ラッシー 飲む ヨーグルト。 ラッシーと飲むヨーグルトの違い

ラッシーは牛乳、ヨーグルトと砂糖を1

ラッシー 飲む ヨーグルト

ヨーグルト+牛乳+はちみつ=ラッシー! ラッシーという飲み物をご存じですか? インドでは一般的な飲み物の1つです。 ヨーグルトと牛乳を混ぜ、砂糖やはちみつ、そして果物等で味を付けた飲み物です。 本来はダヒーという水牛の乳から作られたヨーグルトを使うそうです。 作り方は簡単です。 ヨーグルト200gに牛乳200ml、そしてはちみつを大さじ1杯入れて混ぜるだけ。 それだけで甘くてさっぱりした飲み物ができます。 果物はその日の気分で変えても良いですし、入れなくても良いです。 ラッシーに合う果物には、マンゴー、バナナ、桃やパイナップル等があります。 どれも、生ではなくて、冷凍や缶詰でも作れますので気軽に作る事ができます。 さらには、果物の代わりにきな粉やアボガドを入れてアレンジする方法もありますよ。 ヨーグルトと牛乳を混ぜるだけでできるラッシーの効果 ラッシーにはヨーグルトが入っていますので、整腸作用があります。 腸内環境を整える事は吹き出物の防止にもつながり、美容にも効果的です。 また、砂糖ではなくはちみつを使えば、カロリーも低くなります。 さらにはちみつには整腸作用をもつオリゴ糖が含まれていますので、ヨーグルトの整腸作用と共に腸内環境を整えて便通を良くしてくれる効果が期待できます。 さらに、某番組でも骨粗鬆症に効果的な飲み物だと紹介されていました「レモンラッシー」。 上記のラッシーの材料にレモン果汁を大さじ2杯足すだけでできます。 骨粗鬆症にはカルシウムが効果的ですが、さらにレモンに含まれるクエン酸がカルシウムと結合する事で、腸で吸収されやすくなるのだそうです。 混ぜる果物の効果で自分流にアレンジするのも楽しそうですね。 ヨーグルト+牛乳=自家製ヨーグルト! ヨーグルトの整腸作用をご存じの方はとても多いと思います。 毎日食べて腸内環境を整えている方も結構いらっしゃいます。 でも、毎日ヨーグルトを買うのはコスト的に・・・という方必見です! ヨーグルトと牛乳は1パックの値段がほとんど同じくらいではないですか? 同じ1パックと言っても量は牛乳の方がはるかに入っていますよね。 それなら牛乳をヨーグルトに混ぜるだけでヨーグルトを作ってしまえば安く仕上がります。 ヨーグルトに必要な材料は、生(成分無調整)の牛乳と乳酸菌です。 乳酸菌の中でも、ヨーグルトを作れるのは少しです。 ただし、どれが作れるかを知っておけばいつも作れますので安心してください。 市販のヨーグルトで種菌にする事が可能な固形タイプのヨーグルトは以下の物です。 カスピ海ヨーグルトに牛乳を混ぜるとできるヨーグルトの作り方 一般のヨーグルトとは違ってカスピ海ヨーグルトは食感が全然違うので、一般のヨーグルトに飽きたらカスピ海ヨーグルトで作るのもアリです。 また、カスピ海ヨーグルトは一般の乳酸菌に比べたら発酵温度が低いです。 牛乳500mlに開けたてのカスピ海ヨーグルトを400g混ぜるだけです。 開けたてのカスピ海ヨーグルトを使用する意味は、衛生上キレイな種菌を使いたいからです。 開けて時間が経つと雑菌がどうしても入ってしまう確率が高くなるからです。 目安は500Wの電子レンジで40秒ほど温めた状態です。 そのため、常温で発酵するというわけにはいきません。 市販のヨーグルトメーカーで温め続ける必要があります。 作り方です。 だいたい8~12時間したら発酵して完成です。 ちなみに、飲むヨーグルトなら6~8時間で完成です。 発酵させ過ぎると、非常に酸っぱくなります。 腐っていると焦ってしまう方もいらっしゃるかと思います。 しかし、ヨーグルトはそもそも発酵させて酸性にする事で腐らせないようにする保存食ですので、発酵が十分にできていれば腐る心配はいりませんのでご安心を。 むしろ酸っぱくなり過ぎるほど発酵しているのは、健康効果が高いので、酸っぱいのが得意な方は発酵時間を長く設定しても良いと思います。 ヨーグルトと牛乳を混ぜてもヨーグルトがうまく固まらない理由とは ヨーグルトに牛乳を混ぜるだけで簡単にできる自家製ヨーグルトですが、慣れるまでには失敗続き、という方もいらっしゃいます。 その大きな理由として、3つほど考えられます。 乳酸菌は生きています。 時間が経てば当たり前ですが、乳酸菌はどんどん死んでしまいます。 その為、時間の経った古いヨーグルトは生きている乳酸菌が非常に少なくなっている状態です。 乳酸菌が少ないと発酵させる能力が低くなるため、固まらないという現象になってしまいます。 ぎりぎり固まったとしても、風味はかなり落ちてしまうと思ってください。 作り方の所でも記載していますが、発酵温度がそれぞれの乳酸菌にはあります。 そのため、カスピ海ヨーグルト以外のほとんどのヨーグルトは常温での発酵ができません。 乳酸菌は生きていますので、発酵に最適な温度以外ですと、発酵がうまくできなくなり、固まりにくくなります。 この理由が一番多いです。 牛乳に含まれているたんぱく質は酸性になって固まるという性質をもっています。 乳酸菌は牛乳を発酵させて乳酸を作り出します。 牛乳に乳酸が増えると、牛乳は徐々に酸性になり、ある一定の量を超えると牛乳の中のたんぱく質が固まりだします。 一定の量を超えるまでの牛乳は流動なので、この時点で固まってないと勘違いしてしまうパターンが結構あります。 発酵時間の目安は8時間~12時間です。 ただし、季節や乳酸菌の状態にもよります。 ヨーグルトと牛乳を混ぜるのは奥が深い! ヨーグルトと牛乳をただ混ぜるだけと言っても、混ぜ方や分量、温度の違いでラッシーにもヨーグルトにも変化します。 ヨーグルトは腸の中の悪玉菌を減らして、善玉菌を増やす効果があります。 これはどんなヨーグルトにも期待できる効果です。 アレンジ次第で味はもちろん、体に期待できる効果も様々だという事が分かりました。 身近で手に入るヨーグルトと牛乳を混ぜるだけで、自分流の飽きのこない腸内環境整備を毎日に取り入れてみましょう。

次の

ラッシーの作り方を全農ツイッターが公開!簡単に作れて牛乳・ヨーグルトが大量消費できる人気レシピ

ラッシー 飲む ヨーグルト

ヨーグルト+牛乳+はちみつ=ラッシー! ラッシーという飲み物をご存じですか? インドでは一般的な飲み物の1つです。 ヨーグルトと牛乳を混ぜ、砂糖やはちみつ、そして果物等で味を付けた飲み物です。 本来はダヒーという水牛の乳から作られたヨーグルトを使うそうです。 作り方は簡単です。 ヨーグルト200gに牛乳200ml、そしてはちみつを大さじ1杯入れて混ぜるだけ。 それだけで甘くてさっぱりした飲み物ができます。 果物はその日の気分で変えても良いですし、入れなくても良いです。 ラッシーに合う果物には、マンゴー、バナナ、桃やパイナップル等があります。 どれも、生ではなくて、冷凍や缶詰でも作れますので気軽に作る事ができます。 さらには、果物の代わりにきな粉やアボガドを入れてアレンジする方法もありますよ。 ヨーグルトと牛乳を混ぜるだけでできるラッシーの効果 ラッシーにはヨーグルトが入っていますので、整腸作用があります。 腸内環境を整える事は吹き出物の防止にもつながり、美容にも効果的です。 また、砂糖ではなくはちみつを使えば、カロリーも低くなります。 さらにはちみつには整腸作用をもつオリゴ糖が含まれていますので、ヨーグルトの整腸作用と共に腸内環境を整えて便通を良くしてくれる効果が期待できます。 さらに、某番組でも骨粗鬆症に効果的な飲み物だと紹介されていました「レモンラッシー」。 上記のラッシーの材料にレモン果汁を大さじ2杯足すだけでできます。 骨粗鬆症にはカルシウムが効果的ですが、さらにレモンに含まれるクエン酸がカルシウムと結合する事で、腸で吸収されやすくなるのだそうです。 混ぜる果物の効果で自分流にアレンジするのも楽しそうですね。 ヨーグルト+牛乳=自家製ヨーグルト! ヨーグルトの整腸作用をご存じの方はとても多いと思います。 毎日食べて腸内環境を整えている方も結構いらっしゃいます。 でも、毎日ヨーグルトを買うのはコスト的に・・・という方必見です! ヨーグルトと牛乳は1パックの値段がほとんど同じくらいではないですか? 同じ1パックと言っても量は牛乳の方がはるかに入っていますよね。 それなら牛乳をヨーグルトに混ぜるだけでヨーグルトを作ってしまえば安く仕上がります。 ヨーグルトに必要な材料は、生(成分無調整)の牛乳と乳酸菌です。 乳酸菌の中でも、ヨーグルトを作れるのは少しです。 ただし、どれが作れるかを知っておけばいつも作れますので安心してください。 市販のヨーグルトで種菌にする事が可能な固形タイプのヨーグルトは以下の物です。 カスピ海ヨーグルトに牛乳を混ぜるとできるヨーグルトの作り方 一般のヨーグルトとは違ってカスピ海ヨーグルトは食感が全然違うので、一般のヨーグルトに飽きたらカスピ海ヨーグルトで作るのもアリです。 また、カスピ海ヨーグルトは一般の乳酸菌に比べたら発酵温度が低いです。 牛乳500mlに開けたてのカスピ海ヨーグルトを400g混ぜるだけです。 開けたてのカスピ海ヨーグルトを使用する意味は、衛生上キレイな種菌を使いたいからです。 開けて時間が経つと雑菌がどうしても入ってしまう確率が高くなるからです。 目安は500Wの電子レンジで40秒ほど温めた状態です。 そのため、常温で発酵するというわけにはいきません。 市販のヨーグルトメーカーで温め続ける必要があります。 作り方です。 だいたい8~12時間したら発酵して完成です。 ちなみに、飲むヨーグルトなら6~8時間で完成です。 発酵させ過ぎると、非常に酸っぱくなります。 腐っていると焦ってしまう方もいらっしゃるかと思います。 しかし、ヨーグルトはそもそも発酵させて酸性にする事で腐らせないようにする保存食ですので、発酵が十分にできていれば腐る心配はいりませんのでご安心を。 むしろ酸っぱくなり過ぎるほど発酵しているのは、健康効果が高いので、酸っぱいのが得意な方は発酵時間を長く設定しても良いと思います。 ヨーグルトと牛乳を混ぜてもヨーグルトがうまく固まらない理由とは ヨーグルトに牛乳を混ぜるだけで簡単にできる自家製ヨーグルトですが、慣れるまでには失敗続き、という方もいらっしゃいます。 その大きな理由として、3つほど考えられます。 乳酸菌は生きています。 時間が経てば当たり前ですが、乳酸菌はどんどん死んでしまいます。 その為、時間の経った古いヨーグルトは生きている乳酸菌が非常に少なくなっている状態です。 乳酸菌が少ないと発酵させる能力が低くなるため、固まらないという現象になってしまいます。 ぎりぎり固まったとしても、風味はかなり落ちてしまうと思ってください。 作り方の所でも記載していますが、発酵温度がそれぞれの乳酸菌にはあります。 そのため、カスピ海ヨーグルト以外のほとんどのヨーグルトは常温での発酵ができません。 乳酸菌は生きていますので、発酵に最適な温度以外ですと、発酵がうまくできなくなり、固まりにくくなります。 この理由が一番多いです。 牛乳に含まれているたんぱく質は酸性になって固まるという性質をもっています。 乳酸菌は牛乳を発酵させて乳酸を作り出します。 牛乳に乳酸が増えると、牛乳は徐々に酸性になり、ある一定の量を超えると牛乳の中のたんぱく質が固まりだします。 一定の量を超えるまでの牛乳は流動なので、この時点で固まってないと勘違いしてしまうパターンが結構あります。 発酵時間の目安は8時間~12時間です。 ただし、季節や乳酸菌の状態にもよります。 ヨーグルトと牛乳を混ぜるのは奥が深い! ヨーグルトと牛乳をただ混ぜるだけと言っても、混ぜ方や分量、温度の違いでラッシーにもヨーグルトにも変化します。 ヨーグルトは腸の中の悪玉菌を減らして、善玉菌を増やす効果があります。 これはどんなヨーグルトにも期待できる効果です。 アレンジ次第で味はもちろん、体に期待できる効果も様々だという事が分かりました。 身近で手に入るヨーグルトと牛乳を混ぜるだけで、自分流の飽きのこない腸内環境整備を毎日に取り入れてみましょう。

次の

ラッシーと飲むヨーグルトの違いって何?ラッシーは自宅で簡単に作れる!?

ラッシー 飲む ヨーグルト

こんにちは! 飲むヨーグルトには健康や美容など様々な面からみて非常に嬉しい効果がたくさんあります。 さらに子どもから大人までどの年代でも飲みやすいので健康管理のためにはもってこいの飲料ですね。 その中でも 有名な効果でいえば「腸内環境を整える」ということでしょう。 乳酸菌は 腸内で働きかけ腸のぜんどう運動を活発にし、排便がスムーズにしてくれます。 便秘の解消は、健康面だけでなく美容の面でも効果を発揮します。 便などの 老廃物は体内にたまってしまうと顔色が悪く見えたり、ニキビや吹き出物の原因になってしまうので体内から老廃物を取り除き、きれいにすることは肌荒れの改善にも繋がるのです。 さらに 便秘の解消はダイエットにも有効的です。 毎日の生活に飲むヨーグルトを足すことでたくさんのメリットがあります。 更に飲むヨーグルトは そのまま飲むだけでなく料理に加えることで別の料理にアレンジが出来たり、隠し味として使用するなど沢山の使い道があります。 今回はそんな飲むヨーグルトの魅力について様々な面から紹介していきたいと思います。 いつもの料理に加えるだけで、ワンランク上の料理を作ることが出来ます。 フレンチトースト フレンチトーストはよく高級ホテルやおしゃれなカフェで目にしますよね。 しっとりとしていて甘く癒されるフレンチトーストは自宅で作るには難しいと思っていませんか? そんな フレンチトーストを飲むヨーグルトを使用することで、簡単に作ることが出来ます。 用意するものも特に難しいものは何もないので、誰でも気軽に作ることが出来ますよ。 ~用意するもの~ ・パン(食パンやフランスパン) ・飲むヨーグルト(150ml) ・卵(1個) ~やり方~ 飲むヨーグルトと卵をよく混ぜてその中にパンをしっかりと浸します。 この時にパンにより浸透させるために、レンジで30秒程度パンを温めると効率的ですよ。 パンがしっかりと浸されたら、後はフライパンでしっかりと焼けば完成です。 飲むヨーグルトを使用することで、酸味が程よく感じることが出来てとてもおいしいです。 甘さが足りないなと感じる方は、お好みで砂糖を足したり、トッピングとしてはちみつをかけるのがおすすめですよ。 ラッシー インド料理の飲物の定番でもあるラッシーも自宅で簡単に作ることができます。 ~用意するもの~ ・カルピス原液(25㏄) ・飲むヨーグルト(125㏄) この2つを混ぜ合わせるだけという非常に簡単なレシピです。 こんなに簡単なのに、本格的なラッシーを作ることが出来てしまうので驚きです。 さらにカルピスには様々なフレーバーが販売されていますね。 ですので、 カルピスの原液を変えることで様々なフレーバーのラッシーを作ることも出来ます。 アレンジも簡単に出来ますし子どもでも飲みやすいのでおやつの時のジュースなどにも最適ですよ。 肉を柔らかくする裏技 柔らかくておいしい肉を食べたいけど、高い肉を買うのはちょっとお財布的に厳しい…そんな時でもこの方法を使用することで、節約しながら高級肉のような肉を楽しむことが出来ます。 ~方法~ 用意するものは水と飲むヨーグルトだけです。 それをそれぞれ1対1の割合で溶き、その中に肉を入れ1時間から2時間程度放置します。 この時、 ジップロックなどのチャックがついているものを使用すれば、手も汚れずにそのままつけておくことができるのでおすすめですよ。 たったこれだけで ヨーグルトに含まれている乳酸菌が肉のタンパク質に働きかけ、肉の筋繊維をほぐしてくれるのです。 そうすることで肉が柔らかくなり、まるで高級肉かのように生まれ変わります。 さらに飲むヨーグルトの甘みも加わって高級肉のような甘さも感じることが出来るようになります。 ひと手間加えるだけでよりおいしいお肉を味わえるなんて嬉しいですよね。 R-1ヨーグルトを自宅で作ることが出来る 巷ではR-1ヨーグルトが花粉症や風邪予防に効果抜群という噂で話題になっていますね。 皆さんも一度は耳にしたことがあるかも知れません。 ですが毎日ヨーグルトを食べるとなると、その分の食費が掛かってしまいますね。 1人ならまだしも家族全員で…と考えると結構な負担になってしまうかもしれません。 健康のためにも毎日試してみたいけどちょっとキツイな…と感じてしまう方も中にはいることでしょう。 ですがそんな方に朗報があります。 実はヨーグルトは自宅で培養することが出来るのです! しかも方法もとっても簡単。 簡単に試すことが出来るのでぜひ挑戦してみてくださいね。 ~用意するもの~ ・R-1ヨーグルト(1カップ) ・牛乳(1パック1000ml) ・炊飯器 ・お湯 ~やり方~ まず、紙パックに入った牛乳の中にヨーグルトを1カップ入れます。 この時、1000ml分だと多すぎてしまい溢れてしまうかもしれないので、ヨーグルトが入る分程度マグカップなどに移しておきましょう。 そして牛乳パックにヨーグルトをすべて投入します。 次に炊飯器とお湯を用意します。 炊飯器の中にお湯を張り、その中に牛乳パックを立て、保湿モードで4時間程度放置します。 この時、牛乳パックはクリップなどを使用して必ず蓋をしてくださいね。 そして4時間たったら蓋を開けましょう。 たったこれだけでヨーグルトの出来上がりです。 このままでは温かいままなので、冷蔵庫でしっかりと冷やしましょう。 約1週間程度は日持ちするのでたった4カップで1か月分のヨーグルトが自宅で簡単に作れてしまうという訳です。 この方法を使えば食費も気にならず毎日気兼ねなくヨーグルト生活を続けることが出来るはずですよ。 少しサラサラとした舌触りにはなりますが、味ももちろんおいしいのでとてもおすすめです。 豆乳とサイダーで飲むヨーグルト風ドリンクが作れる なんと 豆乳とサイダーを混ぜるだけで飲むヨーグルトに早変わりしてしまいます。 どういうこと?と思う方もちろん多いでしょう。 豆乳とサイダーで飲むヨーグルトなんて想像もできませんよね。 むしろ不味いのでは…と思ってしまうかもしれません。 この2つで本当に飲むヨーグルトになるの? と不安に思われるかもしれませんが、ちゃんと味も舌触りも期待通りの飲むヨーグルトになるので驚きですよ。 作り方も豆乳とサイダーを1対1の割合で混ぜるだけです。 実際に飲んでみると分かるのですが、飲むヨーグルト特有のドロッとした様な舌触りまで再現出来ています。 ではなぜこうなるのでしょうか。 それはサイダーの持つ酸味料に秘密があります。 サイダーが持つ酸味料には豆乳を固める作用を持っています。 2つを混ぜ合わせることでその作用が働き見事にドロッとした飲み心地を再現できてしまうのです。 味に関しては、人間の持っている味覚の作用を利用しています。 人間は甘味・塩味・酸味・苦味・旨味の5つの要素のバランスで味を判断しているのですが、そのバランスが似ていると同じような味に感じてしまうのです。 つまり豆乳とサイダーを混ぜたものは飲むヨーグルトの味のバランスに似ているため、同じような味に感じてしまうという訳です。 豆乳とサイダーで飲むヨーグルト味になっても飲むヨーグルトから得られる効果が増えるという訳ではありません。 ですので、豆乳を飲みたいけどそのままではどうしても苦手…といった方におすすめですね。 飲むヨーグルトのような風味になることでとても飲みやすくなります。 子どものいる家庭では実験の様に楽しみながら飲むことも出来るのでいいですね。 マックシェイクのヨーグルト味をいつでも飲める方法 大手ファーストフード店、マクドナルドの人気商品であるマックシェイクは期間限定で様々なフレーバーが登場しますね。 その中でもヨーグルト味はさわやかな酸味や甘さがあって大人気です。 ですが期間限定商品ということもあり「気付いた時には終わっていた…」「毎日の様に飲んでいたけど期間が終わってしまった…」なんてことに直面したことがある人も多いのではないでしょうか。 レギュラー化してくれればいいのに!という思いを持っているヨーグルト味愛好家の皆さんに朗報です。 ~用意するもの~ ・マックシェイク(バニラ味) ・レモン果汁(リキッドレモン)1個 作り方はとっても簡単。 マックシェイクのバニラ味にレモン果汁を足して混ぜるだけです。 レモン果汁なんてお店にいたら手に入らないのでは?と思う方も多いかもしれません。 あまり知られていないのですが、マクドナルドにはリキッドレモンといった紅茶を購入した人向けに渡されるレモン果汁が無料で用意してあるので、店員さんに注文の際に声を掛ければ無料でもらうことが出来ます。 マックシェイクのMサイズでもリキッドレモン1個でヨーグルト味にすることが出来るのでぜひ試してみてくださいね。 ですが店舗によっては特定のメニューを購入した人にしかリキッドレモンを提供できない可能性もあるので注意してください。

次の