要件定義書。 要件定義とは何?スムーズな進め方や成果物(要件定義書)についても解説

要件定義って何をするの?基礎知識から、具体的な流れまで分かりやすく解説します!

要件定義書

要件定義とは、システムやソフトウェアの開発において、実装すべき機能や満たすべき性能などのを明確にしていく作業のこと。 いわゆるの一部で、実際の開発・実装作業を始める前に行う作業の一つである。 要件定義では、利用者がそのシステムで何がしたいのかを元に、それを実現するために実装しなければならない機能や、達成しなければならない性能などを開発者が検討して明確にしていく。 まとめられた成果は「要件定義書」としてされることが多い。 一般的にこの段階では「何が」必要なのかを定義するに留め、それを「どのように」実現するかは後の工程で検討される。 主に利用者側の視点から業務手順を明確化して分析し、情報システムで何がしたいのかをまとめる工程と、これを元に開発者側の視点からシステムが何をすべきか、何が必要かをまとめる工程に分割して考える場合もあり、前者を(狭義の)要件定義と区別してと呼んだり、両者とも要件定義内の工程としてとシステム要件と呼び分けたりする。 主に大企業などが専門の事業者にシステム開発を委託する際に用いられる型の開発モデル(前工程を完全に終わらせて次工程に移る方式)では、要件定義はの最初に一度だけ行われ、これを元にシステムの仕様や設計が固められる。 一方、など同じ工程の流れを循環的に繰り返す反復型の開発モデルでは、前の反復で作られた半完成品に触れながら要件定義を繰り返し、段階的に要件を明確化・詳細化していく手法が用いられる場合もある。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の

要求仕様書とは?書き方と例・要件定義書との違い

要件定義書

はじめに 要件定義は、システム化構想の結果を受けて、「どんな業務にしたいのか検討し、その業務を実現するために必要なシステムを整理する」工程である。 ゆえに、要件定義書には 「業務要件」と 「システム要件(機能と非機能)」の2つを書けばよく、具体的な記載内容は決められていない。 とはいえ、担当者の能力で記載内容が変わるようでは、システム品質に差が出てしまうことから、記載内容やテンプレートを整備している企業も多い。 まずは自社ルールを確認してみる良いだろう。 なお、要件定義書を書き上げるまでの途中成果物として作成する資料については、下記をご覧いただきたい。 要件定義書の目次(例) 1. 業務要件の定義 1-1. 業務概要 1-2. 規模 1-3. 時期・時間 1-4. 場所 1-5. 管理すべき指標 1-6. システム化範囲 2. 機能要件の定義 2-1. システム機能要件 2-2. 画面要件 2-3. 帳票要件 2-4. 情報・データ要件 2-5. 外部インターフェース要件 3. 非機能要件の定義 3-1. ユーザビリティ及びアクセシビリティ要件 3-2. システム方式要件 3-3. 規模要件 3-4. 性能要件 3-5. 信頼性要件 3-6. 拡張性要件 3-7. 上位互換性要件 3-8. 継続性要件 3-9. 情報セキュリティ要件 3-10. 情報システム稼働環境要件 3-11. テスト要件 3-12. 移行要件 3-13. 引継ぎ要件 3-14. 教育要件 3-15. 運用要件 3-16. 保守要件 書くことが多すぎて嫌になるかもしれないが、過去のプロジェクトから書ける内容も多いため、ゼロから全てを書き上げる必要はない。 関連記事: では、さっそく、要件定義書の書き方について、下記3つに分けて説明していこう。 業務要件の定義 2. 機能要件の定義 3. 非機能要件の定義 業務要件 業務要件には、主に下記6つを記載する。 1-1. 業務概要 1-2. 規模 1-3. 時期・時間 1-4. 場所 1-5. 管理すべき指標 1-6. システム化範囲 業務概要 業務の概要では、下記の4つを記載する。 1)背景と目的 2)用語の定義 3)業務の概要 4)現行システム概要 1)背景と目的 システム化が必要な背景と目的を簡潔に記載する。 これらは要件定義より前の「企画」の段階で整理されているはずなので、企画段階の資料をもとに書くと良いだろう。 なお、背景と目的がピンとこない人は下記のように考える理解しやすい。 例) 業務時期:月初から第三営業日までに実施 業務時間:9時〜17時 場所 システム化対象業務が関係する場所や組織について概要を記載する。 業務フローに対して、Where(どこで?どこに?)の観点で整理すると良いだろう。 管理すべき指標 システム化対象業務にて、管理すべき指標を記載する。 重要業績指標(KPI)で考えるとイメージしやすい。 KIPの例については、下記のサイトが参考になる。 システム化範囲 対象業務のシステム化範囲を明確に記載する。 文章だけだとどうしても伝わりづらいので、「1-1. 業務概要」の業務フローや現行システムと合わせて記載すると良いだろう。 機能要件 機能要件には、主に下記5つを記載する。 2-1. システム機能要件 2-2. 画面要件 2-3. 帳票要件 2-4. 情報・データ要件 2-5. 外部インターフェース要件 システム機能要件 今回開発するシステム機能について、機能一覧や機能構成図に全体像をまとめる。 システム機能一覧の項目(例) ・機能名 ・機能種別(画面、帳票、バッチ等) ・処理概要 ・利用者 など 見積りに影響するような難易度の高い機能については、詳細な説明を記載しよう。 (別紙でも良い) ここには開発する機能を全て列挙するため、運用保守や移行に関係する機能も含めること。 画面要件 画面要件では、画面一覧/画面遷移図/画面レイアウトなどに加えて、具体的な画面イメージを記載する。 帳票要件 画面要件と同じく、帳票一覧/帳票レイアウトなどに加えて、具体的な帳票イメージを記載する。 情報・データ要件 保管するデータ項目の一覧やデータ量の想定件数を記載する。 ER図などを用いて表現することも多い。 外部インターフェース要件 今回開発するシステムと処理連携やデータの授受を行う他システムを一覧にまとめる。 システム機能一覧の項目(例) ・外部インターフェース名 ・外部インターフェース概要 ・連携方式(バッチorオンライン) ・送受信区分 ・相手先システム ・送受信タイミング ・送受信条件(ファイル転送等) など データ連携手法の選定する際には、下記の記事が参考になる。 非機能要件 非機能要件には、主に下記5つを記載する。 3-1. ユーザビリティ及びアクセシビリティ要件 3-2. システム方式要件 3-3. 規模要件 3-4. 性能要件 3-5. 信頼性要件 3-6. 拡張性要件 3-7. 上位互換性要件 3-8. 継続性要件 3-9. 情報セキュリティ要件 3-10. 情報システム稼働環境要件 3-11. テスト要件 3-12. 移行要件 3-13. 引継ぎ要件 3-14. 教育要件 3-15. 運用要件 3-16. 保守要件 ユーザビリティ及びアクセシビリティ要件 システム利用者の種類や特性 今回開発するシステムの利用者について、ITリテラシーの水準を記載する。 利用者のITリテラシーが低い場合は、画面構成や操作方法をよりシンプルにする必要があるだろう。 ・可用性 「使いたいときに使えるか」の指標。 一般的には稼働率を記載する。 ・完全性 「データの欠損や不整合がないこと」の指標。 機器の破損への対策、ログの取得など、定性的な書き方となることが多い。 拡張性要件 利用者やデータ量の増加といった「性能の拡張性」や、「システム機能の拡張」における要件を記載する。 上位互換性要件 OSやソフトウェアのバージョンアップにおける要件を記載する。 継続性要件 「信頼性要件の可用性」と同じ意味合いだが、こちらは大規模災害時における復旧目標時間や、データのバックアップについて記載する。 予備システムを別拠点に準備しておき、災害発生時に切り替える…というような冗長性具体的に書く場合もある。 情報セキュリティ要件 開発するシステムが満たすべきセキュリティの要件を記載する。 具体的には、.

次の

要件定義書って何?書き方と目的、要求仕様書、RFPとの違いまとめ

要件定義書

要件定義とは、システムやソフトウェアの開発において、実装すべき機能や満たすべき性能などのを明確にしていく作業のこと。 いわゆるの一部で、実際の開発・実装作業を始める前に行う作業の一つである。 要件定義では、利用者がそのシステムで何がしたいのかを元に、それを実現するために実装しなければならない機能や、達成しなければならない性能などを開発者が検討して明確にしていく。 まとめられた成果は「要件定義書」としてされることが多い。 一般的にこの段階では「何が」必要なのかを定義するに留め、それを「どのように」実現するかは後の工程で検討される。 主に利用者側の視点から業務手順を明確化して分析し、情報システムで何がしたいのかをまとめる工程と、これを元に開発者側の視点からシステムが何をすべきか、何が必要かをまとめる工程に分割して考える場合もあり、前者を(狭義の)要件定義と区別してと呼んだり、両者とも要件定義内の工程としてとシステム要件と呼び分けたりする。 主に大企業などが専門の事業者にシステム開発を委託する際に用いられる型の開発モデル(前工程を完全に終わらせて次工程に移る方式)では、要件定義はの最初に一度だけ行われ、これを元にシステムの仕様や設計が固められる。 一方、など同じ工程の流れを循環的に繰り返す反復型の開発モデルでは、前の反復で作られた半完成品に触れながら要件定義を繰り返し、段階的に要件を明確化・詳細化していく手法が用いられる場合もある。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の