ハイロー ワースト。 ハイアンドロー ワースト 動画 3話、4話、5話見逃し無料視聴

【完全保存版】HiGH&LOW(ハイロー)登場人物全まとめ

ハイロー ワースト

『クローズ』『WORST』から登場するのは、主人公側の「鈴蘭男子高校」の宿敵で、戸亜留市にある有名不良高校「鳳仙学園」! 鳳仙は幹部以外、丸坊主にするのが掟で、「スキンヘッド集団」と呼ばれることも。 互いが互いの高校を名乗る者たちに襲撃されたのをきっかけに、鬼邪高との激闘に発展します。 個の強さの鬼邪高と最強の組織力を誇る鳳仙、世紀の頂上決戦の行方は!? 上田佐智雄は過去最強を謳われる新世代の番長で、細身の外見に反し、パワー、スピード、テクニック、判断力を兼ね備えた実力者です。 殺し屋軍団のトップにしては無益な戦いを好まず、強い絆で結ばれた仲間、そして愛する家族を守るために力を振るいます。 新世代のカリスマリーダーを演じるのは、若手男性俳優集団「D-BOYS」、「D2」のメンバーで、若手実力派として頭角を現す志尊淳。 主演の特撮ドラマ『烈車戦隊トッキュウジャー』で知名度を上げ、2019年の話題作『劇場版おっさんずラブ』にも出演するなど大活躍中!中学生の頃に『クローズZERO』を観て、デビュー後はシリーズ作品への出演を夢見ていたと言い、念願叶っての抜擢でした。 映画・ドラマ・アニメ・漫画と何でも好きな雑食系ですが、強いて言えば声優マニアで、好きな作品を繰り返し観るタイプです。 ホラー・グロ・戦争ものは少し苦手で、ハッピーエンドが一番好き! 初めて映画館で観た映画は『千と千尋の神隠し』。 ドラマ・映画は恋愛、青春、群像劇、ミステリー系などが好きですが、海外作品はまだ疎いので、VOD amazonプライム、hulu、dTV契約中 も駆使してチェックしたいです。 縁あってciatrでは、アニメや国内ドラマ・映画を中心に、幅広いジャンルの記事を担当しています。

次の

映画『HiGH&LOW THE WORST』Special Trailer【鳳仙学園】

ハイロー ワースト

こんにちは! ヤンキー太郎です。 まだこれから映画だけでも見る人もぜひ参考にしてください。 元々は伝説のチーム、ムゲンにも所属していた。 ムゲンがなくなった後、自分たちが住む街、 山王街を守るために山王連合会を結成した。 山王連合会のメンバーの中でも人一倍正義感が強く。 誰れよりも飯を食べる。 体格もメンバーの中で一番大きく喧嘩スタイルもパワー系が多い。 口調が関西弁でいつも後輩に先輩風を吹かせるが相手にされていない。 スピードが早く素早さを利用した喧嘩スタイルが主体。 アクロバットな技が得意で戦場を大きく動き回りながら喧嘩をする。 山王連合会に所属を認められてからは鬼邪高校には通っていない。 喧嘩の腕も相当だが喧嘩に負けない精神力がおぞましい程強い。 山王連合会リーダーコブラとタイマンで負けてからは、 ある程度コブラのことを認めている。 2 初めは村山のことを認めていなかったが強さがわかるなり、 村山を番長として認めている。 村山が戦意喪失して番長の座を降りようとした時も必死に説得した村山の右腕。 見た目が高校生とは思えないくらい老けている。 常にタンクトップですぐにキレる好戦的な性格。 しかし作中ではあまり喧嘩が強いシーンを見ることができない。 行き場のない女性や酷い目にあった女性を匿い。 仕事を与えて新たな希望を与えるスカウトチームを結成している。 White Rascalsに所属している女性は美女ばかりだが、 ROCKY自身の彼女はなぜか可愛くないという特徴がある。 チームカラーはホワイトで統一してあり、 山王連合会がアメリカンバイクなのに対して、 White Rascalsは白いビッグスクーターで統一している。 2でROCKYの右腕的存在。 すぐに好戦的になるROCKYに対して冷静に判断するのがKOOの役割。 相手はどこまで逃げてもいつの間にか4人に追いつかれるほど、 AIZAWA達は自分の縄張りを熟知している。 SHIMURAは特徴的なゴーグルをしていて常に相手をあざ笑いながら追い詰める。 RUDEBOYSのリーダー、スモーキー。 RUDEBOYSの中でも圧倒的な喧嘩の強さで、 無名街の家族を守るためなら相手が誰だろうと容赦しない。 持病を持っており一定時間以上動きすぎると吐血して動けなくなる。 喧嘩もカポエラのような足を多様した動きが多くみられる。 喧嘩も相手に直接攻撃するというよりも、 アクロバットな動きで無名街を飛び回り相手を翻弄し、 障害物などをぶつけて倒すことのほうが多い。 凶暴さは群を抜いており相手が誰だろうと何人だろうとお構いなしだ。 元々はムゲンにいたもののあまりの凶暴さから破門になった過去がある。 右京と共に行動し喧嘩の強さも一級品。 喧嘩の際には目に赤い塗料を塗り歌舞伎役者のような姿になる。 ヒップホッパーのような見た目と赤い髪が。 常に相手を挑発するような喋り方が特徴だが喧嘩が格段に強いわけではない。 バイクの腕も一流ながら喧嘩の強さも並大抵ではない。 九龍グループ傘下の日向会との抗争においても、 琥珀一人で何十人もの相手に圧倒的な強さを見せていた。 喧嘩スタイルは大きな体格とパワーを生かした我流。 相棒の龍也とは違いすぐにカッとなる熱い性格。 喧嘩っぱやい琥珀と違って大人な対応ができる。 喧嘩の強さも一級品。 父親がかつて経営していた洋食屋に憧れて、 自身もムゲンを辞めて洋食屋を始めることを決意。 洋食屋イットカンをオープンするも交通事故でなくなってしまう。 ムゲンは龍也の交通事故が原因で解散の道を歩むことになる。 キックボクシングのような動きを得意とする 決め台詞は「change or die?」 幼き頃米軍基地横の貧しい街で育ち、 希望も何もない場所で偶然レコードに音楽とファッションの素晴らしさに目覚める。 自身で音楽、ファッションで夢や希望の持てない人々を救おうとしている。 ICEとは違いヒップホップダンスのようなステップを踏みながら相手を倒す。 パソコンによる音楽のミックスを自分で行っており、 メンバーのリクエストに合わせてその時の気分にあった曲を流すのが得意。 メンバーの中でももっとも奇抜な髪型をしているのが特徴。 技術が多彩で大抵の乗り物には乗ることができる。 常に冷静でICEに対しても冷めた口調で淡々と説明する。 喧嘩はスピードを生かした早い攻撃が得意。 そこにMIGHTY WARRIORSが現れDOUBTを倒す。 行き場のないセイラはMIGHTY WARRIORSと共に行動することを決意。 傘下の日向会を使いムゲンと抗争を行い。 ムゲンが解散するきっかけとなった交通事故も、 家村会の末端構成員が起こした事故だと後に発覚する。 家村龍美に対していつも現状の方向を行う役目がある。 年齢は龍美よりも上だが立場は下のようだ。 幹部会議の場面ではいつもタバコを吸っている。 幹部会議ではいつも石井と意見が対立しており仲がいいようには見えない。 状況説明をする石井に対して、 今後の動きの提案をするのが川田の役割のようだ。

次の

鈴蘭高校とは?ラストシーンは「HiGH&LOW」続編への伏線!?

ハイロー ワースト

こんにちは! ヤンキー太郎です。 0です。 今回は各話数ごとに概要を説明していきます。 抗争後、鬼邪校の教室で暇を持て余してのんびりとジャンガをしていた村山。 その頃、一年の教室では一年を仕切ろうとする男「中越」が動き出す。 中越一派の下っ端が屋上をたまり場にするため屋上に上るが、 そこには二年の「高城司」がおり中越一派の下っ端を撃退。 全日制のトップに君臨する轟一派。 その轟をトップの座から引きずり降ろそうと目論む一年の中越。 保たれていた鬼邪校の均衡が徐々に崩れ始めていた。 そんな中、村山といえば相変わらず教室で 「鬼邪校ステークス」という新入生の強さに賭ける遊びを関達としていた。 そんな中、鬼邪校の二年に新たな転入生が二人転校してくることが決定する。 狂気の喧嘩師こと西川泰師と飢えた狂犬こと横山清史だ。 そんな頃、高城司と同時に鬼邪校に入学するも、 親の都合により入学後すぐに田舎に転校してしまった花岡楓士雄は暇な時と過ごしていた。 0~第二話~ 定時制の不良が八木工業高校の生徒とモメてやられてしまう。 助けを求められた轟だったがその場では素っ気ない態度を示す。 しかし実はやられた生徒のために一人八木工業高校へ乗り込もうとしていた。 そこへ轟の内なる性格を察していた辻と芝マンがと、 八木高へ乗り込む前に轟と合流することになる。 0~第三話~ 田舎で何もすることがない日々を相変わらず過ごしていた花岡。 鬼邪校にいながらテッペンを取る気にもなれず、 売られた喧嘩も買いたくない司は相変わらず悶々とした日々を過ごしていた。 そこへ手を組んだ泰清が轟がいない放送室へ乗り込む。 校内放送を使い自分たちが鬼邪校のテッペンを取ると宣言し、 喧嘩をしたい奴は放送室へこいと宣言。 轟、辻、芝マン、中越を呼び出す。 0~第四話~ 校内放送で轟一派を呼び出した泰志と清史だったが、 轟は「頭ならお前にくれてやる」とあっさり頭を譲ることに。 轟の態度に納得できない清史。 そんな時に目の前に同じ中学だったという謎の美女が現れる。 普段は女に全く持てない清史は浮かれてしまい仲間に帰れと命令。 女とデートをしていると女からホテルに行きたいと言い出した。 完全に浮かれていた清史だったが誰もいなくなったところで、 女からナイフで腹を刺されてしまう。 一方、清史と別れた清史一派の仲間達は裏路地で謎の覆面集団に襲われる。 清史は腹を刺されながらも一命をとりとめ学校へ、 泰志と合流したところで一年を入学早々に束ねた、 中越一派達が不敵な笑みで泰志と清史を挑発。 昨日の一連の事件が中越一派達の仕業だったとわかった泰志と清史は笑うしかなかった。 また、同時期に田舎にこもっていた花岡だったがじいちゃんの容態が急変。 急性の心臓発作でじいちゃんが入院することとなる。 0~第五話~ 鬼邪校をやめると言い出した司。 しかし司のことを心から信頼しているジャム男はなんとか司が学校をやめないように説得する。 心配するジャム男の思いとは裏腹に司はジャムを「群れないと何もできないのか」と罵ってしまう。 そこでジャム男が考えた策は髪型をリーゼントにし、司一派を立ち上げたい鬼邪校制に頭を下げ、 司の帰る場所を作ることだった。 また司がいなくなった屋上を占拠していた奏志一派に「そこをどけ」と喧嘩を売ってしまう。 喧嘩が弱いジャム男は当然負けてしまうがそこに司一派を立ち上げたい鬼邪校生が助けにやってくる。 学校へ戻った司は奏志一派にやられたジャム男達を発見し、あることを決める。 それは田舎にいる花岡の元へいきタイマンを張ることだった。 0~第六話~ 花岡がいる田舎へ行った司は自分が限界を決めて挑戦することを諦めていると気がつく。 そこで司は花岡とタイマンをし今の自分の立ち位置を確認した。 タイマンの結果は花岡の勝利。 また、花岡はじいちゃんが死んでしまったことを司に伝える。 司はタイマン後、花岡に鬼邪校に戻ってくるように促すのであった。 鬼邪校が定時制と全日制で分裂する SWORDが九龍グループとの大抗争を終えたため、 またまた暇な日々をすごしていた定時制の番長村山。 ふと村山は思いついたように放送室へいき全日制を含めた鬼邪校生を中庭に集合させる。 そこで村山が宣言したことは今後鬼邪校の定時制は全日制をSWORDの揉め事に巻き込まないというものだった。 これは同じ鬼邪校でありながら定時制と全日制は仲間ではなないという宣言でもあった。 新たなる派閥が鬼邪校に誕生する 村山の宣言から時が経ち一つ学年が上がり全日制には新入生が入学。 そこで一年を早々にシメたのが中岡だった。 中岡は中越の元々の後輩であり、 二年をシメた中越と一年をシメた中岡が手を組み「ちゅんちゅん一派」が誕生した。 三年になった轟一派、奏清コンビは相変わらずの勢力を誇っている。 さらに司がついに司一派を立ち上げる。 そしてついに花岡が田舎から鬼邪校へ戻ることを決意する。 ここに鬼邪校戦国時代の幕が上がるのであった。 0を無料で見るならhuluがおすすめです。 初めの二週間は本当に無料で見ることができます。

次の