フレディ マーキュリー 死因。 フレディ・マーキュリー追悼コンサート

フレディマーキュリーの死因は?死亡にうずまく陰謀論5選

フレディ マーキュリー 死因

以前から噂されていたフレディのエイズ感染。 その事実を発表したのが11月23日の金曜日の晩であり、翌日にはフレディの声明は新聞などを通して世界中を駆け巡った。 そして、1991年11月24日の日曜日夕方、公表からわずか1日あまりで彼は息を引き取った。 エイズによる合併症が死因であった。 以前からの噂もあり、フレディがエイズを公式に発表したこと自体に、僕自身は対した驚きはなかった。 しかし、その翌日にはそのエイズで死んでしまうなんて、思ってもいなかっただけに信じられない思いでいっぱいだった記憶がある。 衝撃的な死に方をするミュージシャンは結構いるが、このフレディの死は今までとはまた違った意味で衝撃的だった。 自分が同性愛者であることが公然の事実となっていたフレディ。 当時同姓愛者からエイズ患者が多数出ていたこともあり、エイズという病気が色々な意味で誤解を招いていた事なども考えると、彼がエイズで亡くなったという事実はまさにショッキングな出来事であった。 フレディ・マーキュリーと社会問題 フレディは自分からあえて社会問題を訴えるようなアーティストではなかった。 彼は常にファンを楽しませるにはどうすればいいのかという事に全精力を注いでいたし、自分の作品が芸術的に高いものになるようにはどうすればいいのかといった事を考えていたアーティストであった。 しかし、フレディのその純粋な気持ちが時として社会問題を引き起こす事もあった。 クイーンがアパルトヘイト政策下の南アフリカでコンサートを開いた時などは、マスコミなどからの大バッシングを受けた事もある。 クイーンのメンバーはただ単に南アのクイーン・ファンに自分たちのパフォーマンスを見てもらいたい、そして楽しんでもらいたいという気持ちから南アでの公演を決行しただけだったのだが。 もちろん南アでコンサートを行って何事もないなどとメンバー自身思っていかかったのだが。 フレディやクイーンのメンバーが社会問題をその活動の中であまり取り扱わなかったからといって、彼らが社会的に無知であったわけではもちろんない。 ボブ・ゲルドフの提唱したライヴ・エイドには当初売名行為ではとも考えたようだが、最終的にはこのイベントの主旨を理解し、20分間ではあったものの最高のパフォーマンスを我々に披露してくれた。 ショウ・マスト・ゴー・オン フレディの様態に異変が起きてきたのは、アルバム『ザ・ミラクル』作成中の88年〜89年のころだった。 この当時はまだそれほど目に見えてフレディの体が病に冒されている事を感じることは出来なかったが、フレディの側にいる者たちはフレディの異変を少しずつではあるが感じ取っていた。 彼はスイスのモントルーのジェネバ湖畔に家を購入し(その家はアルバム『メイド・イン・ヘヴン』で見ることが出来る)、作品作りに没頭した。 『ザ・ミラクル』作成後に実質の最終アルバムとなる『イニュエンドゥ』の制作に取りかかり、彼は歳後の力を振り絞ってこのアルバムの完成を目指した。 そして完成したこの『イニュエンドゥ』はまさにフレディの魂を感じさせる1枚に仕上がっている。 彼が最後までこだわったアーティスト魂がこのアルバムをすばらしい作品にさせたのだろう。 まさに"Show Must Go On"を地でいく男、それがフレディなのである。 このアルバムの制作やプロモーション・ビデオ撮影では、フレディの身体の衰えを少しでもカモフラージュするような努力がなされている。 特にプロモビデオではその姿がハッキリと映るだけに細心の注意が払われた。 厚化粧を施した"I'm Going Slightly Mad"のビデオなどはその努力が顕著に現れたものだ。 病との闘い、そして... フレディは11月9日にスイスから帰国すると鎮痛剤を除く延命処置用の薬を取らない決意をした。 彼が外出することは滅多に無くなり、ウェスト・ロンドンのケンジントンの自宅でほとんどの時間を過ごしていた。 食欲も無くなり、彼の身体は見る見る衰弱していった。 11月16日にはイギリスの「デイリー・エクスプレス」にフレディのインタヴューが掲載されたが(収録日時は不明)、そのフレディの発言は孤独感を感じさせるものであり、最後に彼は「僕は明日を見つめて生きているんだ... 」と語っている。 そう、彼は明らかに「死」をすでに強く意識していた。 ほとんどの時間をベッドの上で過ごすようになってからも、両親や妹、メンバーやエルトン・ジョンら友人がしばしばお見舞いに来ていた。 フレディは出来る限りベッドで起き上がり、会話を楽しもうと努力した。 11月22日フレディはついに自分の病を公に発表することを決意した。 長い話し合いが行われた後、その事実は22日の晩に広報を通じて発表された。 土曜の新聞やテレビはこの発表を取り上げた。 今まで関係者はフレディの様態の悪化をひた隠ししていたが、誰も信じてなどいなかった。 それだけに、やっぱりという思いが発表を受けての多くのファンの気持ちだったのではないだろうか。 日曜の午前にはすでに昏睡状態に陥っていたフレディは夕方の6:45にはすでに息を引き取っていた。 そして、我々はフレディ・マーキュリーという1人の男が、もうどのような素晴らしいパフォーマンスを誰にも見せられない事を知らされた。 27日には火葬されたフレディ・マーキュリー、享年45歳、早すぎたその死は我々にはあまりにも突然に訪れた出来事であった。

次の

フレディ・マーキュリーの生涯をたどる

フレディ マーキュリー 死因

概要 [ ] の死因がによる(カリニ肺炎から改められた病名)であることから、残されたクイーンのメンバー3人、、が中心となり、エイズ撲滅のためのチャリティー・コンサートとして行われた。 会場はクイーンのツアーでも使用され、のでもクイーンが伝説的なパフォーマンスを行ったウェンブリー・スタジアムとなった。 収容人数は72000人と大規模だったが 、チケットは発売開始から2時間で完売したという。 チャリティーの意識は徹頭徹尾貫かれており、マスコミやフォトグラファーなどの関係者であってもチケットを購入し、その上でパスが発行されていた。 コンサード・グッズなどの商品の収益もチャリティーに回された。 最終的な数字は現在も継続中なのではっきりしないが、各アーティストが後にCDなどでリリースした収益なども含めると50億円以上が集まったとされ、のに寄付された。 このコンサートの模様は、世界各国で中継された。 日本ではで後日録画が放送され、その後オフィシャルビデオとLD(2枚組)として発売された。 でも、4時間にわたって特番が放送された(が解説を務め、当日のコンサートの様子だけでなく、代表曲を交えて、クイーンの歴史も紹介されている)。 後にDVDがリリースされたものの、DVDの方に収められていたのは抜粋されたものになっている。 出演者と曲目(出演順) [ ] (メンバーが流動的なバンドがあるので出演当時のメンバーも併せて表記) ライブ [ ]• メンバー:(ギター、ボーカル)、(ドラムス)、(ギター)、(ベース)• Enter Sandman• Sad But True• Nothing Else Matters• メンバー:(ボーカル)、(ギター)、(ベース)、(ドラムス)• クイーン・メドレー• ストーン・コールド・クレイジー• ボヘミアン・ラプソディ• More Than Words• メンバー:(ボーカル)、フィル・コリン(ギター)、(ギター)、(ベース)、リック・アレン(ドラムス) 新加入の(ギター)のお披露目でもあった。 Animal• Let's Get Rocked• ブライアン・メイがギターで参加• Too Late God• Majesty Of Rock• からの衛星中継で、ビデオ・スクリーンによる出演。 Until The End Of The World• メンバー: (ボーカル)、(ギター)、(ギター)、(ベース)、(ドラム)、(キーボード)• Paradise City• Knockin' On Heaven's Door• からの中継 South Africa's Aids Benefit Concertより• Special Star• ボウイがコーラスに加わるのはアルバム以来で貴重な音源。 「 」 エピソード [ ] 当時でも大物といわれるアーティストが次々と出演したことや、クイーンでもライブでは演奏したことのない楽曲が多かったためか、十分なリハーサルが行われたものの、生ならではの演奏ミスが少なからずあった。 主な部分はジェームス・ヘットフィールドとのStone Cold Crazyの中間部、ロバート・プラントとのInnuendoの中間部、ズッケロとのLas Palabras De Amorのイントロなどで、映像作品として公式に商品として流通しているものでは、演奏はきれいに修正されている(先述のNHK-FMでの特別番組では、修正される前の演奏のままで放送されている)。 Innuendoに関しては、ロバート・プラントが自分の声がうまく出ていないという理由が取り上げられている場合もあるが、演奏ミスも大きな原因ではなかったかと推察される。 また、DVD版にも収録されていない。 フィナーレのライザ・ミネリによるWe Are The Championsで、関係者やアーティストたちがステージに集まった。 中にはのと、、の、の姿もあり、実際に出演者として演奏することはなかったもののこのコンサートの主旨に賛同し参加したと思われる。 Too Much Love Will Kill Youはのちにブライアン・メイのソロ・アルバム「バック・トゥ・ザ・ライト」に収録され、のちにクイーンのアルバム「」にフレディ歌唱のバージョンが収録されるが、公に初披露となったのはこのコンサートである。 ベースのジョン・ディーコンは基本的には「フレディ以外のボーカルで演奏したくない」という方針を採っていたため、このコンサートの出演にも消極的であったが、ロジャーとブライアンの説得により出演が実現した経緯があった。 出演アーティストとクイーンをつなぐエピソード [ ]• 出演者のうち、メタリカ、デフ・レパード、ロジャー・ダルトリーの、ロバート・プラントのなどは、クイーンと同様にメンバーを亡くした経験を持っている。 は、この出演以前に「ストーン・コールド・クレイジー(収録)」をカバーしている。 のはクイーンを尊敬しており、交友もあった。 「俺が死んだら、クイーンのセカンド・アルバムを棺桶に入れてくれ」と語ったというエピソードがあり、ガンズの来日公演時には、何の前触れもなくクイーンの「Sail Away Sweet Sister」を口ずさんだことがある。 は彼らの楽曲「Pour Some Sugar on Me」について、クイーンの「We Will Rock You」のリズムを拝借したとメンバー自身が語ったことがある。 はフレディと同じ人からボーカル・レッスンを受けていたことがある。 はクイーンの後継者としてブライアンが高く評価していた。 初期のクイーンは、の前座としてツアーとしたことがある。 とは、1981年に「アンダー・プレッシャー Under Pressure」を共作・レコーディングしている(『』収録)。 また、ロジャーは尊敬するアーティストの一人にボウイの名を挙げている。 ブライアンは、トニー・アイオミ率いるの作品『』にゲスト参加していた。 また、当時サバスのメンバーだったと共にバンド活動も行った。 は、フレディが自筆のバイオグラフィーにおいて好きなアーティストとして名前を挙げていた。 は、フレディが最も尊敬していたシンガーの一人である。 追悼コンサートで歌った「イニュエンドウ」では大きく音を外してしまい、DVDではカットされてしまったが、後のインタヴューでプラントは「あの曲はフレディじゃないと歌えないね」と語った。 出典 [ ].

次の

大の猫好きだったフレディ・マーキュリーが共に過ごした猫たちとの仲睦まじい写真

フレディ マーキュリー 死因

概要 [ ] の死因がによる(カリニ肺炎から改められた病名)であることから、残されたクイーンのメンバー3人、、が中心となり、エイズ撲滅のためのチャリティー・コンサートとして行われた。 会場はクイーンのツアーでも使用され、のでもクイーンが伝説的なパフォーマンスを行ったウェンブリー・スタジアムとなった。 収容人数は72000人と大規模だったが 、チケットは発売開始から2時間で完売したという。 チャリティーの意識は徹頭徹尾貫かれており、マスコミやフォトグラファーなどの関係者であってもチケットを購入し、その上でパスが発行されていた。 コンサード・グッズなどの商品の収益もチャリティーに回された。 最終的な数字は現在も継続中なのではっきりしないが、各アーティストが後にCDなどでリリースした収益なども含めると50億円以上が集まったとされ、のに寄付された。 このコンサートの模様は、世界各国で中継された。 日本ではで後日録画が放送され、その後オフィシャルビデオとLD(2枚組)として発売された。 でも、4時間にわたって特番が放送された(が解説を務め、当日のコンサートの様子だけでなく、代表曲を交えて、クイーンの歴史も紹介されている)。 後にDVDがリリースされたものの、DVDの方に収められていたのは抜粋されたものになっている。 出演者と曲目(出演順) [ ] (メンバーが流動的なバンドがあるので出演当時のメンバーも併せて表記) ライブ [ ]• メンバー:(ギター、ボーカル)、(ドラムス)、(ギター)、(ベース)• Enter Sandman• Sad But True• Nothing Else Matters• メンバー:(ボーカル)、(ギター)、(ベース)、(ドラムス)• クイーン・メドレー• ストーン・コールド・クレイジー• ボヘミアン・ラプソディ• More Than Words• メンバー:(ボーカル)、フィル・コリン(ギター)、(ギター)、(ベース)、リック・アレン(ドラムス) 新加入の(ギター)のお披露目でもあった。 Animal• Let's Get Rocked• ブライアン・メイがギターで参加• Too Late God• Majesty Of Rock• からの衛星中継で、ビデオ・スクリーンによる出演。 Until The End Of The World• メンバー: (ボーカル)、(ギター)、(ギター)、(ベース)、(ドラム)、(キーボード)• Paradise City• Knockin' On Heaven's Door• からの中継 South Africa's Aids Benefit Concertより• Special Star• ボウイがコーラスに加わるのはアルバム以来で貴重な音源。 「 」 エピソード [ ] 当時でも大物といわれるアーティストが次々と出演したことや、クイーンでもライブでは演奏したことのない楽曲が多かったためか、十分なリハーサルが行われたものの、生ならではの演奏ミスが少なからずあった。 主な部分はジェームス・ヘットフィールドとのStone Cold Crazyの中間部、ロバート・プラントとのInnuendoの中間部、ズッケロとのLas Palabras De Amorのイントロなどで、映像作品として公式に商品として流通しているものでは、演奏はきれいに修正されている(先述のNHK-FMでの特別番組では、修正される前の演奏のままで放送されている)。 Innuendoに関しては、ロバート・プラントが自分の声がうまく出ていないという理由が取り上げられている場合もあるが、演奏ミスも大きな原因ではなかったかと推察される。 また、DVD版にも収録されていない。 フィナーレのライザ・ミネリによるWe Are The Championsで、関係者やアーティストたちがステージに集まった。 中にはのと、、の、の姿もあり、実際に出演者として演奏することはなかったもののこのコンサートの主旨に賛同し参加したと思われる。 Too Much Love Will Kill Youはのちにブライアン・メイのソロ・アルバム「バック・トゥ・ザ・ライト」に収録され、のちにクイーンのアルバム「」にフレディ歌唱のバージョンが収録されるが、公に初披露となったのはこのコンサートである。 ベースのジョン・ディーコンは基本的には「フレディ以外のボーカルで演奏したくない」という方針を採っていたため、このコンサートの出演にも消極的であったが、ロジャーとブライアンの説得により出演が実現した経緯があった。 出演アーティストとクイーンをつなぐエピソード [ ]• 出演者のうち、メタリカ、デフ・レパード、ロジャー・ダルトリーの、ロバート・プラントのなどは、クイーンと同様にメンバーを亡くした経験を持っている。 は、この出演以前に「ストーン・コールド・クレイジー(収録)」をカバーしている。 のはクイーンを尊敬しており、交友もあった。 「俺が死んだら、クイーンのセカンド・アルバムを棺桶に入れてくれ」と語ったというエピソードがあり、ガンズの来日公演時には、何の前触れもなくクイーンの「Sail Away Sweet Sister」を口ずさんだことがある。 は彼らの楽曲「Pour Some Sugar on Me」について、クイーンの「We Will Rock You」のリズムを拝借したとメンバー自身が語ったことがある。 はフレディと同じ人からボーカル・レッスンを受けていたことがある。 はクイーンの後継者としてブライアンが高く評価していた。 初期のクイーンは、の前座としてツアーとしたことがある。 とは、1981年に「アンダー・プレッシャー Under Pressure」を共作・レコーディングしている(『』収録)。 また、ロジャーは尊敬するアーティストの一人にボウイの名を挙げている。 ブライアンは、トニー・アイオミ率いるの作品『』にゲスト参加していた。 また、当時サバスのメンバーだったと共にバンド活動も行った。 は、フレディが自筆のバイオグラフィーにおいて好きなアーティストとして名前を挙げていた。 は、フレディが最も尊敬していたシンガーの一人である。 追悼コンサートで歌った「イニュエンドウ」では大きく音を外してしまい、DVDではカットされてしまったが、後のインタヴューでプラントは「あの曲はフレディじゃないと歌えないね」と語った。 出典 [ ].

次の