令 和 元 年 10 月 22 日 祝日。 「令和」の即位の礼=22日中心儀式、祝日に:時事ドットコム

10月22日は今年限りの祝日 国旗を掲揚してお祝いしませんか

令 和 元 年 10 月 22 日 祝日

天皇陛下の「即位礼正殿の儀」が行われる10月22日は今年限りの祝日になります。 御代替わりを機に、祝日に国旗を掲揚してみませんか。 産経ネットショップではさまざまな種類の国旗を販売中。 10月14日までの注文で21日までにお届けできます。 2019年は国旗を掲揚したり、目にしたりする機会が増えます。 5月に天皇陛下がご即位されて平成から令和に元号が代わり、9~10月はラグビーのワールドカップが開催。 さらに、10月22日は天皇陛下のご即位を公に宣明される「即位礼正殿の儀」のほか、天皇皇后両陛下のパレードも行われます。 その後も11月9日に超党派の国会議員が「国民祭典」を開催する予定です。 産経ネットショップでは、玄関ホールや応接間などでの掲揚に最適な高級セットから、マンションの玄関にも設置できるタイプ、スポーツ観戦用、さらに手旗用100本セットなど、さまざまな用途に合わせた国旗を販売しています。 一番人気が高いのは、強力マグネットで玄関などに取り付けられるマンション設置用セット。 フォーマルな場所に最適なのが、。 スポーツの日本代表チームの応援にぴったりなのが、。 大勢でパレードやスポーツの応援に出かけるときにはがおすすめ。 1本当たり43円とお手頃価格です。

次の

【令和2年6月22日実績】函館市電・混雑状況のお知らせ

令 和 元 年 10 月 22 日 祝日

天皇陛下の即位の礼の中心儀式「即位礼正殿の儀」が22日、国の儀式として行われる。 即位の礼は1990年以来29年ぶりで、天皇を「象徴」と定めた現行憲法下では平成に続き2度目。 22日は今年限りの祝日となる。 即位礼正殿の儀は22日午後1時から皇居・宮殿「松の間」で行われる。 参列者は約2000人を予定。 平成を上回る190以上の国と国連、欧州連合(EU)の代表者らの参列を見込む。 陛下は高御座に上り即位を宣言され、安倍晋三首相が万歳三唱をする。 夜には宮殿で祝宴「饗宴の儀」が催され、外国元首らが出席する。 饗宴の儀は25、29、31日にも行われ、4日間で計約2000人が参列する予定。 11月10日午後3時からは「祝賀御列の儀」が行われ、天皇、皇后両陛下が皇居から赤坂御所までの約4.6キロをオープンカーでパレードする。 22日に行われる予定だったが、台風19号の甚大な被害を考慮し延期となった。 即位礼正殿の儀と饗宴の儀は、多数の外国賓客の参列などを考慮し予定通り実施する。 11月14日夜から15日未明には、皇居・東御苑で皇室行事の大嘗祭も行われる。 陛下は上皇さまの退位に伴い、5月1日に即位し、元号が平成から令和に改まった。 宮内庁の記録によると126代目の天皇。 皇室典範は「皇位の継承があったときは、即位の礼を行う」と規定しており、政府は5月の「剣璽等承継の儀」と「即位後朝見の儀」を含む5儀式を即位の礼として行うことを4月に閣議決定した。

次の

令和元年だけ10月22日が祝日、連休にはならず (2019年4月30日)

令 和 元 年 10 月 22 日 祝日

「さて、どんな年か」とカレンダーを眺めると、何といっても7月24日「スポーツの日」が存在感を見せつける。 東京五輪開会式の日。 前日の23日に7月第3月曜日から移った「海の日」、閉会式翌日の8月10日には本来11日の「山の日」と露払い、太刀持ちのように従えデンと構えている。 昭和39年10月10日の東京五輪開会式にちなみ「体育の日」として同41年から祝日となり、来年から「スポーツの日」と改称された。 日本体育協会が日本スポーツ協会となり、国民体育大会も令和5年から国民スポーツ大会に変わる時代。 体育の日もその流れで史上初のカタカナ祝日となった。 大学3大駅伝の開幕戦となる出雲駅伝は平成元年の第1回大会以来「体育の日」開催を堅持してきたが、さすがに「スポーツの日」というわけにはいかず来年は10月11日の日曜開催が決まっている。 今年は天皇陛下が即位され、特別な休日扱いもあって年間22日も祝日・休日があった。 史上初のゴールデンウイーク10連休など「どう過ごせば…」と、かえって戸惑いもあったようだが、昭和23年に祝日法が制定されて以降最多で休日に関してはサラリーマンにとって恵まれた1年だった。 来年も連休は多いが、「敬老の日」「秋分の日」が並んだ9月の連休など移動祝日がない時代では考えられない。 祝日はそれぞれの歴史や伝統にのっとって制定され、その日でなければ意味がないのに来年は特に複雑怪奇? ややこしすぎて五輪開会式は特別な休日でよかった、とも思うカレンダーではある。 (今村忠).

次の