エプスタイン 事件。 【エプスタイン事件】トランプは、悪魔崇拝者たちと戦っている 舞台はハリウッド【超絶閲覧注意】

【閲覧注意:日本で報道されない】ジェフリー・エプスタインの悪魔崇拝

エプスタイン 事件

アメリカ版プチエンジェル事件~ジェフリー・エプスタインが再逮捕~ アメリカの政財界のみならず学会などにも顔が利く大物が逮捕されました。 名前はジェフリー・エプスタイン 容疑は、未成年の少女たち数十人を政財界の有力者に性奴隷として斡旋していたというもの。 その後の捜査で、容疑者の男は政財界の大物たちに性奉仕させるため少女を斡旋している有名人であることが発覚。 携帯電話には数千人規模の客、少女のアドレスがあったと言われている。 容疑者の男が何故死んだのか不明。 口封じで殺された可能性などもあるが、すべては闇の中。 ジェフリー・エプスタインの逮捕容疑 今回、ジェフリー・エプスタイン氏が逮捕された容疑は以下のようなもの。 2002年から2005年にかけて行われた未成年の少女に対する性的目的の人身売買1件および人身売買共謀1件 もし有罪になれば、最高で懲役45年が科されるということです。 ただ今回の事件、実は2007年に一度結審しています。 当時も非常に話題になったニュースだったのですが、財力によって上手いことやったのでしょうか・・・非常に寛大な判決が下り、たった13カ月で出所しています。 しかも、一般的に性犯罪で有罪になれば州刑務所で他の受刑者と一緒に入れられるものですが、 ジェフリー・エプスタインは別途フロリダ州が用意した個室・・・というより別宅のような建物で、快適な生活を過ごしていたと言われています。 さらには、一週間に6日間、1日に12時間会社に通勤するために建物の外に出て街にいくことも認められていたということです。 もはやここまでいくと牢屋という感じがしませんね? あまりにも寛大な判決であり、当時からずっと、 「カネで揉み消したのではないか?」 「いやいや、カネだけでこんな寛大な判決になるはずがない。 何か大きな力が働いたのではないか?」 などと話題になりました。 そして今回、当時の裁判の過程が杜撰だったことが明るみになり、再度裁判を行うためにジェフリー・エプスタインを収監したということです。 ジェフリー・エプスタイン氏とトランプ大統領 なお、ジェフリー・エプスタイン氏はトランプ大統領とも仲がよかったそうです。 2002年、トランプ大統領はジェフリー・エプスタイン氏のことを 「彼も美女好きだし、俺も美女好き、共通しているいい奴だ」 のように称賛していたとのこと。 しかしトランプ大統領によると、たしかにジェフリー・エプスタインは知人だが、もう十数年話していない、とのこと。 ジェフリー・エプスタイン氏が裁判になったことを受けて、距離をとった可能性があります。 ジェフリー・エプスタインとアンドルー王子 ジェフリー・エプスタインは非常に顔の広い人物として知られており、世界中のセレブと知り合いだったと言われています。 その中にはイギリスのアンドルー王子もおり、じつはアンドルー王子自身も、 「ジェフリー・エプスタインから少女を斡旋されてロリータセックスしていたのではないか?」 と噂された時期がありました。 2015年1月3日 AFP通信 報道の根拠となったのは2014年12月29日にフロリダ州ウエストパームビーチの地裁に提出された訴状。 これによると、原告の女性は1999年から2002年にかけて、ジェフリー・エプスタイン氏によって乱交パーティーにさせられたとのこと。 アンドルー王子と関係したのはこのうち、ロンドン、ニューヨーク、カリブ島のエプスタイン氏所有の島で、とのことでした。 もちろん、英王室は猛烈に否定しており、その後も報道がないため有耶無耶になりましたが、現在でもアンドルー王子への疑いの眼差しは続いています。 ジェフリー・エプスタインとウッディ・アレン なお、ジェフリー・エプスタイン氏は映画監督のウッディ・アレンとも仲が良かったと言われています。 ウッディ・アレンといえば元交際相手のミア・ファローの娘に手を出していたとしてロリコン監督と非難された映画監督です。 娘さんはディラン・ファローという方ですが、2018年にCBSのインタビューで当時の出来事を語っています。 なんと、7歳の時に性器を触られたとか・・・ひぃ ちなみにウディ・アレンですが、ミア・ファローのもう一人の養女と結婚しています・・・ひぃ ジェフリー・エプスタイン氏とクリントン元大統領との関係 なお、ジェフリー・エプスタイン氏はアメリカ元大統領のビル・クリントン氏と非常に昵懇だったと言われています。 ジェフリー・エプスタイン氏の所有するジェット機を利用してクリントン元大統領はあちらこちらに旅行をしていた事実が以前発覚しましたが、 このジェフリー・エプスタイン氏の所有するジェット機というのが、いわゆる航海空域で行われる秘密のサービス用のジェット機だと言われており、ジェット機についたあだ名は 「ロリータ・エクスプレス」 クリントン元大統領もそういったサービスを受けていたのではないか、と噂されているわけです。 また、このジェット機の行き先はおもにカリブ海の孤島、米領バージン諸島のリトル・セント・ジェームズ島だったわけですが、 そこにはジェフリー・エプスタイン氏の所有する別荘があるとのことです。 これまでに被害を訴えた女性たちによると、その別荘では乱交パーティーが繰り返されており、世界中のセレブの顔があったとのこと。 まさにパラダイスビーチだったというわけです。 ジェフリー・エプスタイン氏とクリントン元大統領の関係がWikipediaやGoogleから削除される? なお、ジェフリー・エプスタイン氏とクリントン元大統領の関係を示す記述がWikipediaやGoogleから消されたと騒ぎになっています。 Some are claiming the Clinton-Epstein photos are quietly disappearing from Google Images. Gee, I wonder why? Sort of like Wikipedia quietly deleting Clinton's involvement with him on Epstein's wiki page. まさに裸の付き合いといったところでしょうか。 Just in case the internet tries to scrub any link between Clinton and Epstein, here are some screenshots from Wiki and elsewhere.

次の

クリントンとトランプの友達、「乱交島」「ロリータエクスプレス」のジェフリー・エプスタインが逮捕されたとフェイクニュースが報じる

エプスタイン 事件

それにしても世の中には不可解な事件が多いと思ったことはありませんか。 そのような不可解な点と点が結ばれ繋がった気がして、これこそ真実だと気付かせてくれたRAPT理論。 なかでも悪魔崇拝に関する考察こそが私にとってキーポイントでした。 以下、簡単に概要をおさらいしておきます。 目次 1.悪魔崇拝こそがイルミナティの核心 2.イルミナティが幼児虐待をするのはなぜか 3.悪魔とイルミナティの支配構造 4.キリスト教的観点からの考察 参考:関連する事件/状況証拠 1.悪魔崇拝こそがイルミナティの核心 いにしえより、王侯貴族やスーパーエリートは悪魔を拝んでいる悪魔崇拝者つまりイルミナティです。 生贄儀式によって悪魔を召喚し、その霊感による指示に従って、まさに悪魔的な行動計画にそって政治や経済、マスコミや文化などを動かし、世界を変えてきたのです。 彼らの多くは絶大な富と権力を持っており、それら全てが悪魔から受けたものだと信じています。 悪魔を拝まなくなれば、それら全てが自分の手の中から消えてしまうと思って怯えており、だからこそ続けて悪魔に生贄を捧げる儀式を執り行っているのです。 その幼児たちは様々な心の傷を負うことによって精神分裂を引き起こし、不安定な心の中に様々な悪い霊を呼び込んでしまい多重人格になると考えられます。 2-2.多重人格者に育った子供たちは、悪魔の計画を遂行するための要員として用いられる 多重人格者はイルミナティの命令に従わないと恐ろしい目に遭うと洗脳されてしまうのです。 悪魔崇拝者たちが様々なシンボルマークや666などの数字を、企業のロゴマークやミュージシャンのアルバムジャケット、あるいは映画やテレビの映像の中など、ありとあらゆる場所に散りばめて用いるのは、私たちのような普通の人たちにメッセージを送るためというより、既に洗脳状態にある人たちに向けて、お前は悪魔から逃れられない、お前の周りには常に私たちがいて見張っているのだというメッセージを送り、強迫観念を植え付けるためと考えられます。 2-3.うまく多重人格に育たなかった子供は悪魔への生贄として殺される 2013年のバチカン、イエズス会、ヨーロッパ王族の悪魔崇拝裁判において、彼らは殺した子供の肉を食べ、血を飲むことで、霊的なパワーが得られると信じていたと法廷で証言されました。 悪魔は、悪魔崇拝者に生贄の見返りに霊的なパワーを与えるわけです。 では何故、悪魔が人間に生贄を要求してくるかというと、その動機は神に対する反逆にあります。 神が愛する人間を、悪魔の支配下において神を悲しませたいのです。 3.悪魔とイルミナティの支配構造 3-1.イルミナティには霊的なことを行う人たちと、地上で様々な計画を行う人たちと、大きく二つの組織に分かれている 悪魔に近い霊的な指導的存在である天皇、ローマ法王バチカン、イエズス会、エリザベス女王といった王侯族が、悪魔崇拝の儀式、つまり子供たちを生贄にし、その肉を食べ、血を飲むような儀式を専門的に執り行い悪魔からの霊感による指示を受けてきたと考えられます。 この指示に基づいて、政治・経済や文化・芸術や科学・技術や医療・健康などの分野を実質的にコントロールしてきた組織が存在すると思われます。 3-2.イルミナティは自分たちの血統から生まれた子供だけでは悪魔の計画を遂行できないため、世界中から幼児を誘拐して育てることにした アメリカでは年間80万人もの幼児たちが行方不明になっています。 日本でも多くの幼児が行方不明になっています。 その多くが悪魔崇拝者 またはその末端の組織 に拉致され、虐待され、殺害されているとも疑われています。 悪魔崇拝者たちとしては、できれば自分たちの血統だけでイルミナティ要員を構成したかったのでしょうが、それだけでは生贄の数も足りず、悪魔の計画を遂行することもできないので、一般の子供たちを誘拐することにしたのだと思われます。 3-3.子供のときから人を育てるだけでは人員が足りないので、一般の人たちをも金や脅迫によって操る必要があった イルミナティは、一般の人たちを取り込むために甘い誘惑を使って富や社会的地位の保証を行う一方で、賄賂、幼児虐待、乱交といった罪に誘い込み、裏切る場合は、その罪を公開するといった恐喝を用いてコントロールできるよう弱みを握ります。 もちろん裏切者に対しては徹底した復讐があると考えられます。 まさに悪魔的な飴と鞭による支配です。 4.キリスト教的観点からの考察 「戦う相手は、血肉を持った人間ではなく、肉体のない者たちです。 すなわち、目に見えない世界の支配者たち、この世を支配する暗闇の大王たち、それに、天にいる無数の悪霊です。 」…新約聖書 エペソ人への手紙より キリスト教にもともと馴染みのない日本人には、このような話をしても全く理解できないし、信じられないでしょう。 そのため、悪魔崇拝について調べようにも詳細に書かれた記事がネット上ではなかなか見付かりません。 しかし、この世には間違いなく霊的な存在があり、その霊的な存在には悪なる存在がいます。 その悪なる存在の頂点にたつのが悪魔であり、悪魔の頂点にたつのがルシファーなのです。 そして、このルシファーが悪魔崇拝者をこの世に作り出し、彼らに自らの意志を伝えて、自分の意のままにこの地球を支配しようとしてきたのです。 悪魔はこの世に間違いなく存在しています。 そして、霊的なものを感じようと感じまいと、悪なる心を持った人は間違いなく悪い霊を呼び寄せ、さらには親交を深めてしまいます。 この世でも互いに似た者同士がくっついて仲良くしてしまうように、霊の世界はそれ以上に似た者同士を強くおびきよせてしまうのです。 ですから、悪魔もまた自分に似た者を人間の中からおびきよせ、さらにその中から霊感の強い者たちを選んで、自らの姿を見せたり、声を聴かせたりしながら、自らの意志を伝え、それに忠実に従う者たちを集めてきた可能性があります。 旧約聖書の中でも、イスラエルの民の周りには悪魔を拝んでいたと思われる人々、淫乱な儀式をする人々が数多くいたという記述がありますし、ときにイスラエルの人々もその風習に倣って、自らも悪魔を拝んだり、淫乱な儀式をしたりしたという記述が残されています。 そのたびに神ヤハウェは激しく怒り、彼らに対して裁きを下すのですが、イスラエルの人々はそれでも懲りずに悪魔を拝みつづけ、淫乱な行為にふけりつづけました。 恐らくそのようなイスラエル人の子孫たちの中から、現在の悪魔崇拝者たち、イルミナティと呼ばれる人たちが生まれてきたのでしょう。 以上、2014年のRAPT理論の記事より抜粋.

次の

1日3回オーガズムを求めた米大富豪の「性的恐怖の館」に出入りしていた英王子 米裁判所に呼ばれる恐れも(木村正人)

エプスタイン 事件

ズバッと言ってしまえば子供を食べている可能性もある。 そしてなぜこのようなことになるかは秘術なので書けません。 それは自分で調べて下さい。 それを理解すればさらに恐ろしいことが理解できるのだが、いろいろミスリードする可能性もあり危険なので内容は書けません。 なのにも関わらずエプスタインは実刑が確定しているのも関わらず、自由に刑務所をでたり入ったりできるもので、寝るときだけ戻ればいいだけだったみたいです。 しかも刑期より短くでてきたみたいです。 何故こんな事になっているのかは、トランプとかヒラリーとかビル・クリントンとかジョージ・クルーニーとかオバマとかイギリス王室もみんなエプスタイン島に行っているのです。 搭乗記録などから明らかになってきている。 そしてモデルのナオミ・キャンベル、アカデミー賞俳優のケヴィン・スペイシー、英国のアンドリュー王子、元米国財務長官ラリー・サマーズ、その他多くのパワーエリート著名な政治家が含まれている。 エプスタイン逮捕後には、彼らにも疑念の目が向けられることとなった。

次の