースの確認をしようと電話したところ、連絡がつかなかったことから、詐欺被害にあったのではないかと不安になり、警察に相談にきました。 <競馬予想詐欺>配当金詐欺1900万円被害帯広市内に住む70代の自営業の男性が、 競馬関係会社や ロト6の 抽選解明を行う関係者と名乗る男から配当金のもうけ話を持ち掛けられ、昨年10月下旬から12月中旬にかけて指定された口座に振り込むなどして 計1900万円をだまし取られたことが9日分かった。 帯広署は詐欺事件として捜査している。 同署によると、昨年10月下旬、男性方に 競馬関係会社からダイレクトメールが郵送され、その後、 同社社員を名乗る男から家に電話があり、男性は「 ジョッキー、馬主、調教師を知っているので確実に競馬でもうけられる」との話を信用。 12月中旬までの間、市内の金融機関で馬券購入代金を指定された口座に振り込んだ他、 郵便のレターパックで5回前後に分けて計約 1300万円を都内にある同社の私書箱に郵送した。 また、11月中旬、男性の携帯電話にロト6の抽選解明を行う関係者と名乗る男から「 ロト6は人間が作った機械で抽選しており、必ず解明できる」などと持ち掛けられ、市内の郵便局でロト6購入代金を指定された口座に数回にわたり計約 600万円を送金した。 口座の振り込みを不審に思った金融機関の関係者が同署に通報。 男性は昨年末に 同署員から事情を聴かれるまでだまされていることに気づいていなかったという。 同署は同一犯による手口とみて捜査している。 2月9~17日頃、石川県内の男性に電話で「 必ず配当金が入る競馬の特殊レースがある」などとうそを言い、7回にわたって計 411万円を口座に振り込ませた疑い。 「何も言うことはない」と話しているという。 県警は5人が全国の約200人から 総額約1億円をだまし取ったとみて調べている。 県警によると、金木容疑者ら4人は「弁護士に相談してから話す」と供述。 樋田容疑者は「やっていない」と否認しているという。 逮捕容疑は共謀して今年3月6~19日ごろ、島根県雲南市の男性(55)に電話で「 絶対に稼げる競馬のレースがある。 必ず配当金が入る」などと嘘を言い、勝ち馬の情報料として同7~22日にかけて4回にわたり計約 250万円をだまし取ったとしている。 <競馬詐欺容疑>競馬の出来レースで儲け話競馬の出来レースでうそのもうけ話を持ちかけ、大分市の男性会社員(69)から40万円をだまし取ったとして大分中央署は22日、住所・職業不詳、豊好(とよよし)恭英容疑者(26)を詐欺容疑で逮捕した。 「人から頼まれてやった。 詐欺はしていない」と容疑を否認しているという。 容疑は7月20日、「 公営競馬で勝ち馬を決められる。 200万円を10倍にできる」などとメールや携帯電話で男性に持ちかけ、別府市内の銀行ATMで160万円を振り込ませた。 その後、「 40万円足りずレースが成立しなかった」とうそをつき、損害金名目に 40万円をだまし取ったとしている。 同署によると、豊好容疑者は都内のATMで現金40万円を引き出し、捜査線上に浮上。 男性は4月下旬から競馬情報サイト関係者とメールなどのやりとりを始めた。 同様の手口で十数回の振り込み記録が確認され、男性が「 総額1000万円を振り込んだ」と話していることなどから複数の人物が関与しているとみている。 <競馬詐欺>競馬詐欺事件の捜査終結架空の競馬のもうけ話をもちかけて現金をだまし取った競馬詐欺事件で、兵庫県警捜査2課と尼崎東署は26日、さらに計96件、 約1370万円の被害を確認したとして、詐欺容疑で逮捕、起訴した情報会社社長の豊田重幸被告(36)=公判中=ら5人を同容疑で神戸地検尼崎支部に追送検し、捜査を終結した。 同署によると、5人は平成16年9月~23年1月、今回の追送検分を含め、同県内を中心に11人から計143件、 総額約1960万円の詐欺被害が裏付けられた。 5人は 約20の架空団体名を用いており、銀行口座には 約13億3千万円の入金があったという。 <競馬詐欺>「八百長レース教える」突然メール「八百長レース教える」突然メールで競馬詐欺被害が急増、国民生活センターへの相談が5年で3倍に。 「 競馬の八百長レースを教える」と持ちかけ、掛け金や情報料名目で現金をだましとる詐欺被害の相談が全国で急増している。 国民生活センターに昨年度寄せられた相談は、5年前の3倍に当たる2582件。 悪質な情報提供会社もあり、日本中央競馬会(JRA)が注意を促している。 「 絶対ツレやら他には話さないと約束してな。 もうすぐ競馬のヤラセレースがあるねん」3月中旬、こんな メールが八幡市の会社員男性(27)の携帯電話に 同僚の男(37)から届いた。 「 父親の知り合いに馬主がいて負ける馬が分かっている」1口1万円。 男は職場の信頼が厚く、 3万円を手渡した。 その後男から「 149万円の配当金が入ったが、胴元へ先払いする手数料が必要」と言われ、 さらに16万円を払った。 だが 配当金はもらえない。 男はほかの同僚2人からも 計47万円を集めていたことが発覚し、追及した結果、詐欺行為を認めた。 男性は「大相撲のように裏の世界があると信じてしまった」と振り返る。 「 JRAも認めている八百長レースを教える」「 馬主が話し合って決める仕込みレースの枠があいた」などと持ちかけ、「情報料」をだましとる情報提供会社への苦情が目立つ。 被害の拡大を受け、警察は詐欺容疑でこうした情報提供会社への強制捜査に乗り出している。 JRAは「 前もって結果が分かるレースは一切存在しない。 と、被害に遭えば警察へ相談してほしいと呼び掛けている。 <競馬予想詐欺>レクラメイションとミーディエイトの詐欺事件捜査2課によると、男性は競馬必勝法の情報提供をうたう メールマガジンを受け取った。 掲載されたホームページにアクセスし、電話をかけたところ、「必ず当たる」などと勧誘されたという。 同様に競馬情報を使った詐欺容疑で兵庫県警捜査2課と尼崎東署などが25日逮捕したのは、東京都千代田区の情報提供サービス会社「 ミーディエイト」社長、豊田重幸容疑者(36)=東京都港区赤坂6=と社員の男女3人。 逮捕容疑は、4人は共謀し09年11月15日ごろ、兵庫県尼崎市の無職女性(65)に「 レクラメイション」という団体名で競馬によるもうけ話を持ち掛けるダイレクトメールを送付。 情報料として15万円を振り込ませたとしている。 豊田容疑者は容疑を認め、社員3人は否認しているという。 尼崎東署によると女性はミーディエイトの口座に08年から15回にわたり計190万円を振り込んだが、当たらず刑事告訴していた。 口座には、延べ 200人から計約4000万円の入金があり、県警は余罪を追及する。 <競馬予想詐欺>口座凍結の徹底、宮城県警に申し入れ河北新報記事情報 競馬必勝法をうたった詐欺行為をめぐり、仙台弁護士会の佐藤靖祥弁護士は5日、県警に詐欺グループの口座凍結の徹底を求める申し入れを行った。 被害相談に訪れた仙台市の30代女性の凍結依頼に県警が応じなかったため。 佐藤弁護士によると、女性は昨年12月、会員登録した競馬情報サイトの運営会社から「 順位があらかじめ決まっているレースがある」と連絡を受け、指定された口座に計 104万円を振り込んだ。 レースは開催されず、返金もされなかったため同月15日、仙台東署に口座の凍結を求め、被害届を出そうとしたが 「詐欺かどうかは分からない」と拒まれたという。 県警はホームページなどで、被害対策として警察への相談と口座凍結を挙げており、佐藤弁護士は「県警内で対応に差が出ないようにしてほしい」と話した。

次の