大きな一物をください 英語。 「製作」と「制作」の意味の違いと使い分け

借りる は英語で?ネイティブが納得する5つの使い分け

大きな一物をください 英語

建築用語の翻訳がわかりません。 調べた所下記のようになりましたが詳しい方の訂正アドバイス等頂けたら幸いです。。 宜しくお願い致します。 1)表紙=Cover 2)特記仕様書=Special specifications 3)建築概要=outlinev. mcd 4)仕上表=Finish table 5)求積図=Getting product 6)配置図=Arrangement chart 7)平面図=Plan 8)屋根伏図=Roof plan 9)立面図=elevation 10)断面図= Cross Section 11)詳細図=Detail ed chart 12)展開図=Development chart こんにちわ。 1)表紙というタイトル名は実際の図面一式には用いられないでしょう(そのプロジェクトの名前を書いたりします:Project Title)が、行政などが提出する図面一式などを列挙するときに「表紙」と書く場合は Cover Sheet などといっているようです。 2)これは内容によるでしょうが、「特記」ゆえspecialではなく、内容からしたら Additional Specifications あたりの方ががいいかと(もちろん specialも可とは思いますが)。 3)これも内容がわかりません(概要とは何をいうか?)が、それによって、Outline of 建物名 , General Information など。 4)Finish Schedule 建築の学生なら、このsheduleという語は建築英語でよく出てくるので覚えておくといいでしょう。 他: Shop schedule など) 5)これは、建築求積図ですか敷地求積図ですか? この図面の用語に米国で出くわしたことないです(多分、これに提示される情報はその他の図面にて提供されているのでは? と思います。 Plot Plan とか Site Planのようなものに)。 また、実際図面を書くときには、例えば、その図面に展開図が複数ある場合は複数形に(Elevations, Details, Sections など)。 ご参考になれば。 Don't build structures; build dreams! この回答への補足 1)参考にさせて頂きます! 2)参考にさせて頂きます! 3)建築概要=建築のすべての情報を掲載する欄です。 5)求積図=建築求積図です。 敷地の時もあります どのように求めたかと、図と計算式の数式表が入ってきます。 を展開させて図にしたものです。 チェックさせて頂きます。 大変丁寧な回答本当にありがとうございました。 勉強させて頂きました。 "Don't build structures; build dreams! 2 です。 3. だと、General Information くらいにするとおもいます(私が関係(立場はあくまでも契約交渉のビジネスであり、設計者ではありませんが)した米国でのプロジェクトではそうなってました。 5.図面のイメージはわかります。 設計者に英訳を頼まれたら、多分、 Building Area Details くらいにするかと思います(この意味ではこの表現と定着したもの(例、Floor plan, Elevation など)もありますが、現実のdocument 名をみると、結構いろんな表現のしかたになっています。 要するに、その内容をできる限り表した短い表現、でいいと思います。 「求積図」は定訳があるかもしれませんので先生に確認してください。 専門家ではないですが、この図は建築確認申請で要求される図書の一つかと思いますが、米国ではこの内容(求積図の)は他の図面にて提供されているのではないかと・・・。 12. そういうことなら、Interior Elevation - West とか Interior Detail s - East あたりがいいかと。 がんばって一流の設計士になってください。 日本の景観はよくないです。 A ベストアンサー こんにちは。 kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。 >>> ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか? なんか、日本語が変ですね。 「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」 ということですか? ・・・であるとして、回答します。 40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。 重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。 しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。 98」でいいのでしょうか? いえ。 1kgf = 9.8N ですね。 力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。 そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。 こんにちは。 kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。 >>> ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか? なんか、日本語が変ですね。 「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」 ということですか? ・・・であるとして、回答します。 40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg... A ベストアンサー スチレンボードは発泡スチレンのシートにケント紙を貼り合わせたものですが、発泡スチレンのシートはいわゆる「目」の様なものがあって、ある方向に曲がりやすい性質があります(縦か横のどちらか)。 スチレンボードを軽くしならせると、どちらかに若干曲がりやすくなっているのが判るかと思います。 まずはその方向を確認しておきます。 その方向に曲げることを前提にして部材を切り出し、曲げる面の内側に曲げる方向と直角にカッターで切り込みを付けていきます。 このとき、表側のケント紙まで切らないようにする必要があります。 切り込みの間隔は曲率やスチレンボードの厚さにも依ります。 間隔が短いと曲面がなだらかになりますが、強度が落ちます。 曲面を付けるとき、内側にガイドとなる部材を付けると曲面が安定します。 このガイドはスチレンボードの厚みを考慮した寸法形状とします。 この方法は、曲率が極端に小さい場合は使えません。 その場合はケント紙を同じ方法で曲げてスチレンボードなどで作った心材の外側に貼り付けるようにします。 曲面部分のみをケント紙で作る方法もありますが、その場合平滑面との連続性を出すのが難しくなります。 曲面部分の近くに目地などがあれば、その部分を継ぎ目にすることでカモフラージュできます。 上記の方法は2次曲面の場合です。 3次曲面の場合は簡単ではありません。 3次曲面を作るには、スチレンペーパー(またはスタイロフォーム)の固まりから削りだして塗装するか、あるいは木型に熱したスチロールシートを被せて成型する(バキュームフォームなど)などの方法があります。 スチレンボードは発泡スチレンのシートにケント紙を貼り合わせたものですが、発泡スチレンのシートはいわゆる「目」の様なものがあって、ある方向に曲がりやすい性質があります(縦か横のどちらか)。 スチレンボードを軽くしならせると、どちらかに若干曲がりやすくなっているのが判るかと思います。 まずはその方向を確認しておきます。 その方向に曲げることを前提にして部材を切り出し、曲げる面の内側に曲げる方向と直角にカッターで切り込みを付けていきます。 このとき、表側のケント紙まで切らない...

次の

東京と同じくらい大きな街 は、 a city as big as Tokyo a city that

大きな一物をください 英語

「製作」の意味と使い方 「製作」の意味は、「 物を作ること」「 作ったもの」です。 「製」という漢字には、「つくる・こしらえる・仕立てる」という意味があります。 例えば、製造した品物を「製品」と言い、製品を作る場所を「製作所」と言います。 つまり、何か道具や機械を使用して実用性のある物などを作ることが「製作」にあたります。 また、機械を使用するなど大規模なものではなくでも、子どもたちが図工で何か物を作ることも「ハサミ」や「ノリ」といった文具を使うことから「製作」になります。 ただ、「絵画」や「彫刻」というようにピンポイントで芸術的な作品を指すと、「制作」になるので注意してください。 例文 ・今よりもっと多く出荷するためには、倍量生産できる大型機を製作する必要があるだろう。 ・子供が持って返ってくる製作物が毎月楽しみで仕方ありません。 ・自分の製作した物が商品化されることになり、話を聞いたときは感動しました。 ・手間暇かけて製作したものをバカにする権利は誰にもないでしょう。 「制作」の意味と使い方 「制作」の意味は「 美術品や映画などを作ること」です。 「制」にも、同じように「つくる・したてる・作り上げる」という意味があります。 「製作」と「製作」の大きな違いは、「制作」は ・美術品 ・映画 ・TV番組 などクリエイティブな物を作ることに使用されるということです。 例えば、「機械などを使って製品を作る場所」は「製作所」 「テレビ番組や美術品を作る場所」は「制作所」となります。 ただ、同じ対象に「製作」「制作」のどちらも当てはまる場合があります。 例えば映画は一本の作品なので「制作」を使用しますが、円盤化されて発売されるとなった場合は「商品」となるので「製作」となります。 例文 ・映画の制作に携わっている人の名前が見れるエンドロールが好きです。 ・彫刻の制作に青春のすべての時間を捧げていた記憶があります。 ・彼は活動を休止している間楽曲制作をしていたそうです。 ・アニメーション制作スタジオに初めて入ることができて感動しました。

次の

英語で人や物を上手に紹介するフレーズ60選

大きな一物をください 英語

日常の会話の中で、「サイズの大きい・小さい」や「量の多い・少ない」を表現することは、わりとよくあります。 「この家は、前住んでいた家より大きい」とか、「あっちのより、こっちの袋の方が多く入っている」のように、何かと比較して言うことはとても多いです。 このように、物のサイズや量を表す時、 何かと比べることはよくあります。 すでに私達が知っている物と比較することで、その大きさや量をより正確に表現することができます。 ところで、英語でこのような言い方ができますか? いざとなると、なかなかパッと出てこないのではないでしょうか。 私自身も、オーストラリアに来てから色んな英語の言い方を覚えてきましたが、意外と「大きさや量に関する英語表現」を日本では学んでこなかったことに気づきました。 というわけで今回は、 「~より大きい・小さい」「~より多い・少ない」に関する英語表現をまとめたいと思います。 I want a bigger one than this. これより大きいのが欲しいです。 I used to live in a larger city than Perth. 私は以前、パースよりも大きな都市に住んでいた。 日本の中学校で 「比較級」という文法を教わったなー、と、覚えている方も多いかと思います。 ここで説明している、 「~より大きい」「~より小さい」も、まさに同じ! ここでは、比較級の文法については詳しく説明はしませんが、おさらいしたい場合は「英語 比較級」でググってみてください。 また、形容詞に -er を付ける時のルールや、代わりにmore を付ける場合、などの詳しい解説については、Cambridge dictionary の以下のページが参考になるので、リンクを貼っておきます。 ちなみに、「比較級の形容詞」は comparative adjective、「最上級の形容詞」は superlative adjective と言います。 ) 「~より多い」「~より少ない」量を比べる時は? では、「~より多い・少ない」という「量」を比較する場合は、どう言えばいいでしょうか? 量の「多い・少ない」が 「~より多い・少ない」と比較級に変わると、形容詞は以下のように変わります。 地球の表面には、陸より水が多い(陸より多い水がある)。 We have more international students than last year. 我々の学校には、昨年より多くの留学生がいる。 He earns more money than before. 彼は以前より多く稼いでいる。 Gelato has less fat than ice cream. ジェラードはアイスクリームより脂肪が少ない。 There were fewer items in the shop than last time. お店にある商品は、前回よりも少なかった。 We had fewer customers than we expected. 我々が予想したよりも顧客が少なかった。 また、 than を省略して、漠然と「もっと多くの・もっと少ない」のように言うこともできます。 例文) This game needs more than 6 people. このゲームは6人より多い人数が必要だ。 It will take more than 2 hours to get there. そこへ行くには2時間以上(より多く)かかるだろう。 Fewer than 3 in 10 students passed the exam. その試験に合格したのは、10人中3人未満だった。 実は、この辺りのルールを細かく追及すると、英語ネイティブの間でも議論が分かれるほど複雑なようです……。 ただ、基本的には以下のルールになっているようなので、覚えておくとよいでしょう。 【 less than 】 「数えられない名詞」の他、「お金」「計測の数字」「時間」などに対して使われる。 less than 3 years• less than 40 dollars• less than 10 kilometers• less than 50 kilograms など 【 fewer than 】 「数えられる名詞」に使われる。 fewer than 12 children• fewer than 3 boxes など より詳しく知りたい方は、Oxfordの以下の解説をお読みください。 おまけ)算数・数学の「大なり」「小なり」 算数・数学の場面では、数値を比較して述べることがよくあります。 この、数学における数値の比較(等号不等号)の英語での読み方は、以下のページが参考になります。 興味ある方は見てみてください。 この「倍」を英語で言う時は、以下の表現があります。 たとえば、ある場所の面積が、• 5 times as large as Area B. 例文) The display of the new model will be about 15 percent larger than the current VX-3. 例文) Households in the metropolitan area spend about 30 percent more than the average households. 首都圏エリアの家庭は、平均に比べて出費が約30%多い。 特に、less と fewer の使い分けについては、悩んでしまいます。 ただ、日常会話で使う分には、あまり厳密に気にする必要もないと思います。 もちろん、ちゃんと使い分けられればそれが一番よいですが……。 こうした、大きさや量、数値の「割合」を比べる英語表現は、もちろんさまざまなバリエーションがありますが、最も基本的な表現を今回は紹介しました。 まず定番の言い方を一つ覚えて、少しずつ違った表現のパターンを覚えていくとよいです。 大きさや量を比較した言い方は、何気ないものですが、英語の会話力や表現力を高めるためにも役に立つと思います!.

次の