ナチュラル ハイ。 Natural High! は、新しいフェスのカタチ探し始めます!

ナチュラルハイ (企業)

ナチュラル ハイ

2016年のページはこちら! 道志村キャンプ Natural High! 森と川と村のまつり 2016年5月21-22日 山梨県道志村 道志の森キャンプ場 山梨県道志村で続いてきたフェスづくり 11年目からの新しいギャザリングへ 最高の山があって、最高の森があるから、 最高の川があって、最高のムラがある。 ニコル、D. ニコルズ、C. 道志村より 神楽舞 地域おこし協力隊 リトル・トリー & more!! チケット発売&Web正式アップ、 4月中旬まで、もう少々お待ちください。 入場料は4000円に大幅値下げの予定です。 オートキャンプで楽しめます。 ぜひ仲間と一緒に、家族みんなで来てください! 出店募集はこちら 【出店募集】11年目の新しくなった「Natural High! -森と川と村のまつり-」 アースガーデン 11年目の開催にあたり 道志村でのNatural High!に心よせて下さる皆さま 今年も輝くような緑につつまれる最高の季節とロケーション広がる道志村での季節が近づいてきました。 開催へなかなか発表を進められない中で、問い合わせも次々いただいていており、本当に申し訳ありません。 こうしてやっと開催めどが立ったところで、今年への想いをお伝えさせて下さい。 昨年まで10年間、自然と音楽とキャンプ/アウトドアの交わるフェスの先駆けとしてNatural High!は幸福な開催を続けてこれました。 そしてその根っこはあの道志村の素晴らしい自然環境でした。 毎年、会場に滞在する1週間、何度も何度もくり返してました。 「かがやく緑の姿がキレイです。 素晴らしいです。 最高です!」 新緑が勢いづき日に日に緑を濃くする5月後半の道志村の光景は、朝起きて太陽と共に、夕暮れの光の中で、夜の暗い光の中で、その時々の一瞬一瞬がいつも本当に美しい緑の中にあって毎年、それを参加者の皆さんと一緒に体感し目に焼き付ける、幸せな10年でした。 そうして昨年の10周年を終え、満足感とともに色々とやり切ったという実感もあり、正直あの規模、あの環境で2000人の音楽フェスをする大変さもあって、新しい11年目のバランスを模索しながら迷いの多いここまででした。 あの素晴らしい場所だからこそ規模にも限界があり、この10年で増えてきた春開催の音楽フェスの増加に影響を受ける動員や予算のあり方、村の周辺環境の変化にも小さくない影響を受けはじめて、なかなか今年の開催へカタチが定まりませんでした。 それでもやっぱり、あの季節の道志村は最高でそこに戻りたい、あの素晴らしい環境を自分たちの大切にしたいことに、求めてくれる皆さんと一緒にもっともっと活かしたい、そういう気持ちをあらためて確認して、新しいフェスのあり方を探し始めようという今年の開催となりました。 山梨県道志村、富士山の東麓のさらに先、そして裏丹沢の緑ゆたかに水湧き流れる森。 あの土地であの季節だからできること、あの濃密な緑の谷間の姿と、水のめぐみを満喫する素晴らしい時間、道志村の皆さんとも相談しながら、あらためて新しい価値を創る場づくりへ、再スタートのNatural High!の11年目です。 自然と音楽とキャンプとアウトドア、この基本は変わりませんが、そのさらに先を探し始める今年からの開催、少し規模は小さくなりますが、だからこそ丁寧に皆さんと一緒に楽しめるところが沢山あるはずだと楽しみにしています。 11年目からのNatural High!をまた、どうぞよろしくお願いいたします。 Natural High!プロデューサー 南兵衛@鈴木幸一.

次の

「女優,ナチュラルハイ」に関するQ&A

ナチュラル ハイ

Hello from Mamiko Matsuda, Ph. in Houston Feb 2020 日本のみなさん、こんにちは。 新型コロナウイルスが世界中を震撼させています。 WHO(世界保健機関)は公衆衛生上の緊急事態宣言を出し、アメリカやイギリスのように、中国への渡航禁止や中国に2週間以上滞在した人の入国を阻止するなどして、日本以上に厳しい措置をとっている国も少なくありません。 また、各国の公共衛生当局は、感染者との接触を避けること、石鹸で丁寧に手を洗うこと、手に触れるものすべてをアルコールなどで消毒すること、マスクをすることなどの注意を呼びかけています。 ウイルスの感染者数も死亡者数も日ごとに増加していき、すでにマスクはどこも売り切れ状態だと報じるニュースを見聞きするにつけ、人々の不安はますます募る一方のようです。 しかし、「ナチュラル・ハイジーン」の理論を知っていれば恐れるに足りません。 「ナチュラル・ハイジーン」の健康理論の基本は、「体には自らを守る力が備わっており、その力が発揮できるようにしてやれば、体は常にベストの状態を保とうとしてくれる」というものです。 ウイルスやバクテリア(細菌)のような体にとって有害な物体が体内に侵入しようとすると、自らを守ろうとする体の免疫システムが、有害物排除のための努力をしてくれます。 そのため、「ナチュハイ・ライフ」を実践し免疫力を最大限に保っている限り、凶悪なウイルスが蔓延していたとしても、そのウイルスの侵入を許すことはない、というのが「ナチュラル・ハイジーン」の教えです。 また、何らかの理由で体の防御線が侵入物によって突破され、ウィルスの侵入を許してしまったとしても、体内にはさらなる防御隊が構えていて、侵入物によって致命的なダメージが与えられないよう懸命に体を守ります。 発熱、咳、嘔吐、下痢など、一般に「病気」と思われているものは、体がその侵入物を排除するために懸命に戦っているというメッセージであり、「この症状こそが体の防衛力の中核をなすものだ」として、「ナチュラル・ハイジーン」の医師たちは、およそ200年にもわたり、この考え方を教え続けてきました。 つまり、病気の症状とは、もとの健康体に戻ろうとして体が自ら引き起こしている「治るための取り組み」なのです。 この取り組みが邪魔されなければ、侵入物が早く処理され、症状が長引いたり致命的な病気へと悪化していくようなことにはなりません。 ところが西洋医学の考え方は、「猛威を振るうウイルスに対して体は無力である」というものです。 こうして薬 抗ウイルス剤、解熱剤、吐き気止め、下痢止めなど で体の取り組み(発熱、下痢など)を押さえ込んでしまいます。 「これは致命的なことだ」とシドニー(オーストラリア)のグレッグ・フィッツジェラルド博士は主張します。 なぜ致命的なのか。 博士は自らが主宰するクリニック「Health for Life Center」(ヘルス・フォー・ライフ・センター)が発行しているニュースレター(1月31日号)で、その理由をわかりやすく解説していますので、許可を得て一部をご紹介します。 ***************************** 熱を上げることは、体にとって猛烈にエネルギーを消費する。 熱を出すためには、体内の複雑なプロセスを経なければならない。 したがって、好き好んで熱を出すわけではなく、体は意図的に行なっているのである。 体は熱を出すことで白血球細胞を必要なところへ急行させたり、ウイルスの増殖源となる鉄の蓄えを隔離したりする。 そして仕事がすむと、「クロイゲン」と呼ばれる化学物質(冷却剤)を放出して熱を下げる。 人間の体には、なんとすばらしいサバイバル・メカニズムが備わっているのだろう! 吐き気、嘔吐、下痢なども同様のしくみだ。 これらはすべて体の自己防衛・修復・自己制御のプロセスで、体を守り、体の恒常性を取り戻すために意図された 変化なのである。 生命を守るためのものであり、生命に逆らうものではない。 私たちが危険な微生物にさらされたとき、体は代謝を活性化させるか低下させるかして体を守る。 病気のときには、体温を上昇(発熱)させたり、体のエネルギーを低下(不活発に)させたり、消化力を低下(食欲不振に)させたり、呼吸数を増やすなど、自ら変化させる。 これらは体を守るための手段であり、最適な健康状態を取り戻すために欠かせない変化なのである。 悲しいことに、現代医学の治療法は、体が発信しているメッセージに逆らうものである。 発熱は薬で抑えられ、吐き気や下痢も薬で抑えられてしまうし、咳も止められる。 そして体力をつけ体重を維持するという名目で高カロリーの肉や卵、精製加工食品などを食べるようすすめられるケースがほとんどだ。 これでは病気になるのも当然だ。 グレッグ・フィッツジェラルド博士。 ***************************** フィッツジェラルド博士によれば、インフルエンザで亡くなる人が、インフルエンザ以外の病気で亡くなる人と同じように増えているのは、体が自ら治ろうとして行なっている作業を抑えてしまうために、人々をもっと深刻な病気へと向かわせてしまうからだ、といいます。 西洋医療では、無数のバクテリアやウイルスが蔓延している世の中では人間の体は無防備で、私たちを救えるのは唯一「薬やハイテクを駆使した医療」だけだとしています。 しかしこれが真実ではないことは、「ナチュラル・ハイジーン」のパイオニアの医師たちが残してきた数多くの実績が裏付けています。 19世紀半ばから20世紀半ば頃まで、ヨーロッパでもアメリカでも、コレラやペスト、赤痢、疫痢、天然痘などが大流行し、当時一般的な医師の治療を受けた多くの人たちが亡くなっていきましたが、薬を使わない「ナチュラル・ハイジーン」の医師たちのアドバイスに従った患者たちは皆、生き延びたのです。 「ナチュラル・ハイジーン」の医師たちが患者たちにすすめていたことは、水以外の ものを口にするのはやめ、換気の行き届いた部屋で静かに体を横たえ、十分な休養をとることでした。 「医聖」と呼ばれ、今日でも医師たちの手本とされているヒポクラテスは、「病人に食べ物を与えると、症状を悪化させることになる。 一方、食事を与えなければ病気は早く治る」主旨のことを述べていました。 食べ物をとると、消化にエネルギーをとられてしまうため、体のヒーリングプロセスが十分に行なわれなくなってしまいます。 その結果、病気が長引いたり悪化したりするのです。 前出のフィッツジェラルド博士も、次のように述べています。 唸り声をあげること(つまり不快感)はあるかもしれないが、噛みつくようなことはない。 ***************************** 新型コロナウイルスであろうとなかろうと、熱が出たり食欲がなかったときには、食事をするのを止めて、新鮮な空気が通う静かな部屋で、不快な症状が消えるまで十分休むことです。 新型コロナウイルスで亡くなる人は、かなりの高齢者か、何らかの病気を抱えている人、虚弱体質の人などに多く、そうした人は回復力に欠け、どのような病気でも死に至る可能性が高いです。 「体の正しい扱い方」について教える「ナチュラル・ハイジーン」の知恵を身に着け、実践すれば、新型コロナウイルスに接触してしまったとしても、感染するようなことにはなりません。 「ナチュラル・ハイジーン」の理論についてさらに詳しく知りたい方は、『常識破りの超健康革命』『50代からの超健康革命』(グスコー出版)をご覧ください。

次の

2020年2月のメッセージ,新型コロナウィルス,松田麻美子

ナチュラル ハイ

概要 [ ] にのにより設立。 は「 株式会社ナチュ」。 グループメーカーの1社。 作品を多数リリースしている。 人気長寿作品『アンチ21人痴漢』は28本(特選獲物集7本・痴漢後追跡獲物集2本含めて37本)までリリースするが、2006年9月7日リリースの『アンチ21人痴漢 特選獲物集 Disc. 7』を最後にリリースされていない状態である。 現在はC学生関連の作品や、電車以外の多彩な場所での痴漢作品が増えてきている。 に看板監督であったガンジャよしの(現 )が新メーカー「」(株式会社ヒロスンエンタテインメント)を設立し独立。 また、成人向けのアニメ""を製作し、その分野でも一躍有名になった。 主なシリーズ [ ]• 21人痴漢• アンチ21人痴漢• デジモ21人痴漢• これが噂の痙攣薬漬け• 痴漢バス• 痴漢革命中派• 痴漢バス興業(株)• アンチ痴漢バス興業(株)• C学生通学痴漢• クラブ痴漢• リアル痴漢• 痴漢女子便所• 混浴温泉痴漢• 海の家痴漢• プール痴漢• トイレ痴漢• エレベーター痴漢• ブルマニンジャ• プチ露出・裸出• それイケ!いたずら10人隊• 出動!いたずら10人隊レディース• ド素人おもいっきり生電マ• 万引きC学生• 眠剤C学生• 裸の大陸• 100万円つかみ取り 取れなきゃ脱いでヤッてもらいます• 中出し痴漢バス興業㈱• 痴漢OK娘• 痴漢全裸下車• 女子高生通学路痴漢• 痴漢下車追撃 他多数 アニメ• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の