パチンコ爆サイ。 パチンコ店「まるで魔女狩り」 店名公表の福岡県は「感染リスク考えて」|【西日本新聞ニュース】

ワイ「パチ屋の情報知りたいなー」敵「爆サイやな」ワイ「ほーん、見てみるわ」|パチンコ・スロット情報まとめアンテナ

パチンコ爆サイ

県は県内全365店舗のうち、25、26日に休業を確認できなかった22店舗に対し、要請に応じない場合は店名を公表することを27日に文書で通知。 16店舗は休業したが、北九州市の2店舗と福岡市、筑後市、豊前市、小郡市の各1店舗は29日午前10時以降も営業を続けていた。 県職員が店舗を訪れ、再度要請しても応じなかったため、店名公表に踏み切った。 県は引き続き、6店舗に休業を働き掛けるという。 小川洋知事は県庁で記者団に対し、6店舗について「感染リスクを考え、立ち止まって考え直してほしい」と強調。 なお要請に応じない場合、さらに強く休業を「指示」することも可能で、「事業者がどういう判断をされるかを見ながら、判断していく」と述べた。 県民に対しては「ぜひとも行くことを控えてほしい」と協力を呼び掛けた。 県のホームページで店名を公表すると記された文書を経営者に手渡した。 経営者は取材に「100パーセントでないにせよ、できる対策をして客には安心して来てもらっている。 十分な補償がない中では営業を続けるしかない」と語った。 店名公表については「感染症に対する恐怖や不安感からパチンコ店が標的になっている。 まるで魔女狩りだ」。 店は混乱を避けるため警備員を増やし、マスクをしていない客にマスクを配布。 感染すると重症化のリスクが高いとして、高齢者の来店を断る場面もあった。 40代の男性客は「マスクや換気もしっかりしているし、よほどスーパーなどの方が危ない。 店名公表で遠くから客が来る方が心配だ」と話した。 県北のパチンコ店は29日午後、多くの利用客でにぎわっていた。 駐車場は大半が埋まり、止めるスペースがなく右往左往する車も。 長崎など他県ナンバーの車も見られた。 別のパチンコ店では、男性建築作業員が「台が空くとすぐ別の客で埋まる。 十分な消毒はできないのでは」と不安も口にした。 男性会社員は「店が開いていたら来ちゃいますよ」と話した。 (豊福幸子、山口新太郎、野間あり葉、古瀬哲裕).

次の

遊技業界人が断言「コロナ禍のパチンコ通いがパチンコ屋を潰すワケ」

パチンコ爆サイ

いよいよ明日4月1日より、全国のパチンコホールが一斉に禁煙化される。 これは健康増進法の改正を受けたもので、パチンコホールに限らず、飲食店等の屋内型施設はほぼこの改正により禁煙となる。 パチンコ業界としては、「ホール禁煙化」を機に、空調環境の綺麗になったパチンコホールを大々的に広報したかったのだろうが、折悪く新型コロナウイルス感染症の影響により、新台入替の広告等の集客を目的とした広告宣伝のみならず、一切の広告宣伝を自粛している現状で、パチンコの歴史の中でも一大転機となる「ホール禁煙化」の告知がとても限定的な広報に限られてしまった。 結果、パチンコホールの常連客ですら、4月1日からの禁煙化を知らない人もいる始末。 本稿では、遊技客とホール、双方の視点からパチンコホールの禁煙化について考察する。 まずパチンコホールに訪れる遊技客の視点から、この度の「禁煙化」について解説する。 そもそも具体的に、4月1日から、どの範囲で禁煙化が実施されるのか。 ホール内に設置された喫煙スペース(喫煙所)でのみ喫煙が可能。 この3つだ。 ちなみに、今回の禁煙化に際し、大手飲食チェーンですら「加熱式煙草」を「電子タバコ」と表記している場合があるが、正確には、日本における電子タバコにはニコチンが含まれておらず、前述の加熱式煙草とは全く種類が違う。 一部、海外から輸入された電子タバコにはニコチンを含むものもあるが、これはホールによって通常の紙巻き煙草と同様の扱いになるのか、加熱式煙草と同じ扱いになるのかは判断が分かれるところ。 仮に 遊技客が禁煙化されたホールで煙草を吸った場合、吸わせたホール側だけではなく、遊技客自身が罰金を払う可能性もあるので注意されたし。 4月1日からのホール禁煙化に向け、多くのホールでは喫煙スペースの設置を既に終えている。 今後、喫煙する遊技客は、喫煙スペースまでの距離の近さ等の、喫煙しやすい環境を備えたホールを選択する可能性も大いにある。

次の

爆サイであだ名つけられたんだけど、お前らのあだ名教えてクレメンス

パチンコ爆サイ

4月7日、新型コロナウィルスの影響により、7都府県に緊急事態宣言が発令された。 これにより、政府からの休業要請を受けた多くの店が休業へと踏み切ったが、一部の店舗は営業を継続しており、世間から猛烈なバッシングを受けている。 連日パチンコ店に並ぶ人数を報道され、パチンコは今の日本社会において新型コロナウィルス蔓延の加害者的存在になってしまった。 そもそもこのご時世でパチンコ店に行く人は、勝てると思って行っているだろうか。 そこでSPA!ギャンブル担当の 勝SPA!取材班では、4月28日の時点で営業を続けるホールへ、現役のパチプロに行ってもらい調査を行った。 プロ目線で見た現在のパチンコ店のリアルな状況をお伝えしたい。 ファン雑誌などに出たこともあるが、基本的にはパチンコの収入をメインに生活をしている。 私がパチンコ店に立ち入ったのは3月18日以来、実に41日ぶりとなった。 現時点での今年の収支はプラス58万円。 そんな私が向かったのは、埼玉県にある某パチンコ店。 駅前にある1000台クラスの大型店で、普段から6割以上の稼働がある比較的人気のある印象を持つパチンコ店だ。 午後3時。 店先には店員が立っており、右手に持っていた検温機を首筋にかざして「はい、オッケーです」と言い、左手に持っていたアルコール消毒液を私の両手に噴射した。 マスクの着用も義務化しているようで、着用していない人に配る用のマスクも用意されている。 入店前のウィルス対策は割と徹底しているようだ。 入店すると、まず客の多さに衝撃を受けた。 ちょっと前までは感染症対策として、一台おきに稼働しているホールも多かったのだが、こちらのホールは全台フル稼働。 北斗無双や花の慶次といったメイン機種は満席、全体でも9割以上が稼働しており、これはイベント並みの稼働率といえる。 パチンコ店は一般の人が思っている以上に空気の循環設備は整っているが、これだけ人数がいたら、いくら対策しても飛沫感染のリスクはあるだろう。 ボーダーラインを超えている台はないと言い切ってもいいレベルだ。 そして、たまたま空いた北斗無双の状況も座ってチェックしたが、千円あたり13回程しか回らないであろう締めっぷり。 プロからすると「よくこんな状況で打てるな」というのが素直な感想である。 そんな負けて当然の台を打っている人達の客層を調べてみた。 パチンコ店に毎日のように立ち入っていた私からすると、「パチプロ以外のいつものメンバー」という表現がしっくりくる。 大学生のような若者は少ない印象ではあったが、仕事が休みになった中年男性、1円パチンココーナーには高齢者や年配の人達が多くを座っていた。 おそらく様々なパチンコ店の常連客が、行き場を失って営業している店を探して集まっているのだろう。 パチンコ店にとって、何も何も考えずに釘もデータもチェックせずに打ち続けている常連客とは利益をもたらしてくれる優良客である。 それはパチプロにとっても同じである。 なぜなら、彼らのようなテキトーな台に闇雲にカネを突っ込んでくれる客がいるからこそ、パチプロはオイシイ台を見抜いて打つことができるのだ。 まさに濡れ手に粟、飛んで火に入る夏の虫とはこのことである。 ちなみにスロット台がメインの別館にも立ち入ったが、頭上の箱を使っている客は皆無。 全台設定1……いわゆるベタピン状態なのかもしれない。

次の